研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

30 件中 21 - 30 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1995  父素芳居士にみる和学(国際・社会・変革)−親のいのちを与って−  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 13号  , 69-94  , 1996/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1993  スペインにおける進化論受容に関する研究−スペインの科学化・ヨーロッパ化の視点から−「進化論受容の比  単著   
文部省科研費研究成果報告書  , 文部省  , 117-126  , 1994/03   

概要(Abstract) 進化論受容の比較科学史的研究。T.GLICK [RECEPTION OF DARWINISM]の研究からダーウィニスムの各国受容比較及び日本の近代科学の受容過程を探求した。執筆者の研究分担はスペイン及びスペイン語圏のため、Valencia大学医学部科学史医学史学科、Madridの王立精密物理自然科学アカデミア、国会図書館等にて資料収集した報告。 

備考(Remarks) 研究代表者:鈴木善次、研究分担者江上生子、小川真理子、鬼頭秀一、小林傳司、成定薫、蛭田庸代、松永俊男、横山輝雄他 研究協力者:原田智代、森脇靖子他。 

1992  医療技術社会でのLife STS―日本人の生死論と自己表現トレーニング―  単著   
日本科学教育学会研究報告  , 神戸大学  , Vol.6No.5  , 47-50  , 1992/04   

概要(Abstract) STS教育研究の実施例を小中高学校・大学教育及び社会教育の領域別に研究発表されたシンポジウムにおいて、社会教育例の報告書。 

備考(Remarks) Life STS in the Society of Medical Care Technology−Japanese View of Life or Death and Self-expressio 

1991  生命科学基礎論へのもうひとつのアプローチ―内在性重視の生命論プログラムの開発―  単著   
Sophia LifeScience Bulletin  , 上智大学生命科学研究所  , Vol.9  , 81-89  , 1991/12   

概要(Abstract) 生命を対象とした科学・学問の方法論探求の実践的試みとして、いのち生命の論理体系化を自己内在に問う「自己知」と「自己表現トレーニング」及び、人間関係科の体験学習法による生命論を生命科学基礎論の視点で論じた。 

備考(Remarks)  

1989  Tグループと霊性教育  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 7号  , 49-59  , 1990/03   

概要(Abstract) TグループのグループダイナミックスとグループのLife Lineのデータ化を通してTグループのいのちが人間性・霊性を育てる特性があることを示唆した。キリスト教教育と限定されることなくTグループによるスピリチュアルトレーニングの可能性を提示した。 

備考(Remarks)  

1988  科学(人)と宗教(人)の対話(進化論論争教授会論争にみる発想法の異文化)  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 6号  , 115-125  , 1989/03   

概要(Abstract) 科学と宗教の対話、ものとこころの対話とは何か。如何に有り得るのかという課題を、近代科学と人間のコミュニケーションの視点から考察する。 

備考(Remarks)  

1987  現代科学における個と集団の問題をめぐって ― 原子論からバイオホロニックの発想まで ―  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 5号  , 55-68  , 1988/03   

概要(Abstract) 脱近代化のキーコンセプトの提示。 

備考(Remarks)  

1986  自己表現ワークショップ報告「感情と表現:情熱とスペイン舞踏」  単著   
「人間関係」  , 南山短大人間関係研究センター  , 4号  , 71-85  , 1987/03   

概要(Abstract) 当人間関係科ワークショップ「自己表現」のプログラム記録。スペイン人と日本人の感情体験と表現法をフラメンコと能において体験的に比較し、更に、異文化間コミュニケーションについて考察する。 

備考(Remarks)  

1984  Chemical Synthesis of the 5’-terminal part bearing Cap Structure of Messenger RNA of cytoplasmic po  共著   
Nucleic Acids Research  , (London)  , Vol.12,No.6   , 2939-2954  , 1984/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 山口和夫,Iwao 中川,Mitsuo関根,畑辻 明(東工大),下遠野邦忠,蛭田庸代,三浦謹一郎(国立遺伝学研究所) 

1981  CLOSE RELATIONSHIP BETWEEN Bacillus PHAGES M2 AND NF:Physical mapping of the DNA by six restriction  共著   
J.Gen.Appl.Microbiology  , (Tokyo)  , Vol.27  , 353-356  , 1981/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (共同研究者)松本幸次,蛭田庸代,水上由紀子,広川秀夫(上智大生命科学研究所) 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]