研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

9 件中 1 - 9 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  企画の趣旨  単著   
比較法研究  , 有斐閣  , 78号  , pp.106-110  , 2016   

概要(Abstract) 比較法学会ミニシンポジウムでの報告の概要を述べたもの。 

備考(Remarks)  

2016  イギリス憲法改革と地域的権限移譲-スコットランド  単著   
比較法研究  , 有斐閣  , 78  , pp.111-116  , 2016   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Symposium: Constitutional Amendment and the Right of Collective Self-Defense: What is the Impact on japan-United States Relations?  未設定   
Nanzan Review of American Studies  , 南山大学  , 37巻  , pp93-100  , 2015    

概要(Abstract) 南山大学アメリカ研究センター主催で行われた憲法改正と集団的自衛権をめぐるシンポジウムで行ったコメントを文章化したもの。 

備考(Remarks)  

2015  The Protection of Human Rights and the Role of Constitutional Judicial Review in Japan  未設定   
King's Law Journal  , King's College London  , 26巻2号  , pp252-265  , 2015   

概要(Abstract) ロンドン大学で開催された日英比較憲法セミナーでの報告をもとに作成された。イギリスの1998年人権法をめぐる問題状況を意識しながら日本の最高裁判所判例およびその位置づけを論じたもの。 

備考(Remarks)  

2014  「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の再改定と「憲法の規範的規制力」  未設定   
法学セミナー  , 日本評論社  , 2015年1月号  , 20-24頁  , 2015年1月   

概要(Abstract) 2014年7月1日の閣議決定により、憲法9条をめぐる状況は大きく変化した。このことにつき、「日米同盟の深化」という観点から検討を行ったもの。 

備考(Remarks)  

2013  イギリス憲法における「憲法上の変更」とそのプロセス  単著   
法律時報  , 日本評論社  , 85巻5号  , pp.86-90  , 2013/05   

概要(Abstract) イギリスにおける「憲法上の変更」につき、ブレア政権、ブラウン政権につづいて連立政権下における状況と、「憲法上の変更」のプロセスに着目する動向について論じたもの。 

備考(Remarks)  

2011  2001年反テロ法をめぐる「司法的プロセス」と「政治的プロセス」  未設定   
愛知学院大学国際研究センター  , 愛知学院大学  , 8号  , 31-61  , 2011/10/01   

概要(Abstract) イギリスにおける「9・11」への対応である2001年反テロ法をとりあげて、それをめぐる「司法的プロセス」と「政治的プロセス」の相互関係を検討したもの。 

備考(Remarks)  

2009  イギリスにおける新権利章典問題と『民主制、法の支配および裁判官の役  単著   
南山法学  , 南山法学会  , 33巻3・4号合併号  , 25−50頁  , 2010/03   

概要(Abstract) イギリスにおいて長年にわたって議論されてきた新権利章典制定化の問題は1998年人権法の成立で一応の決着をみたが、近時再び権利章典問題が生じていることに注目して、その背景にある憲法問題を整理しようとしたもの。 

備考(Remarks)  

2009  一九九八年人権法制定後における新たな権利章典制定化論  単著   
法律時報  , 日本評論社  , 2009年7月号  , 57-62  , 2009/07   

概要(Abstract) イギリスにおける権利章典制定論議を経て制定された1998年人権法は権利章典であるにもかかわらず、再び、さらに新たな権利章典論議が起きているのは何故かについて検討したもの。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]