研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

37 件中 1 - 37 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Discussant for Deconstructing the 'Essence' of New Religions: A New Approach for an Old Field of Study  単独  2017/09/01 
15th International Conference of the European Association for Japanese Studies  , European Association for Japanese Studies   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Lisbon, Faculdade de Ciencias Sociais e Humanas-NOVA FCSH
CHAM-Centre for the Humanities 

2015  Some Characteristics of Statistics on Religious Affiliation in Japan  単独  2015/10/24 
Denmark-Japan Joint Workshop "Rethinking Religious Diversity in Japan"  , Aarhus University and Nanzan Institute for Religion and Culture   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Rethinking Religious Nationalism in Contemporary Japan  単独  2015/09/20 
Lunch Seminar on Japanese Economy and Society  , French Research Institute on Japan, Mason Franco-Japonaise   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Interpretations of Spirituality: Comparing Shinnyo-en Followers in Japan and the West  単独  2015/08/25 
International Association for the History of Religions  , International Association for the History of Religions   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Religious Dimensions of the Japanese Imperial System in a Post-Secular Society  単独  2015/08/24 
International Association for the History of Religions  , International Association for the History of Religions   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Religious Responses to the Atomic Bomb in Nagasaki  単独  2012/12/01 
World War II and Religion Conference  , Institute on World War II and Human Experience, Florida State University   

概要(Abstract) 20世紀前半の長崎のキリスト教の状況を踏まえた上で、長崎原爆投下にかかわる昨今の認識に照らしながら、原爆投下に対するキリスト教的な反応の事例について検討した。 

備考(Remarks)  

2012  Religion and Non-religion in the Modern Japanese Context  単独  2012/08/26 
European Association for the Study of Religion  , Sodertorn University, Stockholm   

概要(Abstract) ヨーロッパ宗教学会での発表 

備考(Remarks)  

2010  The Suicide Problem in Contemporary Japanese Society: Its Economic and Social Backdrops and Religious Reactions  単独  2010/09/16-17 
ECONOMIC/SOCIAL EXCLUSION AND COLLECTIVE ACTION: EUROPE AND ASIA COMPARED  , University of Limerick   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2010年9月17日、アイルランド、リムリック大学での国際会議への招聘ならびに発表。 

2009  戦後アメリカ宗教と公共性  単独  2009/12/21 
東京大学大学院総合文化研究科  , 科学研究費補助金(A)「公共文化の胎動」研究会   

概要(Abstract) 日本におけるアメリカ宗教研究の動向をたどり、現代日本人研究者によるアメリカ宗教論のいくつかについて概観したのち、戦後アメリカ宗教史の概要を提示しつつ、そこにおける公共性の問題について論じた。 

備考(Remarks) 遠藤泰生先生主催の科学研究費補助金(A)研究会での発表。 

2009  日米関係のなかのキリスト教  単独  2009/12/12 
宗教史学研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 宗教史学研究所第50回研究会(2009年12月12日、東洋英和女学院大学)における研究発表。 

2009  Soka Gakkai as a Challenge to Japanese Society and Politics  単独  2009/11/09 
American Academy of Religion   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) アメリカ宗教学会日本宗教グループにおけるパネルReligious Initiatives and Social Activism in Contemporary Japanにおける発表。2009年11月9日、モントリオール、カナダ。 

2009  Civil Religion in Japan?: Rethinking the Arguments and Their Implications  単独  2009/10/11 
日本社会学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 日本社会学会第82回大会、英語部会(3)Cultureにおける研究発表。2009年10月11日、立教大学 

2009  Politics of Grief, Commemoration, and Representation: The Yasukuni Shrine Problem in the East Asian Context  単独  2009/07/16 
International Political Science Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) チリ、サンチアゴで開催の第21回国際政治学会、RC43, Religion and Politicsにおける研究発表。 

2008  戦後日本の「国家と慰霊」問題に関する英語圏における研究動向  単独  2008/11/08 
宗教法学会  , 白鴎大学   

概要(Abstract) Helen Hardacre, Shinto and the State: 1868-1988 (1989), Sven Saaler, Politics, Memory and Public Opinion (2005), Franziska Seraphim, War Memory and Social Politics in Japan, 1945-2005 (2006), John Breen, ed., Yasukuni, the War Dead, and the Struggle for Japan's Past (2008)等を取り上げて論評しつつ、研究動向について論じた。 

備考(Remarks)  

2008  岸本英夫の昭和20年  単独  2008/09 
日本宗教学会  , 筑波大学   

概要(Abstract) 『戦後宗教回想録』所収の岸本英夫「嵐の中の神社神道」を中心に、神道指令発出前後のGHQ宗教改革の状況に関するその他の論者の言及をも併せて照らし合わせることにより、宗教学者岸本の戦後宗教改革における役割を振り返り、さらに岸本の昭和20年中の日記の記述と併せて、岸本にとっての昭和20年の意味を検討した。 

備考(Remarks) 2008年9月15日、日本宗教学会第67回学術大会における研究発表。 

2007  日本における政教分離の諸問題  単独  2007/11 
共同研究「宗教と政治のインターフェイス」  , 南山大学   

概要(Abstract) 近代日本の政教関係をめぐる重要なトピックとして、明治憲法と近代天皇、神道指令と国家神道、靖国神社と戦没者追悼を挙げた上で、戦後日本における国家による慰霊をどう捉えるかを検討した。2007年11月15日。 

備考(Remarks)  

2007  国家と慰霊  単独  2007/09 
日本宗教学会第66回学術大会   

概要(Abstract) 戦後日本における厚生(労働)省の慰霊事業の概要について検討を加えた。立正大学、2007年9月17日。 

備考(Remarks)  

2007  喪の政治  単独  2007/09 
南山宗教文化研究所  , 精神文化研究会   

概要(Abstract) 戦後宗教改革後の政教分離体制化における国家の死者への対応をめぐる諸問題を検討した。2007年9月29日。 

備考(Remarks)  

2007  Politics of Commemoration and Grief: Disputes over the War Dead in Contemporary Japan  単独  2007/07 
Leipzig, Germany  , International Society for the Sociology of Religion   

概要(Abstract) 国際宗教社会学会29回大会におけるパネル「宗教と社会問題」における研究発表。2007年7月25日。 

備考(Remarks)  

2006  Contemporary Shinto as a Focus of Polemics  単独  2006/11 
France-Japan International Joint Seminar  , Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales   

概要(Abstract) 2006年11月3日、Religion, Religious Studies and Nationalism in Contemporary Japanと題する研究会での発表。 

備考(Remarks)  

2006  Animism and Spiritualism in Shinto  単独  2006/07 
Paris  , International Society for the Comparative Study of Civilizations   

概要(Abstract) 2006年7月7日、第35回国際比較文明学会パリ大会において開催されたシンポジウムTranscivilizational Spiritualityにおける研究発表。 

備考(Remarks)  

2005  Religion and Japanese Constitutional Law  その他  2005/11 
日仏会館  , 日仏政教関係研究会   

概要(Abstract) Jean Bauberot教授研究グループとの合同研究会での研究発表。 

備考(Remarks)  

2005  Searching for Residues outside of the Foreign Concept of Religion  単独  2005/07 
Zagreb, Croatia  , International Society for the Sociology of Religion   

概要(Abstract) 日本の「宗教」「神道」概念の成立経緯と、その間の民俗学における「固有信仰」研究の動向を検討した。22 July 2005 

備考(Remarks)  

2005  Is There Religious Freedom for Japanese Politicians? The Storm in East Asia over Yasukuni Shrine  単独  2005/06 
CESNUR 2005 International Conference  , CESNUR   

概要(Abstract) 靖国神社問題をめぐる宗教史的背景と現状、問題点について検討を加えた。Palermo, Sicily, Italy, 3 June 2005. 

備考(Remarks)  

2004  European Islam in Japanese Scholarship: Reviewing Current Discussions  単独  2004/09 
European Association for the Study of Religions  , Santander, Spain   

概要(Abstract) 日本のイスラム研究の概観、9・11以後の議論の動向を踏まえ、ヨーロッパのイスラムをめぐる最近の論点を内藤正典氏の議論に依拠しつつ要約し、コメントを加えた。 

備考(Remarks)  

2004  Religious Violence and Creative Reactions  単独  2004/07 
Fourth International Meeting of Socio-Religious Studies  , Havana, Cuba   

概要(Abstract) オウム真理教事件に対する文化人の反応の例として、大江健三郎の『宙返り』と是枝裕和の『Distance』を比較検討した。 

備考(Remarks)  

2004  Buddhist Activism in Japan and the Challenge of Globalization  単独  2004/04 
In Search of Humanised Globalisation: The Contribution of Spirituality-Based Social Movements  , Asia-Europe Workshop   

概要(Abstract) 日本における「宗教」概念、宗教社会学と社会運動論の乖離、日本におけるEngaged Buddhism論、戦後日本仏教の国際貢献を概観し、今後の課題について展望した。 

備考(Remarks) アジア欧州財団、南山大学、ルアーヴル大学共催アジア−ヨーロッパ・ワークショップでの発表 

2003  Shinto in the Japanese Religious System and the Western Influences  単独  2003/09 
The 32nd annual meeting of the International Society for the Comaparative Study of Civilizations  , St. Petersburg, Russia   

概要(Abstract) 近代日本における「神道」概念の成立と宗教制度史との関連について論じた。St. Petersburg, Russia, 18 September 2003. 

備考(Remarks)  

2003  Constructing an Indigenous Religion in Japan  単独  2003/08 
LISOR International Congress: Religious Change in Pluralistic Contexts  , Leiden Institute for the Study of Religions   

概要(Abstract) 近代日本の宗教制度改革の中で、日本の従来のカミ信仰が神道として概念形成される経緯を、近年の議論を中心に論じた。 

備考(Remarks)  

2003  Religious Pluralism in Japan and the Yasukuni Issue  単独  2003/07 
Turin, Italy  , International Society for the Sociology of Religion   

概要(Abstract) 第27回国際宗教社会学会におけるセッション「宗教多元主義の諸類型―比較研究の試み」における研究発表。 

備考(Remarks)  

2002  戦後米国宗教史への一視角  単独  2002/12 
宗教史学研究所   

概要(Abstract) 宗教史学研究所第36回研究会での発表。 

備考(Remarks)  

2002  A History of Religion of the Other: Eliade's Dialogical Methodology  単独  2002/10 
International Seminar  , Institute of Philosophy and Psychology of the Romanian Academy   

概要(Abstract) ルーマニア・アカデミー哲学心理学研究所での国際セミナーでの報告。 

備考(Remarks)  

2002  戦後アメリカにおける宗教史と宗教学の一側面  単独  2002/09 
日本宗教学会   

概要(Abstract) 日本宗教学会第61回学術大会での発表。大正大学,2002年9月15日。要旨は,『宗教研究』335号,2003年3月,154-155頁に所収。 

備考(Remarks)  

2002  Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Meiji Japan  単独  2002/05 
The 31st Annual Meeting of the International Society for the Comparative Study of Civilizations   

概要(Abstract) 国際比較文明学会での発表。Port Antonio, Jamaica, 31 May 2002. 

備考(Remarks)  

2001  島薗進『ポストモダンの新宗教−現代日本の精神状況の底流』におけるナショナリズム論  単独  2001/12 
南山宗教文化研究所研究例会/宗教理論研究会  , 南山宗教文化研究所   

概要(Abstract) 合評会形式での上掲書の書評。 

備考(Remarks)  

2001  エリアーデとキタガワ−宗教史の構造をめぐって  単独  2001/09 
日本宗教学会第60回学術大会  , 久留米大学   

概要(Abstract) シカゴ学派宗教学草創期に大きな役割を果たしたエリアーデとキタガワの関係を振り返り,両者の宗教史の構造に関する捉え方を比較検討した。要旨は,『宗教研究』331号,2002年3月,56-57頁に所収。 

備考(Remarks)  

2001  Eliade and Kitagawa on the Structure of Religious History  単独  2001/09 
International symposium, “Mircea Eliade in Eternity”  , Institute of Philosophy of the Romanian Academy   

概要(Abstract) 同時期の宗教学会発表とほぼ同内容の発表。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]