研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
村杉 恵子 ( ムラスギ ケイコ , MURASUGI Keiko )
所属
Organization
外国語学部英米学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

言語学

学会活動
Academic societies

アメリカ言語学会(1988〜1997まで)
日本言語学会会員(1991〜現在に至る)
日本英語学会会員(1986〜現在に至る)
日本英語学会大会準備委員(1993.12〜1995.11.)

社会活動
Community services

放送大学客員助教授 (2002)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (80)
著書数 books (8)
学術論文数 articles (72)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
津田塾大学学芸学部英文学科 1982年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
コネチカット大学大学院言語学科 博士課程  1991年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 Ph.D.    University of Connecticut  1991年03月 
修士 M.A.    University of Connecticut  1989年05月 
修士 M.A.    津田塾大学大学院  1985年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  言語学(統語論,心理言語学) 

概要(Abstract) 人間のもつ文法知識についての理論的,実証的研究 

短期研究  統語理論 

概要(Abstract) (1)生成文法理論の枠組で,複合名詞句及び複合述語文の統語的特徴と文法獲得に関する比較言語的分析
(2)Root Infinitivesの対照的理論研究
(3)削除に関する対照的理論研究


 

短期研究  第二言語習得(読解) 

概要(Abstract) 人は、第二言語で書かれたテクストをどのように読解するのか。そのストラテジーについて実証的理論的に探究する。 

短期研究  第一言語獲得 

概要(Abstract) 幼児の文法獲得中間段階にみられる特徴に関する理論的実証的分析
1)構造 2)格付与 3)機能範疇の音声形式化
4)統語範疇 5)主節不定詞現象と時制句の存在のパラメター 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  日本語文法ハンドブック  編著   
開拓社  , B4  , 2016/11/19   

概要(Abstract) 編者:村杉恵子、斎藤衛、宮本陽一、瀧田健介
村杉論文:「はじめに」第3章(単著)、第6章(単著)、第13章(共著) 

備考(Remarks)  

2014  ことばとこころ - 入門 心理言語学   単著  ISBN 978-4-86399-269-6 
みみずく舎(発行)医学評論社(発売)  , A5  , 200p.  , 2014/10/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  言語とメデイア・政治  その他   
朝倉書店  , B5  , 247  , 2009/03   

概要(Abstract) 本書の目的は、言語とメデイアと政治の相互関係の中にみられる言語と政治、言語とメデイア、メデイアと政治との依存性を明らかにすることである。村杉た担当した第9章では、ブッシュ大統領の言語使用に見られる「言い間違え」を含めたブッシュ語録全体を「ブッシズムズ」と規定した上で、彼の言説に見られる言い間違えの分析を通して、その言語学的および政治的意味合いを探るものである。 

備考(Remarks) シリーズ朝倉<言語の可能性>第7巻(中村平三監修、岡部朗一編集)
担当部分:第9章 「ブッシズムズーブッシュ米大統領の言説に見られる「言い間違え」pp.217-234. (村杉恵子単著) 

2008  The Oxford Handbook of Japanese Linguistics  その他   
Oxford University Press  , A4  , 553  , 2008/06   

概要(Abstract) 本書は日本語に関する理論言語学研究を紹介する学術書である。日本語において、重要なトピックとして知られる18項目について要となる先行研究と現在の最新の研究成果を詳細にまとめるものである。第10章(村杉、杉崎担当)は、日本語に関する言語獲得に関する諸研究について、言語獲得研究から理論言語学に貢献する題材を中心に詳説するものである。 

備考(Remarks) Shigeru Miyagawa and Mamoru Saito (eds.)
担当:第10章 The Acquisition of Japanese Syntax.
pp.250-286. (共著:村杉恵子、杉崎紘司) 

2005  束縛と削除(英語学モグラフシリーズ)  共著   
研究社  , 未設定  , 249  , 2005/04   

概要(Abstract) 言語には、同一の表現を繰り返し使用するのではなく、それに代わる代用表現を用いるという一種の省エネルギーの装置が備わっている。
 第I部の第1章から第4章までは有元將剛が担当し第・部の第5章から第9章までを村杉恵子が担当している。第II部(村杉)では、削除に関して解くべき問題を提示した後、第5章で削除現象の一般的性質について述べる。第6章では、削除現象が句の内部構造の決定にどのように関わるかを論じている。第7章では、日本語における削除現象についての論を展開し、主要な削除現象が日本語にも存在することを論じている。第8章では、削除が論理形式(LF)レベルの現象か、音韻(PF)レベルの現象かという問題を扱っている。第9章では日本語のVP削除について論じ、この問題がパラメータ研究の端緒になる可能性を指摘している。代用表現は、言語ごとに大きく異なる側面があり、言語類型論的研究が不可欠な分野であるので、日英語の削除の比較研究は大きな意味をつことを概観する。 

備考(Remarks) 英語学モノグラフシリーズ第12巻。共著者:有元將剛。村杉は5章から9章『削除』の部分を単著担当 

2002  英語教育21世紀叢書シリーズ 「英文読解のプロセスと指導」  共著   
大修館  , 未設定  , 356 pp.  , 2002/04   

概要(Abstract) 文または文章を読んでその内容把握に至る読解過程について、心理言語学を背景とし英語教育への応用について考察する。文字、語彙、文法、意味、そしてパラグラフ、テクストについての理論背景、具体的問題、その問題解決のための示唆などを詳述し、英語学習者の英文読解指導への示唆をまとめる。第3章(村杉担当)では、文章読解上の文法の役割について記述する。 

備考(Remarks) 大修館「英語教育21世紀叢書シリーズ」の一巻。 

1999  The Syntax of Relative Clauses  共著   
John Benjamins Publishing Company  , 未設定  , 395 pp.  , 2000/01   

概要(Abstract) 生成文法理論の枠組みで、諸言語の「関係節」(ヒンズ−/イタリア/トルコ/スウェーデン/オランダ語、日本語等)について比較言語的に考察する。第6章(村杉担当)は日本語と英語の関係節を比較し、日本語の関係節には、主要部内在型関係節と主要部外在型関係節があることを概観し、そのメカニズムについて統一的な分析を試みる。英語と異なり、日本語の「関係節」/純粋複合名詞句いずれも移動は関与せず、DPがNのIP補部のSpec DPへ左方移動することを提案する。この分析は日本語の関係節の文法獲得事実に説明を与える。 

備考(Remarks) 担当部分:“An Antisymmetry Analysis of Japanese Relative Clauses.”(第6章:231-263)
編者:Artemis Alexiadou 他 

1999  Step by Step  共著   
The MIT Press  , 未設定  , 357 pp.  , 2000/01   

概要(Abstract) 極少主義統語論を更に展開させ、統語構造の普遍性と意味構像との関係、及び表示と派生の問題を探る。第7章(村杉担当)は表示の問題として名詞句を扱う。Kayne(1995)の理論に基づき、「関係節」にオペレータ移動が関与する言語としない言語があり、日本語の関係節は、[IP [D NP]]という構造をもち、オペレータ移動がないことを経験的証拠(方言や言語獲得)と理論的分析により提案する。 日本語にいわいわゆる「関係節」がないことは、Kayne(1995)の語順に関する理論の下で、先行詞と痕跡との関係に適用する一般的制約から導き出される。 

備考(Remarks) 担当部分:“Japanese Complex Noun Phrases and the Antisymmetry Theory.”(第7章:211-234)
編者:Roger Martin, Davi 

1998  Beyond Principles and Parameters  共著   
Kluwer Academic Press  , 未設定  , 253 pp.(167-  , 1999/01   

概要(Abstract) 生成文法理論の重要な問題の一つである代名詞の分布、名詞句の構造、二重目的語文の分析の問題をとりあげ、比較統語研究を通して解決の方向性を示すことを目的とする。英語、スペイン/フランス//アラビア/ヘブライ語、日本語のデータが詳細に検討されている。担当部分では、日英語におけるNP,VP,IPの削除現象を基に、文と名詞句の構造に関する新たな仮説を提示する。また、英語において、IP内からのVPの取り出し及びCP内からのIPの取り出しが不可能である事実を詳細に検討し、派生の経済性の理論を発展させることにより説明を与え 

備考(Remarks) Studies in Natural Language and Linguistic Theoryのシリーズの一巻(第45号)。担当部分:“Subject Predication within IP and DP.” 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Review: Rich Languages from Poor Inputs  単著   
English Linguistics   , Kaitakusha Publishing Co., Ltd.   , 33/2  , 616-631  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  The Structure of Mimetic Verbs:A Preliminary Study   単著   
Nanzan Linguistics  , Center for Linguistics  , 12  , 47-59  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Mimetics as Japanese Root Infinitive Analogues  単著   
Mimetics:Linguistic Analysis, Acquisition and Translation.  , London: Routledge  , 1  , 131-147. (Chapter 6)  , 2017/01   

概要(Abstract) Iwasaki, Noriko, Peter Sells, and Kimi Akita (eds.).  

備考(Remarks)  

2016  「文構造の獲得」  単著   
日本語文法ハンドブック―言語理論と言語獲得の観点から  , 開拓社  , 71-100  , 2016/11   

概要(Abstract) 村杉恵子・斎藤 衛・宮本陽一・瀧田健介 (編) 

備考(Remarks)  

2016  「動詞と格の獲得」  単著   
『日本語文法ハンドブック―言語理論と言語獲得の観点から』  , 開拓社  , 189-225  , 2016/11   

概要(Abstract) 村杉恵子・斎藤 衛・宮本陽一・瀧田健介 (編)
 

備考(Remarks)  

2016  スクランブリングの獲得  共著   
『日本語文法ハンドブック―言語理論と言語獲得の観点から』  , 開拓社  , 444-446  , 2016/11   

概要(Abstract) 共著者:杉崎鉱司
村杉恵子・斎藤 衛・宮本陽一・瀧田健介 (編)  
 

備考(Remarks)  

2016  Children’s ‘Erroneous’ Intransitives, Transitives, and Causatives: Their Implications for Syntactic Theory  単著   
Transitivity and Valency Alternations: Studies in Japanese and Beyond  , Berlin: De Gruyter Mouton  , 313-340. (Chapter 10)  , 2016/07   

概要(Abstract) Taro Kageyama and Wesley M. Jacobsen (eds.) 

備考(Remarks)  

2015  Scrambling and its locality constraints in Child Japanese  共著  DOI 10.1007/s10936-015-9349-3 
Studies in Chinese and Japanese Language Acquisition  , John Benjamins Publishin Company  , 未定  , 未定   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) with Koji Sugisaki
 

2015  幼児の疑問文獲得における三つの特徴  単著   
日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究 研究報告書(3)  , 国立国語研究所  , 3  , 155-173  , 2015/2/29   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  The Acquisition of WH-Constraints in Japanese   共著   
BUCLD (Supplement)  , Cascadilla Press.  , 39  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) with Koji Sugisaki 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2003  Two Different Types of Overgeneration of "no" in Japanese Noun Phrases  研究発表  共著 
GLOW in Asia  , Seoul National University, Korea  , 2003/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) これ以降の論文については、項目が重複する部分もあるため、研究活動報告を参照のこと。 

2003  W-shaped Overgeneration in the Acquisition of Japanese Noun Phrases  研究発表  共著 
WECOL  , University of Arizona. U.S.A.  , 2003/01   

概要(Abstract)  本稿では、異なる文法範疇の「の」がいつ、どのように獲得されるのかについて、日本語を母語とする幼児1名を対象として4年半の縦断的実証研究を報告する。異なる統語範疇の「の」は、以下のような順序で獲得される。

a. 所有の意味をもつ「名詞句の独立属格形」の「の」(e.g.,あっくんの)
b. 代名詞(N)としての「の」(e.g., あかいの)
c. 「名詞句の属格形+名詞」の構文における属格「の」
(e.g., あっくんのしゅっぽっぽ)

更に、「の」の過剰生成(に見える)時期が、2期存在する 

備考(Remarks)  

2002  On the Acquisition of Scrambling  招聘研究発表  単著 
Max Planck Psycholinguistics Institute  , Max Planck Psycholinguistics Institute, Nijmegen, Holland  , 2002/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  On the Acquisition of Movement in Japanese  研究発表  単著 
Ling Lunch Talk at University of Connecticut (Invited)  , University of Connecticut, Storrs, Connecticut, U.S.A.  , 2002/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  幼児に見られる名詞句内での二種類の過剰生成  科学研究費報告書  共著 
複合動詞と項構造-項構造の統語表示に関する比較研究  , 文部省科学研究費基盤研究(C) 成果報告書  , 2002/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 研究代表者:阿部泰明、共著者: 橋本知子 

2001  The Acquisition of Scrambling in Japanese  研究発表  共著 
The 3rd Asian GLOW  , Tsing-Hua University, Taiwan  , 2002/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:川村知子 

2001  More on the Overgeneration in Japanese Noun Phrases.  研究発表  その他 
Max Planck Institute of Psycholinguistics   , Max Planck Institute of Psycholinguistics, Nijmegen, Holland  , 2001/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  Modification and Specification: A Study of ‘no’ and ‘de’  研究発表  共著 
International Association of ChineseLinguistics 10th Annual Conferencewith NACCL and TEAL Worksh  , University of California, Irvine.  , 2001/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:Jonah Lin, Mamoru Saito 

1999  21世紀の言語教育を考えるー多様化する社会と言語教育  招聘口頭発表  その他 
津田塾大学創立100周年記念 言語文科研究所主催シンポジウム  , 津田塾大学  , 1999/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同発表者:天満美智子、古川法子、釣友香 

1997  The Syntax-Discourse Interface: A Case Study  科学研究費報告書  単著 
読解過程における推論のはたらきに関する実験的研究とその応用  , リーベル出版  , 1997/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 研究代表者:天満美智子 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
1990  Summer Fellowship & Predoctoral Fellowship     1901年01月01日 
University of Connecticut 

備考(Remarks)  

1990  University of Connecticut, Dissertation Fellowship    1901年01月01日 
University of Connecticut 

備考(Remarks)  

1989  Summer Fellowship & Predoctoral Fellowship     1901年01月01日 
University of Connecticut 

備考(Remarks)  

1988  Summer Fellowship & Predoctoral Fellowship     1901年01月01日 
University of Connecticut 

備考(Remarks)  

1987  Tuition Award for International Students    1901年01月01日 
University of Connecticut 

備考(Remarks)  

1987  Summer Fellowship & Predoctoral Fellowship    1901年01月01日 
University of Connecticut, 

備考(Remarks)  

1986  ロータリー財団奨学生(第260地区(愛知・長野))    1901年01月01日 
ロータリー財団 

備考(Remarks)  

1985  東京理論言語学講座 (TEC) 奨学生    1901年01月01日 
ラボ教育センター 

備考(Remarks)  

1983  石坂泰三賞    1901年01月01日 
津田塾大学 

備考(Remarks)  

1983  津田塾大学芸学部英文科総代    1901年01月01日 
津田塾大学 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  The Structure of Mimetic Verbs  単独  2017/03/23 
Aqui-Lab, University of Connecticut  , Lingusitics Department   

概要(Abstract) 口頭発表 

備考(Remarks)  

2016  Root Infinitive Analogues in Asian Child Languages and the Implications for Minimalist Theory  単独  2017/03/10 
The first International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics  , The Chinese University of Hong Kong   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  日本語研究から生成文法理論へ:言語理論と言語獲得  共同  2017/02/19 
Prosody and Grammar Festa   , 国立国語研究所   

概要(Abstract) 共同発表者:高野祐二(金城学院大学) 

備考(Remarks)  

2016  Mimetics as the argument-structure sprouts in child Japanese  単独  2016/12/17 
NINJAL International Symposium 2016:Mimetics in Japanese and Other Languages of the World  , 国立国語研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Invited Speaker 

2016  How Learners Infer the Meaning of Unfamiliar Words in L2  共同  2016/09/10 
環太平洋第二言語研究フォーラム2016  , 日本第二言語習得学会 (開催校:中央大学)   

概要(Abstract)
Lexical inferencing is one of the most discussed areas in L2 reading comprehension. It has not yet been known, however, how L2 readers infer the meaning of unfamiliar words, and in particular, whether there is
a specific type of inferencing which is most likely to lead to a target meaning. In the present study, we aimed to find the exact type of inferences most frequently used by L2 learners of different levels of vocabulary knowledge and to identify the type of inferences that would lead to a successful guess. Implications for successful inferencing in L2 reading will be discussed. 

備考(Remarks) 共著者:
OKUWAKI, Natsumi (Tsuru University)
HOSHINO, Noriko (Kobe City University of Foreign Studies)
TAJIKA, Hiroko (Tsuda College)
SAITO, Ryoko (Shirayuri College)
NODA, Saeko (Tsuda College)
TOYOSHIMA, Saeko (Akita International University)
 

2016  Mimetics Acquisition Device  単独  2016/03/23 
Acqui-lab, University of Connecticut   , Linguistics Department (PL: Professor Diane Lillo-Martin, University of Connecticut   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 科学研究費による出張における研究発表 

2015  シンポジウム:言語獲得研究から見た普遍文法  単独  2015/11/22 
日本英語学会 第33回大会  , 日本英語学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 司会・責任者・講師1 村杉恵子 (南山大学)(招聘)
講師2 杉崎鉱司 (三重大学)
講師3 郷呂拓也 (津田塾大学)
コメンテーター 高橋大厚 (東北大学) 

2015  Inspiring Child Language: 30 Years of the Analyses of Two-Word Utterances  単独  2015/09/05 
The 30th Anniversary of National Tsing Hua Linguistics   , National Tsing Hua University, Taiwan   

概要(Abstract) Invited (招聘) 

備考(Remarks)  

2015  The Role of Lexical Inferencing in L2 Reading Comprehension   共同  2015/06/12 
CAES 2015 International Conference – “Faces of English: Theory, Practice and Pedagogy”  , CAES, University of Hong Kong   

概要(Abstract) with Ryoko Saito, Natsumi Okuwaki and Hiroko Tajika 

備考(Remarks)  

2015  Same Process-Different Views: The Development of Syntactic Structure   単独  2015/06/11 
CUHK linguistics seminar   , The Language Acquisition Laboratory and Department , Chinese Universtiy of Hong Kong   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2015  科学研究費補助金  時制句のパラメター:比較統語理論と文法獲得 
研究代表者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  英文読解における語彙力の涵養と語彙習 得指導の実践:未知語に関する推論の力 の活用 
非代表  津田塾大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  英文読解における語彙力の涵養と語彙習 得指導の実践:未知語に関する推論の力 の活用 
非代表者  津田塾大学   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 課題番号:26370708 

2014  科学研究費補助金  時制句のパラメター:比較統語理論と文法獲得 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 基盤研究C:26370515,2014~2016 

2013  科学研究費補助金  主節不定詞のパラメター:比較統語理論と言語獲得を繋ぐ試み 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  国立国語研究所 理論・構造系 領域指定型  言語の普遍性及び多様性を司る生得的制約:日本語獲得に基づく実証的研究 
代表  国立国語研究所   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  主節不定詞のパラメター:比較統語理論と言語獲得を繋ぐ試み 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  国立国語研究所 理論・構造系 領域指定型  言語の普遍性及び多様性を司る生得的制約:日本語獲得に基づく理論的研究 
代表  国立国語研究所  2,000,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2011  科学研究費補助金  主節不定詞のパラメター:比較統語理論と言語獲得を繋ぐ試み 
代表  独立行政法人日本学術振興会  1,690(千円) 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 課題番号:23520529 

2011  国立国語研究所 理論・構造系 領域指定型  言語の普遍性及び多様性を司る生得的制約:日本語獲得に基づく実証的研究 
代表  国立国語研究所  2,000,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2015  心理言語学 

「ことばとこころー入門 心理言語学」(村杉恵子著、みみずく舎、医学評論社)を教科書とし、パワーポイント資料とDVD教材を作成し、人間の言語のメカニズム、幼児の言語獲得、言語障害、手話言語、難読症、自閉症の特徴などについて、体系的に、かつ視覚的な教材を作成し、提示した。 

2014/04/01-2016/03/31 
2014  Writing in English 

英米学科1年生必修授業として週に2回、英語のパラグラフの構成、フォーマルスキーマ、コンテントスキーマを利用した英語による作文の書き方を指導した。津田塾大学読解グループにも属し、科学研究費により研究を応用し、語彙の推測の仕方、文章構造に関する知識、内容に関する知識、など、心理言語学/読解研究で報告されている方法に鑑みて、どのように書くのかを指導した。 

 
2011  演習I, II 

言語学研究センターの主催・共催する言語学ワークショップについて、受講生に任意で参加を促し、最先端の研究についてその内容や研究発表の方法について「実際に研究者の発表をじかにきく」ことにより学ぶ機会を設けた。また、研究発表会として、学生が自分の研究を発表する機会を設けた。 

 
2010  Special Topics in English:Issues in Language Studies 

自ら調査し、パワーポイントを用いて英語で発信する醍醐味

2006年度より始まった英米学科の専門科目で英語で読み、聞き、知り、そして英語で書き、話し、発信する授業です。言語を研究対象とするこのクラスでは、言語の諸相ー普遍文法、個別文法の特徴や方言、若者ことば、言語獲得、産出のメカニズム、読解のストラテジー等ーについて英語で学び、学生は各自の興味のある題材について深く調べ、英語でパワーポイントを用いて発表します。
 LL教室の特徴をフルに活用したこの授業では、教員はパワーポイントも動画も用いた英語による講義を行い、学生はそれぞれの席からアクセスできる学術論文や記事を再動員して、一定の期日までにパワーポイントに仕上げ、英語で発表します。チャレンジんグなクラスですが、学生が、自ら学びたいことを追い求めて発表する力は障害にわたって活きてくるはずです。(大学案内2012に紹介されました) 

 
2007  英語学特殊研究(心理言語学) 

学生の参加型の授業を言語学研究に関して試みた。
1)英語、スペイン語、カンナダ語、中国語、日本語に関して、語順、wh−移動などの移動操作、削除操作、屈折や一致などに関して、対照言語学的にパワーポイントを用いて提示した。クラス内に、カンナダ語母語話者と中国語母語話者がいたことで、新たな具体的な事実を、実際にクラス内で彼らと確かめながら、言語学で行う調査法と分析法の実践を試みた。
2)若者ことばやいい間違えの事実を、実際に学生に収集するように薦め、どのような事実がどのように分析されうるのかを実践的に考察することを奨励した。他の言語でも同じメカニズムが働く例をあげながら、人間言語に共通する不思議なメカニズムについて、実際に自分の収集した事実にからみあわせて考察されるよう努めた。 

 
2007  演習III, IV 

4年次の演習は、それぞれの研究テーマを卒業論文につなげていくために、幾つかの小研究を学生の興味のあるテーマの中から選び文献や教員自身の研究を説明した。また、他の教員を招き、自らの研究についてハンドアウトを用いて発表していただいた。言語学研究センター主催・共催による言語獲得に関するワークショップに任意で参加させ、言語獲得研究者(Thomas Lee, Thomas Roeper, Koji Sugisaki, Keiko Murasugi)による最新の研究と、その研究発表の方法について学ぶ機会を与えた。卒業論文発表会を卒論提出日に行い、それぞれの研究を発表する機会を設けた。 

 
2006  英作文 

英語作文のクラスでは「自然な英語」の文章を豊富に与え、英語で手紙を書く方法、及び学期末には全ての受講生が自分で英語で小さい本を作成するために、授業内容を組み立てている。 

 
2006  Reading in English 

 自律した読み手になるために、モチベーションをもち、かつフォーマルスキーマとコンテントスキーマを上手に使い、テクストを理解する方法について、物語文と論説文、新聞と簡単な論文を用いて説明し、読解の方法を体得するよう促した。
 特に、論点、要旨を捉えて読解する方法を一学期を通して練習した。毎週、学生は、モチベーションをもって読める英語によるインターネットの記事を自ら選び、それについて論点、要旨を日本語でまとめる練習をおこなった。独学とならないために、質問のある場合には要旨とともに質問事項をかき、教師と学生との間のコミュニケーションをもちながら、テクストの趣旨をつかみかたについて学んだ。 

 
2005  Reading in English 

 最近の読解研究に基づき、読解のクラスを実践した。
 読解のストラテジーを実際に意識的に用い、よりよい読み手になるにはどうしたらよいのか、自己意識として学生がもてるよう指導した。
 挿絵、タイトルなども手がかりとしながら、テクストに関する背景知識や世界知識を駆使して、実際の語彙や文の字面の意味を「読み込む」方法を、物語文と論説文について試みた。また新聞の構造など、テクストの構造を知ることが、テクスト全体の論理構成を知る手がかりについても、理論的な説明を行い、自ら読解力をつける試みを行った。
 また翻訳の練習も手がけた。訳するとはどういうことか。日英語の文構造や語彙の意味の相違を知り、適切な意味をあらわすための技術も教えた。
 また、多読を薦め、インターネットにある記事や新聞記事をもとに、上記の読解の方法を用いながら、多種多様な文章のタイプに触れ、応用力を養った。 

 
2004  Reading in English 

 読解するということとはどういうことかについて、具体的に最近の読解研究に基づき、実践した。
 読解するということは、テクストに関する背景知識を基にしたトップダウンの読みと、実際の語彙や文の字面の意味との相関であり、また、テクストの構造を知ることが、テクスト全体の論理構成を知る手がかりになることなど、理論的な説明を行い、メタ言語的に読解力をつける試みを行った。
 また、多読を薦め、インターネットにある記事や新聞記事をもとに、上記の読解の方法を用いながら、多種多様な文章のタイプに触れ、応用力を養った。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2012  研究発表 (シンポジアム講師)(招聘)  2012 

活動内容等(Content of Activities) 日本文法学会  

2010  研究発表  9/1/2010 

活動内容等(Content of Activities) ”A Cross-Linguistic Approach to the 'Erroneous' Genitive Subjects: Underspecification of Tense in Child Grammar Revisited” Generative Approaches to Language Acquisition North America (GALANA) 4、University of Toronto, Toronto, CANADA. (共著) 

2010  研究発表  2011/2/19 

活動内容等(Content of Activities) 「言語獲得からみる言語の多様性」
平成22年度大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 公募型共同研究プロジェクト (プロジェクトリーダー:村杉恵子)主催、南山大学言語学研究センター共催 

2010  研究発表  2011/2/19 

活動内容等(Content of Activities) 「主節不定動詞としてのオノマトペ」
平成22年度大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 公募型共同研究プロジェクト (プロジェクトリーダー:村杉恵子)主催、南山大学言語学研究センター共催
(共著) 

2010  招聘による研究発表  2010/8/14 

活動内容等(Content of Activities) The Linguistic Constellations: Relating Acquisition Phenomena withParameter Setting”GLOW-in-Asia 8,
Beijing Language and Culture University, Beijing, China. (単著) 

2010  研究発表  2010/11/13 

活動内容等(Content of Activities) "The Use of Onomatopoeia as Root Infinitives in Child Japanese"南山大学言語学研究センター第10回ワークショップ (文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)
(共著) 

2010  研究発表  10/1/2010 

活動内容等(Content of Activities) ”Three types of 'Root Infinitives': Theoretical implications from Child Japanese"
20th Japanese/Korean Linguistics Conference、University of Oxford, Oxford, Great Britain. (共著) 

2009  招聘による研究発表  2009/9/5 

活動内容等(Content of Activities) WAFL 6 (6th Workshop on Altaic Formal Linguistics)
Acquisition Panel (Organizer and Chair)
"The Onset of Complex NPs in Child Production" 

2009  研究発表  2009/11/7 

活動内容等(Content of Activities) "The Roots of Root Infinitive Analogues: The Surrogate Verb Forms Common in Adult and Child Grammar" The 34th Boston University Conference on Child Language Development. Boston University, Boston, U.S.A.(共著) 

2009  研究発表  2009/11/7 

活動内容等(Content of Activities) "A Theoretical Account for the "Erroneous" Genitive Subjects in Child Japanese and the Specification of Tense" The 34th Boston University Conference on Child Language Development. Boston University, MA. U.S.A.(共著) 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/06/19 更新