研究者詳細

研究経歴
分割表示   全件表示 >>

5 件中 1 - 5 件目

長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  シンガポール憲法 

概要(Abstract) シンガポールが1965年8月にマレーシア連邦からの「追放」という形で分離独立した時、シンガポールには州憲法しか制定されていなかった。強いられた独立を受け入れて、完全な自治権を獲得したシンガポールは、マレーシア法から自国に適用可能な条項を補足として州憲法に盛り込む。イギリス型の議院内閣制を採用したシンガポールは50年間にわたって典型的な軟性憲法として頻繁に憲法改正を行い、その結果、非常にユニークな憲法体制を所有するに至った。外見的には、基本的人権や三権分立が確保されているようにみえるが、経済発展や治安維持などの一定の理由のためにこうした民主主義的原理に制限を課することが可能になっている。また、「人民行動党」の一党支配があり、政策実行が選挙結果に過度に左右されることを避けるために独特な議員制が導入され、大統領の権限も強化された。また最高裁判所に違憲審査権が与えられたが、その実効性にも疑問がある。このような独自性をもった現在のシンガポール憲法体制およびその改正過程自体を研究することは大きな意義があると思われる。 

長期研究  フランス政治・憲法 

概要(Abstract) 5年任期の採択がフランス第5共和の憲法の均衡,特に大統領の役割と,大統領・首相・議会の関係に及ぼす影響を研究する。さらに政府を正しく機能させ,かつフランス人の精神に合うことを目指した憲法の特徴を探る。 

長期研究  日本人学習者向けのフランス語教授法 

概要(Abstract) フランス語におけるシンタクス習得を目指した翻訳練習について考察 

短期研究  連邦制度  

概要(Abstract) 連邦主義新論(マレーシア政治制度、スイス政治制度、EU連邦制度論など)
 

短期研究  EUとフランス 

概要(Abstract) 欧州憲法条約とその批准過程、フランス憲法の改正などを
通してEU法の進展とフランス法への影響についての考察 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]