研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

49 件中 1 - 49 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  Religious Dimensions in the Japanese Imperial System in the Contemporary Social Situations  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 13  , pp. 1-21  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  近代日本における宗教・教化・教育  単著   
『アカデミア』人文・自然科学編  , 南山大学  , 12  , pp. 279-296  , 2016/06   

概要(Abstract) 日本における「宗教」概念は西洋の影響のもとで成立し、法的かつ外交上の問題になるとともに近代的な思想とともに流入、定着した。この概念のモデルはキリスト教プロテスタンティズムだが、日本では「仏教」もそれに匹敵し得る一宗教として理解されるようになる。また「宗教」は「教化」の側面を伴い、近代日本では一時、「教部省」という中央行政機関も設置されたが、それとは別に文部省が司る「教育」という領域も制度化していった。その間、キリスト教の宗教としての位置づけが「信教の自由」の対象として問題になる一方で、教育における位置づけも議論となる。国立の高等教育機関では、京都大学で例外的にキリスト教学が制度化されるに至った。 

備考(Remarks)  

2016  2000年代日本におけるキリスト教信者の急増減―宗務課『宗教統計調査』から考える  単著   
南山宗教文化研究所所報  , 南山宗教文化研究所  , 26  , pp. 16-25   , 2016/05   

概要(Abstract) 2000年代日本の宗教意識調査を概観し、また戦後日本の宗教人口の推移を文化庁の宗教統計調査をもとに概観したのち、2000年から2013年の文化庁宗務課の同調査が、日本のキリスト教人口の急増減(170万人から300万人の間の変動を示す)を記録していることに着目した。そうした数値の急増減が主要教団(おおむね2万人以上の信者を擁す9教団)の信者数増減からは説明できないことを指摘し、次いで都道府県別信者数データから著しい増減を示している道県があることを指摘したのち、宗務課専門職との意見交換から、増減の由来についての解釈を示した。 

備考(Remarks)  

2015  制度としての「宗教」―序説  単著   
アカデミア(人文・自然科学編)  , 南山大学  , 10号  , pp. 243-256  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Religious Responses to the Atomic Bombing in Nagasaki  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion and Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 37  , 64-76  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  近年の「国家神道」論から見た畔上直樹氏の貢献  単著   
南山宗教文化研究所研究所報  , 南山宗教文化研究所  , 22号  , pp. 6-20  , 2012/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山宗教文化研究所研究会「近代神社と宗教ナショナリズム―畔上直樹氏の近著をめぐって」での発表をもとにした論文。 

2012  "Civil Religion" in Japan? Rethinking the Arguments and its Implications  単著   
Religious Studies in Japan  , Japanese Association for Religious Studies  , Vol. 1  , pp. 61-77  , 2012/04   

概要(Abstract) 近年の「日本における市民宗教」をめぐるReview Article 

備考(Remarks)  

2011  "State Shinto" in Recent Japanese Scholarship  単著   
Monumenta Nipponica  , Sophia University  , 66/1  , pp. 123-145  , 2011/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 「国家神道」をめぐる近年の議論の動向についての書評論文。 

2010  Soka Gakkai as a Challenge to Japanese Society and Politics  単著   
Religion and Politics  , Center for Study of Religion and Religious Tolerance  , 4/1  , pp. 83-96  , Spring 2010   

概要(Abstract) A new Buddhist group Soka Gakkai started its movement in 1930. After World War II it grew rapidly to claim more than eight million families as its members in Japan in 2005. Soka Gakkai International (SGI), which Soka Gakkai organized as its international network in 1975, now extends to over 190 countries and areas worldwide, claiming twelve million members globally, according to their own calculations. Soka Gakkai started a domestic political movement in the early 1960s, establishing Komeito in 1964 that would mostly keep the third position between the Liberal Democratic Party (LDP) and the Social Democratic Party throughout the Cold War era. When the political scene in Japan saw a restructuring process in the 1990s, Komeito joined in the coalition government with the LDP in 1999. The general election in 2009, however, turned out to be a failure both to the LDP and Komeito, while the Democratic Party of Japan won the election to lead the new government, almost for the first time since the
establishment of LDP in 1955. This paper tries to situate Soka Gakkai and Komeito in the context of Japanese politics and society and attempts an evaluation of the current situation after the 2009 election. 

備考(Remarks)  

2010  神意と国運−アメリカ神聖国家論の素描  単著   
南山神学別冊  , 南山大学大学院神学研究室  , 26号  , pp. 31-53  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Temi recenti negli studi de storia delle religioni in Giappone  単著   
Humanitas  , Morcelliana  , 66  , pp. 151-162  , 2011/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Prandi C.とCasadio G.編集による特集、「現代における宗教史学 Le scienze delle religioni in età contemporanea」への寄稿。 

2010  戦後アメリカ宗教と公共性  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 91  , pp. 27-71  , 2010/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 日本におけるアメリカ宗教研究の動向を踏まえ、現代日本人研究者によるアメリカ宗教論の最近の成果のいくつかを参照した上で、戦後アメリカ宗教史を概観し、「多元主義」、「福音派と宗教右派」、「社会変動・社会変革」の視点から、宗教と公共性について検討した。 

2009  The Yasukuni Shrine Problem in the East Asian Context: Religion and Politics in Modern Japan  単著   
Politics and Religion  , Center for Study of Religion and Religious Tolerance  , 3/2  , 235-251  , Autumn 2009   

概要(Abstract) The problem of issues surrounding Yasukuni Shrine is one of the main topics in religion and politics in contemporary Japan. This paper tries to approach the Yasukuni Shrine problem, first by contextualizing this problem in the East Asian settings, then by reviewing the recent court cases surrounding Yasukuni Shrine, and finally by commenting on two documentary films focusing on this problem. Examining the reactions by the Chinese government to the visits paid by Japanese politicians since the mid-1970s shows that these visits, to the place where the class A war criminals are enshrined, has been regarded in the Chinese official view as offensive to the victims of the aggressive wars of Japan. The recent court cases targeting mainly the former Prime Minister Koizumi’s repeated visits to Yasukuni Shrine are worth special attention because they have involved Koreans and Taiwanese besides Japanese as the plaintiffs. These cases have presented constitutional points of dispute for both Japanese and other Asian people. These situations have set the backdrop of the production and
screening of the documentary films, Annyong, Sayonara (2005), and Yasukuni (2007). These two films illustrate not only the current problem of Yasukuni Shrine but also the surrounding setting of this problem in East Asia. 

備考(Remarks)  

2009  日米関係のなかのキリスト教−昭和前期から占領期まで−  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 90号  , pp. 432-472  , 2010/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  戦後日本の「国家と慰霊」問題に関する英語圏における研究動向  単著   
宗教法  , 宗教法学会  , 28号  , pp. 147-169  , 2009/09   

概要(Abstract) 2008年11月の宗教法学会における研究発表を改稿したもの。ヘレン・ハーデーカー、スヴェン・サーラー、ジョン・ブリーンの戦後日本の「国家と慰霊」にかかわる議論を検討した。 

備考(Remarks)  

2008  「アーリア・モデル」をめぐる議論の動向  単著   
比較文明  , 比較文明学会  , 24号  , pp. 2-20  , 2009/03/10   

概要(Abstract) アーリア人をめぐる最近の議論を踏まえ、マーティン・バーナル『黒いアテナ』におけるアーリア・モデルについて検討を加えた。 

備考(Remarks)  

2008  現代アメリカ宗教と公共性  単著   
『政治と宗教のインターフェイス』成果報告書2006-2008  , 南山大学地域研究センター  , pp. 1-18  , 2009/03   

概要(Abstract) 現代世界と公共宗教をめぐる議論をアメリカ宗教との関連でたどった上、アメリカにおける「神の国」に関する議論に論及した。 

備考(Remarks)  

2008  岸本英夫の昭和20年  単著   
東京大学宗教学年報  , 東京大学宗教学研究室  , 26号  , pp. 19-34  , 2009/03   

概要(Abstract) 戦後のGHQによる宗教制度改革のなかで、宗教学者、岸本英夫が果たした役割について、検討した。 

備考(Remarks)  

2008  Disputes over Yasukuni Shrine and Its War Dead in Contemporary Japan  単著   
Religion Compass  , Blackwell Publishing  , 3/1  , pp. 58-71  , 2009/02   

概要(Abstract) 靖国神社問題をめぐる概観に加えて、映画『靖国』に関連する諸問題について言及した。 

備考(Remarks)  

2008  Recent Topics in the Study of History of Religions in Japan  単著   
Academia Humanities and Social Sciences  , Nanzan University  , 88号  , pp. 47-60  , 2009/01   

概要(Abstract) 日本の宗教学の学説史的回顧を踏まえ、日本宗教史研究における近年の議論の動向を概観した。 

備考(Remarks)  

2007  戦後日本における国家と慰霊-厚生(労働)省の戦没者慰霊事業をめぐって-  単著   
宗教と政治のインターフェイス 中間成果報告  , 南山大学地域研究センター  , pp. 33-56  , 2008/03   

概要(Abstract) 戦後日本における国家による慰霊をめぐる問題状況を確認の上、厚生(労働)省の慰霊事業の概要と変遷をたどり、問題点を指摘した。 

備考(Remarks)  

2007  The Politics of Commemoration and Grief: Disputes over the War Dead in Contemporary Japan  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 86号  , pp. 1-13  , 2008/01   

概要(Abstract) 靖国神社問題をめぐって、特に近年の韓国人、台湾人の旧軍人軍属またその家族による訴訟、小泉純一郎首相(当時)の靖国参拝に対する訴訟、上坂冬子氏、高橋哲哉氏といった両極の立場からの議論等を概観した。 

備考(Remarks)  

2007  Discourses on Shinto in Divergence: Disintereted Description and Political Polemics  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 85号  , pp. 1-20  , 2007/06   

概要(Abstract) 神道をめぐる近年の議論に見られる、記述と論争の分岐に注目し、一方に神道をアニミズムやスピリチュアリティーの観点から特徴づけるがあり、他方に靖国問題をめぐる論争がある現状を概観した。 

備考(Remarks)  

2006  Religion and Japanese Constitutional Law  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 83号  , pp. 133-147  , 2006/06   

概要(Abstract) 日本における憲法と宗教問題に関する概観。現在の議論の背景と、いくつかの重要判例の問題点を指摘した。 

備考(Remarks)  

2004  Religious Violence and Creative Reactions The Aum Shinrikyo Affair as Reflected in the Cultural Sphere  単著   
『アカデミア』文学・語学編  , 南山大学  , 77号  , pp.209-218  , 2005/01   

概要(Abstract) オウム真理教事件に対する作家、映画人の反応とその作品化の中で、大江健三郎の1999年の小説『宙返り』と、是枝裕和の2001年の映画『ディスタンス』を取り上げ、両者の創作歴の中での両作品の位置づけ、それぞれの作品におけるオウム真理教事件から得られたと考えられる着想について検討を加えた。 

備考(Remarks)  

2004  European Islam in Japanese Scholarship: Reviewing Current Discussions  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 80号  , pp. 341-350  , 2005/01   

概要(Abstract) 9・11以降、日本におけるイスラームをめぐる議論を簡単に振り返った上で、特に内藤正典氏の調査研究のいくつかの成果を参照し、ヨーロッパのイスラームに関する近年の議論の動向を探った。 

備考(Remarks)  

2004  Shinto in the Japanese Religious System and the Western Influences  単著   
Revue Roumanine de Philosophie  , Editura Academiei Romane  , 48/1-2  , pp. 183-190  , 2004/04   

概要(Abstract) 近年の神道をめぐる議論のうち、黒田俊雄の議論、近代日本の宗教法制の展開、戦後宗教改革における岸本英夫の役割を概観した。 

備考(Remarks)  

2004  解説 エリアーデ以前・以後-『シャーマニズム』再読のために  単著   
pp. 361-381  , 2004/04   

概要(Abstract) エリアーデ『シャーマニズム』ちくま学芸文庫版(上下巻、2004年)に寄せた解説論文。下巻に収録。 

備考(Remarks)  

2003  第2回『神社に関する意識調査』設問項目に関する若干の疑問  単著   
第2回『神社に関する意識調査』報告書  , 神社本庁教学研究所  , pp. 61-65  , 2003/06   

概要(Abstract) 表記調査報告に関するコメント。 

備考(Remarks)  

2003  Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Meiji Japan  単著   
Comparative Civilizations Review  , International Society for the Comparative Study of Civilizations  , No. 48  , pp. 21-37  , 2003/05   

概要(Abstract) 日本の宗教的多元状況をふまえ、近代日本の宗教ナショナリズムのうち、いわゆる国家神道と日蓮主義をめぐる議論の動向を追った。Nanzan Bulletin掲載論文の改稿。 

備考(Remarks) 第31回国際比較文明学会(2002年5月31日、ジャマイカ・ポートアントニオ)での発表に基づく論文。 

2003  Historia nabozenstva toho druheho; Eliadeho dialogicka metodologia  単著   
Rocenka ustavu pre vztahy statu a cirkvi  , Bratislava  , pp. 127-135  , 2003/04   

概要(Abstract) 上掲英語論文のスロヴァキア語版。 

備考(Remarks) 2003年5月コメニウス大学(ブラティスラヴァ、スロヴァキア)における発表原稿。 

2003  Redefining Shinto  単著   
Hieron: Religionisticka rocenka  , Bratislava  , no. 6-7  , pp. 46-51  , 2003/04   

概要(Abstract) 近年の神道をめぐる議論を概観した論文。 

備考(Remarks)  

2002  A History of Religions of the Other: Eliade's Dialogical Methodology  単著   
Archaevs: Etudes d'histoire des religions  , Association Roumaine d'histoire des religions  , 6/1-2  , pp. 201-210  , 2002/12   

概要(Abstract) エリアーデの宗教学方法論における他者の意義について検討した。 

備考(Remarks)  

2002  Religious Nationalism in the Modernization Process: State Shinto and Nichirenism in Meiji Japan  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion & Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 26  , pp. 19-31  , 2002/05   

概要(Abstract) 明治期日本における宗教ナショナリズムの出現に関して、いわゆる国家神道と日蓮主義を中心とする近年の議論を検討した。 

備考(Remarks)  

2001  宗教の「世界史」のために-エリアーデ再読-  単著   
季刊仏教  , 法藏館  , 52  , pp. 78-87  , 2001/10   

概要(Abstract) 「世俗化論」以降の時代の世界の宗教史の中で,宗教の「世界史」としてエリアーデの「世界宗教史」研究を位置づけることを試みた。 

備考(Remarks)  

2001  From Storyteller to Mythteller: Myth and Creativity in Oe Kenzaburo's Literary World  単著   
Inter-Religio Bulletin  , Inter-Religio network of Christian Organizations for Interreligious Encounter in East Asia  , 39  , pp. 28-36  , 2001/08   

概要(Abstract) 大江健三郎の創作活動における神話の位置づけを,とりわけ『同時代ゲーム』(1979)と『M/Tと森のフシギの物語』(1986)との対比から浮かび上がらせることを試み,それらの作品における話者のあり方の変化を,著者自身の「神話の語り手」としての物語への参入として捉えた。 

備考(Remarks)  

2001  Spiritual Quests in Contemporary Japanese Writers before and after the Aum Affair  単著   
Bulletin of the Nanzan Institute for Religion & Culture  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , 25  , pp. 33-42  , 2001/05   

概要(Abstract) 1995年のオウム真理教事件前後の日本の作家たちの創作世界を振り返り、大江健三郎と村上春樹の同事件への対応のあり方について検討を加えた。 

備考(Remarks)  

2000  エリアーデから大江健三郎へ−エピファニーをめぐって  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 72  , pp. 419-438  , 2001/01   

概要(Abstract) 宗教学者エリアーデの「エピファニー」概念から大江健三郎がいかなる着想を得たかを振り返り、大江作品におけるその着想の反映を摘出することを試みた。 

備考(Remarks)  

2000  Approaches East and West to the History of Religions: Four Japanese Thinkers  単著   
Japanese Journal of Religious Studies  , Nanzan Institute for Religion and Culture  , Vol. 27No. 1-2  , pp. 99-114  , 2000/05   

概要(Abstract) 山折哲雄の近年の論評を糸口に、梅棹忠夫、村上泰亮、島薗進の宗教史に関する議論を検討した。 

備考(Remarks)  

1996  辺境から普遍へ―エリアーデにおける新しい人間像の探求  単著   
せりか書房  , pp. 348-357  , 1996/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) デイヴィッド・ケイヴ『エリアーデ宗教学の世界―新しいヒューマニズムへの希望』吉永進一・奥山倫明訳所収の解説論文。 

1995  エリアーデにおける自律的宗教学の展開−比較と歴史の統合−(博士論文)  単著   
東京大学大学院人文社会系研究科  , 178  , 1996/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1995  歴史的限定と宗教的創造性  その他   
東京大学宗教学年報  , 東京大学宗教学研究室  , 12号  , pp. 21-32  , 1995/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1995  他者の宗教史  その他   
比較文明  , 比較文明学会  , 10号  , pp. 114-124  , 1995/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1994  宗教史と始源性  その他   
南山宗教文化研究所所報  , 南山宗教文化研究所  , 4号  , pp. 7-17  , 1994/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1993  エリアーデ「神学」の行方  その他   
宗教研究  , 日本宗教学会  , 297号  , pp. 1-25  , 1993/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1993  超越の層位学  その他   
東京大学宗教学年報  , 東京大学宗教学研究室  , 10号  , pp. 33-51  , 1993/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1991  逆説と再統合  その他   
東京大学宗教学年報  , 東京大学宗教学研究室  , 8号  , pp. 55-73  , 1991/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1988  エリアーデの歴史観と宗教史論(修士論文)  単著   
東京大学大学院人文科学研究科  , 50  , 1988/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「政教分離」を再考する  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 11号  , pp. 218-238  , 2016/01   

概要(Abstract) 政教分離をめぐる諸議論と日本の状況について再考を試みた。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]