研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

71 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  ルーブリックに基づくレポート自動採点システムの構築  共著   
情報処理学会第79回全国大会講演論文集DVD  , 情報処理学会  , 2017/03/16   

概要(Abstract) レポート評価の厳正化を保つために,5種の評価観点(1.課題の理解度と解答内容の妥当性,2.論理的な展開,3.資料と根拠の妥当性,4.文章作法の遵守と適切な推敲,5.読みやすさ・表現の巧みさ)からなるルーブリックに則した自動採点システムを提案し、LMS(Moodle)への実装を進めてきた.具体的には4-5.の自動採点結果から,サポートベクターマシンなどの機械学習アルゴリズムに基づく分類器を用いて1-3.を含めた全体の評価観点を5段階の成績レベルに分類するものである.本研究では分類の精度を上げるために,評価観点1.の評価項目のうち[論題と記述の合致度]および[主要な関連語の存在]を自動採点可能項目と位置付け,分類器を再検討した結果を報告する. 

備考(Remarks) 山本 恵,梅村 信夫,河野 浩之 

2016  ルーブリックに基づくレポート自動採点システム  共著   
2016年度 年次大会  , ICT推進協議会  , 2016/12/15   

概要(Abstract) レポート評価では、採点者(評価者)による評価結果のばらつき、同一採点者内での評価の偏りなどが、採点者の時間的負担などが問題視されている。そこで、レポート評価のルーブリック(採点指標)を基盤とした、レポート自動採点システムを提案する。このシステムでは、ルーブリックの5つの評価観点をさらに細分化し、自動採点用ルーブリックとも言うべき評価項目を設定する。また自動採点可能項目(自動採点結果の妥当性が高い確率で期待できるもの)とそうでないものに分け、自動採点可能項目によって他の評価項目を推測することが可能かどうか検討した。その結果、評価観点の1つである文書のスタイルの自動採点結果と手動採点結果との間に相関が確認された。また教員の手動採点時に、5つの評価観点間の相関が認められたことから、他の評価項目の値を推測することが可能であることが示唆された。 

備考(Remarks) https://axies.jp/ja/conf/conf2016/8r18v2/general-session
山本 恵,梅村 信夫,河野 浩之 

2013  プローブカーによる交通データ測定の課題について― 行動履歴データに対するプライバシー保護の観点から ―  単著   
アカデミア南山大学紀要数理情報編  , 南山大学  , 第14巻  , pp.1-10  , 2014/03   

概要(Abstract) 交通データウェアハウスに格納されている超音波感知器などと,プローブカーとしてのパトロールカーにより収集された交通データを融合するデータ処理について紹介する.また,位置情報を含む行動履歴データに関わるプライバシー保護を扱うため,プライバシー保護と関連するデータマイニングやデータ同定の研究を調査する. 

備考(Remarks) http://www.seto.nanzan-u.ac.jp/msie/nas/academia/vol_014pdf/14-028-037.pdf 

2013  「学生主導型授業評価」支援システムの構築 : LAMPとR言語によるクラウド型アプリケーションの試作  共著   
JeLA会誌  , 日本e-Learning学会  , 13  , pp.68-78  , 2013/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 梅村 信夫, 河野 浩之, 沢田 篤史 

2012  Modelling of Pathodynamics for Process Epidemiology  共著   
Computer Aided Systems Theory (Eurocast 2013)  , pp.289-290  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Kawano, H., Fröschl, K., Nemecek, R., Dunkl, R., Weber, S. 

2012  "「学生主導型授業評価」支援システムの構築:LAMPとR言語によるクラウド型アプリケーションの試作  共著   
日本e-Learning学会2012年度学術講演会  , 日本e-Learning学会  , 2012/11   

概要(Abstract) 「学生主導型授業評価」は、学生の視点からアンケート質問文を構成する評価法である。この手法では、当該科目の評価にふさわしい段階評定形式の質問文を、授業内容を想起しつつ学生自身が提案する。そして教員は、それらを適宜修正してアンケートに取り込み、学生による授業評価を構成・実施する。本研究の目的は、学生主導型授業評価を支援する、アンケート作成システムの構築にある。今回はLAMPとR言語によるクラウド型アプリケーションの試作を行った。 

備考(Remarks) (共著)梅村 信夫,河野 浩之,沢田 篤史
日本e-Learning学会2012年度学術講演会発表論文大会審査員特別賞 

2012  DIGITAL ARCHIVE SYSTEMS USING CMS AND GALLERY TOOLS – IMPLEMENTATION OF ANTHROPOLOGICAL MUSEUM –  単著   
EuroMed 2012, 4th international conference: Progress in cultural heritage preservation; short papers  , Essex, UK, Multi-Science Publishing  , 4  , 125-130  , 2012/10   

概要(Abstract) Firstly, we have a brief comparison of digital archive software including popular CMSs. Secondary, we propose a metadata schema for digital collections in “the Anthropological Museum of Nanzan University”, which is based on the guideline of museum objects. Our proposed schema based on XML metadata formats like URI/RDF/MODS. Finally, we show the system architecture of digital anthropological museum and implementation of three different prototype systems based on different CMSs add-on modules and other related software. 

備考(Remarks)  

2012  Implementation of Digital Museum using CMS and gallery tools  単著   
Proc. of International Conference on Systems Engineering 2012 (ICSE2012)  , 2012/09   

概要(Abstract) Museums, Libraries and Archives (MLA) are making efforts to provide various digital collections and born-digital information by using softwares of digital archive systems. Especially, major national libraries and long-term preserving organizations, such as IIPC (International Internet Preservation Consortium), collect and curate huge amount of web resources, and preserve these contents in web archive systems. Therefore, at present we have good opportunities to integrate various digital collections and archive systems using loosely coupled and meaningfully connected hyperlinks from various view points of cultural, social and technical aspects. In this paper, from technical view points, we make a brief summary of digital archive systems, CMSs (Contents Management System), related softwares and curator tools. We have a brief comparison of digital archive softwares including popular CMSs. Next, we propose a metadata schema for digital collections in ``the Anthropological Museum of Nanzan University" and argue difficulties to edit appropriate and accurate values for metadata schema. Our schema is based on the guideline of museum objects, and we propose XML metadata formats like URI/RDF/MODS. Finally, we present the system architecture of digital museum and implementation of three different prototype systems based on different CMSs add-on modules and other softwares. We have 1776
digital collections with 74 metadata attributes and 40,000 ethnographic photographs, we store 277 digital contents having detail values into the prototype of
digital museum system. 

備考(Remarks)  

2012  「学生主導型授業評価」を支援するアンケート作成システムの構築:R言語によるモジュール開発  共著   
平成24年度教育改革ICT戦略大会  , 公益社団法人私立大学情報教育協会  , C-5  , 2012/09   

概要(Abstract) 「学生主導型授業評価」は、学生の視点からアンケート質問文を構成する評価法である。この手法では、当該科目の評価にふさわしい段階評定形式の質問文を、授業内容を想起しつつ学生自身が提案する。そして教員は、それらを適宜修正してアンケートに取り込み、学生による授業評価を構成・実施する。本研究の目的は、学生主導型授業評価を支援する、アンケート作成システムの構築にある。今回はR言語を使い、システムの中核をなすモジュール(関数)の開発・実装を試みた。 

備考(Remarks) (共著者)梅村 信夫,河野 浩之,沢田 篤史 

2012  Analysis of optimal vehicle speed: from supersonic wave devices to GPS transceivers  単著   
Proc. of 25th European Conference on Operational Research (EURO 2012)  , 2012/07   

概要(Abstract) In Hanshin Expressway Company, vehicle traffic is monitored by supersonic wave detection devices along 500 meter intervals, but it is not possible to observe accurate traffic conditions. Recently, traffic
log of highway patrol vehicles equipped GPS transceivers are stored into a database system. We integrate the log data, including vehicle speed, latitude and longitude, and weather data. Based on optimal vehicle speed model, we calculate continuous complement positions of vehicles. We analyze optimal traffic volume and flows depending on different lines and time zones. 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [NEXT>>]