研究者詳細

研究経歴
分割表示 >>   全件表示

6 件中 1 - 6 件目

長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  楽園の観光人類学 

概要(Abstract) インドネシアのバリ島と、日本の奄美・沖縄、とくに与論島を念頭において、「楽園」と呼ばれてきた観光地における観光化の現状や問題点について検討し、あわせて観光理論の関するあらたな可能性を探求する。 

長期研究  バリ宗教の人類学的研究 

概要(Abstract) バリ宗教を近現代の歴史過程の中に位置づけて考察するとともに,バリ宗教文化を論じる人類学のパースペクティヴや理論それ自体をも考察の対象とし,バリ宗教とバリ研究の相互作用のあり方を検討しようとする。 

長期研究  人類学的観光研究の再考 

概要(Abstract) バリ島に関する研究と、日本の南西諸島(奄美・沖縄)に関する研究とを対比させつつ、これに既存の可能理論研究にたいする批判的な再検討を加味しながら、人類学の立場からの観光研究をあらためて再構築しようとする。 

長期研究  楽園観光地における宗教と観光の研究 

概要(Abstract) 楽園観光という特異な観光の舞台となる観光地における、観光と宗教の関係性を、人類学的な民族誌的研究と社会学などの理論研究とを総合させることによって、探求する。 

短期研究  バリの宗教と観光をめぐる考察 

概要(Abstract) バリ島のヒンドゥーの現状と歴史的構築の過程を、この島の観光化の過程と結びつけて理解しようとする。 

短期研究  バリ島の観光地における日本人ビジネスの人類学的研究 

概要(Abstract) グローバル化の一端としての観光地化と外国人長期滞在者の増加とが交差する中に、バリに在住する日本人(元日本人)の観光ビジネスがある。彼らの観光ビジネスやそれを取り巻く状況について論じることから、現代バリの社会・文化・宗教を、従来の人類学的地域研究の枠組みとは別の角度から、捉えなおそうとする。 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]