研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

5 件中 1 - 5 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2008  国際セミナーの企画運営  2008/7/24-29 

活動内容等(Content of Activities) 5カ年計画の名古屋アメリカ研究夏期セミナー(通称NASSSS)の第二年度の催し。年次テーマは「多様な視線からのアメリカ研究 ジェンダーと比較研究(Americanism from Various Perspectives: Gender and Comparative Approaches)」。第1回の昨年同様にアメリカと日本をはじめ、アジア・オセアニア各国からも研究者や院生を交えて、専門家会議国際院生セミナーを実施。また初日にはアメリカの大統領選挙をテーマに、地元一般市民向けの公開講座を催して好評を博した。 

2008  テレビ番組編集助言・出演  2008/11/12, (アンコール再放送)2009/2/11 

活動内容等(Content of Activities) NHK総合テレビの番組「その時歴史は動いた」の特集番組「I Have a Dream―キング牧師のアメリカ市民革命」の番組編集に関する助言および案内役として出演。(放映時間43分) 

2007  国際セミナーの企画運営  2007/07/28-31 

活動内容等(Content of Activities) 5ヵ年計画の催しである名古屋アメリカ研究夏期セミナー(Nagoya American Studies Summer Seminars, 2007-11、通称NASSS)の初年度の催しの企画運営業務をNASSS事務局長として行う。NASSSは1950年に始まった「東京大学・スタンフォード大学共催セミナー」以来半世紀以上続く「アメリカ研究セミナー」の系譜に連なるものであり、国際交流基金・日米センターの共催を得て、アメリカ研究振興会、名古屋アメリカン・センター、渋沢財団、日米教育委員会(フルブライト委員会)、米日財団等の各種財団、及び地元有力企業の協賛のもとで、実現の運びとなった。とりわけ長い歴史の中で初めての試みとなる、日米のみならず他のアジア太平洋諸国からも多数の参加者を得て開催された「国際大学院生セミナー」は好評を博した。 

2006  全国学会年次大会・国際シンポジウム開催  2006/06/09 

活動内容等(Content of Activities) アメリカ学会第40回記念年次大会(南山大学アメリカ研究センター30周年記念)の国際的学術シンポジウム「American Studies in Trans-Pacific Perspective」の開催業務を担当する。同シンポジウムには日米をはじめ、オーストラリア、フィリピン、中国、ロシア、韓国など、7カ国から著名な学者が報告を行った。 

2001  学術調査  2001/08/05-09/09 

活動内容等(Content of Activities) 「現地聞き取り調査を主要方法とする米国公民権運動史研究(文部省科学研究費補助金基盤研究C-2)」に関する調査活動・米国の研究者によるレヴューおよび関係者へのインタビューを含む史料収集・ジョージア州オールバニー,ミシシッピ州ハティスバーグ,同ジャクソン,イリノイ州シカゴ 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]