研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
井上 克郎 ( イノウエ カツロウ , INOUE Katsuro )
所属
Organization
理工学部ソフトウェア工学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

計算機科学(Computer Science)
ソフトウェア工学(Software Engineering)
ソフトウェア保守(Software Maintenance)
プログラム解析(Program Analysis)
オープンソースソフトウェア(Open Source Software)

学会活動
Academic societies

1979年 6月-現在に至る 電子情報通信学会会員
1981年 6月-現在に至る 情報処理学会会員
1984年 8月-現在に至る IEEE Computer Society 会員
1984年 8月-現在に至る Association for Computing Machinery 会員
2011年11月-現在に至る 日本ソフトウェア科学会会員

社会活動
Community services

1997年5月-1998年4月 20th International Conference on Software Engineering, Publicity Chair
1998年10月-1999年9月 日本ソフトウェア科学会16回大会プログラム委員長
1999年 6月-2003年5月 日本ソフトウェア科学会理事、関西企画委員会委員長
1999年 6月-2003年5月 電子情報通信学会論文誌D編集委員
2000年 6月-2002年5月 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会副委員長
2001年 6月-2002年5月 Program Co-Chair of International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE 2002)
2001年12月-2002年11月 ソフトウェア基礎ワークショップFOSE2002プログラム委員長
2002年 6月-2004年5月 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会委員長
2003年10月-2004年9月 General Chair of 7th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE 2004)
2007年 7月-2011年7月 IEEE Transactions on Software Engineering Associate Editor
2008年 6月-2009年5月 Mining Software Repositories MSR 2009 General Chair
2009年 3月-現在に至る International Workshop on Software Clones Steering Committee Member
2015年 3月-2016年3月 23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering SANER 2016 General Chair
2016年 6月-2018年5月 情報処理学会情報処理教育委員会委員兼ソフトウェアエンジニアリング領域委員長
2021年 8月-2022年5月 International Conference on Software Engineering 2022, Education and Training Track PC Member

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (240)
著書数 books (4)
学術論文数 articles (236)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
大阪大学基礎工学部情報工学科 1979年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻後期課程情報工学分野 博士後期課程  1984年03月  修了 
大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻前期課程情報工学分野 博士前期課程  1982年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 工学博士  Implementations of Functional Programming Languages  Osaka University  1984年03月24日 
修士 工学修士    Osaka University  1981年03月25日 
学士 工学士    Osaka University  1978年03月24日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  ソフトウェアエコシステムの分析(Analysis of Software Ecosystem) 

概要(Abstract) オープンソースソフトウェアを始めとして、多くのソフトウェアは部品として他のソフトウェアシステムに組込まれたり、APIとして呼び出されたりしている。このようなソフトウェア部品の利用関係の構造をソフトウェアエコシステムと呼び、その分析や変化・発展などは、ソフトウェアシステムの信頼性や影響度を知る手がかりとなっている。本研究では、ソフトウェアエコシステムの抽出や分析方法を開発するとともに、その変遷などを調べる。 

短期研究  コードクローン分析結果の比較 (Comparison Method of Code Clone Analysis Results) 

概要(Abstract) プログラム中に存在する類似コード片の対をコードクローンペアと呼び、それぞれをコードクローンと言う。本研究では、いろいろなコードクローン検出ツールから出力される分析結果の比較調査を行う。一般にコードクローン検出ツールは、そのアルゴリズムやパラメータ設定の違いにより、同一対象に対しても異なる結果を出す場合が多い。本研究では、いろいろなデータに対して異なる結果が出る理由を考察するとともに、用途による最適なツールの選択方法を提示する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2021  Code Clone Analysis: Research, Tools, and Practices  未設定   
Springer  , 未設定  , 2021   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  演習で身につくソフトウェア設計入門 構造化分析設計法とUML  未設定   
NTS  , 未設定  , 2006   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2000  ソフトウェアプロセス  未設定   
共立出版  , 未設定  , 2000   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1990  パケット無線ネットワーク  未設定   
CQ出版  , 未設定  , 1990   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2022  空調機ソフトウェアを対象としたSPLE 開発におけるブランチ・マージプロセスの改善と考察  共著   
情報処理学会論文誌デジタルプラクティス  , 情報処理学会  , Vol.3, No.1  , 1-8  , 202201   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2022  Selecting Test Cases based on Similarity of Runtime Information: A Case Study of an Industrial Simulator  共著   
Proceedigns of the 38th IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution  , IEEE Computing Society Press  , pp.564-567  , 2022/10   

概要(Abstract) Regression testing is required to check the changes
in behavior whenever developers make any changes to a software system. The cost of regression testing is a major problem because developers have to frequently update dependent components to minimize security risks and potential bugs. In this paper, we report a current practice in a company that maintains an industrial simulator as a critical component of their business. The simulator automatically records all the users’ requests and the simulation results in storage. The feature provides a huge number of test cases for regression testing to developers; however, their time budget for testing is limited (i.e., at most one night). Hence, the developers need to select a small number of test cases to confirm both the simulation result and execution performance
are unaffected by an update of a dependent component. In
other words, the test cases should achieve high coverage while
keeping diversity of execution time. To solve the problem, we
have developed a clustering-based method to select test using the similarity of execution traces produced by them. The developers have used the method for a half year; they that the method is better than the previous rule-based method
used in the company. 

備考(Remarks)  

2018  Was My Contribution Fairly Reviewed? A Framework to Study the Perception of Fairness in Modern Code Reviews  未設定   
40th International Conference on Software Engineering (ICSE'18)  , ICSE  , 523-534  , 201805   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Analysis of License Inconsistency in Large Collections of Open Source Projects  未設定   
Empirical Software Engineering  , Springer  , Vol.22, No.3  , 1194-1222  , 201706   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Where Does This Code Come from and Where Does It Go? Integrated Code History Tracker for Open Source Systems  未設定   
Proceedings of 34th International Conference on Software Engineering (ICSE'12)  , ICSE  , 331-341  , 201205   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  大規模ソースコードを対象としたコードクローンの検出と可視化  未設定   
情報処理学会論文誌  , 情報処理学会  , Vol.48, No.11  , 3510-3519  , 200711   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Ranking Significance of Software Components Based on Use Relations  未設定   
Transactions on Software Engineering  , IEEE  , Vol.31, No.3  , 213-225  , 200503   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2002  CCFinder: A Multilinguistic Token-Based Code Clone Detection System for Large Scale Source Code  未設定   
Transaction on Software Engineering  , IEEE  , Vol.28, No.7  , 654-670  , 200207   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1988  Analysis of Functional Programs to Detect Run-Time Garbage Cells  共著   
Transactions on Programming Languages and Systems  , ACM  , Vol.10, No.4  , 555-578  , 198810   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2021  13  13 
2020 
2019  13  11 
2018  14  13 
2017  10  12 
詳細表示

2022/10/11 更新