研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
COURRON,David ( クーロン ダヴィッド , COURRON,David )
所属
Organization
外国語学部フランス学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.nanzan-u.ac.jp/~courron
専攻分野
Area of specialization

憲法、行政法、政治学
フランス憲法、フランス政治
シンガポール憲法、シンガポール政治

学会活動
Academic societies

パリ政治学院学会(1992.7〜現在に至る)
南山学会・法学系列(1998.4〜2000.3,2001.4〜現在に至る)
日本フランス語教育学会(2001.4〜現在に至る)
日仏政治学会(2006.4〜現在に至る)
Association Française de Science Politique (AFSP) 「フランス政治学会」(2006.4〜現在に至る)
Association Française de Droit constitutionnel (AFDC) 「フランス憲法学会」(2007.2〜現在に至る)
日本フランス語フランス文学会中部支部(2007.8〜現在に至る)
International Political Science Association (IPSA) 「国際政治学会」(2008.1〜現在に至る)
日本外国語教育推進機構(2013.6〜現在に至る)
アジア法学会(2014.4〜現在に至る)
The International Association of Constitutional Law (IACL) 「国際憲法学会」(2014.4〜現在に至る)

社会活動
Community services

日本フランス語教育学会理事(2009.4〜現在に至る)
日本フランス語教育学会の学会誌編集員(2009.4〜現在に至る)
日本フランス語教育学会理事総務担当(2015.6〜現在に至る)
第4回FIPFアジア太平洋地域京都大会 執行委員会委員(広報担当)(2016.04〜2018.03)
日本フランス語教育学会幹事長(2011.6〜2015.5)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (23)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (21)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
パリ政治学院、公役務学科 未設定  1992年07月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
学士 外国語学・文学・文明学士(日本語)    国立東洋言語文化学院大学日本語学部  2001年09月 
修士 公役務学科学位    パリ政治学院大学院公役務研究科政治学、フランス政治、フランス憲法専攻  1992年07月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  シンガポール憲法 

概要(Abstract) シンガポールが1965年8月にマレーシア連邦からの「追放」という形で分離独立した時、シンガポールには州憲法しか制定されていなかった。強いられた独立を受け入れて、完全な自治権を獲得したシンガポールは、マレーシア法から自国に適用可能な条項を補足として州憲法に盛り込む。イギリス型の議院内閣制を採用したシンガポールは50年間にわたって典型的な軟性憲法として頻繁に憲法改正を行い、その結果、非常にユニークな憲法体制を所有するに至った。外見的には、基本的人権や三権分立が確保されているようにみえるが、経済発展や治安維持などの一定の理由のためにこうした民主主義的原理に制限を課することが可能になっている。また、「人民行動党」の一党支配があり、政策実行が選挙結果に過度に左右されることを避けるために独特な議員制が導入され、大統領の権限も強化された。また最高裁判所に違憲審査権が与えられたが、その実効性にも疑問がある。このような独自性をもった現在のシンガポール憲法体制およびその改正過程自体を研究することは大きな意義があると思われる。 

長期研究  フランス政治・憲法 

概要(Abstract) 5年任期の採択がフランス第5共和の憲法の均衡,特に大統領の役割と,大統領・首相・議会の関係に及ぼす影響を研究する。さらに政府を正しく機能させ,かつフランス人の精神に合うことを目指した憲法の特徴を探る。 

長期研究  日本人学習者向けのフランス語教授法 

概要(Abstract) フランス語におけるシンタクス習得を目指した翻訳練習について考察 

短期研究  連邦制度  

概要(Abstract) 連邦主義新論(マレーシア政治制度、スイス政治制度、EU連邦制度論など)
 

短期研究  EUとフランス 

概要(Abstract) 欧州憲法条約とその批准過程、フランス憲法の改正などを
通してEU法の進展とフランス法への影響についての考察 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  Action, médiation et remédiation : traduction et enseignement de la grammaire - Réflexions pratiques sur le cas des apprenants coréens et japonais de FLE  共著   
Société Coréenne d'Enseignement de Langue et Littérature Françaises ; Société Japonaise de Didactique du Français ; Daehaksa  , その他  , 201 p.  , 2014   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Enjeux et perspectives de l'enseignement du français en Asie - Actes du premier colloque international conjoint de la SCELLF et de la SJDF 

2012  Agenda 1 Compagnons d'études 『アジャンダ』1 学習のパートナー ーよりよい学習のためにー  共著   
HACHETTE  , B5  , 32  , 2012/01   

概要(Abstract) AGENDA1というフランス語教科書に伴う文法概説、仏和単語集、練習問題の指示内容、自己採点などを含む冊子。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  État d'urgence : une quadrature du cercle juridique ? Entre le respect des libertés fondamentales et la sauvegarde de l'ordre public  単著   
南山大学ヨーロッパ研究センター報  , 南山大学ヨーロッパ研究センター  , 22  , pp. 35-50  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Is Constitutional Adjudication Undergoing A Sea Change? Foreign Precedents and Constitutional Interpretation In Singapore  単著   
アジア法研究  , アジア法学会  , 9  , pp. 1-17  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Maintien de la prééminence du français en dépit de la reconnaissance des langues régionales. Le défi d'une autre identité linguistique pour la République  単著   
Revue japonaise de didactique du français  , Société japonaise de didactique du français (SJDF)  , 10/1-2  , pp. 214-228  , 2015/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  La Suisse plurilingue et la loi sur les langues de 2007 - "La paix des langues", d'un miracle permanent à un volontarisme tous azimuts  単著   
南山大学ヨーロッパ研究センター報  , 南山大学ヨーロッパ研究センター  , 20  , pp. 51-82  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  2012, vers l'obsolescence du clivage droite-gauche ? Exercice de prospective sur l'évolution du système des partis en France  単著   
南山大学ヨーロッパ研究センター報  , 南山大学ヨーロッパ研究センター  , 19  , pp. 89-115  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Traduction et contextualisation de l'enseignement de la grammaire - Autonomisation vers une conscientisation bigrammaticale des apprenants japonais  単著   
Synergies Corée  , Gerflint  , 3  , pp. 91-101  , 2012   

概要(Abstract) Afin de pallier l’éloignement lexico-grammatical et socioculturel entre sa langue maternelle et le français, l’apprenant japonais doit pouvoir réfléchir grammaticalement et de façon autonome à la relation forme/sens, à la base de la production de tout acte de communication. Or, la faible grammaticalisation en japonais même rend de fait indispensable la contextualisation de la didactique de la grammaire et la mobilisation de l’ensemble du répertoire langagier à disposition des apprenants. Ainsi, la redéfinition, dans une optique qui intègre les spécificités de la L1, des besoins syntaxiques des apprenants japonais (conscience du rôle-pivot du verbe trait d’union entre les deux langues, connaissance de la syntaxe de la phrase simple et de la phrase complexe) associée à une pratique de la langue fondée sur le raisonnement grammatical à travers un recours à la traduction (thème), qui conduit les apprenants à s’interroger sur les liens entre unités morphologiques, dispositions syntaxiques et production des significations (relations forme/sens, contraintes/ relativité, grammaticalité/acceptabilité), vise in fine, par la constitution d’une conscience bigrammaticale, par un « éveil du sentiment grammatical », à les rendre capables de se prémunir contre les interférences de leur langue maternelle et donc autonomes dans leur production d’actes de communication en français. 

備考(Remarks)  

2008  Retour aux sources ou retour en arrière ? - Analyse et interprétation du retour en force des États membres dans le traité de Lisbonne  単著   
南山大学ヨーロッパ研究センター報  , 南山大学ヨーロッパ研究センター  , 15  , pp. 1-17  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Entre respect de la diversité et exigence d'efficacité : l'administration fédérale suisse à la poursuite du mythe du plurilinguisme  単著   
Revue japonaise de didactique du français  , Société japonaise de didactique du français (SJDF)  , 3/2  , pp. 23-41  , 2008/10   

概要(Abstract) Aussi bien en vertu de sa composition que de son fonctionnement plurilingue, l’administration fédérale suisse est souvent perçue comme une Suisse en miniature et offre la vitrine d’une diversité revendiquée et assumée au nom de l’incarnation de l’un des mythes fondateurs de la nation. Les diverses composantes linguistiques de la communauté suisse y occupent des proportions proches de celles relevées par les recensements de la population et une politique volontariste de promotion du plurilinguisme s’y déploie avec des résultats globalement satisfaisants, mais qui ne sauraient masquer de fortes disparités d’un service à l’autre ni les limites d’une approche par trop quantitative. Des correctifs sont désormais apportés à cette conception purement politique de l’objectif de réalisation du plurilinguisme dans l’administration qui se heurte pourtant encore aux conditions socioéconomiques et sociolinguistiques de sa mise en oeuvre, d’une part, eu égard aux arbitrages en terme de coûts qu’implique la recherche d’efficacité non nécessairement compatible avec la mission de respect de la diversité, et d’autre part, eu égard à la prise en compte des besoins, en particulier de formation, du capital humain indispensable au développement harmonieux et performant d’une communication plurilingue et interculturelle dans l’administration fédérale suisse. 

備考(Remarks)  

2008  La convalescence européenne de la France - Du mutisme post-référendaire à l'activisme sarkozyste : Lisbonne, un succès français ?  単著   
研究報告集  , 日本フランス語フランス文学会 中部支部  , 32  , pp. 77-90  , 2008/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Les besoins syntaxiques des apprenants japonais : identification et approche didactique par la pratique du thème  単著   
Revue japonaise de didactique du français  , Société japonaise de didactique du français (SJDF)  , 2/1  , pp. 71-89  , 2007/10   

概要(Abstract) Afin de pallier l'éloignement lexico-grammatical et socioculturel entre sa langue maternelle et le français, l'apprenant japonais de niveau intermédiaire (A2/B1) doit pouvoir réfléchir grammaticalement et de façon autonome à la relation forme/sens, à la base de la production de tout acte de communication, en dépit d'une faible grammaticalisation en japonais même interdisant à l'enseignant d'élaborer ses cours autour de représentations trop élaborées du système grammatical français. La définition, dans une optique structurale, des besoins syntaxiques des apprenants japonais et leur pratique de la langue fondée sur le raisonnement grammatical à travers un recours au thème visent à les rendre autonomes dans leur production d'actes de communication en français. 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  Is Constitutional Adjudication Undergoing A Sea Change? Precedents and Constitutional Interpretation In Singapore  単独  2015/11/14 
アジア法学会秋季研究総会  , アジア法学会  , アジア法研究  , アジア法学会  , 9  , pp. 1-17   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  France Secularism in the Hot Seat - Is the French Way of Dealing With Religions Adapted To Our Global World?  単独  2015/03/13 
Singapore Management University (SMU)  , Singapore Management University, Law Faculty   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Action, médiation et remédiation : traduction et enseignement de la grammaire. Réflexions pratiques pour une conscientisation bigrammaticale par les apprenants coréens et japonais de français  単独  2013/10/19 
Colloque international conjoint SCELLF-SJDF 2013 / Enjeux et perspectives de l'enseignement du français en Asie  , Société Coréenne d'Enseignement de Langue et Littérature Françaises (SCELLF) - Société Japonaise de Didactique du Français (SJDF)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  多言語共生と言語教育:ベルギー、スイス、ケベック / La Suisse plurilingue ? Du mythe à la réalité - Ou la prise de conscience et l'apprentissage d'une évidence pas si évidente  単独  2013/05/31 
2013年度春季大会 / Congrès de printemps 2013  , 日本フランス語教育学会 / Société Japonaise de Didactique du Français   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  フランス語教育における留学を考える / Considérations sur la place du séjour d'études à l'étranger dans l'enseignement du français  単独  2011/05/27 
2011年度春季大会 / Congrès de printemps 2011  , 日本フランス語教育学会 / Société Japonaise de Didactique du Français   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  La traduction au service de l'affirmation de l'identité francophone - Le cas des apprenants japonais de FLE  単独  2008/07/21 
XIIème Congrès mondial de la FIPF - Québec juillet 2008  , Fédération Internationale des Professeurs de Français (FIPF)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  La convalescence européenne de la France. Du mutisme à l'activisme - Retour sur la campagne présidentielle et les débuts de la présidence Sarkozy  単独  2007/09/29 
日本フランス語フランス文学会中部支部大会  , 日本フランス語フランス文学会中部支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2014  Visiting Research Fellow (CALS)  Singapore Constitutional Law 
短期客員研究員  National University of Singapore (NUS), Faculty of Law - Centre for Asian Legal Studies (CALS) シンガポール国立大学法学部附属アジア法学研究センター   

研究内容(Research Content) シンガポールが1965年8月にマレーシア連邦からの「追放」という形で分離独立した時、シンガポールには州憲法しか制定されていなかった。強いられた独立を受け入れて、完全な自治権を獲得したシンガポールは、マレーシア法から自国に適用可能な条項を補足として州憲法に盛り込む。イギリス型の議院内閣制を採用したシンガポールは50年間にわたって典型的な軟性憲法として頻繁に憲法改正を行い、その結果、非常にユニークな憲法体制を所有するに至った。外見的には、基本的人権や三権分立が確保されているようにみえるが、経済発展や治安維持などの一定の理由のためにこうした民主主義的原理に制限を課することが可能になっている。また、「人民行動党」の一党支配があり、政策実行が選挙結果に過度に左右されることを避けるために独特な議員制が導入され、大統領の権限も強化された。また最高裁判所に違憲審査権が与えられたが、その実効性にも疑問がある。研究内容は、このような独自性をもった現在のシンガポール憲法体制およびその改正過程自体となる。 

備考(Remarks)  

2014  ヨーロッパ研究センター費・研究センター活動費・研究交流助成(国外旅費・非課税)  2014年憲法世界大会参加 
代表(センター員)  ヨーロッパ研究センター  150.000円 

研究内容(Research Content) 2014年6月15日から6月23日まで(9日間)ノルウエーのオスロ大学で開催された憲法世界大会に参加することができた。今回は「グローバル対ローカル、憲法学への新たな挑戦」という主なテーマであって、4つの基調講演や17のワークショップを通して様々な側面からグローバル化が進む世界各国の態様性をどうやってうまく憲法上の仕組みに取り入れればいいかを深く議論した。論拠のレベルが高くて大変活発となった。特に国家における市民の諸アイデンティティーの認識、独裁国憲法の特徴と変容、政党論やメディア論、司法審査に関する展開などの意見交換は非常に刺激的であった。また、私が行っているシンガポール憲法に関する研究の進行に直接な良影響を与えてくれた出会いもあった。実際、シンガポール国立大学法学部附属「アジア法学研究センター」に所属する先生方に会って研究プロジェクトを聞いてこのセンターの短期客研究員を申請するようになった。 

備考(Remarks)  

2012  ヨーロッパ研究センター費・研究センター活動費・研究交流助成(国外旅費・非課税)  2012年大統領選挙と2012年総選挙に関する資料収集 
代表(センター員)  ヨーロッパ研究センター  150.000円 

研究内容(Research Content) 2012年5月に行われたフランス大統領選挙とその一ヶ月後の(国民議会議員)総選挙というフランス政治の決定的な動きに関する資料を収集するために2012年8月2日から8月13日まで(12日間)、国会図書館、パリ政治学院図書館などの政治関係機関を訪れることができた。国会図書館では、内務省や憲法院(フランスの最高裁判所に当たるもの)が承認し発表した正式な結果を閲覧することができた。また、パリ政治学院の専門家数名に会って新政権の展望について意見交換もできた。特に、長年政権を担っていた保守派の敗北に伴ってフランスの政党しくみはどの再編が予想されるか、保守派一部の右翼化のため極右が強化されるかまたは単独過半数を獲得した社会党は支持される左派に影響を受けるかというテーマを深く議論した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  日本フランス語教育学会理事(総務担当)  2016/06〜2017/05 

活動内容等(Content of Activities) 日本フランス語教育学会理事(総務担当) 

2016  第4回FIPFアジア太平洋地域京都大会 執行委員会委員(広報担当)  2016/04〜2018/03 

活動内容等(Content of Activities) 第4回FIPFアジア太平洋地域京都大会 執行委員会広報担当
4ème Congrès FIPF-CAP Kyoto 2017, Membre du Comité d'organisation (Responsable de la commission communication) 

2015  日本フランス語教育学会理事(総務担当)  2015/06~2016/05 

活動内容等(Content of Activities) 総務担当 

2014  日本フランス語教育学会理事(幹事長)  2014/06~2015/05 

活動内容等(Content of Activities) 幹事長 

2013  日本フランス語教育学会理事(幹事長)  2013/06〜2014/05 

活動内容等(Content of Activities) 幹事長 

2012  日本フランス語教育学会理事(幹事長)  2012/06〜2013/05 

活動内容等(Content of Activities) 幹事長 

2011  日本フランス語教育学会理事(幹事長)  2011/06〜2012/05 

活動内容等(Content of Activities) 幹事長 

2009  日本フランス語教育学会理事  2009/04〜現在に至る 

活動内容等(Content of Activities) 学会大会開催担当 

2009  日本フランス語教育学会理事  2009/04〜現在に至る 

活動内容等(Content of Activities) 学会誌編集員 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
詳細表示

2017/04/28 更新