研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

24 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  What Is the Evil to Be Overcome? Differences between Augustine’s and Pelagius’ Views on Christ’s Life and Death  単著   
Scrinium: Journal of Patrology and Critical Hagiography  , BRILL  , 11  , pp.160-180  , 2015/11   

概要(Abstract) Significant perspectives on Christ’s life and death, which both Pelagius and the Eastern Fathers held, are Christ’s victory over the Devil, the continuous creation of humanity,and Christ’s redemption of human sin. Imitating Christ’s example by exercising free will is the most important Christian response to Christ’s victory. Synergism between the exercise of free will and Christ’s example as God’s grace are located in God’s mystical Oikonomia. As seen in their for-knowledge theory concerning the story of Esau’s abandonment,Pelagius’ synergism was in no way heretical, but rather completely consistent with the Eastern Fathers. On the other hand, the discontinuity in Augustine’s soteriology between human nature after the Fall and Christ’s redemption as God’s grace is significantly different from the continuity evident in Pelagius’ and the Eastern Fathers’views. Augustine’s logical- philosophical speculation on Esau’s abandonment, which was repeated in non-historical contexts, had to come down to his theories of original sin and predestination. The peculiarity of the historical Jesus Christ in God’s Oikonomia, as well as the unique, special historicity of every human, was almost absorbed into the universality of Augustine’s theories. However, Pelagius as well as Basil and Rufinus thought that in every decision of free will to imitate Christ’s life and death, as seen in the
same person narrative in Pelagius’ Pauline commentary, the grace of God was concretely and livingly expressed in the unique and personal history of believers. 

備考(Remarks) Refereed Paper 

2013  The Influence of Chromatius and Rufinus of Aquileia on Pelagius - as seen in his Key Ascetic Concepts: exemplum Christi, sapientia and imperturbabilitas  単著   
Studia Patristica  , PEETERS  , VOL. LXX  , pp. 661-670  , 2013/8   

概要(Abstract) This study attempts to show that translations by Rufinus of Aquileia and the Sermons of Chromatius of Aquileia both had significant influence on Pelagius' ascetic key concepts: exemplum Christi, sapientia and imperturbabilitaas. The concept of exemplum Christi was central to Pelagius' understanding of the ascetic life, and it is generally accepted that Pelagius took this concept from Origen's Commentary on the Epistle to the Romans, translated by Rufinus of Aquileia. In his use of the concept Pelagius may also have been influenced by Chromatius, bishop of Aquileia, who was a close friend of Rufinus. The evidence for this will be presented later in the course of this article. In their thought concerning sapientia mediated by the Holy Spirit, we find a clear similarity between Pelagius' understanding and ideas found both in the Sentences of Sextus and in the work of St Basil. The Sentences of Sextus and several of Basil's writings were translated into Latin by Rufinus. Pelagius used the word imperturbabilitas itself sparingly; but he repeatedly emphasized similar concepts that expressed the process by which the human condition may be prepared for the Holy Spirit's indwelling. It is clear that this concept does not correspond to apatheia as this was understood by the Stoics, but it is rather the notion of metriopatheia in the Peripatetic school. We can point to marked similarities between Pelagius' understanding of imperturbabilitas and metriopatheia in the scheme of Evagrius Ponticus. Rufinus of Aquileia was very familiar with the writings of Evagrius and translated the latter's Sententiae into Latin. Here again we can point to contact between Pelagius and Rufinus of Aquileia.  

備考(Remarks) Refereed Paper 

2011  世俗化した教会の制度化と権威主義化に抗してーペラギウス派修道倫理の影響力と挫折  単著   
キリスト教史学  , キリスト教史学会  , 第65集  , pp.41-58  , 2011/7   

概要(Abstract) 本稿では、古代末期に至って、それまで新しい意識や価値観をもたらしたはずのキリスト教が、逆に世俗化、制度化、そして権威主義化の過程で新たな排他的組織として整備され機能するようになっていたことを、ペラギウス派の排斥事例を基に指摘した。5世紀初頭のペラギウス派の排斥という出来事の中に、キリスト教がローマにもたらした功罪の両側面が皮肉にもきわめて先鋭化された形で表されていた。 

備考(Remarks) 査読あり 

2011  西方教会の『構造』転換−ペラギウス派の思想史的起源を手がかりに  単著   
宣教学ジャーナル  , 日本宣教学会  , Vol.5  , pp.81-97  , 2011/7   

概要(Abstract) アウグスティヌスによる原罪を生殖や性欲と結びつけ、異教徒の性欲を罪としキリスト教徒のそれは無罪とするとの偏った結婚観がペラギウス派のユリアヌスとの激しい論争を産んだ。ローマ教会は、幼児洗礼の制度化のためにもアウグスティヌスの原罪論を自らのものとして選び取った。ペラギウス派が理解する原罪は、太宰の結果としての肉体の死とアダムの模倣によって伝播する霊的死であり、人間にはそれを選び取る自由も善をなす能力も恩恵として既に与えられていると彼らは考えていた。これは東方神学由来の伝統的な神人協働説の立場で、ペラギウス派はこれを単に繰り返し主張していたにすぎない。アウグスティヌスによる人間本姓の全的腐敗という特異な原罪解釈を、ローマ教会は当時のきわめて特殊な歴史的危機的状況の中で選び取らざるを得なかったのである。 

備考(Remarks) 査読あり 

2010  ペラギウスとアウグスティヌスにおける洗礼・聖霊理解の相違を巡ってー三ッ本論文(『キリスト教史学』第62集所収)の拙著言及への応答としてー  単著   
キリスト教史学  , キリスト教史学会  , 第64集  , pp.172-196  , 2010/7   

概要(Abstract) 2007年度キリスト教史学会に於いてなされた三ッ本武仁氏による発表内容が、2008年度の『キリスト教史学第62集』に掲載された。当該発表ならびに当該論文に於いて三ッ本氏は、拙著『キリストの模範』に言及し、アウグスティヌスとペラギウスの聖霊理解の違いに関して、ペラギウス側の理解については全面的に拙著に依拠する論旨を展開していた。三ッ本氏の論旨にはいくつかの極めて重要な誤りが含まれていたため、本発表に於いてそれらの誤りについて批判的に検証すると共に、ペラギウス派の思想的起源をめぐる最近の研究成果を取り込みながら、アウグスティヌスとペラギウスにおける聖霊理解の相違には、どのような神学思想の流れが背後に存在したのかについて論証した。とりわけ、ペラギウス派の思想的起源として、アクイレイアのルフィーヌスが翻訳したバシレイオスやエヴァグリオスらの見解との類似性が指摘され、わけてもその覚知論がペラギウス派にも、聖霊理解の中心的見解として継承されており、その点が、感情も含めた霊的歓喜に聖霊の働きを観ようとしたアウグスティヌスとは決定的に異なっていたことを指摘した。 

備考(Remarks) 査読あり 

2006  「東西キリスト教のパラダイム−ペラギウス派におけるパイデイア思想と神学的パラダイム転換−」  単著   
『エイコーン−東方キリスト教研究−』  , 新世社  , 第34号  , pp.8-24  , 2006/12   

概要(Abstract) 本稿では、東西キリスト教のパラダイムの違いが何時、どのような出来事を契機に生じたのかについて、古代末期のアウグスティヌスとペラギウス派との論争にその分岐点を見、何がどのように変わったのかを浮き彫りにしようと試みた。その際、とりわけ人間の自然本性に対する捉え方と、堕罪論、原罪論の内容が大きく変化したことを、アウグスティヌスの『シンプリキアヌスへ』という書簡の記述、ならびにペラギウスの『パウロ注解』を手がかりに解明した。 

備考(Remarks) 査読あり 

2001  ローマ帝政末期における教皇権確立の諸要因−異端排斥の権威と西方教会の構造転換  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 74号  , 415-452  , 2002/01   

概要(Abstract) 標記テーマについて,その外的要因と内的要因という二つの側面からアプローチし,さらに世俗化と制度化という二つの特徴に注目しながら解明した。東西両教会の司教座の権威を巡る緊張関係とローマと北アフリカとの秘蹟論を巡る対立関係により,異端排斥の権威が求められたことが外的要因である。さらに,急速なキリスト教化を図る目的で家父長制的父権の強化が進められ,かつ幼児洗礼の義務化といった贖罪の制度化により西方教会が構造的な転換を果たしたことが内的要因である。 

備考(Remarks) 査読なし 

1999  ペラギウス派排斥のメカニズム−神学的言語行為の政治性  単著   
キリスト教史学  , キリスト教史学会  , 53号  , 103-122  , 1999/07   

概要(Abstract) 本稿においては、拙著『キリストの模範』に対して寄せられた批判3点に対して反論するために、ペラギウス派排斥の背後に存在した社会的、政治的利害関係を検証した。ペラギウス派排斥に際しても、グリルマイアーらが提唱した排斥のメカニズムが働いていたこと、ペラギウスの論敵であったヒエロニュムスこそ禁欲的エリート主義者であったこと、異端研究の意義は神学的言語行為の持つ政治的効力の解明にあることを明らかにした。 

備考(Remarks) 査読あり 

1996  ペラギウス神学における神の義の射程  単著   
日本の神学  , 日本基督教学会  , 35号  , 33-50  , 1996/09   

概要(Abstract) 本稿では、ペラギウス神学における東方、西方両伝承からの影響を明らかにし、さらに当時の社会的背景を考察することで、両伝承を統合させたペラギウスの意図を確認した。ペラギウスの神学においては、神の義に関するjと得材料神学における異なる二つの解釈がキリストの模範という表象の下に一つに統合されている。それはまさしく、当時の支配階級の不義を批判し、社会的弱者に対する隣人愛の実践を呼びかけるために他ならなかった。 

備考(Remarks) 査読あり 

1992  ペラギウス像の再検討  単著   
日本の神学  , 日本基督教学会  , 31号  , 71-93  , 1992/09   

概要(Abstract) 西方神学において定着したペラギウス像は、「功績主義」と「禁欲主義」とに分けられる。本論文では、まずペラギウスの恩恵概念を検討し、その神学は、人が自力で救いを勝ち取ろうとする行為義認の立場でもなく、いわゆる功績主義の立場でもなかったことを解明した。また、ペラギウスの倫理的勧告を検討することによって、ペラギウスは厳格な禁欲主義どころか中葉を旨とし、恩恵の助けによる人間の自立を説いていたことを明らかにした。 

備考(Remarks) 査読あり 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]