研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

37 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2009  Soka Gakkai as a Challenge to Japanese Society and Politics  単独  2009/11/09 
American Academy of Religion   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) アメリカ宗教学会日本宗教グループにおけるパネルReligious Initiatives and Social Activism in Contemporary Japanにおける発表。2009年11月9日、モントリオール、カナダ。 

2009  Civil Religion in Japan?: Rethinking the Arguments and Their Implications  単独  2009/10/11 
日本社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 日本社会学会第82回大会、英語部会(3)Cultureにおける研究発表。2009年10月11日、立教大学 

2009  Politics of Grief, Commemoration, and Representation: The Yasukuni Shrine Problem in the East Asian Context  単独  2009/07/16 
International Political Science Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) チリ、サンチアゴで開催の第21回国際政治学会、RC43, Religion and Politicsにおける研究発表。 

2008  戦後日本の「国家と慰霊」問題に関する英語圏における研究動向  単独  2008/11/08 
宗教法学会  , 白鴎大学   

概要(Abstract) Helen Hardacre, Shinto and the State: 1868-1988 (1989), Sven Saaler, Politics, Memory and Public Opinion (2005), Franziska Seraphim, War Memory and Social Politics in Japan, 1945-2005 (2006), John Breen, ed., Yasukuni, the War Dead, and the Struggle for Japan's Past (2008)等を取り上げて論評しつつ、研究動向について論じた。 

備考(Remarks)  

2008  岸本英夫の昭和20年  単独  2008/09 
日本宗教学会  , 筑波大学   

概要(Abstract) 『戦後宗教回想録』所収の岸本英夫「嵐の中の神社神道」を中心に、神道指令発出前後のGHQ宗教改革の状況に関するその他の論者の言及をも併せて照らし合わせることにより、宗教学者岸本の戦後宗教改革における役割を振り返り、さらに岸本の昭和20年中の日記の記述と併せて、岸本にとっての昭和20年の意味を検討した。 

備考(Remarks) 2008年9月15日、日本宗教学会第67回学術大会における研究発表。 

2007  日本における政教分離の諸問題  単独  2007/11 
共同研究「宗教と政治のインターフェイス」  , 南山大学   

概要(Abstract) 近代日本の政教関係をめぐる重要なトピックとして、明治憲法と近代天皇、神道指令と国家神道、靖国神社と戦没者追悼を挙げた上で、戦後日本における国家による慰霊をどう捉えるかを検討した。2007年11月15日。 

備考(Remarks)  

2007  国家と慰霊  単独  2007/09 
日本宗教学会第66回学術大会   

概要(Abstract) 戦後日本における厚生(労働)省の慰霊事業の概要について検討を加えた。立正大学、2007年9月17日。 

備考(Remarks)  

2007  喪の政治  単独  2007/09 
南山宗教文化研究所  , 精神文化研究会   

概要(Abstract) 戦後宗教改革後の政教分離体制化における国家の死者への対応をめぐる諸問題を検討した。2007年9月29日。 

備考(Remarks)  

2007  Politics of Commemoration and Grief: Disputes over the War Dead in Contemporary Japan  単独  2007/07 
Leipzig, Germany  , International Society for the Sociology of Religion   

概要(Abstract) 国際宗教社会学会29回大会におけるパネル「宗教と社会問題」における研究発表。2007年7月25日。 

備考(Remarks)  

2006  Contemporary Shinto as a Focus of Polemics  単独  2006/11 
France-Japan International Joint Seminar  , Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales   

概要(Abstract) 2006年11月3日、Religion, Religious Studies and Nationalism in Contemporary Japanと題する研究会での発表。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]