研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
宮澤 元 ( ミヤザワ ハジメ , MIYAZAWA Hajime )
所属
Organization
理工学部ソフトウェア工学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

情報科学

学会活動
Academic societies

情報処理学会会員(1993.8〜現在に至る)
ACM会員(1998.1〜現在に至る)
IEEE Computer Society会員(1999.4〜現在に至る)
USENIX会員(2001.11〜現在に至る)
日本オペレーションズ・リサーチ学会(2006.3〜現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (16)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (16)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻 博士課程  1999年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(理学)(博理第3494号)    東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻  1999年03月 
修士 修士(理学)    東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻  1995年03月 
学士 学士(理学)    東京大学理学部情報科学科  1993年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  オペレーティングシステムを中心とするシステムソフトウェア 

概要(Abstract) ネットワークを介して相互に接続された計算機を効率的に利用するため,オペレーティングシステムカーネルやミドルウェアなどのシステムソフトウェアに関して,特に分散処理・並列処理・協調処理の観点から研究を行う。 

短期研究  大規模分散ファイルシステム 

概要(Abstract) キャンパス内ネットワークのように,非常に多数の計算機が接続されるネットワークにおいて効率的に動作する分散ファイルシステムに関して研究を行う。クライアント台数やキャッシュ管理コストに起因するサーバ負荷を抑制したり,ネットワーク帯域の不均一性によるボトルネックの解消などが具体的なテーマとして挙げられる。 

短期研究  大規模施設配置問題解法の並列化 

概要(Abstract) オペレーションズリサーチ分野における施設配置問題の解法を並列化し、大規模な問題に対しても実用的な時間内で解を与えるための研究 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  New formulation for scheduling problem in multi-hop wireless sensor networks  共著   
Proceedings of International Wireless Communications and Mobile Computing Conference (IWCMC2010)  , 73-78  , 2010/06   

概要(Abstract) Abstract In this paper, we consider a multi-hop sensor network, where the network topology is a tree, TDMA is employed as medium access control, and all data generated at sensor nodes are delivered to a sink node located on the root of the tree through the network. It is reported that if a transmission schedule that avoids interference between sensor nodes completely can be computed, TDMA is preferable to CSMA/CA in performance. However, solving the scheduling problem for TDMA is difficult, especially, in large-scale multi-hop sensor networks. In this paper, to formulate the scheduling problem for TDMA, we propose min-max model and min-sum model. While the min-max model yields the shortest schedule under the constraints, the min-sum model does not guarantee providing the shortest schedule. Numerical examples show that the min-sum model can provide good schedules in a reasonable CPU time, even when the min-max model fails to compute the shortest schedule in a reasonable CPU time. 

備考(Remarks) Takehiro Furuta, Mihiro Sasaki, Fumio Ishizaki, Takamori Ukai, Hajime Miyazawa, Wonyong Koo, Atsuo Suzuki and Keisuke Inakawa (査読付論文) 

2009  An Approximate Parallel Solution of the Vertex p-Center Problem Using Network Voronoi Diagram  共著   
Proceedings of the 2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'09)  , July, 2009   

概要(Abstract) As the vertex p-center problem on a graph is well known as one of NP-hard facility location problems, many heuristics have been proposed to find approximate solutions. In this paper we show a parallelization of a heuristics using network Voronoi diagrams to find approximate solutions of the problem. Parallel algorithms on both shared-memory systems and on distributed-memory systems are presented. Experiments on distributed-memory systems reveals that the algorithm on a distributed graph across computing nodes can solve the problem in comparable time to the algorithm where a graph is copied on each computing node for large-scale graphs with a parallel shortest paths algorithm and dynamic redistribution of a graph structure. 

備考(Remarks) Hajime Miyazawa, Takehiro Furuta, and Atsuo Suzuki
査読付き論文
2009 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'09) にて口頭発表も行った 

2009  An Implementation of a 5-term GFSR Random Number Generator for Parallel Computations  共著   
Lecture Notes in Operations Research 10, Proceedings of the Eighth International Symposium on Operations Research and Its Applications (ISORA '09)  , pp.448-452  , 2009年9月   

概要(Abstract) This paper describes an implementation of a 5-term GFSR (Generalized Feedback Shift Register) random number generator that generates mutually uncorrelated random number sequences on computing nodes of networked personal computers (PCs). As GFSR generators have extremely long periods and their autocorrelation functions are known, it is possible for the generator on each computing node to generate a subsequence uncorrelated with each other if initial terms of the generator are properly set up on each computing node. Some preliminary results of simple Monte Carlo simulations are also shown. 

備考(Remarks) Hajime Miyazawa and Masanori Fushimi
査読付き論文 

2009  A New Clustering Model of Wireless Sensor Networks Using Facility Location Theory  共著   
Journal of the Operations Research Society of Japan  , Operations Research Society Japan  , Vol. 52, No. 4  , pp.366-376  , 2009年12月   

概要(Abstract) In this paper, we study mathematical formulations for clustering problems which arise in wireless sensor networks as examined from the standpoint of facility location theory. Following facility location theory, LEACH-C, one of the principal studies on cluster-based network organizations, formulates the clustering problem as a p-median problem. In this paper, we examine some drawbacks to the formulation put forward in LEACH-C. We then formulate the problem as an uncapacitated facility location problem to overcome these drawbacks. Computational experiments show that compared to LEACH-C, the proposed algorithm based on our formulation can extend the total lifetime of sensor networks. 

備考(Remarks) Takehiro Furuta, Mihiro Sasaki, Fumio Ishizaki, Atsuo Suzuki, and Hajime Miyazawa
査読付き論文 

2006  A new clustering algorithm using facility location theory for wireless sensor networks  共著   
Technical Report of the Nanzan Academic Society Mathematical Sciences and Information Engineering  , Nanzan University  , TR-2006-04  , 15 pp.  , 2007/03   

概要(Abstract) In this paper, we study clustering algorithms for wireless sensor networks from a view of facility location theory. From this view, we can consider that LEACH-C, which is one of the principal studies on cluster-based network organization, formulates the clustering problem as a p-median problem. We point out drawbacks of the formulation in LEACH-C. To overcome the drawbacks, we formulate the problem as an uncapacitated facility location problem. Computational experiments show that the proposed algorithm can extend the lifetime of sensor networks, compared to LEACH-C. 

備考(Remarks) Takehiro Furuta, Mihiro Sasaki, Fumio Ishizaki, Atsuo Suzuki, Hajime Miyazawa 

2005  個人向け計算機環境における分散ストレージシステムの試作  単著   
アカデミア(南山大学紀要) 数理情報篇  , 南山大学  , 第6巻  , 55-60  , 2006/03   

概要(Abstract) 本稿では我々が現在実装中の個人向け計算機環境における分散ストレージシステムについて述べる。これは、ストレージ層とファイルシステム層の二層構造に基づく分散ファイルシステムのストレージ層にあたるものであり、ネットワークに接続された物理ディスク群を用いてファイルシステム層に対して仮想ディスクを提供する。プロトタイプシステムでは複数の物理ディスクにブロックをストライピングして格納する機能を実現した。 

備考(Remarks)  

2002  ファイルシステム情報を利用する分散ストレージシステム  単著   
『アカデミア』数理情報編  , 南山学会  , 3巻  , 47-52  , 2003/03   

概要(Abstract) 本稿では、我々が現在実装中の分散ストレージシステムについて述べる。これ
は、ストレージ層とファイルシステム層の二層構造に基づく分散ファイルシス
テムのストレージ層にあたるもので、ファイルシステム層で管理する情報を用
いてブロック管理を行う。これによりブロック配置を最適化してアクセス性能
を向上し、ブロックの冗長性を持たせることができる。 

備考(Remarks)  

2000  個人向け管理サービスを提供するためのソフトウェア基盤の構築  単著   
『アカデミア』 数理情報編  , 南山大学  , 1巻  , 83-90  , 2001/03   

概要(Abstract) 本稿では、広帯域ネットワークを前提に、個人向けに管理サービスを提供するためのソフトウェア基盤の概要を示す。計算機と計算機ネットワークが安価に提供されるようになり、個人ユーザが自宅で常時ネットワークに接続するような環境が普及しつつある。一般に個人ユーザは計算機や計算機ネットワークの管理に関する知識に乏しく、日常の計算機管理作業や、ネットワーク接続のための管理作業などを適切にこなすことは困難である。本研究の目的は、これらの個人ユーザを対象に、近年普及しつつあるケーブルテレビ(CATV)回線やDigital Subscriber Line(DSL)などの広域かつ広帯域なネットワークを介して計算機管理サービスを提供するシステムを開発することである。このようなシステムを開発するに当たって、分散ファイルシステムの技術を応用することにより、ファイルのバックアップやアプリケーションの提供を行うことができる。一方、ネットワークを介して全般的な計算機管理サービスを提供するためには解決しなければならない課題も多い。 

備考(Remarks)  

2007  A Heuristic Method for Clustering a Large-Scale Sensor Network  共著   
Proceedings of 2007 Wireless Telecommunications Symposium (WTS 2007)  , IEEE  , 2007/04   

概要(Abstract) We present a new heuristic method for a clustering problem of sensor networks. The heuristic method is using the uncapacitated facility location problem formulation for the clustering problem of sensor networks. It is an iterative method based on the Voronoi diagram. We also propose a parallel version of the heuristics to reduce the time to obtain a solution. The proposed algorithms are investigated for the quality of their approximate solutions and computational time to obtain them. By comparing the approximate solutions to the exact solutions for examples of one hundred sensors, we
found that the quality of the approximate solutions is almost the same as that of the exact ones. The computational time to obtain the approximate solutions is a thousandth of that of obtaining the exact solution. For examples of ten thousand sensors, the computational time to obtain a solution is about 9.1 seconds by the sequential algorithm and about 6.0 seconds by our parallel algorithm with six computers. 

備考(Remarks) Takehiro Furuta, Hajime Miyazawa, Fumio Ishizaki, Mihiro Sasaki, and Atsuo Suzuki
査読付論文 

1999  広域分散ファイルシステムにおける2次サーバの有効性と限界  共著   
電子情報通信学会論文誌  , 電子情報通信学会  , J82-D-I-8  , 988-997  , 1999/08   

概要(Abstract) 本論文では二次サーバを用いて広域分散ファイルシステムの性能を改善できる条件に関して論じる.我々は,二次サーバを用いた広域分散ファイルシステム Aria を設計しており,プロトタイプを用いて実験を行なった.実験に用いた環境では,一次サーバと二次サーバ間の通信速度が,二次サーバとクライアント間の通信速度の約40%をこえると,二次サーバを利用しても広域分散ファイルシステムの性能を改善するのが難しくなることが明らかになった.さらに実験結果に基づいた計算により,他の環境についても,二次サーバを使って性能を向上できるかどうか調べた. 

備考(Remarks) 宮澤 元,千葉 滋,益田隆司
査読付論文 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  並列計算機での擬似乱数利用  研究発表  その他 
統計数理研究所 共同研究集会  , 統計数理研究所  , 2009年3月12日   

概要(Abstract) 並列計算環境における擬似乱数生成系として、各計算ノードで相互に相関を持たない乱数列を生成するような5項GFSR (Generalized
Feedback Shift Register)乱数生成系の実装について述べる。GFSR乱数は非常に長い周期を持ち、自己相関関数が分かっていることが特徴である。そこで、一つの乱数列の初期項から重なりのない部分乱数列の初期項を計算することによって、各部分乱数列を各計算ノードに割り当てる。実装した乱数生成系を用いた単純なモンテ・カルロシミュレーションの予備的な計算実験結果も示す。 

備考(Remarks) 宮澤 元(発表者)、伏見 正則 

2009  An Approximate Parallel Solution of the Vertex p-Center Problem Using Network Voronoi Diagram  研究発表  その他 
「都市のOR」ワークショップ:2009  , 南山大学数理情報研究センター  , 2009年12月   

概要(Abstract) As the vertex p-center problem on a graph is well known as one of the NP-hard facility lo- cation problems, many heuristics have been proposed to find approximate solutions. In this paper we show a parallelization of a heuristics using network Voronoi diagrams to find approx- imate solutions of the problem. Parallel algorithms both on shared-memory systems and on distributed-memory systems are presented. Experiments on distributed-memory systems reveal that the algorithm on a distributed graph across computing nodes can solve the problem in comparable time to the algorithm where the graph is copied on each computing node for large- scale graphs with a parallel shortest paths algorithm and a dynamic redistribution of a graph structure. 

備考(Remarks) Hajime Miyazawa (発表者), Takehiro Furuta, and Atsuo Suzuki 

2007  南山大学連続講演会講演集「教養教育への扉」  その他  共著 
株)エヌ・イー・エス  , p.25-50  , 2008/03   

概要(Abstract) 概要 2007年度に開催した南山大学連続講演会「教養教育への扉」(全8回)の講演をまとめた講演集。各回とも今日的な問題を学問横断的にさまざまな視野から検討し、それを実践に移していく教養を学ぶものとして開催された。担当分では、もしもパソコンにWindowsが入っていなかったらどうなるかという視点からコンピュータシステムにおけるソフトウェアの役割について述べた。 

備考(Remarks) 編者:浜名優美 共著者:真野倫平、宮澤元、藤原道夫、青柳宏、
渡辺義和、森千香子、江田信豊、林雅代 

2006  センサネットワークにおけるクラスタリング手法の改良  研究発表  その他 
日本オペレーションズ・リサーチ学会2006年秋季研究発表会  , 日本オペレーションズリサーチ学会  , pp.26-27  , 2006/09   

概要(Abstract) センサネットワークにおけるクラスタヘッドの選択問題を容量制約なし施設配置問題として考えることにより,クラスタリング手法の改良を行う.計算機実験の結果,提案する手法を用いると従来の手法よりもセンサネットワークの寿命が長くなることが確認できた. 

備考(Remarks) 石崎文雄(発表者),佐々木美裕,古田壮宏,鈴木敦夫,宮澤元 

2006  大規模施設配置問題のための並列化手法の比較  研究発表  その他 
日本オペレーションズ・リサーチ学会 秋季研究発表会  , (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会  , pp.24-25  , 2006/09   

概要(Abstract) 我々は、数万ノードのネットワーク上でのpノードセンター問題について、ネットワークボロノイ図を用いた近似解法を並列化する方法を既に示した。本稿では、新たに二種類の並列化手法を示すとともに、今後の並列化実装の改善のために、各並列化手法の特徴および計算実験の結果の比較を行う。
 

備考(Remarks) 宮澤 元(発表者), 古田 壮宏, 鈴木 敦夫 

2006  Finding approximate p-centers of networks in parallel  研究発表  その他 
INFORMS International Meeting Hong Kong 2006  , Institute for Operations Research and the Management Sciences (INFORMS)  , p. 96  , 2006/06   

概要(Abstract) We present a parallel computation method of our algorithm that finds approximate p-centers of networks. In the algorithm, the target network is divided into p-subnetworks using network Voronoi diagram. The absolute 1-center on each subnetwork approximates one of the p-centers of the whole network. The computation of 1-centers can be efficiently assigned to multiple computers. Our experiments with test cases show the usefulness of parallel computation of the algorithm. 

備考(Remarks) Hajime Miyazawa (speaker), Takehiro Furuta, Atsuo Suzuki 

2006  A heuristic approach to sensor networking problems  研究発表  その他 
INFORMS International Hong Kong 2006  , INFORMS  , p. 96  , 2006/06   

概要(Abstract) We propose a new heuristic algorithm for sensor netwroking problems. When many small wireless sensors are scattered in a region, the problem is to construct a virtual netwrok of these sensors so as to monitor the region as long as possible. The critical resource of the sensor netwrok is the duration of the batteries of the sensors. We formulate the problem as a mixed integer programming problem and solve it by a heuristic method using the netwrok Voronoi diagram. 

備考(Remarks) Atsuo Suzuki, Takehiro Furuta, Fumio Ishizaki (speaker), Hajime Miyazawa, Mihiro Sasaki 

2005  pノードセンター問題解法の並列化について  研究発表  その他 
日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会 アブストラクト集  , 日本オペレーションズリサーチ学会  , 54-55  , 2006/03   

概要(Abstract) 近年,大規模ネットワーク上で施設配置問題を高速に解く必要のある問題が増えている.我々は,ネットワークボロノイ図を用いた近似解法を使い,数万ノードのネットワーク上でノードセンター問題とメディアン問題の近似解をPCを用いて数十分の計算時間で求めることに成功している.しかし更に高速に解を求める必要のある問題が存在し,算法の並列化が有力な方法だと考えている.ここでは,ネットワーク上のノードセンター問題に対するネットワークボロノイ図を用いた近似解法を並列化することで高速に近似解が求められることを示す. 

備考(Remarks) 宮澤 元(発表者), 古田 壮宏, 鈴木 敦夫 

2003  ファイルシステム情報を利用する分散ストレージシステム  研究発表  その他 
2003年並列/分散/協調処理に関する『松江』サマー・ワークショップ(SWoPP松江2003)  , 情報処理学会等共催  , 2003-OS-94  , 67-74  , 2003/08   

概要(Abstract) 個人が複数の計算機を状況に応じて使い分けたり、ネットワーク接続が常時可能となる環境が一般化しつつある。我々は、このような環境を想定し、二階層構成法に基づく分散ファイルシステムを開発している。本稿では、この分散ファイルシステムのストレージ層となる分散ストレージシステムについて述べる。本システムはブロック単位の入出力インターフェースを持つ仮想ディスクを提供する。仮想ディスクの各ブロックが複製され、ネットワーク上の複数の物理ディスクに分散配置されるので、分散性を吸収するとともに冗長性を確保することがで 

備考(Remarks)  

2001  複製を用いた大規模情報サーバの構築  研究発表  その他 
2001年並列/分散/協調処理に関する『沖縄』サマー・ワークショップ (SWoPP沖縄2001)  , 情報処理学会等共催  , 2001-OS-88  , 43-50  , 2001/07   

概要(Abstract) 多数のクライアントからの要求を処理するための複製を用いた情報サーバの並列化技法について述べる。情報サーバを構成する複数の計算機に提供する情報の複製を持たせることにより、複数のクライアントからの要求を並列処理して、サーバ全体としての処理能力を向上できる。プロトタイプシステムを用いた単純な実験では、2台の計算機を用いることによって、計算機が 1台の場合に比べ、読み出し処理で 2倍前後、書き込み処理で 1.2〜2倍程度の性能向上が見られた。 

備考(Remarks) 宮澤 元(発表者)、千葉 滋 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  Unikernelクラウドにおけるマルチスレッド アプリケーションを支援するVMスケジューラ  共同  2016/03/10 
情報処理学会 第78回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会 第78回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会   

概要(Abstract) 仮想機械(VM)上で軽量OSを用いて単一目的のシングルスレッドアプリケーションを動作させるUnikernelクラウドでは,マルチスレッドアプリケーション(MTA)は互いに通信を行う複数のVMで構成されるので,MTA内の情報共有オーバヘッドの問題やMTAを考慮しないスケジューリングによる性能低下の問題が生じる.我々は,MTA内のメモリ共有やMTAを考慮したスケジューリングポリシの実装を可能とするVMグループ化機能を提案する.本稿ではMTAを考慮したVMスケジューリングについて述べる.Xenハイパーバイザ上に実装したVMスケジューラを用いた実験により,MTAの実行時間を削減する効果が確認できた. 

備考(Remarks)  

2015  Optimal Virtual Machine Aggregation for Energy Efficiency in Cloud Data Centers  共同  2015/12/12 
「都市のOR」ワークショップ 2015  , 南山大学理工学研究科 & 南山大学経営研究センター   

概要(Abstract) Energy consumption in data centers is one of the main concerns of cloud computing. Appropriate aggregation of virtual machines(VMs), which are the computing entities of cloud computing, on limited num- ber of servers in data centers can reduce energy consumption by shutting down the rest of the servers. We present a new formulation of assigning VMs among servers to achieve energy-efficient VM aggregation in cloud data centers. Preliminary results of computational experiments are also shown. 

備考(Remarks)  

2015  A New Formulation for Energy-Efficient Aggregation of Virtual Machines in Cloud Data Centers  共同  2015/11/01 
INFORMS Annual Meeting 2015  , INFORMS   

概要(Abstract) One of the main concerns of cloud computing is energy consumption in data centers. Appropriate aggregation of virtual machines(VMs), which are the computing entities of cloud computing, on limited number of
servers in data centers can reduce energy consumption by shutting down the rest of the servers. We present a new formulation of assigning VMs among servers to achieve energy-efficient VM aggregation in cloud data centers. 

備考(Remarks)  

2013  サーバ機能をクライアントに委譲するプライベートクラウドファイルシステム  単独  2013/07/31 
2013年並列/分散/協調処理に関する 『北九州』サマー・ワークショップ(SWoPP北九州2013)  , 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会  , 情報処理学会研究報告  , 情報処理学会  , Vol.2013-OS-126 No.5  , pp.1-6   

概要(Abstract) 本稿では、ストレージ資源をプライベートクラウドに集約する環境において、クライアントの計算資源を活用するファイルシステムについて述べる。本システムでは、ファイルシステムのサーバ機能のうちメタデータ管理と複製管理の一部をクライアント計算機に委譲することができる。サーバ機能の一部をクライアントに委譲することにより、クライアントの計算資源の有効活用を図るとともに、サーバ負荷の低減が期待できる。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2007  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  大規模施設配置問題解法の並列化に関する研究 
代表者(個人研究)    300,000円 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2006  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  大規模施設配置問題解法の並列化に関する研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成金18万1千円 

備考(Remarks)  

2004  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  携帯計算機向け分散ファイルシステムの研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成金22万円 

備考(Remarks)  

2003  堀情報科学振興財団第12回研究助成(一般)  分散ファイルシステムにおけるファイルシステム層とストレージ層の連携に関する研究 
  堀情報科学振興財団   

研究内容(Research Content) 研究助成金90万円 

備考(Remarks)  

2003  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  分散ファイルシステムにおけるファイルシステム層とストレージ層の連携に関する研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成金27万6千円 

備考(Remarks)  

2002  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  分散ファイルシステムにおけるファイルシステム層とストレージ層の連携に関する研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成金100万円 

備考(Remarks)  

2001  南山大学パッヘ研究奨励金I-A  大規模分散ファイルシステムの研究 
     

研究内容(Research Content) 研究助成金23万7千円 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2007  講演会講師  2007年6月30日 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学連続講演会「教養教育への扉」/コンピュータシステムにおけるソフトウェアの役割/南山大学名古屋キャンパス 

2007  研究留学  2007/08/01-2009/01/31 

活動内容等(Content of Activities) Bren School of Information and Computer Sciences, University of California, Irvine へ Visiting Assistant Researcher として研究留学 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/04/24 更新