研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

118 件中 11 - 20 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2015  プロジェクトいのち:いのち医療哲学研究(実践編)  2015/04- 

活動内容等(Content of Activities) 近代医学と日本人のからだに見合う医療という視点での「いのちの医療実践を手掛ける医師・看護師・医療者としてのセラピスト・宗教家・研究者の実践報告会と研究会をとおして、現代の医の学術文化を問い合う。
学会発表と学術大会実行委員会を運営する。 

2015  医学概論研究会  2014/11- 

活動内容等(Content of Activities) 沢瀉久敬『医学概論』検討により、現代の医科学・医療を鑑み、医学概論を再構築する。 

2015  プロジェクトいのち:医療哲学研究会  2014/11- 

活動内容等(Content of Activities) 医師。看護師、医療従事者、民間医療、医学医療教育など、いのちの実感からの医療および現代医学の環境を鑑み、医療からの医の哲学を構築する。 

2015  終戦七十周年献茶 企画協力  2014/05-2015/04 

活動内容等(Content of Activities) 無名戦没者墓地(環境省管轄)での献茶による慰霊。皇居千鳥ヶ淵。 

2014  死生学教授法視察訪問  2013/11-2015/03 

活動内容等(Content of Activities) 上智大学グリーフケア研究所
英知大学死生学研究所
生存科学研究所先端医療倫理研究会
 

2013  死生学研究訪問(W.H.O,UMICEF,赤十字博物館)  2013/12-2014/01 

活動内容等(Content of Activities) WHO世界保健機関、 赤十字博物館、 UNICEF員、 U.N.、など。(ジュネーブ) 

2011  Study Tours(ゼミ生 佐藤初女おむすびプロジェクト 「森のイスキア」と「東北」)  2011/08/08夏休み  

活動内容等(Content of Activities) 2011/08/07-08 弘前市 森のイスキア主宰 佐藤初女(当年90歳)とのおむすびプロジェクト(いのちを食す生き方、このおむすびで自殺を止めた青年や多くの人々の救い手となっていおられる女史を訪問し合宿し人間関係ゼミの教育風土をつなぐ。ゼミ生有志3年生・4年生代表と担当ゼミスタッフ(グラバア アッセマ) 

2011  学会運営委員  2010/06-2011/06 

活動内容等(Content of Activities) ・日本展示学会「博物館で学ぶ 博物館を学ぶ」運営。
・南山大学での博物館研究関連の学会開催企画協力。
(前年度国立民族博物館での研究発表成果により依頼される)
・ゼミ学生との協同。

 

2009  ガイアシンフォニー第7番(ホリスティック医学協力)  2009/12ー 

活動内容等(Content of Activities) 龍村 仁監督「ガイアシンフォニー第7番GaiasymphonyNo.7」映画製作協力と上映シンポジウム企画
アンドリューワイル博士(アリゾナ大学医学部)
上野圭/降矢英成(日本ホリスティック医学協会副会長)
まどかアッセマ/長谷部茂人/堀田由浩 他多数 

2009  講演(死生論 和学)「ホリスティック医学」  2009/12 

活動内容等(Content of Activities) (沖縄国立療養所愛楽園、沖縄陸軍病院第外科壕跡:ひめゆりの塔平和祈念館)居住者/医療関係者/施設環境/生存者語り部ご訪問 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [NEXT>>]