研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

37 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2006  Animism and Spiritualism in Shinto  単独  2006/07 
Paris  , International Society for the Comparative Study of Civilizations   

概要(Abstract) 2006年7月7日、第35回国際比較文明学会パリ大会において開催されたシンポジウムTranscivilizational Spiritualityにおける研究発表。 

備考(Remarks)  

2005  Religion and Japanese Constitutional Law  その他  2005/11 
日仏会館  , 日仏政教関係研究会   

概要(Abstract) Jean Bauberot教授研究グループとの合同研究会での研究発表。 

備考(Remarks)  

2005  Searching for Residues outside of the Foreign Concept of Religion  単独  2005/07 
Zagreb, Croatia  , International Society for the Sociology of Religion   

概要(Abstract) 日本の「宗教」「神道」概念の成立経緯と、その間の民俗学における「固有信仰」研究の動向を検討した。22 July 2005 

備考(Remarks)  

2005  Is There Religious Freedom for Japanese Politicians? The Storm in East Asia over Yasukuni Shrine  単独  2005/06 
CESNUR 2005 International Conference  , CESNUR   

概要(Abstract) 靖国神社問題をめぐる宗教史的背景と現状、問題点について検討を加えた。Palermo, Sicily, Italy, 3 June 2005. 

備考(Remarks)  

2004  European Islam in Japanese Scholarship: Reviewing Current Discussions  単独  2004/09 
European Association for the Study of Religions  , Santander, Spain   

概要(Abstract) 日本のイスラム研究の概観、9・11以後の議論の動向を踏まえ、ヨーロッパのイスラムをめぐる最近の論点を内藤正典氏の議論に依拠しつつ要約し、コメントを加えた。 

備考(Remarks)  

2004  Religious Violence and Creative Reactions  単独  2004/07 
Fourth International Meeting of Socio-Religious Studies  , Havana, Cuba   

概要(Abstract) オウム真理教事件に対する文化人の反応の例として、大江健三郎の『宙返り』と是枝裕和の『Distance』を比較検討した。 

備考(Remarks)  

2004  Buddhist Activism in Japan and the Challenge of Globalization  単独  2004/04 
In Search of Humanised Globalisation: The Contribution of Spirituality-Based Social Movements  , Asia-Europe Workshop   

概要(Abstract) 日本における「宗教」概念、宗教社会学と社会運動論の乖離、日本におけるEngaged Buddhism論、戦後日本仏教の国際貢献を概観し、今後の課題について展望した。 

備考(Remarks) アジア欧州財団、南山大学、ルアーヴル大学共催アジア−ヨーロッパ・ワークショップでの発表 

2003  Shinto in the Japanese Religious System and the Western Influences  単独  2003/09 
The 32nd annual meeting of the International Society for the Comaparative Study of Civilizations  , St. Petersburg, Russia   

概要(Abstract) 近代日本における「神道」概念の成立と宗教制度史との関連について論じた。St. Petersburg, Russia, 18 September 2003. 

備考(Remarks)  

2003  Constructing an Indigenous Religion in Japan  単独  2003/08 
LISOR International Congress: Religious Change in Pluralistic Contexts  , Leiden Institute for the Study of Religions   

概要(Abstract) 近代日本の宗教制度改革の中で、日本の従来のカミ信仰が神道として概念形成される経緯を、近年の議論を中心に論じた。 

備考(Remarks)  

2003  Religious Pluralism in Japan and the Yasukuni Issue  単独  2003/07 
Turin, Italy  , International Society for the Sociology of Religion   

概要(Abstract) 第27回国際宗教社会学会におけるセッション「宗教多元主義の諸類型―比較研究の試み」における研究発表。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]