研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

110 件中 41 - 50 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2004  研究会発足・講演企画  2004/11/3 

活動内容等(Content of Activities) スピリチュアルケア研究会・和学研究会、
・講演「生きる価値」・和語によるスピリチュアリティケアワークショップ(南山大学 D51) 

2004  企画協力  2004/11/21 

活動内容等(Content of Activities) 日本ホリスティック医学協会11月講演会「人類愛と老人医療」役員メッセージ(吹上ホール)
 

2004  講演企画  2004/11/11 

活動内容等(Content of Activities) 人間関係による癒し、
人間関係という「場の力」の医学医療実践者として、
帯津良一ホリスティック医学と外科臨床からの「生命場」の自然治癒力。 

2004  研究調査(死生・和学)  2004/10〜2005/3 

活動内容等(Content of Activities) 茶事・利休研究の視点研究(東京茶道会館) 

2003  研究調査(生命論)  2004/3/30 

活動内容等(Content of Activities) Jose Arguelles「マヤ文明の時間論」「時間の法則」「マヤ暦」。
博士の講演及び、時間のパラダイムに関しての研究調査。
(伊勢神宮内、高麗広公民館) 

2003  研究調査(死生論)  2004/3/28 

活動内容等(Content of Activities) 白隠和尚の作品と思索(松蔭寺) 

2003  研究調査(死生観)  2004/3/20〜21 

活動内容等(Content of Activities) 西と東の死に関する日本の受容。異相の対話に関する研究。彼岸此岸。
科学と芸術の接点としての空想の存在。「公」と「私」の死。医学と文学の問題。
安野光雅、森鴎外、西周に関する資料収集と資料交換。
まどか庸代西語訳「天動説の本〜てんがうごいているころのはなし〜」等に関してのコメント。
(安野光雅 

2003  研究会発表  2004/3/12 

活動内容等(Content of Activities) 2003年度心理人間教育研究会
ASSEMAT「研究プログラムとしての研究プロジェクト論文」
『世界・社会・自己秩序の変革変容とポストモダンな語り部・書き部』
(浜松) 

2003  研究調査(死生観)  2004/2〜毎月1回 

活動内容等(Content of Activities) 恒川洋企画「死生観を語る」
がん治療、心身医療に関わる医者患者による。
(恒川消化器クリニック) 

2003  研究調査(生命論)  2004/2/22 

活動内容等(Content of Activities) ホロトロピックに関するネットワーク。
シンポジウム「医を超えて」
(東京、ヤマハホール)
 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [NEXT>>]