研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

34 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2003  Two Different Types of Overgeneration of "no" in Japanese Noun Phrases  研究発表  共著 
GLOW in Asia  , Seoul National University, Korea  , 2003/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) これ以降の論文については、項目が重複する部分もあるため、研究活動報告を参照のこと。 

2003  W-shaped Overgeneration in the Acquisition of Japanese Noun Phrases  研究発表  共著 
WECOL  , University of Arizona. U.S.A.  , 2003/01   

概要(Abstract)  本稿では、異なる文法範疇の「の」がいつ、どのように獲得されるのかについて、日本語を母語とする幼児1名を対象として4年半の縦断的実証研究を報告する。異なる統語範疇の「の」は、以下のような順序で獲得される。

a. 所有の意味をもつ「名詞句の独立属格形」の「の」(e.g.,あっくんの)
b. 代名詞(N)としての「の」(e.g., あかいの)
c. 「名詞句の属格形+名詞」の構文における属格「の」
(e.g., あっくんのしゅっぽっぽ)

更に、「の」の過剰生成(に見える)時期が、2期存在する 

備考(Remarks)  

2002  On the Acquisition of Scrambling  招聘研究発表  単著 
Max Planck Psycholinguistics Institute  , Max Planck Psycholinguistics Institute, Nijmegen, Holland  , 2002/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  On the Acquisition of Movement in Japanese  研究発表  単著 
Ling Lunch Talk at University of Connecticut (Invited)  , University of Connecticut, Storrs, Connecticut, U.S.A.  , 2002/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  幼児に見られる名詞句内での二種類の過剰生成  科学研究費報告書  共著 
複合動詞と項構造-項構造の統語表示に関する比較研究  , 文部省科学研究費基盤研究(C) 成果報告書  , 2002/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 研究代表者:阿部泰明、共著者: 橋本知子 

2001  The Acquisition of Scrambling in Japanese  研究発表  共著 
The 3rd Asian GLOW  , Tsing-Hua University, Taiwan  , 2002/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:川村知子 

2001  More on the Overgeneration in Japanese Noun Phrases.  研究発表  その他 
Max Planck Institute of Psycholinguistics   , Max Planck Institute of Psycholinguistics, Nijmegen, Holland  , 2001/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  Modification and Specification: A Study of ‘no’ and ‘de’  研究発表  共著 
International Association of ChineseLinguistics 10th Annual Conferencewith NACCL and TEAL Worksh  , University of California, Irvine.  , 2001/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:Jonah Lin, Mamoru Saito 

1999  21世紀の言語教育を考えるー多様化する社会と言語教育  招聘口頭発表  その他 
津田塾大学創立100周年記念 言語文科研究所主催シンポジウム  , 津田塾大学  , 1999/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同発表者:天満美智子、古川法子、釣友香 

1997  The Syntax-Discourse Interface: A Case Study  科学研究費報告書  単著 
読解過程における推論のはたらきに関する実験的研究とその応用  , リーベル出版  , 1997/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 研究代表者:天満美智子 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]