研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

21 件中 11 - 20 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2003  組織内地図活用の人材育成システム  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 18/3  , 141-156  , 2004/03   

概要(Abstract) できる人材を自社に留めるため、彼らに組織内地図の形成を促すことが重要であり、組織はそのための人材育成システムを整備することが不可欠であることが明らかになった。また、仮に地図が未発達のまま、成果主義のようなシステムを中途半端に導入することは、むしろ彼らのモチベーションを阻害する可能性があることを指摘した。 

備考(Remarks)  

2003  組織における体験学習活用に関する諸問題ー経営組織論の観点からー  単著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 2  , 19-30  , 2003/03   

概要(Abstract) 体験学習が組織にとってどのような効果をもち、どのような限界があるかについて、経営組織論の観点から考察した。 

備考(Remarks)  

2002  The Real Relationship between Organizational Culture and Organizational Learning  単著   
Annals of Business Administrative Science  , GBRC  , 2/1  , 11  , 2002/07   

概要(Abstract) 組織学習や組織内地図の形成を促す組織文化の条件として、競争と協調という、一見矛盾する要素をバランスよく両立している状態が必要と考えられることを、データ分析を通じて明らかにした。 

備考(Remarks) 査読付き論文 

2001  「その他大勢」を活かす人事管理の必要性  単著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 創刊号  , 180-184  , 2001/12   

概要(Abstract) 中部地区の3つの大学の大学生系515名を対象にした就業意識調査の結果、進歩志向の有無よりも、進歩志向が非常に強い群とそれほどでない群との間に、大きな違いが生じやすいことが確認された。 

備考(Remarks)  

2001  組織内地図の追試とその人的資源効果の考察  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 16巻2号  , 143-154  , 2001/10   

概要(Abstract) 組織内地図という概念を5カ年分のデータを用いて再検証した。また,組織内地図が活発な組織学習の成立可能性だけでなく,人的資源管理についても意外な効果をもつことが確認された 

備考(Remarks)  

2000  人事異動研究と組織学習論の接点  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 15/1・2  , 61-71  , 2000/10   

概要(Abstract) 人事異動が組織学習上どのような効果を組織に与えるかについて、文献をもとに考察した。 

備考(Remarks)  

1999  組織学習論の現状の位置づけ  単著   
南山経営研究  , 南山大学経営学会  , 14巻1・2号  , 53-66  , 1999/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1999  組織学習と組織内地図  単著   
博士論文  , 東京大学  , 166 pp  , 1999/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1998  組織学習と組織内地図の形成  単著   
『組織科学  , 組織学会  , Vol.32No.1  , 89-103  , 1998/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 組織学会学会賞 受賞論文 

1997  Value Creation through Organ-izational Learning  共著   
Faculty of Economics University of Tokyo, Discussion paper.  , 東京大学  , 97-F-17  , 21 pp.  , 1997/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Discussion Paper発行の規則により高橋伸夫と共著だが実際は単著 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]