研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

3 件中 1 - 3 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2004  家族間暴力防止の基礎理論  共訳   
明石書店  , A5  , 368  , 2004/11/01   

概要(Abstract) ケヴィン・ブラウン 著
マーティン・ハーバート 著
藪本 知二 監訳
甲原 定房 監訳
(福祉・教育分野)

監訳者はしがき
序文
はしがき
謝辞
序 論 家族間暴力とは何か?
第1章 家族間暴力の形態と防止レベル
第2章 家族間暴力の原因
第3章 強制的な家族関係
第4章 配偶者虐待の予測
第5章 配偶者虐待の防止
第6章 子ども虐待の予測と防止
第7章 子どもを虐待・ネグレクトする親への対応
第8章 きょうだい間虐待の予測
第9章 親虐待の予測と防止
第10章 高齢者虐待の予測と防止
第11章 暴力連鎖の防止
第12章 暴力のある家族への対応
結 論 家庭内暴力による損失
参考文献

 

備考(Remarks) ISBN 9784750320090

大学で留学生カウンセリングを担当し、各種ハラスメントを多く扱ってきた経緯から、労働環境におけるハラスメントとDVの類似性から翻訳作業に加わることになり、第4章「配偶者虐待の予測」を担当した。 主に九州地区のフェミニズム研究の研究者および実務者による共訳。 

1999  留学生アドバイザーという仕事―国際教育交流のプロフェッショナルとして   共訳   
東海大学出版会  , B5  , 320  , 1999/12   

概要(Abstract) 留学生教育に関わるのは語学教員だけではない。日本の国立大学を中心に文部科学省は、留学生センターという学内部署に、日本語教育部門に並び、留学生指導相談部門という二つの部門を並置することで、留学生の受け入れ推進の質的充実を図ってきた。アメリカの留学生受け入れ業務においては、この後者の部門「留学生指導相談部門(のちに教育交流部門という名称に変更されることが多くなった)」の業務は、FSA(留学生アドバイザー)と称される専門家が担当することとなり、その業務の新規性から、理解されないことや誤解されがちであることなどから、「教育交流部門」を担当する専門家が担う業務の範囲や、どのような能力が求められるかについて書かれたこの本が、留学生受け入れの「バイブル」として評価を高めた。日本では、依然として留学生教育=日本語教育のことだ、という旧来然の認識が残るため、日本における留学生教育の担当者の意識向上のために、本書を邦訳することとして、日本で活躍する国立大学の留学生指導相談部門担当者、および教育交流専門家が共訳した。 

備考(Remarks) 3章担当

ISBN: 4486014804  

1997  留学生交流ボランティアのための基礎ノート  共著   
国際教育交流研究会  , 未設定  , 48-56  , 1998/03   

概要(Abstract) 留学生交流ボランティアを行なおうとする人を読者に想定して関連理論や実践へのアドバイスをまとめた。筆者は第4章「異文化とのコミュニケーション−なぜ違う文化を知ろうとするのか」を担当した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]