研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

37 件中 31 - 37 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2002  戦後米国宗教史への一視角  単独  2002/12 
宗教史学研究所   

概要(Abstract) 宗教史学研究所第36回研究会での発表。 

備考(Remarks)  

2002  A History of Religion of the Other: Eliade's Dialogical Methodology  単独  2002/10 
International Seminar  , Institute of Philosophy and Psychology of the Romanian Academy   

概要(Abstract) ルーマニア・アカデミー哲学心理学研究所での国際セミナーでの報告。 

備考(Remarks)  

2002  戦後アメリカにおける宗教史と宗教学の一側面  単独  2002/09 
日本宗教学会   

概要(Abstract) 日本宗教学会第61回学術大会での発表。大正大学,2002年9月15日。要旨は,『宗教研究』335号,2003年3月,154-155頁に所収。 

備考(Remarks)  

2002  Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Meiji Japan  単独  2002/05 
The 31st Annual Meeting of the International Society for the Comparative Study of Civilizations   

概要(Abstract) 国際比較文明学会での発表。Port Antonio, Jamaica, 31 May 2002. 

備考(Remarks)  

2001  島薗進『ポストモダンの新宗教−現代日本の精神状況の底流』におけるナショナリズム論  単独  2001/12 
南山宗教文化研究所研究例会/宗教理論研究会  , 南山宗教文化研究所   

概要(Abstract) 合評会形式での上掲書の書評。 

備考(Remarks)  

2001  エリアーデとキタガワ−宗教史の構造をめぐって  単独  2001/09 
日本宗教学会第60回学術大会  , 久留米大学   

概要(Abstract) シカゴ学派宗教学草創期に大きな役割を果たしたエリアーデとキタガワの関係を振り返り,両者の宗教史の構造に関する捉え方を比較検討した。要旨は,『宗教研究』331号,2002年3月,56-57頁に所収。 

備考(Remarks)  

2001  Eliade and Kitagawa on the Structure of Religious History  単独  2001/09 
International symposium, “Mircea Eliade in Eternity”  , Institute of Philosophy of the Romanian Academy   

概要(Abstract) 同時期の宗教学会発表とほぼ同内容の発表。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]