研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

3 件中 1 - 3 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2007  『市河寛斎』  共著   
研文出版  , A5  , 231  , 2007/09   

概要(Abstract) 江戸の漢詩人市河寛斎の詩集、『寛斎摘草』、『寛斎遺稿』、『北里歌』から九〇首を選び、訳注と解説を施したもの。青年期の詩を収める第1章「少壮」から最晩年の第7章「崎陽」まで、年代順に作品を説く。終章「市河寛斎について」は、詩人であるだけでなく学者としての市河寛斎の業績についても述べ、全体の解説となっている。 

備考(Remarks) 蔡毅、西岡淳著。第1章「少壮」、第2章「北里」、第3章「江湖」、第4章「越山」、第5章「傲具」、第6章「華甲」、第7章「崎陽」(pp.3-207)を担当。 

2001  興膳宏編『六朝詩人群像』  共著   
大修館書店  , B5  , 214  , 2001/12   

概要(Abstract) 中国六朝時代を代表する詩人たちの生涯と文学のあらましを紹介した『六朝詩人群像』で,魏の阮籍を担当,五言詩の連作「詠懐」と奇矯な言動とで名高いその人物について,奇矯さの裏に潜む内面と,作品の特徴との関係を分かり易く説き,伝統的中国人の典型的な在り方に言及した。 

備考(Remarks) 興膳宏、川合康三、釜谷武志、齋藤希史、木津祐子、原田直枝、坂内千里、道坂昭廣、西岡淳ほか24名。担当部分は、「阮籍?終身 薄氷を踏む 誰か我が心の焦がるるを知らん」(pp.32-37)。 

2000  『六朝詩人傳』  共著   
大修館書店  , A5  , 1038  , 2000/11   

概要(Abstract) 中国六朝時代(魏〜陳及び北朝・隋を含む)の詩人の伝記を知るための基礎的な伝記資料について,訳注を施したもの。「宋書謝霊運伝論」などの文学史に関わる文章、六朝の官職名、世系略図、六朝詩人関係年表、人名索引、書名・作品名索引、六朝詩人関係地図を併せて録する。 

備考(Remarks) 興膳宏、川合康三、釜谷武志、齋藤希史、木津祐子、原田直枝、坂内千里、道坂昭廣、西岡淳ほか22名。担当部分は阮籍(pp.131-149 ),左思(pp.293-303) ,高允(pp.785-814)。 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]