研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

18 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  MLK50の年にちなんで――キング牧師の願いはどこまで達成されたか――  寄稿  単著 
天理大学アメリカス学会ニューズレター  , 天理大学アメリカス学会  , 第80号  , pp. 1-4  , 2019/04/23   

概要(Abstract) 1968年4月4日に道半ばに凶弾に倒れたマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の最後の二年間の知られざる活動に焦点を当て、残された課題を確認する試み。併せて、アメリカの大衆音楽における「人種」分断情況についても言及している。 

備考(Remarks) 「MLK50の年にちなんで――キング牧師の願いはどこまで達成されたか?」と題されて天理大学で行われた天理大学アメリカス学会年次大会(2018年11月24日)における講演内容の要約文。 

2018  「現代アメリカの人種・貧困問題と『市民権運動』の今日的意味――キング牧師暗殺50周年を迎えて」  寄稿  単著 
『世界平和研究』  , 世界平和教授アカデミー  , 220  , 68-78  , 2019/02   

概要(Abstract) キング牧師暗殺50周年に因んでその功績を偲び、現在に残された課題を再確認するためのレクチャー的インタビューを文書化したものである。 

備考(Remarks)  

2018  10. 「書評:廣部泉著『人種戦争という寓話――黄禍論とアジア主義』」  書評  単著 
『西洋史学』  , 大阪大学大学院文学研究科西洋史学研究室  , 265  , 74-77  , 2018/06   

概要(Abstract) 戦前の日本におけるアジア主義の発展と欧米における黄禍論の広がりを表裏のものとしてとらえた話題の研究書の書評論文である。 

備考(Remarks)  

2017  アイデンティティ・ポリティクス  辞書・事典  単著 
アメリカ文化事典  , 丸善出版  , pp. 202-203  , 2018/01/20   

概要(Abstract) アメリカ学会創立50周年を記念して編集出版された『アメリカ文化事典』所収の一項目を執筆した。 

備考(Remarks)  

2016  本の紹介: ジョン・L・ルーリー、シェリー・A・ヒル 著、倉石一郎、久原みな子、末木淳子 約『黒人ハイスクールの歴史社会学』  書評  単著 
部落解放  , 解放出版  , 739号  , 2017/03/10   

概要(Abstract) 2012年に出版されたアメリカ黒人の高校教育をめぐる第二次世界大戦以降の歴史的展望を提示した研究書の最近出された日本語訳に関する紹介文。解放出版編集部より依頼された原稿である。 

備考(Remarks)  

2016  JAAS40周年記念大会とNASSSの思い出  寄稿  単著 
アメリカ研究  , アメリカ学会  , 別冊 50周年記念特別号  , pp. 201-202  , 2016/12/10   

概要(Abstract) 日本のアメリカ研究を主要にけん引してきたアメリカ学会の50周年に当たって、南山大学が会場校となって開催された第40回記念大会と「名古屋アメリカ研究夏期セミナー、2007-2011」に関して寄稿した。 

備考(Remarks)  

2015  取り残される「アンダークラス」――アメリカにおける「差別」と「逆差別」  寄稿  未設定 
α-Synodos  , 株式会社シノドス  , vol.190  , http://ch.nicovideo.jp/synodos  , 2016/02/17   

概要(Abstract) 大学生や社会人のために編集発行される教養メールマガジンで「アファーマティブ・アクション」が特集された号で、アメリカのアファーマティヴ・アクションの歴史と現状について、グラフ等の資料も添えつつ、解説した。分量は4000字ほど。 

備考(Remarks)  

2008  オバマ大統領 「アメリカの夢」再生に期待(私の視点 ワイド)  新聞コラム  単著 
朝日新聞  , 朝日新聞社  , 2009年1月15日   

概要(Abstract) アメリカ合衆国の「史上初の黒人大統領」の就任式を間近に控え、2002年8月30日に行ったオバマ氏へのインタビューを中心に、氏の人柄を紹介した記事である。 

備考(Remarks)  

2008  書評:古矢旬・山田史郎編著『権力と暴力』  書評  単著 
西洋史学  , 日本西洋史学  , 229  , 79-81  , 2008年6月   

概要(Abstract) 全6巻の『アメリカ研究の越境』という、学際的な地域研究のシリーズの第2巻で、アメリカ史を権力と暴力、とりわけ後者の視点から跡付けようとする、野心的な共同研究の成果である書物を肯定的に評価した一文である。 

備考(Remarks)  

2007  アメリカニズムと「人種」  高校教員用読み物  単著 
歴史と地理  , 山川出版社  , 604  , 38−41  , 2007/05   

概要(Abstract) 主に高等学校の世界史担当の教員を読者とする定評ある研究雑誌の「読書案内」の欄に寄稿した一文である。本誌編集部の求めに応じて、アメリカ合衆国の「人種」にまつわる歴史の理解に関して、必須の主に邦語文献の紹介を行い、あわせて「人種」をキーワードに、植民地時代から現在までのアメリカ史を概観する内容となっている。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]