研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

48 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  「亮阿闍梨兼意『香要抄』与古籍整理研究」  単独  2015/06/21 
博物学写本文化:知識-信仰伝統的生成与構造(Bowu xue and Manuscript Culture:  , 復旦大学歴史学系   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「亮阿闍梨兼意『寶要抄』与古籍整理研究——以仏典為中心」  単独  2015/03/21 
国家重大社会科学基金プロジェクト「日本漢文写本整理と研究」の開題及び第一回漢文古写本研究フォーラム   , 天津師範大学文学院    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「『大般若経字抄』与漢字研究」  単独  2014/11/01 
第八回漢文仏典語言学国際学術研討会   , 南京師範大学文学院   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「関於在日本開設非漢語習得者漢字文化史課程的教学設計与探討」(Designing a Curriculum for the Study of “Kanji Culture” in Japan)  単独  2014/08/16 
The 8th Canadian TCSL Association International Conference  , 加拿大中文教学学会/The Canadian TCSL Association (The Canadian Teaching Chinese as a Second Language Association)   , 加拿大中文教学学報 Canadian TCSL Journal  , http://www.canadiantcslassociation.ca/journal_2014.html   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「藤原公任『大般若経字抄』在日本仏経音義史上的地位」  単独  2014/07/12 
東亞文献与中国俗文化国際学術研討会  , 四川大学俗文化研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  日本中世「篇立音義」与漢字研究  単独  2013/08/25 
第七回漢文佛典語言学国際学術研討会  , 貴州師範大学文学院   

概要(Abstract) 「篇立音義」とは、日本の仏経音義が戦国時代までに発展した分類法の一つであり、本稿では、主に三部の「篇立音義」の部首と編目を例にとり、漢字および漢字辞書の研究の角度から「篇立音義」が日本の中世漢字研究における価値似ついて考察したもの。 

備考(Remarks)  

2013  日本“篇立音義”与漢字研究──以『浄土三部経音義』為中心  共同  2013/05/18 
経典与訓詁──第十一回中国訓詁学国際学術研討会  , 台湾台南嘉南薬理科技大学•中国訓詁学会  , アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 95号  , pp. 15-39   

概要(Abstract) 本文は、戦国時代の浄土宗僧珠光編著『浄土三部経音義』にみられる漢字資料を用い、文字学的観点から研究したもの。『浄土三部経音義』は、所謂「篇立音義」と呼ばれるジャンルに属し、これは日本の仏経音義が戦国時代までに発展した分類法の一つである。そこにみられる音義の「篇目」、正文、乃至「附録」(両音異訓等)を漢字部首の配列、字形(古字、今字、俗体異形、近似形字)等の角度から考察したもの。 

備考(Remarks) 梁暁虹 陳五雲 

2012  『法華経釈文』與漢字訓詁研究—以仲算“今案”為中心(A Study of the Characters and Philological Issues in the Interpretations of the Hokekyō with a Focus on “Ima anzuru ni 今案ズルニ (What I now think is as follows)” by Chūzan. )  共同  2012/12/18 
MOVING FORWARD - International Symposium on Chinese Linguistics and Philology  , The Department of Chinese Language and Literature,The Chinese University of Hong Kong   

概要(Abstract) 梁暁虹 陳五雲 

備考(Remarks)  

2012  從両種海外古写本『華厳経』資料考察則天文字在海外之流傳  単独  2012/10/16 
佛教文献研究及び第六屆佛経語言学国際学術研討会  , 韓国交通大学東亜研究所.韓国海印寺僧伽大学   

概要(Abstract) 本文は、韓国及び日本の資料(特に新訳『華厳経』と関連ある資料)を中心にして、斯学に於ける則天文字の研究成果を取り入れての研究の鏑矢である。伝播していった経路から見て、字形の構造、文化的背景等の方面から、則天文字がどのように展開していったか、また字形の同異に関しての分析を試みた。漢字が海外へと伝播し、発展して行ったかの側面をも考察の対象にした。 

備考(Remarks)  

2011  『新訳華厳経音義私記』與唐代俗字研究  単独  2011/06/11 
IACL—19(the 19th Annual Conference of the International Association of Chinese Linguistics  , 中国南開大学   

概要(Abstract) 学会にて《新訳華厳経音義私記》と唐代に於ける俗字との相違について発表した論文である。該書著者の俗字についての理解認識が海外(即日本)にて如何に発展して行ったかという側面を追求してみたものである。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]