研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
山田 望 ( ヤマダ ノゾム , YAMADA Nozomu )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

キリスト教教理史,教父学,キリスト教古代史,古代ローマ史, 西洋古代思想

学会活動
Academic societies

日本基督教学会(1990.4〜現在に至る)
キリスト教史学会(1990.7〜現在に至る)
The International Conference on Patristic Studies (Oxford University)(1995~現在に至る)
日本宗教学会(1998.4〜現在に至る)
東方キリスト教学会(2001.9〜現在に至る)
Western Pacific Rim Patristic Society (環太平洋西岸教父学会)(2004~現在に至る)
日本宣教学会(2010.6~現在に至る)
東方キリスト教学会理事(2010.8〜現在に至る)

社会活動
Community services

NHK名古屋文化センター(講座「キリスト教文明の歴史と文化遺産」担当)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (27)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (24)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
南山大学大学院文学研究科神学専攻 博士後期課程  1995年03月  修了 
南山大学大学院文学研究科神学専攻 博士前期課程  1990年03月  修了 
広島大学大学院文学研究科ドイツ語学ドイツ文学専攻 修士課程  1985年09月  修了 
詳細表示
取得学位
       
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(文学)  キリストの模範−ペラギウス神学における神の義とパイ  南山大学大学院文学研究科神学専攻博士後期課程  1995年03月 
修士 神学修士    南山大学大学院  1990年03月 
修士 文学修士    広島大学大学院  1985年09月 
学士 文学士    熊本大学法文学部文学科  1982年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  キリスト教異端思想 

概要(Abstract) 東西キリスト教思想における異端思想の発生,成立,思想内容と排斥メカニズムの解明 

短期研究  ペラギウス派の思想史的位置づけ 

概要(Abstract) 西洋古代キリスト教史上「異端」と見なされてきたペラギウス派の文献学的・思想史的実証研究 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  Men and Women in the Early Christian Centuries  共著   
St.Paulus Publications  , A5  , 416 p.  , 2014/12/01   

概要(Abstract) 執筆担当部分:'Equality of Men and Women in Free Will: The Narrative Technique of Pelagius' Letters and Pauline Commentaries', pp. 251-270.
In examinations of the so-called Pelagian controversy, there used to be a tendency towards considering where priority should be given, God’s grace or human free will. The origins of the controversy lay in the theme of the possibility of sinlessness. The point in dispute seemed to be whether it was possible for humans to be sinless by the power of free will without God’s grace. Jerome and Augustine considered Pelagius’ statement on the possibility of sinlessness and his emphasis on the power of human nature and free will as dangerous heretical assertions denying the necessity of divine grace, and above all eliminating the place of Christ’s crucifixion. Nevertheless, Pelagius did not deny God’s grace at all. He admitted not only the need for forgiveness of sins and justification by faith alone, but also recognised the place of the working of Holy Spirit. Pelagius’ standpoint was considered at times to be meritocratic, and also synergistic. In any case, the crucial point was that Pelagius strongly emphasized human nature and free will. In this article, before investigating how and why Pelagius continued to promote and encourage the development of free will among his followers, results of recent studies which explore the quite different approaches of Augustine and Pelagius to human nature and free will will be considered. 

備考(Remarks)  

2002  キリスト教修道制−周縁性と社会性の狭間で  共著   
Sophia University Press  , 未設定  , pp.71-108.  , 2003/03   

概要(Abstract) 紀元4世紀後半に東方型修道制がローマ市に伝えられ一世を風靡したにも拘らず、短期間の内に消滅した要因について、西方教会の世俗化とローマ司教の権威を前面に出した制度化という二つの側面から考察した。東方修道制の父と称されるバシレイオスが編んだ修道規定や、私的財産所有を忌避するといった厳格な倫理は、異教的過去の伝統が根強くその影響によって相当に世俗化されたローマ教会には受け入れられなかった。更に、男性を中心とした聖職制度が確立していく中で、女子修道者は制度化の流れから弾き出されていった。 

備考(Remarks) 担当論文名:「東方型修道制のローマ市移植における挫折要因」 

1997  キリストの模範−ペラギウス神学における神の義とパイデイア  単著   
教文館  , B5  , 323 pp.  , 1997/08   

概要(Abstract) ペラギウスの思想は、伝統的に定着した「異端」説ではなく、パウロの信仰義認論とヤコブ書の意図とを継承しつつ、神の恵みへの自発的応答としての愛の業を「キリストの模範」を介して促す倫理思想である。本書では、このテーゼを、ペラギウスの非論駁的原史料を基に、古代パイデイア思想の教育論と模倣論との積極的関連を検証し、キリスト教主流派の世俗化現象に対する批判と社会的弱者への教育的配慮を浮き彫りにすることによって論証した。(A5版、pp.326) 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  What Is the Evil to Be Overcome? Differences between Augustine’s and Pelagius’ Views on Christ’s Life and Death  単著   
Scrinium: Journal of Patrology and Critical Hagiography  , BRILL  , 11  , pp.160-180  , 2015/11   

概要(Abstract) Significant perspectives on Christ’s life and death, which both Pelagius and the Eastern Fathers held, are Christ’s victory over the Devil, the continuous creation of humanity,and Christ’s redemption of human sin. Imitating Christ’s example by exercising free will is the most important Christian response to Christ’s victory. Synergism between the exercise of free will and Christ’s example as God’s grace are located in God’s mystical Oikonomia. As seen in their for-knowledge theory concerning the story of Esau’s abandonment,Pelagius’ synergism was in no way heretical, but rather completely consistent with the Eastern Fathers. On the other hand, the discontinuity in Augustine’s soteriology between human nature after the Fall and Christ’s redemption as God’s grace is significantly different from the continuity evident in Pelagius’ and the Eastern Fathers’views. Augustine’s logical- philosophical speculation on Esau’s abandonment, which was repeated in non-historical contexts, had to come down to his theories of original sin and predestination. The peculiarity of the historical Jesus Christ in God’s Oikonomia, as well as the unique, special historicity of every human, was almost absorbed into the universality of Augustine’s theories. However, Pelagius as well as Basil and Rufinus thought that in every decision of free will to imitate Christ’s life and death, as seen in the
same person narrative in Pelagius’ Pauline commentary, the grace of God was concretely and livingly expressed in the unique and personal history of believers. 

備考(Remarks) Refereed Paper 

2013  The Influence of Chromatius and Rufinus of Aquileia on Pelagius - as seen in his Key Ascetic Concepts: exemplum Christi, sapientia and imperturbabilitas  単著   
Studia Patristica  , PEETERS  , VOL. LXX  , pp. 661-670  , 2013/8   

概要(Abstract) This study attempts to show that translations by Rufinus of Aquileia and the Sermons of Chromatius of Aquileia both had significant influence on Pelagius' ascetic key concepts: exemplum Christi, sapientia and imperturbabilitaas. The concept of exemplum Christi was central to Pelagius' understanding of the ascetic life, and it is generally accepted that Pelagius took this concept from Origen's Commentary on the Epistle to the Romans, translated by Rufinus of Aquileia. In his use of the concept Pelagius may also have been influenced by Chromatius, bishop of Aquileia, who was a close friend of Rufinus. The evidence for this will be presented later in the course of this article. In their thought concerning sapientia mediated by the Holy Spirit, we find a clear similarity between Pelagius' understanding and ideas found both in the Sentences of Sextus and in the work of St Basil. The Sentences of Sextus and several of Basil's writings were translated into Latin by Rufinus. Pelagius used the word imperturbabilitas itself sparingly; but he repeatedly emphasized similar concepts that expressed the process by which the human condition may be prepared for the Holy Spirit's indwelling. It is clear that this concept does not correspond to apatheia as this was understood by the Stoics, but it is rather the notion of metriopatheia in the Peripatetic school. We can point to marked similarities between Pelagius' understanding of imperturbabilitas and metriopatheia in the scheme of Evagrius Ponticus. Rufinus of Aquileia was very familiar with the writings of Evagrius and translated the latter's Sententiae into Latin. Here again we can point to contact between Pelagius and Rufinus of Aquileia.  

備考(Remarks) Refereed Paper 

2011  世俗化した教会の制度化と権威主義化に抗してーペラギウス派修道倫理の影響力と挫折  単著   
キリスト教史学  , キリスト教史学会  , 第65集  , pp.41-58  , 2011/7   

概要(Abstract) 本稿では、古代末期に至って、それまで新しい意識や価値観をもたらしたはずのキリスト教が、逆に世俗化、制度化、そして権威主義化の過程で新たな排他的組織として整備され機能するようになっていたことを、ペラギウス派の排斥事例を基に指摘した。5世紀初頭のペラギウス派の排斥という出来事の中に、キリスト教がローマにもたらした功罪の両側面が皮肉にもきわめて先鋭化された形で表されていた。 

備考(Remarks) 査読あり 

2011  西方教会の『構造』転換−ペラギウス派の思想史的起源を手がかりに  単著   
宣教学ジャーナル  , 日本宣教学会  , Vol.5  , pp.81-97  , 2011/7   

概要(Abstract) アウグスティヌスによる原罪を生殖や性欲と結びつけ、異教徒の性欲を罪としキリスト教徒のそれは無罪とするとの偏った結婚観がペラギウス派のユリアヌスとの激しい論争を産んだ。ローマ教会は、幼児洗礼の制度化のためにもアウグスティヌスの原罪論を自らのものとして選び取った。ペラギウス派が理解する原罪は、太宰の結果としての肉体の死とアダムの模倣によって伝播する霊的死であり、人間にはそれを選び取る自由も善をなす能力も恩恵として既に与えられていると彼らは考えていた。これは東方神学由来の伝統的な神人協働説の立場で、ペラギウス派はこれを単に繰り返し主張していたにすぎない。アウグスティヌスによる人間本姓の全的腐敗という特異な原罪解釈を、ローマ教会は当時のきわめて特殊な歴史的危機的状況の中で選び取らざるを得なかったのである。 

備考(Remarks) 査読あり 

2010  ペラギウスとアウグスティヌスにおける洗礼・聖霊理解の相違を巡ってー三ッ本論文(『キリスト教史学』第62集所収)の拙著言及への応答としてー  単著   
キリスト教史学  , キリスト教史学会  , 第64集  , pp.172-196  , 2010/7   

概要(Abstract) 2007年度キリスト教史学会に於いてなされた三ッ本武仁氏による発表内容が、2008年度の『キリスト教史学第62集』に掲載された。当該発表ならびに当該論文に於いて三ッ本氏は、拙著『キリストの模範』に言及し、アウグスティヌスとペラギウスの聖霊理解の違いに関して、ペラギウス側の理解については全面的に拙著に依拠する論旨を展開していた。三ッ本氏の論旨にはいくつかの極めて重要な誤りが含まれていたため、本発表に於いてそれらの誤りについて批判的に検証すると共に、ペラギウス派の思想的起源をめぐる最近の研究成果を取り込みながら、アウグスティヌスとペラギウスにおける聖霊理解の相違には、どのような神学思想の流れが背後に存在したのかについて論証した。とりわけ、ペラギウス派の思想的起源として、アクイレイアのルフィーヌスが翻訳したバシレイオスやエヴァグリオスらの見解との類似性が指摘され、わけてもその覚知論がペラギウス派にも、聖霊理解の中心的見解として継承されており、その点が、感情も含めた霊的歓喜に聖霊の働きを観ようとしたアウグスティヌスとは決定的に異なっていたことを指摘した。 

備考(Remarks) 査読あり 

2006  「東西キリスト教のパラダイム−ペラギウス派におけるパイデイア思想と神学的パラダイム転換−」  単著   
『エイコーン−東方キリスト教研究−』  , 新世社  , 第34号  , pp.8-24  , 2006/12   

概要(Abstract) 本稿では、東西キリスト教のパラダイムの違いが何時、どのような出来事を契機に生じたのかについて、古代末期のアウグスティヌスとペラギウス派との論争にその分岐点を見、何がどのように変わったのかを浮き彫りにしようと試みた。その際、とりわけ人間の自然本性に対する捉え方と、堕罪論、原罪論の内容が大きく変化したことを、アウグスティヌスの『シンプリキアヌスへ』という書簡の記述、ならびにペラギウスの『パウロ注解』を手がかりに解明した。 

備考(Remarks) 査読あり 

2001  ローマ帝政末期における教皇権確立の諸要因−異端排斥の権威と西方教会の構造転換  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 74号  , 415-452  , 2002/01   

概要(Abstract) 標記テーマについて,その外的要因と内的要因という二つの側面からアプローチし,さらに世俗化と制度化という二つの特徴に注目しながら解明した。東西両教会の司教座の権威を巡る緊張関係とローマと北アフリカとの秘蹟論を巡る対立関係により,異端排斥の権威が求められたことが外的要因である。さらに,急速なキリスト教化を図る目的で家父長制的父権の強化が進められ,かつ幼児洗礼の義務化といった贖罪の制度化により西方教会が構造的な転換を果たしたことが内的要因である。 

備考(Remarks) 査読なし 

1999  ペラギウス派排斥のメカニズム−神学的言語行為の政治性  単著   
キリスト教史学  , キリスト教史学会  , 53号  , 103-122  , 1999/07   

概要(Abstract) 本稿においては、拙著『キリストの模範』に対して寄せられた批判3点に対して反論するために、ペラギウス派排斥の背後に存在した社会的、政治的利害関係を検証した。ペラギウス派排斥に際しても、グリルマイアーらが提唱した排斥のメカニズムが働いていたこと、ペラギウスの論敵であったヒエロニュムスこそ禁欲的エリート主義者であったこと、異端研究の意義は神学的言語行為の持つ政治的効力の解明にあることを明らかにした。 

備考(Remarks) 査読あり 

1996  ペラギウス神学における神の義の射程  単著   
日本の神学  , 日本基督教学会  , 35号  , 33-50  , 1996/09   

概要(Abstract) 本稿では、ペラギウス神学における東方、西方両伝承からの影響を明らかにし、さらに当時の社会的背景を考察することで、両伝承を統合させたペラギウスの意図を確認した。ペラギウスの神学においては、神の義に関するjと得材料神学における異なる二つの解釈がキリストの模範という表象の下に一つに統合されている。それはまさしく、当時の支配階級の不義を批判し、社会的弱者に対する隣人愛の実践を呼びかけるために他ならなかった。 

備考(Remarks) 査読あり 

1992  ペラギウス像の再検討  単著   
日本の神学  , 日本基督教学会  , 31号  , 71-93  , 1992/09   

概要(Abstract) 西方神学において定着したペラギウス像は、「功績主義」と「禁欲主義」とに分けられる。本論文では、まずペラギウスの恩恵概念を検討し、その神学は、人が自力で救いを勝ち取ろうとする行為義認の立場でもなく、いわゆる功績主義の立場でもなかったことを解明した。また、ペラギウスの倫理的勧告を検討することによって、ペラギウスは厳格な禁欲主義どころか中葉を旨とし、恩恵の助けによる人間の自立を説いていたことを明らかにした。 

備考(Remarks) 査読あり 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2011  Origin of Pelagian Monastic Ethos: 'exemplum Christi', 'sapientia' and 'imperturbabilitas'  国際学会発表  その他 
The Sixteenth International Conference on Patristic Studies  , Oxford University  , 第16回  , 2011年8月11日   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  文明論と政策論を繋ぐ「期待の地平」−政策立案に先立つ歴史認識の構造と課題  教科書  共著 
南山大学総合政策学部  , 55-69  , 2006/03   

概要(Abstract) 第2章 歴史、思想そして現代文明。第3節 文明論と政策論を繋ぐ「期待の地平」−政策立案に先立つ歴史認識の構造と課題。1.歴史的アプローチの原則(1)相対主義と教条主義(2)倫理的価値判断との距離 2.歴史的価値判断の構造と位置づけ(1)伝統的歴史学から影響史的歴史学へ(2)解釈学的自己反省とイデオロギー批判 3.「文明」史による新たな「地平」(1)「シュペングラー」から「トインビー」へ。(2)「ハンチントン」の「地平」 

備考(Remarks) 総合政策研究フォーラム『総合政策論のフロンティア』332p 

2005  「人間の尊厳」科目10年のあゆみ−開設・展開・現況  報告書  編著 
南山大学「人間の尊厳」科目委員会  , 56p  , 2006/03   

概要(Abstract) 第一部「人間の尊厳」科目−成立から現在まで 1.成立の経緯と編成形態の変遷 2.開講数・登録者数・「自己点検・評価」報告書に見る10年 3.委員会組織・教務課・履修登録面から見た10年 

備考(Remarks) 「人間の尊厳」科目開講10周年記念冊子 

2005  聖書に学ぶ「不条理」への対処法  講演集  共編著 
南山大学  , 1-25  , 2006/03   

概要(Abstract) 人間の尊厳のために、南山大学「人間の尊厳科目」開講10周年記念連続講演会講演集。聖書に学ぶ「不条理」への対処法 1.「不条理」と日本人 2.「人間の尊厳」の聖書的根拠 3.「逆説的」生 4.「十字架」と「復活」 

備考(Remarks) 人間の尊厳のために、南山大学「人間の尊厳科目」開講10周年記念連続講演会講演集 

2004  「古代史・アナバプティスト史にみる平和主義」  講演  その他 
特別講演会  , 北海道メノナイト教育センター  , 2005/01   

概要(Abstract) 2005年1月8日-9日、3回に亘る標記特別講演会を行った。初期キリスト教史において、イエスの平和主義がどのように受け継がれて行ったかを歴史的資料に基いて検証した。キリスト教が国家宗教として認知されていく過程で、イエス本来の平和主義の理念が変化していったことを明らかにした。 

備考(Remarks)  

2004  「古代キリスト教世界の思想と自然観-都市機能・構造と神学の危ない関係-  セミナー発表  その他 
景観研究センターセミナー  , 九州産業大学景観研究センター  , 第12回  , 2004/12   

概要(Abstract) 地中海世界における古代から中世に至る自然観の変遷を、第一から第四の四つの変化時期として辿りつつ、自然観の変化に即して都市の機能・構造が果たした宗教的、神学的役割を浮き彫りにしようと試みた。 

備考(Remarks)  

2003  キリスト教はいつから戦争を肯定するようになったのか  シンポジウム  その他 
アナバプテスト・セミナー研究者会議  , Japan Mennonite Fellowship  , 2003/11   

概要(Abstract) 戦争に対してイエスは、また、古代キリスト教はどのような立場を堅持していたのかを史的イエス、ならびに初期キリスト教文献から確認した。とりわけ、4世紀末から5世紀初頭にかけて、おもにアウグスティヌスの正戦論がキリスト教による戦争肯定論の基礎となった点を浮き彫りにした。 

備考(Remarks)  

2002  アダルベール・アマン著、東丸恭子・印出忠夫訳、『アウグスティヌス時代の日常生活(上・下)』  書評  単著 
上智史学  , 上智大学史学会  , 第47号  , pp.185-192.  , 2002/11   

概要(Abstract) 標記著書の内容について、歴史的、考古学的史料を駆使することによって、とりわけ聖人アウグスティヌスの素顔にどこまで迫ることができたかという視点から書評した。知られてはいたものの公にされないできた異端排斥の内幕をかなりの程度暴露した点は評価に値する。しかし、本原著出版直後に刊行された書簡集Divjak Lettersの貴重な成果を盛り込むことができなかったことは、今ひとつ「素顔」に肉薄できなかったという点で残念であった。 

備考(Remarks) 当該翻訳書の書評、書評の副題:アウグスティヌスの素顔に迫る試み 

2001  Can history education promote civic values without undermin-ing depth in historical under-standing?  Conference  単著 
The seventh Asia-Pacific Conference on Education and Culture  , University of Asia and the Pacific  , 2001/10   

概要(Abstract) 標記課題について,教科書問題や歴史認識の解釈学的問題に言及しつつ,アジアへの侵略では加害者であり,広島・長崎の被爆では被害者であるという戦争体験が,日本人の歴史認識の深さを支える国民的価値であるとの見解に基づいて論じた。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2015  日本学術振興会 科学研究費補助金 審査委員表彰  2013年〜2014年の科学研究費補助金第一次審査業務  2015年11月02日 
日本学術振興会 

備考(Remarks) 日本学術振興会科学研究費審査では、第1段審査員の内、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見を付した第1段審査(書面審査)委員を選考し表彰することとしており、平成27年度は約5,500名の第1段審査(書面審査)委員の中から189名が選考され表彰された。 

1998  学術奨励賞  『キリストの模範−ペラギウス神学における神の義とパイデイア』  1998年10月01日 
キリスト教史学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  'Rhetorical' Controversy between Augustine and Julian of Eclanum − Different Anthropologies of Both Polemists and Social Backgrounds –  単独  2016/9/10 
ASIA-PACIFIC EARLY CHRISTIAN STUDIES SOCIETY 10th Annual Conference  , Centre for Early Christian Studies, Australian Catholic University, at Saint-Petersburg State University for Aerospace Instrumentation, Research and Education Center for Religion, Philosophy and Culture Studies, St Petersburg,Russia   

概要(Abstract) Julian of Eclanum, one of the disciples of Pelagius, tormented Augustine greatly in his later years about the dogmatic evaluations of the freedom of will, sexual desire, original sin, among other things. Augustine’s victory in the serious Controversy with Julian made it possible to make Augustine’s theory of original sin an important creed of the western Churches. Nevertheless, if we survey the history of Christian creeds in wider perspective, we can recognize the significant fact that neither Augustine’s theory of original sin nor his theory of predestination have been included in any creed of the eastern Churches. This historical fact should make us to reconsider the last controversy with Julian and also make us reexamine the legitimacy of Augustine’s theory of original sin, particularly his interpretation of human sexual desire. In this presentation, after pointing out the rhetorical character of the controversy, the critical core arguments of both polemists will be explored. Finally, I would like to clarify the social and ecclesiastical reasons of the time behind Augustine’s theory becoming a creed of the western Churches.  

備考(Remarks)  

2015  Pelagius’ Narrative Techniques – Rhetorical Influences and Negative Responses from Opponents  単独  2015/8 
The Seventeenth International Conference on Patristic Studies(第17回国際教父学会、於:英国オクスフォード大学)  , The Seventeenth International Conference on Patristic Studies  , Studia Patristica   

概要(Abstract) The aims of this presentation are to describe Pelagius’ narrative techniques and their rhetorical influences on his followers, and then to clarify why his opponents responded negatively to his rhetorical assertions. I will focus on two kinds of rhetoric used by Pelagius. One of them is the same-person narrative in his Pauline commentaries. Here, Pelagius overlays the subject of himself onto the subject of Paul’s text, and simultaneously overlays a third subject, that of the text readers. That is, Paul’s ‘I’ sees his opponents at this time; Pelagius’ ‘I’ sees the negative circumstances persisting in the Roman churches of his day; and the reader’s ‘I’ sees her or his personal situation that is to be overcome. The other rhetorical technique I will explore is the classical method of reasoning ‘from the minor to the major’. Pelagius used these two narrative techniques to encourage his followers.

Such rhetorical techniques played a very important role in intensifying the will of Pelagius’ followers, particularly Roman women Christians. However, at the same time, Pelagius’ narrative rhetoric was misunderstood and in some cases intentionally distorted, and came to be considered ‘heretical’ assertions by his opponents in polemical contexts. For example, in the proceedings of the Synod of Diospolis, only a part of his rhetorical narratives was cited and attacked sarcastically. His opponents often separated his work from their original contexts, in which Pelagius criticized the excessive immorality he saw in the very inside of the Roman churches. 

備考(Remarks)  

2013  Equality of Men and Women in Free Will:The Narrative Technique of Pelagius’Letters and Pauline Commentaries  単独  2013/10/05 
Early Christian Centuries I Conference  , Asia-Pacific Early Christian Studies Society   

概要(Abstract) In examinations of the so-called Pelagian controversy, there used to be a tendency towards considering where priority should be given, God’s grace or human free will. The origins of the controversy lay in the theme of the possibility of sinlessness. The point in dispute seemed to be whether it was possible for humans to be sinless by the power of free will without God’s grace. Jerome and Augustine considered Pelagius’ statement on the possibility of sinlessness and his emphasis on the power of human nature and free will as dangerous heretical assertions denying the necessity of divine grace, and above all eliminating the place of Christ’s crucifixion. Nevertheless, Pelagius did not deny God’s grace at all. He admitted not only the need for forgiveness of sins and justification by faith alone, but also recognised the place of the working of Holy Spirit. Pelagius’ standpoint was considered at times to be meritocratic, and also synergistic. In any case, the crucial point was that Pelagius strongly emphasized human nature and free will.
In this article, before investigating how and why Pelagius continued to promote and encourage the development of free will among his followers, results of recent studies which explore the quite different approaches of Augustine and Pelagius to human nature and free will will be considered.
 

備考(Remarks)  

2011  Origin of Pelagian Monastic Ethos: ‘exemplum Christi’, ‘sapientia’ and ‘imperturbabilitas’  単独  2011/8 
The Sixteenth International Conference on Patristic Studies(第16回国際教父学会、於:英国オクスフォード大学)  , The Sixteenth International Conference on Patristic Studies  , Studia Patristica   

概要(Abstract) This study attempts to show that translations by
Rufinus of Aquileia and the Sermons of Chromatius of Aquileia both had significant influence on Pelagius' ascetic key concepts: exemplum Christi, sapientia and imperturbabilitaas. The concept of exemplum Christi was central to Pelagius' understanding of the ascetic life, and it is generally accepted that Pelagius took this concept from Origen's Commentary on the Epistle to the Romans, translated by Rufinus of Aquileia. In his use of the concept Pelagius may also have been influenced by Chromatius, bishop of Aquileia, who was a close friend of Rufinus. The evidence for this will be presented later in the course of this article. In their thought concerning sapientia mediated by the Holy Spirit, we find a clear similarity between Pelagius' understanding and ideas found both in the Sentences of Sextus and in the work of St Basil. The Sentences of Sextus and several of Basil's writings were translated into Latin by Rufinus. Pelagius used the word imperturbabilitas itself sparingly; but he repeatedly emphasized similar concepts that expressed the process by which the human condition may be prepared for the Holy Spirit's indwelling. It is clear that this concept does not correspond to apatheia as this was understood by the Stoics, but it is rather the notion of metriopatheia in the Peripatetic school. We can point to marked similarities between Pelagius' understanding of imperturbabilitas and metriopatheia in the scheme of Evagrius Ponticus. Rufinus of Aquileia was very familiar with the writings of Evagrius and translated the latter's Sententiae into Latin. Here again we can point to contact between Pelagius and Rufinus of Aquileia. 

備考(Remarks)  

2010  世俗化した教会の制度化と権威主義化に抗して:ペラギウス派修道倫理の影響力と挫折  単独  2010年9月10日 
第61回 キリスト教史学会  , キリスト教史学会  , 第61回   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) シンポジウム:「キリスト教はローマに何をもたらしたか」の3名のパネリストの内の一人として発表を行った。 

2010  西方教会の『構造転換』:ペラギウス派の思想史的起源を手がかりに  単独  2010年6月26日 
日本宣教学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  ペラギウスとアウグスティヌスにおける洗礼・聖霊理解の相違を巡って−三本論文(『キリスト教史学』第62集所収)の拙著言及への応答として−  単独  2009/11/21 
キリスト教史学会第60回大会(国際基督教大学)  , キリスト教史学会   

概要(Abstract) 2007年度キリスト教史学会に於いてなされた三ッ本武仁氏による発表内容が、2008年度の『キリスト教史学第62集』に掲載された。当該発表ならびに当該論文に於いて三ッ本氏は、拙著『キリストの模範』に言及し、アウグスティヌスとペラギウスの聖霊理解の違いに関して、ペラギウス側の理解については全面的に拙著に依拠する論旨を展開していた。三ッ本氏の論旨にはいくつかの極めて重要な誤りが含まれていたため、本発表に於いてそれらの誤りについて批判的に検証すると共に、ペラギウス派の思想的起源をめぐる最近の研究成果を取り込みながら、アウグスティヌスとペラギウスにおける聖霊理解の相違には、どのような神学思想の流れが背後に存在したのかについて論証した。とりわけ、ペラギウス派の思想的起源として、アクイレイアのルフィーヌスが翻訳したバシレイオスやエヴァグリオスらの見解との類似性が指摘され、わけてもその覚知論がペラギウス派にも、聖霊理解の中心的見解として継承されており、その点が、感情も含めた霊的歓喜に聖霊の働きを観ようとしたアウグスティヌスとは決定的に異なっていたことを指摘した。 

備考(Remarks)  

2006  東西キリスト教のパラダイ ム−ペラギウス派におけるパイデイア思想と神学的パラダイム転換−   単独  2006/9 
第6回東方キリスト教学会(於:蓼科ホテルハイジ)  , 東方キリスト教学会  , エイコーン   

概要(Abstract) 本発表では、東西キリスト教のパラダイムの違いが何
時、どのような出来事を契機に生じたのかについて、古代末期のアウグスティヌスとペラギウス派との論争にその分岐点を見、何がどのように変わったのかを浮き彫りにしようと試みた。その際、とりわけ人間の自然本性に対する捉え方と、堕罪論、原罪論の内容が大きく変化したことを、アウグスティヌスの『シンプリキアヌスへ』という書簡の記述、ならびにペラギウスの『パウロ注解』を手がかりに解明した。 

備考(Remarks)  

2004  「巡礼と聖遺物─古代末期における聖性観の変化」  単独  2004/09 
東方キリスト教学会  , 第4回大会   

概要(Abstract) 古代末期のキリスト教世界において、巡礼と聖遺物に関する理解が東方と西方とでは既に異なるものとなりつつあったことを、教会教父の文献を通して明らかにした。とりわけ、東方教父の基本的理解とアウグステョヌスによる巡礼観の変化とを考察の対象とした。 

備考(Remarks)  

1999  Infant Baptism and the Theological Reasons for it in the Ancient Church   単独  1999/8 
The Thirteenth International Conference on Patristic Studies(第13回国際教父学会、於:英国オクスフォード大学)  , The Thirteenth International Conference on Patristic Studies   

概要(Abstract) 本発表では、ペラギウス派が原罪を癒す目的での幼児洗礼を否定するものとして排斥された点に注目し、本来幼児洗礼を認めていた彼らがなぜ排斥されたのかを、文献学的および考古学的データにより検証した。ペラギウス派も幼児洗礼を認めていたが、それは死の危機に瀕した幼児への緊急洗礼であった。それに対して、アウグスティヌスの原罪論による理論的裏付けを得ることによって原罪への癒しとして幼児洗礼が義務化されることとなった。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ユリアヌスを中心とするペラギウス派第2世代の神学に関する思想史的・実証的総合研究 
研究代表者    300000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  ユリアヌスを中心とするペラギウス派第2世代の神学に関する思想史的・実証的総合研究 
研究代表者  日本学術振興会  900000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  ユリアヌスを中心とするペラギウス派第2世代の神学に関する思想史的・実証的総合研究 
研究代表者    1000000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  ユリアヌスを中心とするペラギウス派第2世代の神学に関する思想史的・実証的総合研究 
研究代表者  日本学術振興会  1000000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2011  科学研究費補助金  ペラギウス派神学の起源とオリゲネス主義からの影響に関する文献学的・思想史的研究 
研究代表者  日本学術振興会  600000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2010  科学研究費補助金  ペラギウス派神学の起源とオリゲネス主義からの影響に関する文献学的・思想史的研究 
研究代表者  日本学術振興会  600000 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2009  科学研究費補助金  ペラギウス派神学の起源とオリゲネス主義からの影響に関する文献学的・思想史的研究 
研究代表者  日本学術振興会  600000 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2008  科学研究費補助金  ペラギウス派神学の起源とオリゲネス主義からの影響に関する文献学的・思想史的研究 
研究代表者  日本学術振興会  1400000 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2002  科学研究費補助金  ローマ帝政末期におけるキリスト教異端諸派の排斥メカニズムと教会制度確立過程の解明 研究助成 科学研究費補助金(基盤研究(C)(2)) 日本学術振興会 
研究代表者  日本学術振興会  700000 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

2001  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ローマ帝政末期におけるキリスト教異端諸派の排斥メカニズムと教会制度確立過程の解明 
研究代表者    180000 

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2006  『総合政策論のフロンティア』(教科書)の作成 

「総合政策」の基本コンセプトとは何か、「総合政策学」とは何かについて、2000年の学部開設以降、学部構成員のほとんどが参加して「総合政策研究フォーラム」を開催してきた。2006年3月に、それまで積み重ねてきたフォーラムの内容を纏める形で、総合政策学部に入学した学生たちに「総合政策学とは何か」という問いに答え得る教科書として本書を作成した。担当した執筆部分は、第2章「歴史、思想そして現代文明」の第3節「文明論と政策論を繋ぐ『期待の地平』-政策立案に先立つ歴史認識の構造と課題-」pp.55-69. 

2006/1〜2006/3 
2006  『人間の尊厳のために』(南山大学「人間の尊厳科目」開講十周年記念)講演集の作成 

南山大学の建学のモットーである「人間の尊厳のために」を反映させた本学独自の科目である「人間の尊厳科目」の担当者の中から、各分野を代表する教授に、連続講演会を行って貰い、その講演会の内容を活字におこして1冊の教科書として編集した。編集作業を行うと共に、担当した個所は、「聖書に学ぶ『不条理』への対処法」pp.1-25. 

2006/1〜2006/3 
2005  演習、講義科目における、動画再生による視覚情報を活用した立体的内容提示。 

演習科目や講義科目において、毎回取り扱う内容ときわめて関連性の深い動画を、ビデオクリップの形式でパソコンに取り込んでおき、授業の必要な場面で、適宜それらのビデオクリップを再生することで、演習や講義内容をより立体的に把握できるようにした。 

2005/4〜現在に至る 
2004  卒業論文集の作成・編集 

ゼミ4年次生の卒業論文指導の成果物として、毎年、提出された卒業論文を編集した上で、『総合政策学部 山田望 プロジェクト研究 卒業論文集』として印刷している。 

2004〜現在に至る 
2004  『知の演習』(「基礎演習」教科書)の作成 

総合政策学部の新入生全員が履修する『基礎演習』科目の教科書である『知の演習』を、学部所属の複数の教員と共に作成した。その後も、必要に応じて、改訂作業を担当した。 

2004〜2007 
2000  授業評価の実施 

南山大学が実施している「学生による授業評価」を授業の一環として実施し、レポートを当局に提出している。 

2000〜現在に至る 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  メノナイト北海道全道修養会基調講演  2016/10/8-10/10 

活動内容等(Content of Activities) Bridgefolk Conference におけるカトリックとプロテスタントのエキュメニカル対話に関する講演。 

2015  Fourteenth annual Bridgefolk conference  August 20-23, 2015 

活動内容等(Content of Activities) Ecumenical healing and the mystery of the communion of saints
Anabaptist Mennonite Biblical Seminary, Elkhart, IN

Keynote Speakers:Nozomu Yamada and Fr. Alfonso Fausone SVD,
both from Nanzan University in Japan

http://www.bridgefolk.net/conferences/past/bridgefolk-2015/ 

2011  NHK名古屋文化センター講座『キリスト教文明の歴史と文化遺産』  2011/4〜現在に至る 

活動内容等(Content of Activities) NHK名古屋文化センターにおいて、以前、行っていた講座「キリスト教の歴史と文化」の続編として、「キリスト教文明の歴史と文化遺産』とタイトルを改め、2007年〜2009年のヴァチカン教父学研究所での体験や研究成果を新たに盛り込んだ講座を月に1回行っている。 

2006  第6回 東方キリスト教学会シンポジウムのシンポジス  2006年9月1日 

活動内容等(Content of Activities) 標記学会における「東西キリスト教のパラダイム」と題するシンポジウムにおいて、筑波大学教授の桑原直己教授と共にシンポジストとして発表を行った。発表題目は「ペラギウス派におけるパイデイア思想と神学的パラダイム転換」 

2006  メノナイト北海道教育研究センター特別講座 「平和を  2006年10月8日-9日 

活動内容等(Content of Activities) 標記タイトルで、古代世界における異教とキリスト教との接触によりどのような摩擦や相互交流が行われ、それがキリスト教信仰のシンボルとなっている『使徒信条』にどのように結実したかを、2日間の3回に亘る集中講座の形式で講義した。 

2005  講座  2005年4月−2006年3月 

活動内容等(Content of Activities) NHK名古屋文化センターにおける教養講座「キリスト教の歴史と文化」の担当。一般社会人約30名に対して月に一回、標記テーマで講義を行った。 

2005  講演  2005年4月23日 

活動内容等(Content of Activities) 聖書に学ぶ「不条理」への対処法。第1回「人間の尊厳」科目連続講演会として一般社会人を対象に講演を行った。 

2005  講演(ゲストスピーカー)  2005年10月9日−10日 

活動内容等(Content of Activities) 講演(ゲストスピーカー)「黙示録時代の教会と社会−逆境を生き抜いた信徒たち」(北海道メノナイト教会協議会主催アナバプティズム研究セミナー) 

2005  「人間の尊厳」科目開設10周年記念連続講演会  2005年 

活動内容等(Content of Activities) 「人間の尊厳」科目開設10周年記念行事として、学長室と「人間の尊厳」科目委員会による共同開催で連続講演会を催した。 

2002  文化講座  2002/4〜2003/3 

活動内容等(Content of Activities) NHK名古屋文化センターにおける教養講座「キリスト教の歴史と文化」の担当。一般社会人約30名に対して月に一回、標記テーマで講義を行った。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/05/02 更新