研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
奥山 倫明 ( オクヤマ ミチアキ , OKUYAMA Michiaki )
所属
Organization
人文学部キリスト教学科
南山宗教文化研究所
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/SHUBUNKEN/staff/staff.htm
専攻分野
Area of specialization

宗教学、宗教史学、比較文明学、日米欧近代政教関係史

学会活動
Academic societies

日本宗教学会会員(1988.4〜, 国際委員会委員2003.4〜,評議員2007.9〜2013.9,理事2013.9~現在に至る)
日本社会学会会員(1991.4〜現在に至る)
「宗教と社会」学会会員(1993.6〜現在に至る)
American Academy of Religion会員(1997.1〜, 編集委員2003.11〜現在に至る)
アメリカ学会会員(1997.8〜現在に至る)
神道宗教学会会員(2001.12〜現在に至る)
社会思想史学会会員(2002.4〜現在に至る)
International Society for the Sociology of Religion(2003.1〜現在に至る)
European Association for the Studies of Religions会員(2003.5〜現在に至る)
International Political Science Association 会員(2006.1〜現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (63)
著書数 books (16)
学術論文数 articles (47)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院人文社会系研究科宗教学・宗教史学専攻 博士課程  1996年07月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(文学)(博人社第150号)    東京大学大学院人文社会系研究科宗教学・宗教史学専攻  1996年07月 
修士 文学修士    東京大学大学院人文科学研究科宗教学・宗教史学専攻  1989年03月 
学士 文学士    東京大学文学部宗教学・宗教史学科  1987年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  宗教史理論の研究 

概要(Abstract) 世界の諸宗教の歴史を,どのような地域区分により,どのような時代区分をもって叙述すべきかを,宗教学・宗教史学に加え,比較文明論や世界史,世界地誌をめぐる諸議論を手がかりに検討している。なかでも,いわゆる世界宗教の歴史的な意義はどこに見出され,それらは今後の人類史においていかなる役割を果たし得るかを考察している。 

短期研究  エリアーデ宗教学の研究 

概要(Abstract) エリアーデの宗教学の形成と展開を振り返りながら,現代宗教学におけるエリアーデ宗教学の意義と問題点について考察している。特に,エリアーデ宗教学をめぐって近年進められてきた議論や,宗教概念の再考を求める諸議論を踏まえ,またエリアーデの個別宗教研究に関する今日的な反省も参照しつつ,現代宗教学における宗教比較論と宗教史研究の動向を検討している。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  宗教と政治のインターフェイスー現代政教関係の諸相  共編著   
行路社  , A5  , 287 p.  , 2017/03/31   

概要(Abstract) 南山大学地域研究センター共同研究の研究成果。 

備考(Remarks) 丸岡高弘氏との共編著。「まえがき―近年の『政教分離』論の一端にふれつつ」(pp. 3‐16)、第9章「現代日本における政教関係論」(pp. 249‐275)を担当。 

2008  『宗教史とは何か』  共著   
リトン  , A5  , 426  , 2008/09   

概要(Abstract) 担当部分:「アーリアとセム-19世紀的カテゴリーの再検討-」37-61頁。 

備考(Remarks) 上巻、第二論文担当 

2004  Creeds, Rites and Videotapes  共著   
Taipei Ricci Institute  , A5  , 302  , 2004/04   

概要(Abstract) Inter-Religio, No. 39に所収の拙論From Storyteller to Mythtellerを再録したもの。担当部分 pp. 39-48. 

備考(Remarks)  

2003  岩波講座宗教2『宗教への視座』  共著   
岩波書店  , A5  , 303  , 2004/01   

概要(Abstract) 担当部分:読書案内libraria mea「20世紀宗教論のさまざまな視座」pp. 282-303. 

備考(Remarks)  

2003  『文明間の対話に向けて-共生の比較文明学』  共著   
世界思想社  , その他  , 260 pp.  , 2003/12   

概要(Abstract) 担当部分:「戦後日本における『神道』-実りある文明間の対話のために」pp. 120-137. 

備考(Remarks)  

2003  Socialny aspekt nabozenstva (Social Aspect of Religiosity)  共著   
Ustav pre vzt'ahy statu a cirkvi  , A5  , 206  , 2003/10   

概要(Abstract) 担当部分:"Socialny dosah sucasnych japonskych nabozenstiev," pp. 93-103; "The Social Outreach of Contemporary Japanese Religions," pp. 196-206. 

備考(Remarks) Institute for State-Church Relations, Bratislava刊 

2002  『宗教と社会問題の〈あいだ〉』  共著   
青弓社  , その他  , 277  , 2002/08   

概要(Abstract) 第11回南山宗教文化研究所シンポジウムの記録。担当部分:「第一セッション 社会問題としての宗教」コメント2、pp. 82-88. 

備考(Remarks) ロバート・キサラ,藤田庄市,山口 広,米本和広,櫻井義秀,中野 毅,渡辺 学,弓山達也,芦田徹郎,林 淳,樫村愛子共著。 

1999  『宗教と宗教の〈あいだ〉』  共著   
風媒社  , A5  , 400  , 2000/03   

概要(Abstract) 南山大学創立50周年記念出版。担当部分:第II部第二論文「『アジアの錬金術』とヨーガ」pp. 140-157. 

備考(Remarks) 南山宗教文化研究所編。ヤン・ヴァン・ブラフト,青山 玄,ヤン・スィンゲドー,ポール・スワンソン,ロバート・キサラ,久松英二,石脇慶總,長倉久子,ジェームス・ハイジック,渡辺 学,奥山倫明 他9名共著。 

1997  『現代宗教思想を学ぶ人のために』  共著   
世界思想社  , その他  , 310  , 1998/02   

概要(Abstract) 担当部分:第9章2「エリアーデ」pp. 293-307. 

備考(Remarks) 山本誠作・長谷正當編。藤田正勝,川村永子,山本誠作,大塚 稔,安藤恵崇,遠藤 弘,岩田文昭,大島末男,長谷正當,奥山倫明 他9名共著。 

1995  『消費される〈宗教>』  共著   
春秋社  , その他  , 279  , 1996/03   

概要(Abstract) 担当部分:第二部第二論文「消費社会の宗教性」pp. 111-132. 

備考(Remarks) 島薗 進・石井研士編。大澤真幸,島薗 進,吉見俊哉,石井研士,奥山倫明,松本由紀子,山中 弘,鈴木健太郎,林 淳共著。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  Religious Dimensions in the Japanese Imperial System in the Contemporary Social Situations  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 13  , pp. 1-21  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  近代日本における宗教・教化・教育  単著   
『アカデミア』人文・自然科学編  , 南山大学  , 12  , pp. 279-296  , 2016/06   

概要(Abstract) 日本における「宗教」概念は西洋の影響のもとで成立し、法的かつ外交上の問題になるとともに近代的な思想とともに流入、定着した。この概念のモデルはキリスト教プロテスタンティズムだが、日本では「仏教」もそれに匹敵し得る一宗教として理解されるようになる。また「宗教」は「教化」の側面を伴い、近代日本では一時、「教部省」という中央行政機関も設置されたが、それとは別に文部省が司る「教育」という領域も制度化していった。その間、キリスト教の宗教としての位置づけが「信教の自由」の対象として問題になる一方で、教育における位置づけも議論となる。国立の高等教育機関では、京都大学で例外的にキリスト教学が制度化されるに至った。 

備考(Remarks)  

2016  2000年代日本におけるキリスト教信者の急増減―宗務課『宗教統計調査』から考える  単著   
南山宗教文化研究所所報  , 南山宗教文化研究所  , 26  , pp. 16-25   , 2016/05   

概要(Abstract) 2000年代日本の宗教意識調査を概観し、また戦後日本の宗教人口の推移を文化庁の宗教統計調査をもとに概観したのち、2000年から2013年の文化庁宗務課の同調査が、日本のキリスト教人口の急増減(170万人から300万人の間の変動を示す)を記録していることに着目した。そうした数値の急増減が主要教団(おおむね2万人以上の信者を擁す9教団)の信者数増減からは説明できないことを指摘し、次いで都道府県別信者数データから著しい増減を示している道県があることを指摘したのち、宗務課専門職との意見交換から、増減の由来についての解釈を示した。 

備考(Remarks)  

2015  制度としての「宗教」―序説  単著   
アカデミア(人文・自然科学編)  , 南山大学  , 10号  , pp. 243-256  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Religious Responses to the Atomic Bombing in Nagasaki  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 37  , 64-76  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  近年の「国家神道」論から見た畔上直樹氏の貢献  単著   
南山宗教文化研究所研究所報  , 南山宗教文化研究所  , 22号  , pp. 6-20  , 2012/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山宗教文化研究所研究会「近代神社と宗教ナショナリズム―畔上直樹氏の近著をめぐって」での発表をもとにした論文。 

2012  "Civil Religion" in Japan? Rethinking the Arguments and its Implications  単著   
Religious Studies in Japan  , Japanese Association for Religious Studies  , Vol. 1  , pp. 61-77  , 2012/04   

概要(Abstract) 近年の「日本における市民宗教」をめぐるReview Article 

備考(Remarks)  

2011  "State Shinto" in Recent Japanese Scholarship  単著   
Monumenta Nipponica  , Sophia University  , 66/1  , pp. 123-145  , 2011/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「国家神道」をめぐる近年の議論の動向についての書評論文。 

2010  Soka Gakkai as a Challenge to Japanese Society and Politics  単著   
Religion and Politics  , Center for Study of Religion and Religious Tolerance  , 4/1  , pp. 83-96  , Spring 2010   

概要(Abstract) A new Buddhist group Soka Gakkai started its movement in 1930. After World War II it grew rapidly to claim more than eight million families as its members in Japan in 2005. Soka Gakkai International (SGI), which Soka Gakkai organized as its international network in 1975, now extends to over 190 countries and areas worldwide, claiming twelve million members globally, according to their own calculations. Soka Gakkai started a domestic political movement in the early 1960s, establishing Komeito in 1964 that would mostly keep the third position between the Liberal Democratic Party (LDP) and the Social Democratic Party throughout the Cold War era. When the political scene in Japan saw a restructuring process in the 1990s, Komeito joined in the coalition government with the LDP in 1999. The general election in 2009, however, turned out to be a failure both to the LDP and Komeito, while the Democratic Party of Japan won the election to lead the new government, almost for the first time since the
establishment of LDP in 1955. This paper tries to situate Soka Gakkai and Komeito in the context of Japanese politics and society and attempts an evaluation of the current situation after the 2009 election. 

備考(Remarks)  

2010  神意と国運−アメリカ神聖国家論の素描  単著   
南山神学別冊  , 南山大学大学院神学研究室  , 26号  , pp. 31-53  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2013  ミルチャ・エリアーデ『ポルトガル日記 1941-1945』  翻訳  共訳 
作品社  , 484頁  , 2014/01/30   

概要(Abstract) Diario Portugues, Barcelona: Kairos, 2001、木下登、宮下克子との共訳。 

備考(Remarks)  

2013  ミルチャ・エリアーデ『アルカイック宗教論集』  翻訳  監修書 
国書刊行会  , 512  , 2013/08/23   

概要(Abstract) 『再統合の神話』『棟梁マノーレ伝説の注解』『オーストラリアの宗教』『南アメリカの高神』を収録 

備考(Remarks)  

2012  霊性と教団―その継承の意義をめぐって  寄稿  単著 
「摂受心院」刊行会『摂受心院―ほとけの心を生きる』  , 中央公論新社  , pp. 357-372  , 2012/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  摂受心院・伊藤友司、礎としての人生  寄稿  単著 
宗教と現代がわかる本2012  , 平凡社  , 244-251頁  , 2012/02/24   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Encyclopedia of Global Religion  辞書・事典  共著 
Sage  , 2012/01   

概要(Abstract) Mark Juergensmeyer, Wade Clark Roof編の事典の項目を担当。担当箇所、Japan (vol.1, pp. 614-619), Soka Gakkai (vol. 2, pp. 1192-93), Tokyo (vol.2, pp. 1289-1291). 

備考(Remarks)  

2011  水林彪『国制と法の歴史理論―比較文明史の歴史像』  書評  単著 
『比較文明』  , 行人社  , 27号  , pp. 164-167  , 2011/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  比較宗教論  事典項目  単著 
『宗教学事典』  , 丸善  , pp. 172-175  , 2010/10/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  安田喜憲『稲作漁撈文明-長江文明から弥生文明へ』  書評  単著 
『比較文明』  , 比較文明学会  , 25号  , 266-270頁  , 2009/11/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 安田喜憲著(2009年、雄山閣)に関する書評。 

2009  南山「懇話会」と国際シンポ振り返る  寄稿  単著 
中外日報  , 中外日報社  , 27317号  , 7面  , 2009/07/09   

概要(Abstract) 『中外日報』紙、論壇面への寄稿。南山宗教文化研究所の2008年度の懇話会シリーズと、国際シンポジウム「救援・復興・宗教−危機的状況下における人道援助とこころのケア−」に関する報告。 

備考(Remarks)  

2008  蘇る倉橋由美子  寄稿  単著 
宗教と現代がわかる本2009  , 平凡社  , pp. 234-237  , 2009/03   

概要(Abstract) 倉橋由美子による宗教批判について振り返った。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2000  第9回中村元賞  奥山倫明『エリアーデ宗教学の展開』(刀水書房、2000年)に対して  2001年03月30日 
宝積比較宗教・文化研究所 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Discussant for Deconstructing the 'Essence' of New Religions: A New Approach for an Old Field of Study  単独  2017/09/01 
15th International Conference of the European Association for Japanese Studies  , European Association for Japanese Studies   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Lisbon, Faculdade de Ciencias Sociais e Humanas-NOVA FCSH
CHAM-Centre for the Humanities 

2015  Some Characteristics of Statistics on Religious Affiliation in Japan  単独  2015/10/24 
Denmark-Japan Joint Workshop "Rethinking Religious Diversity in Japan"  , Aarhus University and Nanzan Institute for Religion and Culture   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Rethinking Religious Nationalism in Contemporary Japan  単独  2015/09/20 
Lunch Seminar on Japanese Economy and Society  , French Research Institute on Japan, Mason Franco-Japonaise   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Interpretations of Spirituality: Comparing Shinnyo-en Followers in Japan and the West  単独  2015/08/25 
International Association for the History of Religions  , International Association for the History of Religions   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Religious Dimensions of the Japanese Imperial System in a Post-Secular Society  単独  2015/08/24 
International Association for the History of Religions  , International Association for the History of Religions   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Religious Responses to the Atomic Bomb in Nagasaki  単独  2012/12/01 
World War II and Religion Conference  , Institute on World War II and Human Experience, Florida State University   

概要(Abstract) 20世紀前半の長崎のキリスト教の状況を踏まえた上で、長崎原爆投下にかかわる昨今の認識に照らしながら、原爆投下に対するキリスト教的な反応の事例について検討した。 

備考(Remarks)  

2012  Religion and Non-religion in the Modern Japanese Context  単独  2012/08/26 
European Association for the Study of Religion  , Sodertorn University, Stockholm   

概要(Abstract) ヨーロッパ宗教学会での発表 

備考(Remarks)  

2010  The Suicide Problem in Contemporary Japanese Society: Its Economic and Social Backdrops and Religious Reactions  単独  2010/09/16-17 
ECONOMIC/SOCIAL EXCLUSION AND COLLECTIVE ACTION: EUROPE AND ASIA COMPARED  , University of Limerick   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2010年9月17日、アイルランド、リムリック大学での国際会議への招聘ならびに発表。 

2009  戦後アメリカ宗教と公共性  単独  2009/12/21 
東京大学大学院総合文化研究科  , 科学研究費補助金(A)「公共文化の胎動」研究会   

概要(Abstract) 日本におけるアメリカ宗教研究の動向をたどり、現代日本人研究者によるアメリカ宗教論のいくつかについて概観したのち、戦後アメリカ宗教史の概要を提示しつつ、そこにおける公共性の問題について論じた。 

備考(Remarks) 遠藤泰生先生主催の科学研究費補助金(A)研究会での発表。 

2009  日米関係のなかのキリスト教  単独  2009/12/12 
宗教史学研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 宗教史学研究所第50回研究会(2009年12月12日、東洋英和女学院大学)における研究発表。 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2006    政教関係の日仏比較研究 
  市原国際奨学財団   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2006  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  政教関係の日仏比較研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2004  科学研究費補助金  エリアーデ宗教学形成前史に関する基礎的研究 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 2002‐2004年度 

2004  科学研究費補助金  宗教学の国際化推進のための研究機関の改革と交流に関する国際比較研究 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 研究代表者:ポール・スワンソン、2003‐2005年度 

2004  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  諸宗教の共生と対話をめぐる文明学的再検討−歴史・現状・課題− 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2004  人文科学、社会科学に対する研究助成  諸宗教の共生と対話に関する文明学的再検討 
  サントリー文化財団   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2003  日本文化紹介派遣助成  アメリカ宗教学会における是枝裕和監督作品の上映ならびに質疑応答 
  国際交流基金   

研究内容(Research Content) 派遣助成 

備考(Remarks) 事業代表者:ポール・スワンソン 

2003  科学研究費補助金  宗教学の国際化推進のための研究機関の改革と交流に関する国際比較研究 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 研究代表者:ポール・スワンソン、2003‐2005年度 

2002  科学研究費補助金  エリアーデ宗教学形成前史に関する基礎的研究 
  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks) 2002‐2004年度 

2002  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  エリアーデ宗教学形成前史に関する基礎的研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2009  特別講義 

東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)、「世俗化・国家・宗教」プログラム(羽田正先生担当)での特別講義「現代日本における政教関係」を実施。 

2009/12/14 
2008  特別講師の招聘 

授業で教材として使用している末吉里花『祈る子どもたち』の著者を招聘し、特別講義を実施、学生とのディスカッションの機会を設けた。 

2008/6/3 
2007  大学院レベルのテキストの翻訳刊行 

奥山倫明監訳『宗教学必須用語22』(刀水書房、2008年、原著Mark C. Taylor ed., Critical Terms for Religious Studies, University of Chicago Press, 1998)を刊行した。 

2008/3 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2014  パネル企画・司会  2014/07/18 

活動内容等(Content of Activities) "Religious Diversity and Social Change in Contemporary East Asia," XVIII World Congress of Sociology, Yokohama, International Sociological Association 

2013  シンポジウム、パネリスト  2013/06/16 

活動内容等(Content of Activities) 川崎市岡本太郎美術館「岡本太郎のシャーマニズム展」学術シンポジウム「岡本太郎におけるミルチャ・エリアーデの影響」での発題。 

2010  財団理事  2010年〜 

活動内容等(Content of Activities) (一般財団法人)人文情報学研究所、理事。 

2010  anonymous reviewer   

活動内容等(Content of Activities) 以下の国際学術誌で匿名のpeer reviewを行なった経験がある。Religion, Journal of the American Academy of Religion, Politics and Religion等。 

2009  公開講座  2009年6月27日 

活動内容等(Content of Activities) 東海高校中学第15回サタデープログラムにおける公開講座を担当。 

2009  講演会司会  2009/06/10 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋アメリカンセンター講演会「アメリカの宗教と政治-その古くて新しい関係-」(講師、ロジャー・ロビンズ東京大学客員教授、Marymount College助教授)の司会。 

2009  国際会議招聘  2009/04/19-21 

活動内容等(Content of Activities) Asia-Europe Foundation (Singapore) in Partnership with Initiatives for International Dialogue (Davao, the Philippines), Talks on the Hill, "The Future of the Dialogue of Cultures and Civilisations"への招聘。 

2008  国際会議開催  2009/02/27-28 

活動内容等(Content of Activities) 南山宗教文化研究所シンポジウムとして、Rescue, Recovery, and Religion: Humanitarian Aid and Spiritual Care in a Time of Crisisを企画、開催。 

2007  選考委員  2007/9〜 

活動内容等(Content of Activities) 伊藤国際教育交流財団選考委員。 

2007  国際会議開催  2007/5/31〜2007/6/2 

活動内容等(Content of Activities) The Challenges of Religious Pluralism and Dialogue: The West, the Middle East and Japan(チュニジア政府高等教育省、教育訓練省、スース大学、南山宗教文化研究所共催、国際交流基金後援事業)の企画、運営。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
詳細表示

2017/09/15 更新