研究者詳細

研究経歴
分割表示   全件表示 >>

8 件中 1 - 8 件目

長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  前近代ベトナム女性の財産相続権と祖先祭祀義務に関する歴史人類学的研究 

概要(Abstract) 前近代ベトナム女性の財産相続権は、男女均分相続が規範であるという説と、これを否定する男子優先説とがある。ここで従来見落とされていた祖先祭祀のための田である忌田に注目し、また族譜によって女子の婚姻の状態を検討することにより、しばしば女子は祖先祭祀義務を負うのと引き換えに忌田の所有権や耕作権を相続することを指摘し、従来の相続面積の均等・不均等でのみ女性の地位を語ろうとする視点を乗り越えようとする。 

長期研究  近代日本・ベトナム関係 

概要(Abstract) 東遊運動崩壊後の日本・ベトナム関係史。クオンデ候らの日本を拠点とした抗仏運動や大川塾の西川捨三郎ら仏領インドシナに長期滞在した日本人とベトナム民族主義者との関係を戦後まで射程に入れて検討する。 

長期研究  ベトナム南部宗教の歴史人類学的研究 

概要(Abstract) カオダイ教やホアハオ教を歴史人類学的に研究する。 

長期研究  近代ベトナム知識人の文明観・ベトナム文化観 

概要(Abstract) 近代ベトナムの知識人が、中華文明とフランスに代表される西洋文明の狭間で、どのような文明観を持ち、中国や西洋の影響を受けていない独自のベトナム文化とは何かを追求しようと苦悩したことについて、定期刊行物の論調を基に研究する。 

長期研究  ベトナム社会(特に農村)構造の持続と変化に関する歴史人類学的研究 

概要(Abstract) ベトナム村落社会の構造が,王朝期→フランス植民地期→独立と社会主義建設時代,現在の社会主義市場経済を経てどのように変わってきたのかを明らかにする。 

短期研究  現代ベトナムの村落部独居老人に対する家族規範の変化に関する研究 

概要(Abstract) 近年、ベトナムでは急激な経済発展のために村落部から都市や外国に労働人口が大量に移出しており、村落部に残った老人が独居するケースが増えている。このような状況下で家族規範や家族の在り方、儒教的な祖先祭祀にどのような変化が起きているかを研究する。また、ベトナム独自の老人介護のあり方も研究する。 

短期研究  ベトナム農村における農業合作社の役割 

概要(Abstract) 現在のベトナム農村における農業合作社の特に行政面だけでなく社会的側面に焦点をあてて,その役割を明らかにする。 

短期研究  ベトナム郷約の研究 

概要(Abstract) 15世紀に遡るベトナム村落の独自の掟、郷約を伝統郷約、フランス植民地時代の改良郷約、現代の新郷約と通時的に研究する。 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]