研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

49 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  Religious Dimensions in the Japanese Imperial System in the Contemporary Social Situations  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 13  , pp. 1-21  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  近代日本における宗教・教化・教育  単著   
『アカデミア』人文・自然科学編  , 南山大学  , 12  , pp. 279-296  , 2016/06   

概要(Abstract) 日本における「宗教」概念は西洋の影響のもとで成立し、法的かつ外交上の問題になるとともに近代的な思想とともに流入、定着した。この概念のモデルはキリスト教プロテスタンティズムだが、日本では「仏教」もそれに匹敵し得る一宗教として理解されるようになる。また「宗教」は「教化」の側面を伴い、近代日本では一時、「教部省」という中央行政機関も設置されたが、それとは別に文部省が司る「教育」という領域も制度化していった。その間、キリスト教の宗教としての位置づけが「信教の自由」の対象として問題になる一方で、教育における位置づけも議論となる。国立の高等教育機関では、京都大学で例外的にキリスト教学が制度化されるに至った。 

備考(Remarks)  

2016  2000年代日本におけるキリスト教信者の急増減―宗務課『宗教統計調査』から考える  単著   
南山宗教文化研究所所報  , 南山宗教文化研究所  , 26  , pp. 16-25   , 2016/05   

概要(Abstract) 2000年代日本の宗教意識調査を概観し、また戦後日本の宗教人口の推移を文化庁の宗教統計調査をもとに概観したのち、2000年から2013年の文化庁宗務課の同調査が、日本のキリスト教人口の急増減(170万人から300万人の間の変動を示す)を記録していることに着目した。そうした数値の急増減が主要教団(おおむね2万人以上の信者を擁す9教団)の信者数増減からは説明できないことを指摘し、次いで都道府県別信者数データから著しい増減を示している道県があることを指摘したのち、宗務課専門職との意見交換から、増減の由来についての解釈を示した。 

備考(Remarks)  

2015  制度としての「宗教」―序説  単著   
アカデミア(人文・自然科学編)  , 南山大学  , 10号  , pp. 243-256  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Religious Responses to the Atomic Bombing in Nagasaki  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 37  , 64-76  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  近年の「国家神道」論から見た畔上直樹氏の貢献  単著   
南山宗教文化研究所研究所報  , 南山宗教文化研究所  , 22号  , pp. 6-20  , 2012/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山宗教文化研究所研究会「近代神社と宗教ナショナリズム―畔上直樹氏の近著をめぐって」での発表をもとにした論文。 

2012  "Civil Religion" in Japan? Rethinking the Arguments and its Implications  単著   
Religious Studies in Japan  , Japanese Association for Religious Studies  , Vol. 1  , pp. 61-77  , 2012/04   

概要(Abstract) 近年の「日本における市民宗教」をめぐるReview Article 

備考(Remarks)  

2011  "State Shinto" in Recent Japanese Scholarship  単著   
Monumenta Nipponica  , Sophia University  , 66/1  , pp. 123-145  , 2011/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「国家神道」をめぐる近年の議論の動向についての書評論文。 

2010  Soka Gakkai as a Challenge to Japanese Society and Politics  単著   
Religion and Politics  , Center for Study of Religion and Religious Tolerance  , 4/1  , pp. 83-96  , Spring 2010   

概要(Abstract) A new Buddhist group Soka Gakkai started its movement in 1930. After World War II it grew rapidly to claim more than eight million families as its members in Japan in 2005. Soka Gakkai International (SGI), which Soka Gakkai organized as its international network in 1975, now extends to over 190 countries and areas worldwide, claiming twelve million members globally, according to their own calculations. Soka Gakkai started a domestic political movement in the early 1960s, establishing Komeito in 1964 that would mostly keep the third position between the Liberal Democratic Party (LDP) and the Social Democratic Party throughout the Cold War era. When the political scene in Japan saw a restructuring process in the 1990s, Komeito joined in the coalition government with the LDP in 1999. The general election in 2009, however, turned out to be a failure both to the LDP and Komeito, while the Democratic Party of Japan won the election to lead the new government, almost for the first time since the
establishment of LDP in 1955. This paper tries to situate Soka Gakkai and Komeito in the context of Japanese politics and society and attempts an evaluation of the current situation after the 2009 election. 

備考(Remarks)  

2010  神意と国運−アメリカ神聖国家論の素描  単著   
南山神学別冊  , 南山大学大学院神学研究室  , 26号  , pp. 31-53  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]