研究者詳細

教育活動
分割表示 >>   全件表示

16 件中 1 - 16 件目

年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  2018年度の教育実践 

1.外国語科目「日本語I(読解作文)」(春・秋学期)の授業のための教材を、授業計画に即して新たに作成した。
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)を運営した。
3.コース共通選択必修科目「政策研修プログラムE(タイ)」(通年)において、現地研修に適合した教材を作成した。
4.博士前期科目「日本語教育概論I~IV」(通年)において、体験授業、模擬授業、及び外国人留学生別科での日本語教育実習等を実施した。
5.博士前期科目「言語運用能力論(日本語)」(Q1)において、新たな教材(視聴覚教材、文語文法の活用表、論文の構成と頻出表現の一覧表等)を開発した。 

2018/04-2019/03 
2017  2017年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・中国)」における、日本人学生への各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論I~IV」における、講義、模擬授業、及び南山大学外国人留学生別科での日本語教育実習の実施。
5.大学院科目「言語運用能力論(日本語)」における、修士課程の留学生に対する日本語運用力向上及び論文執筆のための指導。 

2017/04-2018/03 
2016  2016年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・台湾)」担当者として、日本人学生への各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」において、講義、模擬授業、及び南山大学外国人留学生別科における日本語教育実習の実施。
5.2016年度秋学期に語学科目「日本語I(読解作文)」を対象に行われた学生による授業評価では、設問項目4-18の平均で、南山大学全体の平均値を上回る4.89の評価を受けた。 

2016/04-2017/03 
2015  2015年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・中国)」担当者として、日本人学生への各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」において、講義及び模擬授業の実施。
5.「基礎演習」担当者として、日本人学生に対する演習形式での授業の実施。指導教員としての学生指導。
6.2015年度春学期に語学科目「日本語I(読解作文)」を対象に行われた学生による授業評価では、項目4-18の平均で、瀬戸キャンパスの平均値を上回る4.86の評価を受けた。 

2015/04-2016/03 
2014  2014年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)特に「日本語I(文法)」の授業において、文法項目の意味の違いを図で説明したり、接続形式を表で示したりするプリントを作成した。
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・台湾)」担当者として、日本人学生の引率及び各種指導。特に現地(台湾)では、中国語の語彙や表現を覚えたり、現地で使用されている教材の理解を促進したりするためのプリントを作成した。
4.大学院科目「日本語教育概論」において、講義及び模擬授業や、南山大学外国人留学生別科における日本語教育実習の実施。 

2014/04-2015/03 
2013  2013年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)。配付教材の作成。
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、南山大学外国人留学生別科における日本語教育実習の実施。  

2013/04-2014/03 
2012  2012年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・中国)」担当者として、日本人学生の引率及び各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、南山大学外国人留学生別科における日本語教育実習の実施。 

2012/04-2013/03 
2011  2011年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・台湾)」担当者として、日本人学生の引率及び各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、南山大学外国人留学生別科における日本語教育実習の実施。 

2011/04-2012/03 
2010  2010年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、民間の日本語教育機関における日本語教育実習の実施。 

2010/04-2011/03 
2009  2009年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、韓国語・韓国)」担当者として、日本人学生の引率及び各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、民間の日本語教育機関における日本語教育実習の実施。 

2009/04-2010/03 
2008  2008年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法)」及び「日本語I(読解作文)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、韓国語・韓国)」担当者として、日本人学生の引率及び各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、民間の日本語教育機関における日本語教育実習の実施。 

2008/04-2009/03 
2007  2007年度の教育実践 

1.留学生に対する日本語教育の実施。(科目は「日本語I(文法A)」及び「日本語I(文法B)」)
2.日本人学生と留学生との相互学習を図るプログラム(チューター活動)の運営。
3.「外国語I及びII(通称NAP、中国語・中国)」担当者として、日本人学生の引率及び各種指導。
4.大学院科目「日本語教育概論」にて、講義及び模擬授業や、民間の日本語教育機関における日本語教育実習の実施。 

2007/04-2008/03 
2004  知の演習(基礎演習 教科書・問題集)への執筆 

「基礎演習」の教科書となる「知の演習」に文章を載せ、設問も付け加えた。 

2004/04 
2001  南山大学総合政策学部におけるジャーナル実践報告 

第1回ジャーナル研究会(於東京)にて、2001年4月から6月にかけて南山大学総合政策学部日本語1クラスの留学生を対象に行ったジャーナル実践について、「(1)部分的ではあるが、間接的訂正の効果はあった。(2)回数が進むほど、一つのトピックについて掘り下げて記述したものが多くなる。」という報告を行った。 

2001/07 
2000  学習者の作文への誤用訂正の効果について 

Journal Support Network東京第8回研究会(於東京)において、「南山大学の日本語クラスで留学生を対象にジャーナルによる作文指導を行い、徐々にではあるが誤用の数が減少するという結果を得た。また留学生にとって、語彙・表現よりも表記の方が訂正を行いやすいということがわかった。」という報告を行った。 

2000/10 
1996  より効果的な会話授業をめざして 

中華民国日本語文学会の第96次例会(於台北)において、「会話」の授業で、学習者に自己の体験や気持ち・意見等をより多く話させるため、自分自身工夫している点について報告した。 

1997/01 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]