研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

8 件中 1 - 8 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  最小2部クリーク辺被覆問題が多項式時間で解ける新しいグラフクラス  単独  2019/03 
情報処理学会第81回全国大会  , 情報処理学会   

概要(Abstract) 一般に最小 2 部クリーク辺被覆問題は NP-困難である.一方、2 部グラフ B に対して,路重複数 R(B) がR(B) ≤ 1 であれば,その最小 2 部クリーク辺被覆問題は多項式時間で解けることがわかっている.ここではグラフ G が 2 部グラフでない場合でも,その誘導部分グラフとして、ドミノ,K4,そして端点を共有する 2 本のコードが存在する C5 のいずれも含まない場合,その最小 2 部クリーク辺被覆問題は多項式時間で解けることを示す.
 

備考(Remarks)  

2015  距離遺伝2部グラフの変形ガロア束のサイズについて  共同  2016/03/06 
第157回アルゴリズム研究会  , 情報処理学会 アルゴリズム研究会  , AL-157   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  2部クリーク被覆と modified Galois lattice  共同  2014/03/03 
第147回アルゴリズム研究会  , 情報処理学会 アルゴリズム研究会  , AL-147   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  Inapproximability of The Biclique Partition Problem  共同  2010/11 
The China-Japan Joint Conference on Computational Geometry, Graphs and Applications 2010  , CGGA2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  集合基底問題の正規基底を求めるヒューリスティックアルゴリズム  共同  2010/1 
第128回アルゴリズム研究会  , 情報処理学会 アルゴリズム研究会  , AL-128   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  辺縮約問題の近似困難性  共同  2005/09 
第4回情報科学技術フォーラム  , FIT 2005   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Inapproximability of the edge contraction problem  共同  2005/08 
2005 Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  MIN 3-SET COVER の近似困難性  共同  2003/11 
第92回アルゴリズム研究会  , 情報処理学会  , AL-92  , 55   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]