研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

49 件中 21 - 30 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2007  戦後日本における国家と慰霊-厚生(労働)省の戦没者慰霊事業をめぐって-  単著   
宗教と政治のインターフェイス 中間成果報告  , 南山大学地域研究センター  , pp. 33-56  , 2008/03   

概要(Abstract) 戦後日本における国家による慰霊をめぐる問題状況を確認の上、厚生(労働)省の慰霊事業の概要と変遷をたどり、問題点を指摘した。 

備考(Remarks)  

2007  The Politics of Commemoration and Grief: Disputes over the War Dead in Contemporary Japan  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 86号  , pp. 1-13  , 2008/01   

概要(Abstract) 靖国神社問題をめぐって、特に近年の韓国人、台湾人の旧軍人軍属またその家族による訴訟、小泉純一郎首相(当時)の靖国参拝に対する訴訟、上坂冬子氏、高橋哲哉氏といった両極の立場からの議論等を概観した。 

備考(Remarks)  

2007  Discourses on Shinto in Divergence: Disintereted Description and Political Polemics  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 85号  , pp. 1-20  , 2007/06   

概要(Abstract) 神道をめぐる近年の議論に見られる、記述と論争の分岐に注目し、一方に神道をアニミズムやスピリチュアリティーの観点から特徴づけるがあり、他方に靖国問題をめぐる論争がある現状を概観した。 

備考(Remarks)  

2006  Religion and Japanese Constitutional Law  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 83号  , pp. 133-147  , 2006/06   

概要(Abstract) 日本における憲法と宗教問題に関する概観。現在の議論の背景と、いくつかの重要判例の問題点を指摘した。 

備考(Remarks)  

2004  Religious Violence and Creative Reactions The Aum Shinrikyo Affair as Reflected in the Cultural Sphere  単著   
『アカデミア』文学・語学編  , 南山大学  , 77号  , pp.209-218  , 2005/01   

概要(Abstract) オウム真理教事件に対する作家、映画人の反応とその作品化の中で、大江健三郎の1999年の小説『宙返り』と、是枝裕和の2001年の映画『ディスタンス』を取り上げ、両者の創作歴の中での両作品の位置づけ、それぞれの作品におけるオウム真理教事件から得られたと考えられる着想について検討を加えた。 

備考(Remarks)  

2004  European Islam in Japanese Scholarship: Reviewing Current Discussions  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 80号  , pp. 341-350  , 2005/01   

概要(Abstract) 9・11以降、日本におけるイスラームをめぐる議論を簡単に振り返った上で、特に内藤正典氏の調査研究のいくつかの成果を参照し、ヨーロッパのイスラームに関する近年の議論の動向を探った。 

備考(Remarks)  

2004  Shinto in the Japanese Religious System and the Western Influences  単著   
Revue Roumanine de Philosophie  , Editura Academiei Romane  , 48/1-2  , pp. 183-190  , 2004/04   

概要(Abstract) 近年の神道をめぐる議論のうち、黒田俊雄の議論、近代日本の宗教法制の展開、戦後宗教改革における岸本英夫の役割を概観した。 

備考(Remarks)  

2004  解説 エリアーデ以前・以後-『シャーマニズム』再読のために  単著   
pp. 361-381  , 2004/04   

概要(Abstract) エリアーデ『シャーマニズム』ちくま学芸文庫版(上下巻、2004年)に寄せた解説論文。下巻に収録。 

備考(Remarks)  

2003  第2回『神社に関する意識調査』設問項目に関する若干の疑問  単著   
第2回『神社に関する意識調査』報告書  , 神社本庁教学研究所  , pp. 61-65  , 2003/06   

概要(Abstract) 表記調査報告に関するコメント。 

備考(Remarks)  

2003  Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Meiji Japan  単著   
Comparative Civilizations Review  , International Society for the Comparative Study of Civilizations  , No. 48  , pp. 21-37  , 2003/05   

概要(Abstract) 日本の宗教的多元状況をふまえ、近代日本の宗教ナショナリズムのうち、いわゆる国家神道と日蓮主義をめぐる議論の動向を追った。Nanzan Bulletin掲載論文の改稿。 

備考(Remarks) 第31回国際比較文明学会(2002年5月31日、ジャマイカ・ポートアントニオ)での発表に基づく論文。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]