研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
佐々木 美裕 ( ササキ ミヒロ , SASAKI Mihiro )
所属
Organization
理工学部システム数理学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.ss.nanzan-u.ac.jp/~mihiro/
専攻分野
Area of specialization

オペレーションズ・リサーチ

学会活動
Academic societies

日本オペレーションズ・リサーチ学会会員(1993.11-現在に至る)
日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部研究会幹事(2000.4-2002.3)
日本オペレーションズ・リサーチ学会研究普及委員(2005.11-2008.2)
日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部運営委員(2006.3-現在に至る)
日本オペレーションズ・リサーチ学会論文誌編集委員(2010.4-2014.3)
日本オペレーションズ・リサーチ学会代議員 (2016.4-現在に至る)
INFORMS会員(2006.1-現在に至る)
INFORMS SOLA (Section on Location Analysis) 理事 (2012.10-2013.10)
INFORMS SOLA 会計理事 (2013.10-2015.11)
INFORMS SOLA 副会長 (2015.11-現在に至る)
電子情報通信学会会員(2009.9-現在に至る)
電子情報通信学会 「システム数理と応用」研究会 専門委員 (2017.5-現在に至る)
応用地域学会会員 (2010.12-現在に至る)
International Journal of Engineering and Mathematical Modeling 編集委員 (2014.7-現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (54)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (54)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
南山大学経営学部情報管理学科 1990年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
京都大学大学院工学研究科数理工学専攻 博士後期課程  1998年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(情報学)  Studies on Location Problems in a Hub-and-Spoke Network  京都大学大学院  2004年01月 
修士 修士(経営学)    南山大学大学院経営学研究科経営学専攻博士前期課程  1995年03月 
学士 経営学士    南山大学経営学部情報管理学科  1990年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  ネットワーク上の施設配置問題に関する応用研究 

概要(Abstract) さまざまなネットワーク上の施設配置問題について,実用性を重視したモデルの作成および解法の研究 

短期研究  競合型ハブ・ネットワークデザインモデルの研究 

概要(Abstract) 他社との競合があるマーケットにおいて,ハブを中心とするネットワークの最適設計を行うネットワークデザインモデルの定式化とその解法を提案する. 

短期研究  航空ネットワーク設計モデルの研究 

概要(Abstract) 地域の特性を考慮した航空ネットワークの最適設計モデルの提案を行う.特に,アジア地域や日本国内の航空ネットワーク設計を中心に研究を進める. 

短期研究  センサネットワークの最適構成に関する研究 

概要(Abstract) センサのバッテリ容量に限界があることを考慮した効率のよいクラスタリング法を提案する. 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Modeling and analysis with real-world data for global production planning and location of automobile assembly plants  共著   
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 26-32  , 2017/06   

概要(Abstract) In this paper, we consider a global automobile-production optimization problem (GAPOP), which we model as a mixed integer programming (MIP) problem. The GAPOP determines global production bases and transportation plans to minimize the total cost of production, transportation, and facilities. We analyze the model for an instance generated from real-world data with up to 20 production bases and 133 importing countries for the 18 years from 1997 to 2014. We observe that near-optimal solutions to our model are close to the present real-world situation. We also analyze our model with various parameter settings, and observe from the results that, at each production base, changes in the number of production lines are affected mainly by labor and material costs. In addition, the proportion of each automobile type when allocating production is influenced by the material costs of all automobile types and the demands of nearby importing countries. Our model is expected to be of use to the automobile industry for making forecasts.  

備考(Remarks) Kie Funahashi, Wei We, Yannan Hu, Hiromichi Goko, Mihiro Sasaki, Mutsunori Yagiura (査読付き国際会議議事録) 

2017  Online product shipping using heuristic algorithms based on column generation  共著   
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 133-140  , 2017/06   

概要(Abstract) In this paper, we consider a product shipping problem (PSP). Given a period and a set of products, each with a weight, a release date, and a due date, the PSP calls for product shipping to be planned between a fixed origin–destination pair so as to minimize the total shipping cost. Given several types of boxes with different sizes and shipping costs, packing several products into one larger box may lead to cheaper shipping costs than sending them separately in smaller boxes. The online PSP is a problem with an online constraint that requires a decision to be made for each day without knowing about future requests or being able to change boxes that have already been packed and shipped. For the online PSP, we propose column-generation-based algorithms with six different criteria incorporating ideas such as iterative surplus reduction and heuristic column generation. Computational results show that the proposed algorithms with one of the six criteria called “regret with cost of remaining capacity” obtain high-quality solutions with average gaps about 3% over all the tested instances. 

備考(Remarks) Mayu Ito, Wei Wu, Yannan Hu, Hiromichi Goko, Mihiro Sasaki, Mutsunori Yagiura (査読付き国際会議議事録) 

2017  A mathematical model for vehicle movements scheduling in a large parking lot  共著   
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 158-161  , 2017/06   

概要(Abstract) In this paper, we consider a large-sized parking lot packed with vehicles in which all the vehicles leave there almost simultaneously. We propose a mathematical model to obtain a schedule for each leaving vehicle so as to minimize the time till the last vehicle leaves the parking lot. The schedule is presented by specifying a position of each vehicle by time unit. Such a system optimization solution may not be acceptable for individuals; however, it may give us a finding to
control traffic flows and design an efficient layout, which leads to reduce congestion in a parking lot. 

備考(Remarks) Takamori Ukai, Mihiro Sasaki (査読付き国際会議議事録) 

2017  Point-to-point based airline network design problems  共著   
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 174-179  , 2017/06   

概要(Abstract) In this paper, we consider a point-to-point based airline network design problem (PPANP) in which a route connecting two nodes are set-up one by one without assuming a priori a hub structure. The majority of hub location models in the literature often implicitly ignore carriers' profitability as well as passengers' perspectives. The proposed model takes into account both factors in order to find a better airline networks for both carriers and passengers. 

備考(Remarks) Mihiro Sasaki, Takehiro Furuta (査読付き国際会議議事録) 

2016  TDMA scheduling problem avoiding interference in multi-hop wireless sensor networks  共著   
Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturging  , The Japan Society of Mechanica Engineers  , 10/3  , 8p.  , 2016/07   

概要(Abstract) In this paper, we consider a multi-hop sensor network, where the network topology is a tree, TDMA (time division multiple access) is employed as medium access control, and all data generated at sensor nodes are delivered to a sink node (the base station) located on the root of the tree through the network. It is reported that if a transmission schedule that avoids interference between sensor nodes completely can be computed, TDMA is preferable to CSMA/CA (carrier sense multiple access with collision avoidance) in performance. In general, the TDMA scheduling problem to find the shortest schedule is formulated as a combinatorial optimization problem, where each combination corresponds to a schedule. However, solving such a combinatorial optimization problem is difficult, especially for large-scale multi-hop sensor networks. The reason of the difficulty is that the number of the combinations increases exponentially with the increase of the number of nodes. In this paper, to formulate the TDMA scheduling problem, we propose a min-max model and a min-sum model. The min-max model yields the shortest schedule, but it is difficult to solve large-scale problems. The min-sum model does not guarantee providing the shortest schedule; however, it may give us good schedules over a short amount of computation time, compared to the min-max model. Numerical examples show that the min-sum model can provide good schedules in a reasonable CPU time, even when the min-max model fails to compute the shortest schedule in a reasonable CPU time. 

備考(Remarks) Mihiro Sasaki, Takehiro Furuta, Takamori Ukai, Fumio Ishizaki (査読付き論文) 

2015  路線の開設と廃止を考慮した航空ネットワーク設計モデル  共著   
『アカデミア』理工学編  , 南山大学  , 16  , 2016/03   

概要(Abstract) 本研究では, 路線の開設と廃止を考慮したポイント・トゥ・ポイント型航空ネットワーク設計モデルを提案する. 従来のハブ・アンド・スポーク型ネットワークにおいては, 拠点となるハブ空港を設置し, ハブ空港を発着点とする路線を展開することが前提である. ハブ・アンド・スポークネットワークを採用することによって, 広範囲に点在する需要を効率よく獲得できる一方で, 乗客にとっては乗り換え回数が増えるというデメリットもある. これを解消するために, 近年では, ハブ空港を設置せずにポイント・トゥ・ポイント型のサービスを展開する航空会社も存在する. 本研究で提案するモデルは, 従来のハブ・アンド・スポーク型のネットワークとは異なり, ハブ空港の設置は前提とせず, 利用者の増加が見込まれる路線の開設と採算の取れなくなった路線の廃止を繰り返すことによって航空ネットワークを構築する. さらに, 乗り換えによって生じる迂回距離を考慮した乗り換えコストを導入する. 計算実験の結果, 提案するモデルから得られる最適ネットワークにおいて, ハブ空港
の役割を果たす空港が現れる例が見られることを示す. また, 乗り換えコストが最適なネットワークに大きな影響を与えることも示す. 

備考(Remarks) 大庭大樹, 佐々木美裕 

2015  A scheduling problem for locating EV battery charging stations  共著   
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2015  , 132-135  , 2015/07   

概要(Abstract) In this paper, we consider a scheduling problem of locating EV battery charging stations where the location of all stations to be installed eventually is given. Due to budgetary limitation, it might be generally difficult to install all stations at a time. In such a case, the stations would be located in order according to a pre-determined schedule. We propose a greedy heuristic method to find good schedules in reasonable time, and show some results using real data in Tokai region. 

備考(Remarks) Mihiro Sasaki, Kazuya Matsui, Ken-ichi Tanaka (査読付き国際会議議事録) 

2015  The strip packing problem with soft rectangles: experimental analysis of heuristic algorithms  共著   
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2015  , 248-252  , 2015/07   

概要(Abstract) This paper considers a strip packing problem with rectangles that are flexible in their dimensions, but fixed in their area. We generalize the best-fit heuristic, a well-known algorithm to solve the strip packing problem for rectangles of fixed sizes, investigating a set of simple heuristic rules with some modifications of the original rules. We also propose data structures to improve the efficiency of the resulting algorithms. The obtained solutions are evaluated on a set of 22; 500 randomly generated instances. Our approach provides good solutions, with an occupation ratio of more than 96% on average, for instances with flexible rectangles. 

備考(Remarks) Marco Milano, Shinji Imahori, Mihiro Sasaki, Mutsunori Yagiura (査読付き国際会議議事録) 

2014  A proposal of new indices representing spatial demand-and-supply balance - A case study of beds for acte phase patients in Kanagawa (in Japanese)  共著   
Journal of the City Planning Institute of Japan  , The City Planning Institute of Japan  , 49/3  , 987-992  , 2014/11   

概要(Abstract) Recent years, in Japan supply insufficiency of medical service becomes important issue caused by aging society. Public services such as ambulance service are required to serve as equitably and efficiently as possible. For measuring or comparing sufficiency of service, supply quantity per capita and/or per area is generally used. This kind of indices is suitable for regions which are large enough to be considered as uniform density. In this paper, we propose an index representing supply-and-demand gap, which is generalization of supply sufficiency above. Then, we discuss features of proposed index considering numerical examples and iterative procedure how to calculate it. Finally, we adapt it to numbers of beds of acute hospitals in Kanagawa Prefecture, and visualize it. 

備考(Remarks) Takamori Ukai, Mihiro Sasaki (査読付き論文) 

2014  A Stackelberg hub arc location model for a competitive environment  共著   
Computers & Operations Research  , Elsevier  , 47  , 27-41  , 2014/07   

概要(Abstract) In this paper, we consider the design of large-scale multiple allocation hub-and-spoke transportation networks in a competitive environment. We adopt a generic hub arc location model that locates arcs with discounted transport costs connecting pairs of hub facilities. Two firms compete for customers in a Stackelberg framework where the leader firm locates hub arcs to maximize its revenue, given that the follower firm will subsequently locate its own hub arcs to maximize its own revenue. We present an optimal solution algorithm that allocates traffic between the two firms based on the relative utility of travel via the competing hub networks. Results for each competing firm with up to three hub arcs show the important role of competition in designing hub-based transportation systems. 

備考(Remarks) Mihiro Sasaki, James F. Campbell, Mohan Krishnamoorthy, Andreas T. Ernst (査読付き論文) 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2006  都市のOR研究会  報告  その他 
日本OR学会2007年春季研究発表会  , 日本OR学会  , 98-99  , 2007/03   

概要(Abstract) 2000年4月以降,筑波大学と南山大学で開催してきた「都市のOR」ワークショップについて、研究活動報告を行った. 

備考(Remarks) 腰塚武志(発表者),伏見正則,大澤義明,鈴木敦夫,佐々木美裕 

2006  私のOR近時雑録  寄稿  単著 
オペレーションズ・リサーチ  , 日本OR学会  , 51/7  , 412-415  , 2006/07   

概要(Abstract) 特集「21世紀を最適化する女性たち」にあたり,寄稿.
INFORMS Practice 会議に出席したときのルポを含め,最近興味を持っているトピックについてまとめた. 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2009  FIT2009論文賞  An LP-Based Heuristic Algorithm for the Node Capacitated In-Tree Packing Problem  2009年09月03日 
情報処理学会 

備考(Remarks) 田中勇真, 佐々木美裕, 柳浦睦憲 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Airline network design with opening/closing point-to-point services  共同  2017/07/10 
International Symposium on Locational Decisions XIV  , Rotman School of Management, Uiversity of Toronto  , Rotman School of Management, University of Toronto   

概要(Abstract) In this paper, we consider an airline network design model for passenger transportation based on point-to-point services in which hubs are not necessarily required. In the proposed model, the airline network is constructed by opening/closing routes connecting directly between two airports. More precisely,we open a most profitable route one by one, and close a route that is regarded as less profitable at some point after its establishment. We report analytical results from passengers' perspectives.  

備考(Remarks) Mihiro Sasaki (speaker), Takehiro Furuta 

2017  Online product shipping using heuristic algorithms based on column generation  共同  2017/06/24 
International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 133-140   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Mayu Ito (speaker), Wei Wu, Yannan Hu, Hiromichi Goko, Mihiro Sasaki, Mutsunori Yagiura 

2017  A mathematical model for vehicle movements scheduling in a large parking lot  共同  2017/06/24 
International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 158-161   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Takamori Ukai (speaker), Mihiro Sasaki 

2017  Point-to-point based airline network design problems  共同  2017/06/24 
International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 174-179   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Takehiro Furuta (speaker), Mihiro Sasaki 

2017  Modeling and analysis with real-world data for global production planning and location of automobile assembly plants  共同  2017/06/23 
International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017  , Scheduling Society of Japan  , 26-32   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kie Funahashi (speaker), Wei Wu, Yannan Hu, Hiromichi Goko, Mihiro Sasaki, Mutsunori Yagiura 

2017  受注日と発送期限付き商品発送問題に対する列生成アプローチ  共同  2017/05/27 
日本経営工学会2017年春季大会  , 日本経営工学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 伊東 真由(発表者), 呉 偉, 胡 艶楠, 柳浦 睦憲, 郷古 浩道, 佐々木 美裕 

2017  自動車組立て工場のグローバル最適配置問題のモデル化と比較分析  共同  2017/05/26 
日本経営工学会2017年春季大会  , 日本経営工学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 舟橋 紀絵(発表者), 呉 偉, 胡 艶楠, 柳浦 睦憲, 佐々木 美裕, 郷古 浩道 

2016  オンライン型商品発送問題に対する列生成アプローチ  共同  2017/03/04 
第44回日本OR学会中部支部研究発表会  , 日本OR学会中部支部  , 第44回中部支部研究発表会アブストラクト集  , 日本OR学会中部支部  , 25-28   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 伊東 真由(発表者), 呉 偉, 胡 艶楠, 郷古 浩道, 佐々木 美裕, 柳浦 睦憲 

2016  自動車組み立て工場のグローバル最適配置における車格混在モデル  共同  2017/03/04 
第44回日本OR学会中部支部研究発表会   , 日本OR学会中部支部  , 第44回中部支部研究発表会アブストラクト集  , 日本OR学会中部支部  , 29-32   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 舟橋 紀絵(発表者), 呉 偉, 胡 艶楠, 郷古 浩道, 佐々木 美裕, 柳浦 睦憲 

2016  マルチエージェントシミュレーションを用いた駐車場の混雑緩和  共同  2016/12/11 
「都市のOR」ワークショップ2016  , 南山大学  , 「都市のOR」ワークショップ2016 アブストラクト集  , 南山大学  , p. 24   

概要(Abstract) イベント会場などに併設される大規模な駐車場では, イベント終了後に駐車中の車が一斉に出庫 することが多く, 駐車場内では混雑が発生しやすい. 本研究では, 日本ガイシホール(名古屋市南 区)の駐車場を例として, 駐車場が満車の状態で駐車中の車が一斉に出庫する状況においての混雑 緩和について考える. 日本ガイシホールとは, 主にコンサート等のイベントが定期的に行われてい る収容人数約 1 万人の屋内総合体育施設であり, 2 つの平面自走式駐車場を併設している. 収容台 数はそれぞれ327台と1,385台である.日本ガイシホールの駐車場が混雑している原因は, 駐車場 内の合流点に優先順位を設定してないことであると考え, 駐車場内の道路に優先順位をつけること で駐車場の混雑を緩和できるかどうかをマルチエージェントシミュレーションを用いて検証する.  

備考(Remarks) 野田 昴希(発表者), 西山 賢, 佐々木 美裕 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  航空ネットワーク設計におけるダイナミックスケジューリングとその解法 
研究代表者    216,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  持続可能性を考慮した包括的な輸送・交通ネットワーク設計のための数理モデルの開発  
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  センサネットワークの送信スケジュール最適化問題のモデル化と解法 
研究代表者(個人研究)    300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  持続可能性を考慮した包括的な輸送・交通ネットワーク設計のための数理モデルの開発  
研究代表者  日本学術振興会  900,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  持続可能性を重視した輸送・交通ネットワーク設計モデルの研究 
研究代表者    300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  持続可能性を考慮した包括的な輸送・交通ネットワーク設計のための数理モデルの開発  
研究代表者  日本学術振興会  1,200,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  都市内の災害時の流動に関する総合的研究―効率性と頑健性を備えた 都市実現に向けて― 
研究分担者  日本学術振興会  250,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  LCCの参入による航空ネットワーク再編と利便性の変化に関する数理的評価手法の研究 
研究代表者(個人研究)    300,000円 

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  都市内の災害時の流動に関する総合的研究―効率性と頑健性を備えた 都市実現に向けて― 
研究分担者  日本学術振興会  380,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  都市内の災害時の流動に関する総合的研究―効率性と頑健性を備えた 都市実現に向けて― 
研究分担者  日本学術振興会  380,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  研究会発表指導 

「都市のOR」ワークショップで指導学生1名が研究発表を行うにあたり、発表資料作成、および、口頭発表の指導を行った。 

 
2015  講義資料の作成 

学科必修実習が3年次科目から2年次科目へと変更になったことに伴い、システム数理実習の講義資料を2年次生向けに再構成し、WebClass上で公開した。 

 
2015  研究会発表指導 

「都市のOR」ワークショップで指導学生2名が研究発表(日本語、英語)を行うにあたり、発表資料作成、および、口頭発表の指導を行った。 

 
2014  学生の受賞 

山之内亮介: 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2014年度学生論文賞, 論文題目「連結制約と被覆制約を持つ施設配置問題に対する発見的解法」, 2014年8月28日受賞.  

2014/08/28 
2013  学生の受賞 

小野内雄一: 第41回日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部研究発表会 学生論文賞優秀賞, 論文題目「大学の定期試験時間割編成システムの試作」, 2014年3月15日受賞. 

2014/03/15 
2006  教育方法の実践例 

・数学演習I・II
単に定義や定理を数式のまま丸暗記するのではなく,きちんと理解する姿勢をつけるために,できる限り図を用いてわかりやすく説明した.さらに,反復して学習することが必要な箇所については,授業中に適宜復習の時間を設け,学生同士で相談して答えを導き出すよう促すなど,参加型の授業を試み,理解の補助となるようにした.
・「OR概論I」
この授業ではじめてオペレーションズ・リサーチ(OR)を学ぶ学生が多いので,問題の解法よりも,身近なところでORがどのように役に立っているかについて具体例をあげて解説することからはじめた.線形計画法やスケジュール問題の基本的な問題については,授業中に例題の解説をしたあと小レポートを行い,理解度を確認しながら授業を進めた. 

2006/04/01~2008/01/31 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  講演  2017/03/23 

活動内容等(Content of Activities) 「集中制御型センサネットワークの最適化モデル」, 電子情報通信学会総合大会 基礎・協会ソサイエティ 依頼シンポジウム「人工知能と最適化の理論と応用」にて講演 

2016  講演  2016/05/21 

活動内容等(Content of Activities) 「集中制御型センサネットワークの最適化モデル-ネットワーク・トポロジと送信スケジュールの最適化」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「数理的発想とその実践」研究部会第6回研究集会. 

2014  講演  2015/03/25 

活動内容等(Content of Activities) 「南山大学のOR教育・研究・実践」, 日本オペレーションズ・リサーチ学会第73回シンポジウム「これまでとこれからのOR」(東京理科大学にて開催). 

2014  講演  2014/09/11 

活動内容等(Content of Activities) 「オペレーションズ・リサーチを用いた地域医療体制改善の試み~疾病別需給バランス指標を例として~」(鵜飼孝盛氏と共同講演), 東海医学会例会. 

2014  講演  2014/09/03 

活動内容等(Content of Activities) Heuristic methods for a facility location problem with covering and connectivity constraints, Colloquium at Dept. of Applied Mathematics, Hong Kong Polytechnic University にて講演. 

2011  講演  2011/12/12 

活動内容等(Content of Activities) 「ORを用いた救命救急医療体制の最適化の試み」(井上茂亮氏@東海大学と共同講演), 第13回 サービスサイエンス研究部会(筑波大学にて開催). 

2010  講演  2010/09/15 

活動内容等(Content of Activities) 「アジアにおける航空ネットワークの変化」,日本OR学会第64回シンポジウム(コラッセふくしまにて開催)にて講演. 

2009  講演  2010/01/28 

活動内容等(Content of Activities) 「アジアにおけるゲートウェイ空港の最適配置モデル」,
日本OR学会「政治と社会と行政のOR」研究グループ第10回研究会にて講演. 

2009  講演  2010/01/21 

活動内容等(Content of Activities) 「アジアにおけるゲートウェイ空港の最適配置モデル」,
東北大学経済学研究科主催 応用統計計量ワークショップにて講演. 

2009  講演  2009/10/03 

活動内容等(Content of Activities) 「競合を考慮した航空ネットワーク設計モデル」(James F. Campbell, Andreas T. Ernst and Mohan Krishnamoorthy との共同研究),
南山大学数理情報研究科・数理情報研究センター オープン・リサーチ・センター「都市の持続可能な繁栄のためのインフラストラクチャーの最適運用計画の策定と普及」 2009年度第3回公開研究会「航空輸送におけるネットワーク設計」にて講演. 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
詳細表示

2017/09/03 更新