研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
福嶋 雅夫 ( フクシマ マサオ , FUKUSHIMA MASAO )
所属
Organization
理工学部システム数理学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.st.nanzan-u.ac.jp/info/fuku/
専攻分野
Area of specialization

最適化理論,オペレーションズ・リサーチ

学会活動
Academic societies

日本オペレーションズ・リサーチ学会, システム制御情報学会, Mathematical Optimization Society (MOS), Institute for Operations Research and the Management Sciences (INFORMS), Society for Industrial and Applied Mathematics (SIAM), Pacific Optimization Research Activity Group (POP)各会員
Pacific Journal of OptimizationのEditor-in-Chief,および Computational Optimization and Applications, Journal of Optimization Theory and Applicatoinsなど15の国際学術誌のAssociate Editor

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (251)
著書数 books (10)
学術論文数 articles (241)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
京都大学工学部数理工学科 1972年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
京都大学大学院工学研究科数理工学専攻 修士課程  1974年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 工学博士  Studies on Solution Methods for Nonlinear Programming Problems  京都大学大学院  1979年05月 
修士 工学修士    京都大学大学院  1974年03月 
学士 工学士    京都大学  1972年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  最適化の理論と応用 

概要(Abstract) 数理最適化の理論とアルゴリズム,および実社会における様々な最適化問題について研究する. 

短期研究  最適化および均衡問題に関連する諸問題に対する方法 

概要(Abstract) 最適化問題および変分不等式,相補性問題などの均衡問題に対する基礎理論の研究とそれらの問題に対する効率的なアルゴリズムの開発を行う. 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  モデリング - 広い視野を求めて -  共著   
近代科学社  , B5  , 192p.  , 2015/03/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 7章「均衡問題の数理モデル」執筆,共著者 赤池弘次,伊理正夫,茨木俊秀,腰塚武志,小島政和,森戸晋,逆瀬川浩孝,木村英紀,深谷賢治,鈴木敦夫,藤原祥裕,田村明久,久保幹雄,松井知己. 

2011  新版・数理計画入門  単著   
朝倉書店  , A5  , 203 p.  , 2011/02/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  数理計画法  共著   
コロナ社  , B5  , 181 p.  , 2008/05/23   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 山下信雄 

2001  非線形最適化の基礎  単著   
朝倉書店  , A5  , 249 p.  , 2001/04/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中国語版:「非線性最優化基礎」,林貴華(訳),科学出版社,北京,2011. 

2001  数理計画における並列計算  共著   
朝倉書店  , A5  , 228 p.  , 2001/01/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 山川栄樹 

1996  数理計画入門  単著   
朝倉書店  , A5  , 193 p.  , 1996/09/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1993  最適化の手法  共著   
共立出版  , A5  , 218 p.  , 1993/07/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 茨木俊秀
中国語版:「最優化方法」,曽道智(訳),世界図書出版公司,北京,1997. 

1991  FORTRAN77 最適化プログラミング  共著   
岩波書店  , A5  , 480 p.  , 1991/04/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 茨木俊秀 

1988  コンフリクトの数理  共著   
現代数学社  , A5  , 164 p.  , 1988/10/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 岡田憲夫, キース・W・ハイプル, ニル・M・フレーザー 

1980  非線形最適化の理論  単著   
産業図書  , A5  , 196 p.  , 1980/11/29   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Optimal replacement scheduling method of flood control infrastructure using dynamical model  共著   
Proceedings of the 8th International Conference on Industrial Technology and Management (ICITM 2019), Cambridge, UK  , IEEE  , pp. 275--279  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 I. Takami, F. Yamada, K. Yoshino 

2018  Gauss-Seidel method for multi-leader-follower games  共著   
Journal of Optimization Theory and Applications  , Springer  , 180  , pp. 651--670  , 2019   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 A. Hori 

2018  Optimality conditions for problems over symmetric cones and a simple augmented Lagrangian method  共著   
Mathematics of Operations Research  , INFORMS  , Vol. 43  , pp. 1233–1251  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 B.F. Lourenco, E.H. Fukuda 

2017  Maintenance scheduling of flood control plant under uncertainty based on multi-objective optimization  共著   
Proceedings of the 7th International Conference on Industrial Technology and Management (ICITM 2018), Oxford, UK  , pp. 229-236  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 I. Takami, F. Yamada, S. Inagaki 

2017  Optimality conditions for nonlinear semidefinite programming via squared slack variables  共著   
Mathematical Programming   , Springer  , 168  , pp. 177-200  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 B.F. Lourenco, E.H. Fukuda  

2017  A note on the squared slack variables technique for nonlinear optimization  共著   
Journal of the Operations Research Society of Japan  , 日本オペレーションズ・リサーチ学会  , 60  , pp. 262-270  , 2017   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 Ellen H. Fukuda 

2016  The use of squared slack variables in nonlinear second-order cone programming  共著   
Journal of Optimization Theory and Applications  , Springer  , 170  , 394-418  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者: E.H. Fukuda 

2016  Optimal maintenance management of flood control infrastructure  共著   
Proceedings of the 11th International Conference on Reliability, Maintainability and Safety (ICRMS 2016)  , 8 pages  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:I. Takami, T. Yamada, T. Yamamoto, F. Yamada. T. Mori 

2016  The second-order cone eigenvalue complementarity problem  共著   
Optimization Methods and Software  , Taylor & Francis  , 31  , 24-52  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者: L.M. Fernandes, J.J. Judice, H.D. Sherali 

2015  Multi-leader-follower games: Models, methods and applications  共著   
Journal of the Operations Research Society of Japan  , The Operations Research Society of Japan  , 58  , 1-23  , 2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者 M. Hu 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2011  数理工学事典  辞書・事典  共編著 
朝倉書店  , 597 p.  , 2011/11/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同編集者 太田快人,酒井英昭,高橋豊,田中利幸,永持仁 

2011  朝倉・数学ハンドブック[応用編]  辞書・事典  共著 
朝倉書店  , 2011/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆 

2010  Special Issue dedicated to Professor Liqun Qi on the occasion of his 65th birthday  学術誌特集号  共編著 
Computational Optimization and Applications  , Springer  , 50/2  , 2011/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同編集者 X. Chen 

2010  Special Issue dedicated to Professor Vladimir F. Demyanov on the occasion of his 70th birthday  学術誌特集号  共編著 
Optimization Methods and Software  , Taylor & Francis  , 25/1  , 2010/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同編集者 M. Gaudioso, F. Giannessi, D. Pallaschke 

2009  現代数理科学事典第2版  辞書・事典  共著 
丸善  , 2009/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆 

2007  Special Issue on Optimization and Control Applications  学術誌特集号  共編著 
Optimization and Engineering  , Springer  , 8/3  , 2007/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同編集者 S.Y. Wang 

2007  岩波数学辞典第4版  辞書・事典  共著 
岩波書店  , 2007/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆 

2006  Special Issue for the 6th International Conference on Optimization: Techniques and Applications  学術誌特集号  共編著 
Computational Optimization and Applications  , Springer  , 35/1  , 2006/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同編集者 L. Qi 

2003  Special Issue on the Second Japanese-Sino Optimization Meeting  学術誌特集号  共編著 
Optimization Methods and Software  , Taylor & Francis  , 18/2  , 2003/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同編集者 Y.X. Yuan 

2003  最適設計ハンドブック - 基礎・戦略・応用 -  辞書・事典  共著 
朝倉書店  , 2003/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 分担執筆 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2015  Paul Y. Tseng Memorial Lectureship in Continuous Optimization  Paul Y. Tseng教授の連続最適化分野における多大な貢献を記念し,アジア太平洋地域の連続最適化の研究を推進するために設けられた賞で,連続最適化において顕著な貢献をした個人に授けられる.  2015年07月 
Mathematical Optimization Society 

備考(Remarks)  

2014  日本オペレーションズ・リサーチ学会近藤賞  我が国のオペレーションズ・リサーチの研究,普及,または教育の分野で傑出した業績をあげた個人またはグループに贈られる.  2015年03月 
日本オペレーションズ・リサーチ学会 

備考(Remarks)  

2012  Computational Management Science / 2011 Best Paper Prize  M. Fukushima, "Restricted generalized Nash equilibria and controlled penalty algorithm", Vol.8, No.3, pp.201-218, 2011  2012年10月 
Computational Management Science 誌 

備考(Remarks)  

2010  日本オペレーションズ・リサーチ学会業績賞  ORの研究・教育・実施等に関わる活動に顕著な業績を挙げた個人に対して贈られる.  2010年03月 
日本オペレーションズ・リサーチ学会 

備考(Remarks)  

2009  Highly Cited Researcher, ISI Web of Knowledge  2000 - 2008 における論文被引用数をもとに選出  2009年12月 
Thomson Reuter 

備考(Remarks)  

2009  日本ガス協会論文賞  田中洋一,福島雅夫:数理計画法によるコージェネレーションシステムの最適設計(システム制御情報学会論文誌),短時間での負荷変動を考慮した家庭用燃料電池システムの運用最適化(電気学会論文誌)  2009年06月 
(社)日本ガス協会 

備考(Remarks)  

2006  Computational Management Science / 2005 Best Paper Award  J.-S. Pang and M. Fukushima, Quasi-variational inequalities, generalized Nash equilibria, and multi-leader-follower games, Computational Management Science 2 (2005), pp. 21-56   2006年06月 
Computational Management Science 誌 

備考(Remarks)  

2006  システム制御情報学会論文賞  熊野信太郎,溝口正信,滝根哲哉,福島雅夫, 空港施設運用における効率とセキュリティの最適化, システム制御情報学会論文誌 18 (2005), pp. 146-155.  2006年05月 
システム制御情報学会 

備考(Remarks)  

1993  日本オペレーションズ・リサーチ学会フェロー    1994年04月 
日本オペレーションズ・リサーチ学会 

備考(Remarks)  

1988  日本自動制御協会椹木記念賞論文賞  福島雅夫, 新井直子, 茨木俊秀, 非線形最小費用流問題に対する内点法, システムと制御, 31 (1987), pp. 837-843.   1988年05月 
日本自動制御協会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  科学研究費補助金  変分不等式とそれに関連する諸問題に対する手法 
代表  日本学術振興会  600000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  変分不等式とそれに関連する諸問題に対する手法 
代表  日本学術振興会  900000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  変分不等式とそれに関連する諸問題に対する手法 
代表  日本学術振興会  1000000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  変分不等式とそれに関連する諸問題に対する手法 
代表  日本学術振興会  1000000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  錐最適化問題と錐均衡問題に関する研究 
代表    400000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  相補性とそれに関連する諸問題に対する手法 
代表  日本学術振興会  700,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
詳細表示

2019/03/26 更新