研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
青山 幹雄 ( アオヤマ ミキオ , AOYAMA Mikio )
所属
Organization
理工学部ソフトウェア工学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.nise.org
専攻分野
Area of specialization

ソフトウェア工学

学会活動
Academic societies

情報処理学会 会員(1980年〜現在),理事(2005年5月〜2007年5月)
情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (幹事:1993年4月〜1997年3月,主査:2001年4月〜2005年3月)
情報処理学会 学会誌編集委員会 エディタ (1996年4月〜2004年3月)
電子情報通信学会 会員(1980年〜現在)
日本ソフトウェア科学会 会員(1984年〜現在)
IEEE Computer Society (米国) 会員(1987年〜現在)
IEEE Computer Society (米国) Member of Editorial Board (1991-1994年)
Asia-Pacific Software Engineering Conference Steering Committee Chair (2003年〜2007年)

社会活動
Community services

科学技術振興事業団「さきがけ研究21(PRESTO)」「機能と構成」領域 アドバイザー
情報サービス産業協会 Webサービス調査委員会委員長(2002年度,2003年度),新市場調査委員会 委員長(2005年度), 要求工学調査委員会委員長(2006年度-2007年度)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (102)
著書数 books (18)
学術論文数 articles (84)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
岡山大学工学部電子工学科 1978年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
岡山大学大学院工学研究科電子工学専攻 修士課程  1980年03月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 工学博士  Design Methodology for Dynamic Software Architecture Based on Service Computing  東京工業大学大学院  2013年01月31日 
修士 工学修士    岡山大学大学院  1980年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  ソフトウェア工学 

概要(Abstract) 要求工学.サービス指向アーキテクチャ(SOA),クラウドコンピューティングなどのアーキテクチャ技術.組込みソフトウェア,特に,自動車組込みソフトウェアの開発方法論.ソフトウェア進化論.ソーシャルサービス工学. 

短期研究  ソフトウェアサービス工学 

概要(Abstract) 要求工学.サービス指向アーキテクチャ(SOA),クラウドコンピューティングなどのアーキテクチャ技術.組込みソフトウェア,特に,自動車組込みソフトウェアの開発方法論.ソフトウェア進化論.ソーシャルサービス工学. 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2018  プロジェクトマネジメントの展望  共著  ISBN 978-4-902378-62-7 
プロジェクトマネジメント学会  , A5  , 158  , 2018/11/13   

概要(Abstract) [プロジェクトマネジメントの展望]の第3章「データによるプロジェクト管理の勧め: 事実と視覚化に基づく管理をしよう」(pp. 49-66)を執筆. 

備考(Remarks)  

2015  REBOKに基づく要求分析実践ガイド  監修書  ISBN-13=978-4764904927 
近代科学社  , A5  , 148  , 2015/9/2   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Requirements Engineering in the Big Data Era  共編著  ISBN-13=978-3662486337 
Springer  , A5  , 185  , 2015/10/9   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  Component-Based Software Engineering  共著   
Addison Wesley  , その他  , 818 pp.  , 2001/06   

概要(Abstract) ソフトウェアコンポーネントによる開発技術の現状を体系化し,まとめたもの。 

備考(Remarks)  

2013  要求工学実践ガイド  共著   
近代科学社  , A5  , 231  , 2013/03/31   

概要(Abstract) 国内で実践されている要求工学の方法論を整理,体系化したもの. 

備考(Remarks)  

2011  要求工学知識体系  共編著  978-4764904040 
近代科学社  , A5  , 214  , 2011/06/30   

概要(Abstract) 要求工学の知識を整理し,体系化した. 

備考(Remarks)  

2010  Intentional Perspectives on Information Systems Engineering  共著   
Springer  , B5  , 450  , 2010/06   

概要(Abstract) 要求工学において,ステークホルダの意図を分析する技術に関する書籍の中で,A Method for Capturing and Reconciling Stakeholder Intentions Based on the Formal Concept Analysisの章を分担執筆.ステークホルダの目標を形式概念分析(FCA: Formal Concept Analysis)の技術を用いて,構造化する技術を提案し,評価した結果を紹介. 

備考(Remarks) ISBN=978-3-642-12543-0 

2000  航空とIT技術  共著   
共立出版  , その他  , 181 pp.  , 2001/03   

概要(Abstract) 航空機の飛行制御,機内システム,航空管制システム,航空予約システムなど,航空におけるソフトウェア技術を整理体系化して紹介する. 

備考(Remarks)  

1999  ソフトウェアパターン  共著   
共立出版  , B5  , 281 pp.  , 1999/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1998  コンポーネントウェア  共著   
共立出版  , A5  , 290 pp.  , 1998/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  学習モデルグラフ上での仮説検証に基づく機械学習モデル生成方法の提案と自動車センサデータへの適用評価  共著   
情報処理学会研究報告(第201回ソフトウェア工学研究会)  , 情報処理学会  , 2019-SE-201/12  , 1-8  , 2019/3   

概要(Abstract) 機械学習を用いたシステム開発の必要性が高まっている.要求認識精度を達成する機械学習モデル生成にはフィーチャ(特徴量)設計の利用が提案されている.しかし,学習へのフィーチャの影響分析は未確立である.本稿では学習モデルグラフ上での仮説検証に基づく機械学習モデル生成方法を提案する.プロパティグラフモデルによって学習過程を学習モデルグラフとしてモデル化する.学習過程における重みパラメータの変化率の分析によってプロパティグラフ上で学習に影響を与えるフィーチャノードを特定し入力フィーチャを制御することで機械学習モデルを生成する.プロトタイプを実装し自動車センサデータに適用することにより提案方法の有効性と妥当性を評価する. 

備考(Remarks)  

2018  深層学習のフィーチャに基づく学習モデル設計方法の提案と評価  未設定   
情報処理学会研究報告(第201回ソフトウェア工学研究会)  , 情報処理学会  , 2019-SE-201/13  , 1-8  , 2019/3   

概要(Abstract) 深層学習において要求する認識精度を達成する学習モデルを安定して生成するためには学習過程が分析可能な開発方法が必要である.しかし、データが学習に与える影響の分析が困難なため発見的な開発になっている.本稿では深層学習のフィーチャ(特徴量)に基づく学習モデル設計方法を提案する.学習過程における予測誤差とフィーチャの関係を分析することで段階的な開発を行う.訓練とテストの仮説検証型の二重反復開発プロセスによるそれぞれの誤差曲線の特性を活かした分析により、各反復での追加データを制御することで深層学習モデルを生成する.プロトタイプを実装し実データに適用することで提案方法の有効性と妥当性を評価する. 

備考(Remarks)  

2018  A LX (Learner eXperience)-Based Evaluation Method of the Education and Training Programs for Professional Software Engineers  共著   
Proc. of ICIET 2019  , ACM  , 1-9  , 2019/3   

概要(Abstract) We propose a new design methodology to maximize the training effect in a corporate education and training for professional software engineers. Conventionally, the education and training programs have been designed in a top-down manner based on the long-term strategy on the business and engineering resources development. However, to draw out the learners’ high performance from the education and training programs, we need to have an empathy with the learners, and to analyze their expectations and emotions in order to motivate them. Therefore, this paper proposes the learner-centered design methodology of the corporate education and training programs inspired by the design thinking and lean start-up concepts. We define the learning processes in the education and training programs as LX (Learner eXperience), and propose LJM (Learning Journey Map) as the LX evaluation method as an extension of CJM (Customer Journey Map) in UX (User eXperience) design. The LJM enables to evaluate training effect and communicate with stakeholders in the training design expressing the LX quantitatively in a visual form. We applied the proposed design methodology to the education and training programs for professional software engineers in a company to evaluate LX and elicit learner requirements to the programs. We applied the proposed LJM to the education and training program of two levels of the whole program and its LUs (Learning Units), and identified problems in the LX. From the empirical study, we confirm the effectiveness of the proposed methodology. 

備考(Remarks)  

2018  プロジェクト管理データの相互運用性を実現するPROMCODE仕様のOASISにおける国際標準化の経験  単著   
デジタルプラクティス  , 情報処理学会  , 10/1  , 2019/1   

概要(Abstract) PROMCODE(PROject Management for COntracted DElivery)コンソーシアムは国内の主要システムインテグレータである,日本アイ・ビー・エム(株),富士通(株),日本電気(株),(株)NTTデータ,(株)日立製作所,(株)野村総合研究所と南山大学が設立し,複数組織間で情報システム開発プロジェクトの管理データの相互運用性を実現する標準インタフェースを開発し,仕様を公開している.この仕様の国際標準化を進めるために,国際標準化団体であるOASIS でTC を設立し,2019 年上期には国際標準となる見込みである. 本稿は,PROMCODEコンソーシアムの設立からOASISにおける国際標準化の実践で遭遇した技術面,管理面の課題とその解決の経験をコンソーシアムならびにTCの発起人とChairの立場から紹介する.さらに,国際標準化を実践する上での示唆を述べる. 

備考(Remarks)  

2018  機械学習(CNN)を用いた語彙分類によるWebAPI仕様書のモデル化方法の考察  共著   
ウィンターワークショップ2019・イン・福島飯坂論文集  , 情報処理学会  , 23-24  , 2019/1   

概要(Abstract) 本稿は,Web API仕様文書内に自然言語で記述された説明文章をCNN で分類し,仕様記述モデルを生成する方法を提案する.提案方法のプロトタイプを実装して実際のWeb API仕様文書に適用し,提案方法の妥当性を示す. 

備考(Remarks)  

2018  Webソフトウェア工学の新時代  単著   
ウィンターワークショップ2019・イン・福島飯坂論文集  , 情報処理学会  , 25-26  , 2019/1   

概要(Abstract) 本稿では,Webソフトウェア工学確立に向けて,Webソフトウェアの特性とそれがもたらす新たな課題について議論する.この議論に基づき,Webソフトウェア工学確立のために解決すべき課題について議論する. 

備考(Remarks)  

2018  A Multiple Product Line DevelopmentMethod Based on Variability Structure Analysis  共著  DOI=http://dx.doi.org/10.1145/3233027.3233048 
Proc. of 22nd Int’l Systemsand Software Product Line Conf. (SPLC 2018)  , ACM  , 160-169  , 2018/9   

概要(Abstract) This article proposes a multiple product line development method based on variability structure analysis. In product line development, the problem area is divided into the domain engineering and application engineering for delivering diverse products. Now, the development of automotive software requires to meet both agility and extreme diversity, which is a big challenge. We developed a structural analysis method of variability for multiple product lines using an extended model of OVM (Orthogonal Variability Model). Together with the variability analysis method, we propose an agile application development method to refine development items according to variability dependency based on the analysis, and develop them incrementally. We applied the proposed method to the development of the multiple product lines of automotive software systems, and demonstrated to reduce the volatility of the test efforts and usage of the test environment, and higher velocity and better manageability of the value stream. 

備考(Remarks)  

2018  深層学習(RNN/LSTM)を用いた2段階発話意図分析方法の提案とソフトウェア開発会議への適用評価  共著   
SES(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム) 2018論文集  , 情報処理学会  , 64-73  , 2018/9   

概要(Abstract) ソフトウェア開発会議の発話データ分析を用いてその意図を特定する方法が提案されている.しかし,個別の発話からその意図を正確に分析することは困難である.これに対して機械学習を用いて発話意図を特定する方法が提案されているが,発話毎に分析しているため,その意図が適切に分析できない場合がある.この問題を解決するために,本稿では,機械学習を用いて一連の発話データの文脈を考慮した2段階発話意図分析を提案する.LSTMを用いた再帰型ニューラルネットワーク(RNN)により1段階目で発話データのクラス分類行い,さらに,2段階目で分類された発話データの文脈から意味を推定する方法である.提案方法を実際のソフトウェア開発者会議での発話データに適用し,文脈を考慮しない分析に比べ意図分析の精度の改善を確認した. 

備考(Remarks)  

2018  エンタープライズシステムへのRFP/SRSインスペクション方法の適用と評価  共著   
SES(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム) 2018論文集  , 情報処理学会  , 130-138  , 2018/9   

概要(Abstract) 今日,大規模なエンタープライズシステム開発の多くは複数企業が分担して遂行されている.このような形態では,要求定義工程と設計以降の工程で異なる企業が担当することが多いため,要求仕様書(SRS)により適切に仕様が引き継がれる必要がある.また,要求定義に先立って,発注者が提案依頼書(RFP)の形式で開発企業にその要求を提示することも増えており,RFPでの認識の齟齬が要求定義,設計以降の工程でのトラブル要因の一つになっている.本研究ではSRSとRFPを対象として,要求を受領する開発企業の視点で要求インスペクションを実践し,その有効性を評価した. 

備考(Remarks)  

2018  アジャイルプロダクトライン開発におけるポートフォリオ駆動開発モデルと管理方法の提案と適用評価  共著   
SES(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム) 2018論文集  , 情報処理学会  , 157-165   , 2018/9   

概要(Abstract) 近年のソフトウェアシステムの開発では,製品のグローバル化や市場要求の高度化,複雑化により,多様性と俊敏性への実現が競争の鍵となっている.本稿では製品の俊敏な進化と多様性の実現を包括的に解決するために,APLE(Agile Product Line Engineering)の開発全体を包括した管理可能な開発モデルと管理方法を提案する.APLE上で複数のプロダクトラインの開発全体を包括管理するためには,組織が保有する開発資源のポートフォリオ管理の確立が課題である.本提案では,APLEに対する3階層のポートフォリオ駆動開発モデルを提案し,マネジメントライフサイクルに基づく管理方法を提案する.APLEの開発モデルと管理方法を提供することで,各分野への適用を可能とし,APLEを運用する組織に対して包括的に管理可能な開発活動の推進に貢献することを期待する. 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  DX(デジタルトランスフォーメーション)を始動し,「2025年の崖」を越える  寄稿  単著 
JISAQuarterly  , (一社)情報サービス産業協会  , 132  , 65-68  , 2019/01   

概要(Abstract) デジタルトランスフォーメーションの現状についての解説. 

備考(Remarks)  

2018  デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か,我々はどう対応すべきか?  寄稿  単著 
JISA Quarterly  , (一社)情報サービス産業協会  , 129  , 73-78  , 2018/04   

概要(Abstract) デジタルトランスフォーメーション(DX)とその技術動向の解説. 

備考(Remarks)  

2017  ソフトウェア工学の過去, 現在, 未来  対談  その他 
情報処理  , 情報処理学会  , 58/8  , pp. 672-679  , 2017/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  デジタルビジネス時代を拓くデジタルビジネス要求工学  寄稿  単著 
JISA Quarterly  , 一般社団法人 情報サービス産業協会  , 126  , pp. 88-93  , 2017/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  情報技術を活用した新事業創出のデジタルビジネスモデルデザイン方法とIoTビジネス開発への適用  寄稿  共著 
JISA Quarterly  , 一般社団法人 情報サービス産業協会  , 119  , 169-185  , 2015//11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  上流からの要求マネジメント  白書  単著 
情報サービス産業白書2011-2012  , 一般社団法人情報サービス産業協会/日経BP社  , 2011/10/11   

概要(Abstract) 情報サービスの技術動向の中で要求マジメントについて解説した. 

備考(Remarks)  

2010  FOAFに基づくSNSのソーシャルグラフの統一モデル化方法の提案  国内会議発表  共著 
第73回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 3/2X-2  , 355-356  , 2011/03   

概要(Abstract) 複数のソーシャルネットワークサービスに共通なソーシャルグラフモデルを提案し,Facebook, Twitter, Mixiなどでその有効性を評価. 

備考(Remarks) 学生奨励賞受賞 

2010  ペルソナ法に基づくユーザモデリングの方法  国内会議発表  共著 
第73回全国大会講演論文集  , 情報処理学会  , 1/1L-5  , 423-424  , 2011/03   

概要(Abstract) 情報システムの要求獲得を行うために,ステークホルダからペルソナと特定する方法を提案し,携帯電話ソフトウェアの機能要求を例として,その有効性を評価した. 

備考(Remarks) 学生奨励賞受賞 

2010  OSGiを用いた自動車ネットワークサービスの連携アーキテクチャの提案と評価  国内会議発表  共著 
第73回全国大会講演論文集  , 情報処理学会  , 3/5U-7  , 111-112  , 2011/03   

概要(Abstract) サービス指向のゲートウェイ標準であるOSGiを用いて,自動車内ソフトウェアと外部のテレマティクスサービスを連携するゲートウェイソフトウェアのアーキテクチャを提案し,オープンソースのOSGiを用いてプロトタイプを開発し,性能などを評価した. 

備考(Remarks)  

2010  モデルベース開発におけるプロダクトライン可変性モデルの提案  国内会議発表  共著 
第73回全国大会講演論文集  , 情報処理学会  , 1/4L-6  , 451-452  , 2011/03   

概要(Abstract) フィードバック制御をおこなうソフトウェアのモデルに基づく(モデルベース)開発におけるソフトウェアのプロダクトライン化の方法を提案し,MATLAB/SIMULINKによる例題を用いて,その有効性を評価した. 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2018  ソフトウェア工学研究会功績賞  国際会議Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC)の創設  2018年12月04日 
情報処理学会ソフトリー研究会 

備考(Remarks)  

2018  Software Product Line Hall of Fame   Agile Tames ProductLine Variability: An Agile Development Method for Multiple Product Linesof Automotive Software Systems  2018年09月14日 
International Systemsand Software Product Line Conference 

備考(Remarks)  

2018  IWIN2018 Best Industrial Award  Study of Risk Management Method using Quantitative Process Management  2018年09月12日 
Informatics Society 

備考(Remarks)  

2018  情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2018 最優秀論文賞  アジャイルプロダクトライン開発におけるポートフォリオ駆動開発モデルと管理方法の提案と適用評価  2018年09月07日 
情報処理学会 

備考(Remarks)  

2016  情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016 企業賞  マルチプロダクトライン開発のための反復型プロセスモデルと管理方法の提案と適用評価  2016年09月02日 
情報処理学会 

備考(Remarks)  

2011  Best Paper Award  A Design Methodology for Real-Time Distributed Software Architecture Based on the Behavioral Properties and Its Application to Advanced Automotive Software  2011年12月07日 
The 18th Asia-Pacifc Software Engineering Conference (APSEC 2011) 

備考(Remarks)  

2009  情報サービス産業協会 協会賞  SPES(Software Proess Engineering Symposium)  2009年05月28日 
(社)情報サービス産業協会 

備考(Remarks) グループ表彰の代表 

2005  情報処理学会 組込みソフトウェアシンポジウム2005 研究論文 優秀論文賞  大衆向け組込みソフトウェア製品のユーザ指向要求工学方法論: 花子メソッドと携帯電話を対象とするフィールド調査による評価  2005年10月19日 
情報処理学会 

備考(Remarks)  

1995  ソフトウェアシンポジウム1995 最優秀論文賞  Life with Process: プロセス支援環境PRIMEの実践から  1995年06月16日 
ソフトウェア技術者協会 

備考(Remarks)  

1993  情報処理学会研究賞  ソフトウェア開発のコストダウンモデルとその適用  1994年03月01日 
情報処理学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  機械学習によるグラフモデルOSS開発コミュニティ構造の特徴量分析方法の提案と評価  共同  2019/03/16 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 281-282   

概要(Abstract) OSS(Open Source Software)開発コミュニティの時間変化を伴う動的な構造分析は確立されていない.本稿では,グラフモデルを用いてOSS開発コミュニティ構造の動的構造変化を進化モデルとして定義し,OSS開発コミュニティの特性の発見,分析を目的としている.
 OSS開発コミュニティの大規模な開発データをグラフ上で表現し,オブジェクト集合の特徴を学習するgraph2vecなどの機械学習手法を用いることで得られる特徴量から,OSS開発コミュニティ進化構造を分析する方法を提案する.さらに提案方法をChainer, Caffeなどの実際の複数のOSSへと適用し,その有効性と妥当性を示す. 

備考(Remarks) 学生奨励賞受賞 

2018  深層学習モデルにおける学習プロセスの可視化方法の提案と評価  共同  2019/03/16 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 2  , 301-302   

概要(Abstract) 深層学習には,モデルが入力からどのようなプロセスを経て出力を導出したかが不透明であるというブラックボックス問題がある.さらに,深層学習モデルの構築は機械学習の専門家の知識や経験に依存し,時間が割かれている.
 本研究では,深層学習モデルの学習プロセスの可視化方法を提案する.学習時における一連のモデルのスナップショットを取得し,モデルの持つ重みやバイアスを可視化する.学習率や重みの初期値等のハイパーパラメータが異なる複数のモデルを作成し,それを可視化,比較することで,モデル毎の学習プロセスの差異を明らかにする.例題として,畳み込みニューラルネットワークのモデルに適用し,提案方法の有効性を示す. 

備考(Remarks)  

2018  学習モデルグラフ上での仮説検証に基づく機械学習モデル生成方法の提案と評価  共同  2019/03/16 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会講演論文集,  , 情報処理学会  , 2  , 305-306   

概要(Abstract) 機械学習を用いたソフトウェア開発の必要性が高まっている.要求する認識精度を達成する学習モデル生成のためにフィーチャ(特徴量)設計の仮説検証を繰り返す必要がある.しかし,仮説の変更が学習に与える影響を分析できていない.
本稿ではプロパティグラフ上での仮説検証に基づく機械学習モデル生成方法を提案する.学習過程をプロパティグラフモデルによってモデル化する.学習過程におけるパラメータの変化率の分析によってプロパティグラフ上で学習に影響を与えるフィーチャノードを特定し入力フィーチャを制御することで機械学習モデルを生成する.プロトタイプを実装し実データに適用することにより提案方法の有効性と妥当性を評価する.
該当分野:401.知能システム(ICS)  

備考(Remarks) 学生奨励賞受賞 

2018  深層学習のフィーチャに基づく学習モデル設計方法の提案と評価  共同  2019/03/16 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 2  , 307-308   

概要(Abstract) 深層学習において要求する認識精度を達成する学習モデルを安定して生成するためには学習過程が分析可能な開発方法が必要である.しかし、データが学習に与える影響の分析が困難なため発見的な開発になっている.本稿では深層学習のフィーチャ(特徴量)に基づく学習モデル設計方法を提案する.学習過程における学習曲線とフィーチャの関係を分析することで段階的な開発を行う.訓練とテストの仮説検証型の二重反復開発プロセスによるそれぞれの学習曲線の特性を活かした分析により、各反復での追加データを制御することで深層学習モデルを生成する.プロトタイプを実装し実データに適用することで提案方法の有効性と妥当性を評価する. 

備考(Remarks)  

2018  ユーザレビューから利用時の品質問題の抽出方法の提案と評価  共同  2019/03/16 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 293-294   

概要(Abstract) 開発者に送信されたユーザレビューのクラスタリングによって不具合報告を抽出することで,開発者が分析にかけるコストを軽減させる方法が提案されている.しかし,文章が複数の問題に言及する場合があり,特定の問題分析の際,分析対象でない属性を持つ文章も分析対象となってしまう.
本稿ではユーザレビューから利用時品質の問題を抽出する方法を提案する.ユーザレビューのコンテキストを分析するために,アプリケーションの利用時品質に言及している文章に属性を付与する.属性に基づいてユーザレビューから利用時品質問題を抽出する.本提案方法をTwitterのユーザレビューに適用し,利用時品質問題を抽出することで有効性を評価する. 

備考(Remarks)  

2018  モジュラーペルソナの設計方法の提案と評価  共同  2019/03/15 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 243-244   

概要(Abstract) 要求獲得におけるユーザモデリングの方法としてペルソナ法が適用されている.しかし,変化する要求を獲得するために,ペルソナの進化が必要である.そこで,ペルソナの進化を可能とするモジュラーペルソナの概念が提案されている.しかし,モジュラーペルソナのモジュール化方法は未確立である.
 本稿ではペルソナの属性を,コンテキストに着目しモジュール化することで,モジュラーペルソナを設計する方法を提案する.さらに,モジュール化した属性を不変部と変化部に分割し,モジュラーペルソナの進化方法を提案する.提案方法をメッセージアプリユーザのペルソナの進化に適用し,アンケート調査によるペルソナ評価により,その有効性を示す. 

備考(Remarks) 学生奨励賞受賞 

2018  ライトウェイトオントロジーのゴール指向設計方法の提案と農業分野における知識獲得への適用と評価  共同  2019/03/15 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会講演論文  , 情報処理学会  , 1  , 251-252   

概要(Abstract) システム開発における知識体系化方法の一つとしてオントロジーが利用されている.従来のオントロジー構築方法ではオントロジーの記述範囲において明確な基準が存在しない.そのためオントロジー内に不要な記述の存在,不必要な情報を収集してしまうなどの問題がある.
 本研究では,ゴールに基づくライトウェイトオントロジー構築方法を提案する.ゴール分析を使用することでオントロジーの記述範囲やオントロジーに記述されるべき情報をあらかじめ定義することが可能となる.提案方法を農業分野の知識獲得に適用し有用性を評価する. 

備考(Remarks)  

2018  ステークホルダグラフモデルに基づくデータ駆動要求獲得方法の提案と評価  共同  2019/03/15 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 255-256   

概要(Abstract) 近年,ステークホルダ分析の重要性が高まっている.ステークホルダの発話データから主語,述語,目的語をトリプルとして抽出し,ステークホルダマトリクスを用いたステークホルダ分析方法が提案されている.しかし,要求獲得方法は提案されていない.本稿では,プロパティグラフモデルで表現した発話構造に対してグラフ理論に基づき,要求を獲得する方法を提案する.発話構造の目的語集合周辺の局所的グラフ構造に着目し,目的語と発話者間の発話意図を分析する.特定の発話意図を持つエッジとそのエッジがリンクする目的語に基づき,要求を生成する方法を提案する.提案方法を実際の発話データに適用し,有効性を評価する. 

備考(Remarks)  

2018  ソフトウェア要求仕様書の品質負債分析方法の提案と適用評価  共同  2019/03/14 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会 講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 139-140   

概要(Abstract) ソフトウェア要求仕様書(SRS:Software Requirement specification)が適切に作成されないために,後工程でコスト超過などの問題が発生している.
本稿では,この問題をSRSの品質負債として定義し,その定量的分析方法を提案する.提案方法を実際の組込みソフトウェアのSRSに適用し,提案方法の妥当性と有効性を示す. 

備考(Remarks)  

2018  二重エッジアーキテクチャ設計方法の提案とMQTT-Bridgeを用いたプロトタイプによる評価  共同  2019/03/14 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会第81回全国大会講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 215-216   

概要(Abstract) コネクテッドカーの普及により,大量のデータをクラウドやエッジで収集する必要がある.しかし,従来のエッジアーキテクチャでは自動車からの収集データ量の増大による負荷増大に対応できない.本稿では複数のブローカにメッセージ配信を分散して負荷を軽減する二重エッジアーキテクチャを提案する.二重エッジアーキテクチャのブローカ間でブリッジによりメッセージを共有することで,ブローカをスケールアウトする設計方法を提案する.提案アーキテクチャのプロトタイプを実装し,メッセージ送受信の遅延時間とスケーラビリティを評価することで設計方法の有用性を示す. 

備考(Remarks) 学生奨励賞受賞 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2015  受託研究  コネクティドカー、自動運転、パーソナルモビリティに関する要素技術の研究 
代表  株式会社クニエ   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  受託研究  コネクティドカーにおけるビッグデータ/アナリティクス活用の要素技術,およびユースケースの研究 
代表  株式会社クニエ   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  共同研究  自動車の要求工学 
代表  株式会社デンソー   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  クラウドコンピューティング上の連続的ソフトウェア工学 
代表  (独)日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  受託研究  要求工学知識体系(REBOK®)の国際化に関する調査研究 
代表  一般社団法人情報サービス産業協会  800,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  受託研究  クラウド時代における要求工学知識体系(REBOK)の課題 
代表  一般社団法人情報サービス産業協会  500,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2011  科学研究費補助金  クラウドコンピューティングを統合するソフトウェア開発方法論 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2011~2013年度 

2010  科学研究費補助金  非同期サービス指向アーキテクチャの統一的設計・検証方法に関する研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2009  科学研究費補助金  非同期サービス指向アーキテクチャの統一的設計・検証方法に関する研究 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2008~2010年度 

2008  科学研究費補助金  非同期サービス指向アーキテクチャの統一的設計・検証方法に関する研究 
研究代表者  (独)日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 2008年度〜2010年度の3年間. 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2006   

ソフトウェア工学概論(2004年-現在)[南山大学 大学院]
ソフトウェア生産管理研究(2004年-現在)[南山大学 大学院]
ソフトウェア工学(2001年-現在)[南山大学]
オブジェクト指向プログラミング(2004年-現在)[南山大学]
ネットワークプログラミング(2001年-2003年)[南山大学]
ソフトウェア開発技術(2001年-現在)[南山大学]
ネットワークソフトウェア工学(2001年-現在)[南山大学]
情報通信ソフトウェア生産と倫理(2001年-2003年)[南山大学]
計算機構成論(1997年-2000年)[新潟工科大学]
オペレーティングシステム(1998年-2000年)[新潟工科大学]
計算機言語II(C言語)(1996年-2000年)[新潟工科大学]
言語理論(1996年-2000年)[新潟工科大学] 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2013  OASIS OSLC PROMCODE TC, Chair  2013/03/26~ 

活動内容等(Content of Activities) Defining technical elements and guidelines for project management of Software Supply Chains with the minimum set of information and relationships commonly used by carriers and suppliers to manage software delivery. 

2012  次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会(PROMCODE), 主査  2013/05/21~ 

活動内容等(Content of Activities) 異なるプロジェクト管理データを交換するための技術開発. 

2011  情報処理学会 デジタルプラクティス編集委員会 委員  2011/09~ 

活動内容等(Content of Activities) 情報処理学会発行の機関誌「デジタルプラクティス」の編集委員会委員. 

2009  SPES企画WG 座長  2009年7月16-17日 

活動内容等(Content of Activities) 情報サービス産業協会主催のソフトウェアプロセスエンジニアリングシンポジウム2009の企画WG座長. 

2009  REBOK検討WG主査  2009年12月〜 

活動内容等(Content of Activities) 情報サービス産業協会の要求工学知識体系(REBOK: Requirements Engineering Body Of Knowledge)の検討WG主査. 

2008  IEEE Transactions on Services Computing Associate Editor  2008年〜 

活動内容等(Content of Activities) IEEE Transactions on Services Computing
ソフトウェアサービスに関するIEEE Computer Societyが発行する論文誌の編集委員. 

2008  2008 IEEE International Conference on Services Computing Tutorial Chair  2008/7/8-11開催 

活動内容等(Content of Activities) IEEE Computer Society主催の
International Conference on Service ComputingのTutorialに関する委員会主査. 

2008  SPES企画WG 座長  2008/07/17-18 

活動内容等(Content of Activities) (社)情報サービス産業協会(JISA)主催のソフトウェアプロセスエンジニアリングシンポジウム(SPES)の企画WGの座長. 

2008  情報サービス産業協会 要求工学調査委員会 委員長  2008/06〜2009/03 

活動内容等(Content of Activities) 要求工学の調査研究. 

2008  ICSE 2008, Automotive Systems Experience Track, Program Co-Chair  2008/05/10-18開催 

活動内容等(Content of Activities) 30th International Conference on Software Engineering, Automotive Systems Experience Track
第30回ソフトウェア工学国際会議の自動車システムに関するプログラム委員会共同議長. 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018  17  22 
2017  18  21 
2016  16  22 
2015  13  20 
2014  22  11  19 
2012  15 
2011  11  25 
2010  24 
2009  18 
2008  15 
詳細表示

2019/05/09 更新