研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

49 件中 11 - 20 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  Temi recenti negli studi de storia delle religioni in Giappone  単著   
Humanitas  , Morcelliana  , 66  , pp. 151-162  , 2011/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Prandi C.とCasadio G.編集による特集、「現代における宗教史学 Le scienze delle religioni in età contemporanea」への寄稿。 

2010  戦後アメリカ宗教と公共性  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 91  , pp. 27-71  , 2010/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 日本におけるアメリカ宗教研究の動向を踏まえ、現代日本人研究者によるアメリカ宗教論の最近の成果のいくつかを参照した上で、戦後アメリカ宗教史を概観し、「多元主義」、「福音派と宗教右派」、「社会変動・社会変革」の視点から、宗教と公共性について検討した。 

2009  The Yasukuni Shrine Problem in the East Asian Context: Religion and Politics in Modern Japan  単著   
Politics and Religion  , Center for Study of Religion and Religious Tolerance  , 3/2  , 235-251  , Autumn 2009   

概要(Abstract) The problem of issues surrounding Yasukuni Shrine is one of the main topics in religion and politics in contemporary Japan. This paper tries to approach the Yasukuni Shrine problem, first by contextualizing this problem in the East Asian settings, then by reviewing the recent court cases surrounding Yasukuni Shrine, and finally by commenting on two documentary films focusing on this problem. Examining the reactions by the Chinese government to the visits paid by Japanese politicians since the mid-1970s shows that these visits, to the place where the class A war criminals are enshrined, has been regarded in the Chinese official view as offensive to the victims of the aggressive wars of Japan. The recent court cases targeting mainly the former Prime Minister Koizumi’s repeated visits to Yasukuni Shrine are worth special attention because they have involved Koreans and Taiwanese besides Japanese as the plaintiffs. These cases have presented constitutional points of dispute for both Japanese and other Asian people. These situations have set the backdrop of the production and
screening of the documentary films, Annyong, Sayonara (2005), and Yasukuni (2007). These two films illustrate not only the current problem of Yasukuni Shrine but also the surrounding setting of this problem in East Asia. 

備考(Remarks)  

2009  日米関係のなかのキリスト教−昭和前期から占領期まで−  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 90号  , pp. 432-472  , 2010/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  戦後日本の「国家と慰霊」問題に関する英語圏における研究動向  単著   
宗教法  , 宗教法学会  , 28号  , pp. 147-169  , 2009/09   

概要(Abstract) 2008年11月の宗教法学会における研究発表を改稿したもの。ヘレン・ハーデーカー、スヴェン・サーラー、ジョン・ブリーンの戦後日本の「国家と慰霊」にかかわる議論を検討した。 

備考(Remarks)  

2008  「アーリア・モデル」をめぐる議論の動向  単著   
比較文明  , 比較文明学会  , 24号  , pp. 2-20  , 2009/03/10   

概要(Abstract) アーリア人をめぐる最近の議論を踏まえ、マーティン・バーナル『黒いアテナ』におけるアーリア・モデルについて検討を加えた。 

備考(Remarks)  

2008  現代アメリカ宗教と公共性  単著   
『政治と宗教のインターフェイス』成果報告書2006-2008  , 南山大学地域研究センター  , pp. 1-18  , 2009/03   

概要(Abstract) 現代世界と公共宗教をめぐる議論をアメリカ宗教との関連でたどった上、アメリカにおける「神の国」に関する議論に論及した。 

備考(Remarks)  

2008  岸本英夫の昭和20年  単著   
東京大学宗教学年報  , 東京大学宗教学研究室  , 26号  , pp. 19-34  , 2009/03   

概要(Abstract) 戦後のGHQによる宗教制度改革のなかで、宗教学者、岸本英夫が果たした役割について、検討した。 

備考(Remarks)  

2008  Disputes over Yasukuni Shrine and Its War Dead in Contemporary Japan  単著   
Religion Compass  , Blackwell Publishing  , 3/1  , pp. 58-71  , 2009/02   

概要(Abstract) 靖国神社問題をめぐる概観に加えて、映画『靖国』に関連する諸問題について言及した。 

備考(Remarks)  

2008  Recent Topics in the Study of History of Religions in Japan  単著   
Academia Humanities and Social Sciences  , Nanzan University  , 88号  , pp. 47-60  , 2009/01   

概要(Abstract) 日本の宗教学の学説史的回顧を踏まえ、日本宗教史研究における近年の議論の動向を概観した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]