研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
井上 知子 ( イノウエ トモコ , INOUE Tomoko )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

理論経済学

学会活動
Academic societies

日本地域学会会員(1996.3〜現在に至る)
国際地域学会会員(1996.3〜現在に至る)
日本経済学会会員(1997.10〜現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (16)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (15)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
中京大学大学院経済学研究科経済学専攻 博士課程  1998年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)甲博第1号    中京大学大学院  2000年03月 
修士 修士(経済学)    中京大学大学院  1995年03月 
学士 経済学士    南山大学経済学部経済学科  1993年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  環境問題の経済的側面の研究 

概要(Abstract) 環境問題の経済的側面の経済理論的分析
 

短期研究  環境政策と経済成長 

概要(Abstract) 環境政策の効果を動学的枠組みで理論的に分析する 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2000  越境汚染の動学的分析  単著   
勁草書房  , 未設定  , 166 pp.  , 2001/03   

概要(Abstract) 動学的枠組みによる越境汚染問題の分析。最適制御理論,及び微分ゲームの手法を用いて越境汚染の問題を理論的に考察している。 

備考(Remarks) 序論、最終章、数学付録を除き、4章

第1章 序論:1地域モデルから他地域モデルへ
第2章 完備情報化でのゲーム理論
第3章 フィードバック戦略とベルマンの最適性原理
第4章 TBP問題へのHamilton-Jacobi-Bellman方程式の応用:対照的な2地域モデルと非対称な2地域モデル
第5章 非対称な2地域モデルの分析例:シミュレーションによるアプローチ
第6章 シミュレーション手法の今後の展望
数学付録 スカーフのアルゴリズムと不動点定理 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  キャパシティービルディングが適応策への取り組みに与える影響について  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 33/3  , pp.329-339  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  環境の質、医療サービスと環境税  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 31/3  , pp.227-240  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  教育政策と国際資本移動 ― 非対称2国のケース ―  共著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 30/3  , pp.163-172  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  環境汚染、公的健康支出と経済活動  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 28/3  , pp.301-310  , 2014/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  寿命の伸長、環境意識と経済成長  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 27/3  , pp.249-257  , 2013/03   

概要(Abstract) 本稿では、人々の寿命の伸長が社会における環境意識を高め、また環境意識の高まりが民主的な手続きを通じて決定される排出税率を引き上げるような状況を想定したモデルを用いて、平均寿命の伸長が経済および環境の長期均衡に与える効果を検討している。そこでは、排出税率が低い水準にあるとき、社会の平均寿命の伸長に伴い資本および環境の長期水準は上昇すること、またそれに対して、排出税率が高い水準にあるときには、平均寿命の伸長が長期均衡に及ぼす効果は、平均寿命の変化に対する排出税率の弾力性の大きさに依存することが示された。 

備考(Remarks)  

2011  公的環境保全活動、所得移転政策および環境  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 25巻/3号  , 2012/03   

概要(Abstract)  本稿では、企業の生産活動に伴う環境汚染物質の排出に対して排出税が課される状況を想定し、その税収が公的な排出削減活動と(私的な環境保全活動をする主体である)労働世代への所得移転に配分されると仮定して、排出税率の変化が資本及び環境の長期的な水準にどのような影響を与えるかを検討している。本稿では次のような結果が得られた。(1) 排出税率が比較的低い水準にある場合には、その引き上げは資本及び環境の長期水準を引き上げるが、排出税率が高い水準に設定されている場合には、その引き上げは資本と環境水準を長期的には低下させる。(2) 公的排出削減活動の方が私的環境保全活動よりも環境改善効果が高い場合には、より低い排出税率のもとで、資本及び環境水準の長期水準が最大化される。(3) 厚生に対する効果では、定常状態における人々の効用を最大化する税率は、環境の長期水準を最大化する税率よりも低くなる。
 

備考(Remarks)  

2010  環境意識の変化と経済成長  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 25巻2号  , 181-187  , 2010/10   

概要(Abstract) 人々の環境意識の高まりは、企業にとって、環境に配慮しないこと、すなわち汚染を排出することの費用を引き上げると考えられる。本稿では、そのような環境意識と企業行動の関係を組み入れたモデルを使って、環境意識の変化が経済および環境の長期的な水準に与える影響を検討している。本稿で得られる結果は次の通りである。限界的汚染排出の費用が低い場合には、環境意識が高まると資本ストックおよび環境の長期水準は上昇する。他方、限界的汚染排出の費用が高い場合には、環境意識の高まりは長期的な資本ストック水準を低下させる。そして、その資本ストックの減少が大きい場合には環境の長期水準も低下するが、資本ストックが大きく減少しない場合には環境の長期水準は上昇する。 

備考(Remarks)  

2009  環境税、所得移転政策と経済成長  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 24巻3号  , 279-284  , 2010/03   

概要(Abstract) 本稿では、環境外部性を導入した世代重複モデルを使って、環境税収の世代間での分配と経済成長との関係を検討している。そこでは、経済がプラスの率で成長できている場合、環境税からの税収を若年世代により多く移転した方が経済成長にとっては望ましいことが示された。しかし、国際協調などにより、政府は、必ずしも環境税率を経済成長にとって望ましい水準に決定できるとは限らない。そして、もし決定された環境税率のもとで経済成長が大きく落ち込んでしまうような場合には、環境税収を引退世代により多く移転することで経済の落ち込みを抑え、成長率を押し上げることができることが示された。 

備考(Remarks)  

2008  財の環境特性と消費者の環境意識  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 23巻第3号  , 341-346  , 2009/03   

概要(Abstract) 環境意識が高まると、人々はより環境負荷の小さい、より環境に配慮した財を選好するようになると考えられる。そして企業は、自らが生産する財により高い環境特性を付加することでそのような消費者の選好に応えようとするかもしれない。本稿では、Rodriguez-Ibeas (2007) で用いられた、環境特性が異なる財を生産する2企業と財の環境特性に対する選好が異なる2種類の消費者からなる垂直的差別化モデルを用いて、ある企業による製品の環境特性の改善が、産業全体の生産量および汚染排出量にどのような影響を与えるかを検討している。そこでは、人々の環境意識が十分に高まっていない社会では、ある財の環境特性が改善されても、価格競争によってより環境特性の低い別の財の価格が低下し、その結果、後者の財に対する需要が増加することで産業全体では汚染排出量が増加してしまう可能性があることが示された。 

備考(Remarks)  

2007  越境汚染と環境税率の政治的決定  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 22巻1・2号  , 23-32  , 2007/10   

概要(Abstract) 本稿では、越境的な環境汚染が存在する状況において関連各国が取り得る政策的対応、およびそれが大域的な環境に与える影響について、各国内での政策策定のプロセスと国際間の戦略的政策決定を同時に考慮した簡単な非対称2国モデルを使って理論的に検討した。そこでは、(しばしば直観的に主張される) 両国でともに緩い環境政策が採用される状況だけでなく、両国で厳しい環境政策が採用される場合、および、より排出係数の低い国 (例えば先進国) が単独で排出削減をおこなうケースも均衡として起こり得ることが示された。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2001  奨励賞  A Survey of Analysis of the Transbourdary Pollution Ploblems: Symmetric and Asymmetric Dynamic Models  2001年10月01日 
日本地域学会 

備考(Remarks) 奨励賞第十四号 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2011  日東学術振興財団 第28回 研究助成  高齢化社会における環境政策と社会保障政策のポリシーミックスに関する研究 
     50万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2005  日東学術振興財団 第22回 研究助成  動学的枠組みによる環境政策の政治経済学的側面の研究 
     40万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2001  南山大学パッヘ研究奨励金I-A  環境外部性を考慮した経済モデルにおける利他主義の効果についての研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

1999  日東学術振興財団 第16回 研究助成  自動シミュレーション手法を用いた越境汚染問題の理論的分析 
     40万円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2017  1年次2単位必須の「ミクロ経済学」の配布資料の作成 

クォータ―制になり、これまで4単位であった1年次必須の「ミクロ経済学」が2単位必須に変更に伴い、学部内規に示されていた内容の見直し、新たにはじまった「ミクロ経済学特論」との接続を考える必要が生じた。2017年度の「ミクロ経済学」では、2つ名の担当者が、同じ資料を用いて授業をすることになった。この資料の作成をおこなった。 

 
2015  経済学特殊講義(理論と情報)の教材 

2015年度春学期に「経済学特殊講義(理論と情報)」を新たに担当することになり、環境経済学に関する学生への配布教材を作成した。教材は以下の4つの章から成る。
第1章:環境と開発についての取り組みの歴史
第2章:近年における日本の環境への取り組み
第3章:データでみる環境と経済
第4章:モデル分析 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2002  留学  2002/09〜2003/08 

活動内容等(Content of Activities) School of Economics, The University of New South Wales に留学 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/03/21 更新