研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

49 件中 31 - 40 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2003  Historia nabozenstva toho druheho; Eliadeho dialogicka metodologia  単著   
Rocenka ustavu pre vztahy statu a cirkvi  , Bratislava  , pp. 127-135  , 2003/04   

概要(Abstract) 上掲英語論文のスロヴァキア語版。 

備考(Remarks) 2003年5月コメニウス大学(ブラティスラヴァ、スロヴァキア)における発表原稿。 

2003  Redefining Shinto  単著   
Hieron: Religionisticka rocenka  , Bratislava  , no. 6-7  , pp. 46-51  , 2003/04   

概要(Abstract) 近年の神道をめぐる議論を概観した論文。 

備考(Remarks)  

2002  A History of Religions of the Other: Eliade's Dialogical Methodology  単著   
Archaevs: Etudes d'histoire des religions  , Association Roumaine d'histoire des religions  , 6/1-2  , pp. 201-210  , 2002/12   

概要(Abstract) エリアーデの宗教学方法論における他者の意義について検討した。 

備考(Remarks)  

2002  Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Meiji Japan  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion & Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 26  , pp. 19-31  , 2002/05   

概要(Abstract) 明治期日本における宗教ナショナリズムの出現に関して、いわゆる国家神道と日蓮主義を中心とする近年の議論を検討した。 

備考(Remarks)  

2001  宗教の「世界史」のために-エリアーデ再読-  単著   
季刊仏教  , 法藏館  , 52  , pp. 78-87  , 2001/10   

概要(Abstract) 「世俗化論」以降の時代の世界の宗教史の中で,宗教の「世界史」としてエリアーデの「世界宗教史」研究を位置づけることを試みた。 

備考(Remarks)  

2001  From Storyteller to Mythteller: Myth and Creativity in Oe Kenzaburo's Literary World  単著   
Inter-Religio Bulletin  , Inter-Religio network of Christian Organizations for Interreligious Encounter in East Asia  , 39  , pp. 28-36  , 2001/08   

概要(Abstract) 大江健三郎の創作活動における神話の位置づけを,とりわけ『同時代ゲーム』(1979)と『M/Tと森のフシギの物語』(1986)との対比から浮かび上がらせることを試み,それらの作品における話者のあり方の変化を,著者自身の「神話の語り手」としての物語への参入として捉えた。 

備考(Remarks)  

2001  Spiritual Quests in Contemporary Japanese Writers before and after the Aum Affair  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion & Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 25  , pp. 33-42  , 2001/05   

概要(Abstract) 1995年のオウム真理教事件前後の日本の作家たちの創作世界を振り返り、大江健三郎と村上春樹の同事件への対応のあり方について検討を加えた。 

備考(Remarks)  

2000  エリアーデから大江健三郎へ−エピファニーをめぐって  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 72  , pp. 419-438  , 2001/01   

概要(Abstract) 宗教学者エリアーデの「エピファニー」概念から大江健三郎がいかなる着想を得たかを振り返り、大江作品におけるその着想の反映を摘出することを試みた。 

備考(Remarks)  

2000  Approaches East and West to the History of Religions: Four Japanese Thinkers  単著   
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , Vol. 27No. 1-2  , pp. 99-114  , 2000/05   

概要(Abstract) 山折哲雄の近年の論評を糸口に、梅棹忠夫、村上泰亮、島薗進の宗教史に関する議論を検討した。 

備考(Remarks)  

1996  辺境から普遍へ―エリアーデにおける新しい人間像の探求  単著   
せりか書房  , pp. 348-357  , 1996/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) デイヴィッド・ケイヴ『エリアーデ宗教学の世界―新しいヒューマニズムへの希望』吉永進一・奥山倫明訳所収の解説論文。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]