研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

9 件中 1 - 9 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  (書評) なぜ戦争は伝わりやすく平和は伝わりにくいのか-ピース・コミュニケーションという試み  書評  単著 
新英語教育  , Vol.560  , 45  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  命の根っこを守る権利  寄稿  単著 
トトリ通信  , 朝鮮高校無償化ネット愛知  , 12  , 9-10  , 2015/01/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://mushouka.aichi.jp/wp-content/uploads/2015/01/totori_12.pdf 

2011  慌てふためく起立の前に着座する椅子のことを:梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』を読む  書評  単著 
トランセンド研究  , トランセンド研究  , 9(1)  , 1-2  , 2011/06/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  The Governanve of the Israeli-Palestine Conflict  招待講演  単著 
抄録  , ISIG(Institute Di Sociologia Internazionale, Gorizia)、イタリア  , 2005/09   

概要(Abstract) ガバナンスという点から紛争を考察し、紛争がどうした理由でネットワーク化するか、また逆にネットワークによって解決するかについて論じた。とくにイスラエルパレスチナ地域の紛争に関わる3者の利害関係を事例として、それぞれの集団から見える現実について紹介するとともに、ネットワーク理論(バラバシ)に当てはめてこれを議論した。 

備考(Remarks)  

2003  シミュレーション&ゲーミングにおける感情の問題について  学会研究部会発表  その他 
JASAG人文社会科学への応用に関する研究部会 研究会  , シミュレーション&ゲーミング学会  , 2003/12   

概要(Abstract) S&Gの効果のベースとなる感情および共感の問題について話題提供を行い、参加者とくにシミュレーションと政治学に関心がある人々と議論した。 

備考(Remarks) 東海大学 

2000  福岡市女性センター・アミカス1999年度市民グループ調査研究支援事業報告書  調査報告  共著 
福岡市女性協会  , 2000   

概要(Abstract) 福岡市により採択された、1999年度市民グループ調査研究支援事業の報告書(全144頁)、第二・三章を共同執筆。 

備考(Remarks)  

1999  異なるものへの公平な態度を育む教育〜第20回大会特別課題研究に参加して  寄稿  未設定 
異文化間教育学会ニューズレター   , 異文化間教育学会   , 36  , 1999/01    

概要(Abstract) 異文化間がより頻繁に接触するようになった現在、「異なるもの」への態度が問われてきた。異なるということが、差別を容認しては、均一集団内部の差異さえ強調され新たな差別を生むことになるだろう。異なるということは、決して差別を容認する理由にはならない。こうしたことを、教育の中でどのように扱えばいいのかについて、大会課題研究として話し合った件をまとめた。  

備考(Remarks)  

1998  熊本大学留学生生活実態調査  調査報告  単著 
熊本大学  , 1998/01   

概要(Abstract) 300名を超える熊本大学が抱える留学生のアカデミック面および日常生活面での現状およびサポート体制を明らかにし、よりよい制度を構築する目的で、約100項目にわたり質問紙調査を行った。概観記述するとともに、結果から特筆する点について分析した。いわゆる漢字圏留学生と非漢字圏留学生の違いが大きく、これらを混同することにより、教育支援体制の過剰及び不足につながると指摘した。また、留学の動機や、留学期間中の友人関係も、勉学や適応に大きく影響することが明らかになった。 

備考(Remarks) 文部省留学生経費特別配分予算調査報告書(担当者申請により受理配分)により実施した調査の報告書。熊本大学留学生センター、留学生指導相談部門担当(単独担当者)の筆者が全体をすべて執り行った。 

1997  留学生危機管理  報告書  共著 
1997年JAFSA夏期研究集会報告書  , JAFSA  , 1997   

概要(Abstract) 1997年JAFSA夏期研究集会で筆者と花見が担当した、留学生担当職員への研修(危機管理問題)について報告した 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]