研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

49 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  「常識のカベ、続。第11回「未来の知性と人間」」  共同  2018/02/17 
未来学会 常識のカベ  , 未来学会(未来学会主催・いのちの医療哲学研究会/プロジェクトいのち後援)   

概要(Abstract) AI技術者:佐藤弘起、堀江大輔、菱川貞義 小講演とワールドカフェ形式ファシリテーター、明覺寺本堂 

備考(Remarks)  

2017  リボーン(がんのケアハウスと在宅ケアをめぐり)「リボーン洞戸」船戸クリニックリボーン洞戸宿泊視察と研究  未設定  2018/01/13-14 
日本ホリスティック医学協会  , 船戸クリニック・ホリスティック医学協会共催   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 船戸クリニック および 岐阜十六プラザホール 

2017  先端医療技術倫理研究会2017 年度「日本(人)の生命倫理」報告、九州大学東京キャンパス、  共同  2017/12/22 
生存科学 研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 九州大学東京キャンパス、 

2017  「合同企画Ⅱ:合同シンポジウム 平成維新〜統合医療&ホリスティック医学のDr,集合」  共同  2017/11/25-26 
日本統合医療学会・ホリスティック医学合同大会  , 日本統合医療学会大会実行委員会・日本ホリスティック医学協会  , 『第21回日本統合医療学会 患者中心の医療Patient-Based Medicine(PBM) プログラム・抄録集』  , 日本統合医療学会  , Vol.10, No.3  , pp.294-301   

概要(Abstract)
日本ホリスティック医学協会理事を中心とした、全国各地でホリスティック医学および地域型医療を熟知し実践してきた医療者医者が、統合医療やこれからの医療の視点をめぐり、「患者中心・人らしい医療の在り方の実践例として紹介し、学会テーマの真髄を学会員と共に意識化する。
 

備考(Remarks) 日本ホリスティック医学協会理事 

2016  ライフイノベーション 生命科学形成から和学構成  未設定  2017/02/25 
生存科学研究所  , 生存科学研究所「ライフイノベーション」  , 『生存科学研究』  , 生存科学研究所  , Vol.32,No.1  , p2-3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  いのちとことば:先端医療技術倫理形成と和語和学  ~老成・老死~  共同  2017/01/28 
生存科学研究所「老成学」研究会  , 生存科学研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  レクイエムとしての和学  未設定  2016/12/10 
中部スピリチュアルケア研究会、人間性心理学会自主研究  , 中部スピリチュアルケア研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  医学医療を哲学する (実践編)   共同  2016/12/03 
第26回人体科学会学術大会  , 人体科学会  , 第26回人体科学会 抄録集  , 人体科学会  , Vol.26   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  なぜ いま 和学なのか?  単独  2016/11/16 
日本ホリスティック医学協会教育研究講演会  , 日本ホリスティック医学協会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  ライフサイエンスからの和学  単独  2016/10/02 
いのち医療哲学研究会  , いのち医療哲学研究会・いのちプロジェクト  , http  , 医学医療哲学研究会/いのちプロジェクト   

概要(Abstract) キャンパスプラザ京都(明治国際医療大学) 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]