研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

52 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  「日本訛俗字例考―以『香要抄』爲資料」  単独  2016/03/27 
記念蔣禮鴻先生誕辰100周年及び第九回中古漢語国際学術研討会  , 浙江大学漢語史研究センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「日本信瑞『淨土三部経音義集』引『説文』考」  単独  2015/11/01 
第三回許慎文化国際研討会  , 中国文字学会、中国訓詁学研究会、河南省文字学会、漯河市政府共催   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「日本中世“篇立音義”研究」  単独  2015/08/26 
『仏経音義研究―第三回仏経音義研究国際研討会,第9回漢文仏典言語学国際シンポジウムおよび第3回仏教音義国際シンポジウム  , 北海道大学文学研究科、上海師範大学人文与伝播学院  , 徐時儀•梁暁虹•松江崇編『仏経音義研究—第三回仏経音義研究国際研討会論文集』  , 上海辞書出版社  , pp. 62-83   

概要(Abstract) 「篇立音義」とは一種の分類法に属するが、日本の仏経音義が戦国時代までに発展したものであり、かって文字学的観点から研究したことがあるが、本論は全面的に「篇立音義」を研究したものである。
 

備考(Remarks)  

2015  「日本早期異體字研究―以無窮会本『大般若経音義』爲例」  単独  2015/08/22 
中国文字学会第八回学術年会  , 中国人民大学文学院   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「亮阿闍梨兼意『香要抄』与古籍整理研究」  単独  2015/06/21 
博物学写本文化:知識-信仰伝統的生成与構造(Bowu xue and Manuscript Culture:  , 復旦大学歴史学系   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「亮阿闍梨兼意『寶要抄』与古籍整理研究——以仏典為中心」  単独  2015/03/21 
国家重大社会科学基金プロジェクト「日本漢文写本整理と研究」の開題及び第一回漢文古写本研究フォーラム   , 天津師範大学文学院    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「『大般若経字抄』与漢字研究」  単独  2014/11/01 
第八回漢文仏典語言学国際学術研討会   , 南京師範大学文学院   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「関於在日本開設非漢語習得者漢字文化史課程的教学設計与探討」(Designing a Curriculum for the Study of “Kanji Culture” in Japan)  単独  2014/08/16 
The 8th Canadian TCSL Association International Conference  , 加拿大中文教学学会/The Canadian TCSL Association (The Canadian Teaching Chinese as a Second Language Association)   , 加拿大中文教学学報 Canadian TCSL Journal  , http://www.canadiantcslassociation.ca/journal_2014.html   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「藤原公任『大般若経字抄』在日本仏経音義史上的地位」  単独  2014/07/12 
東亞文献与中国俗文化国際学術研討会  , 四川大学俗文化研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本中世「篇立音義」与漢字研究  単独  2013/08/25 
第七回漢文佛典語言学国際学術研討会  , 貴州師範大学文学院   

概要(Abstract) 「篇立音義」とは、日本の仏経音義が戦国時代までに発展した分類法の一つであり、本稿では、主に三部の「篇立音義」の部首と編目を例にとり、漢字および漢字辞書の研究の角度から「篇立音義」が日本の中世漢字研究における価値似ついて考察したもの。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [NEXT>>]