研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

30 件中 1 - 30 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  「医のカミ」 死生の科学と神話学とのHolisticアプローチ  単著   
篠田知和基編『神話・象徴・儀礼』  , 楽瑯書院  , pp.43-78  , 2014/12/25   

概要(Abstract) 日本人の心身に合う医療文化形成を、実践的に探究する報告。現代日本において医療と医学は、近代西欧医科学を主流としている。分子生物学の発展を基盤とする生命科学の研究アプローチと、日本の医療医学の比較神話学的アプローチとの補完的アプローチの恊働をねらいとする。
 

備考(Remarks)  

2013  報告2(生命科学)「ヒトから人へ」志津木敬編「一般教育の知的遺産を活かす(その5)」  共著   
大学教育学会誌  , 大学教育学会  , 35巻/2号  , 27-30  , 2013/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  和学事始め 十 Wa-gaku Kotohajime:Verbal and Non-verbal Approach for Human Life Science  共著   
ACADEMIA Humanities and Natural Sciences Nanzan Academia  , NANZAN UNIVERSITY (The Catholic University of Nagoya)  , (5)  , pp.237-248  , 2013/01/30   

概要(Abstract) 和学事始め十:
和語のいろは唄と 般若心経の各偈が関連していることを示唆した英文版。
ライフサイエンスを、日本の人(日本語の人)に根ざした学術形成する上での試論。いのちとことば和語いのちによる音・意、ことばとこころ、ラングとパロール、平仮名と 般若心経による空海の実践の意味に触れる。(国際密教学会報告) 

備考(Remarks) 山口真人教授追悼号
Comment:OHMI Makoto 

2010  博物館の意識空間と心理的アプローチ -Holistic Spaceとしての展示照明環境のイメージ測定-  単著   
南山大学人類学博物館オープンリサーチセンター研究報告第1冊黒沢浩編『学術資料の文化資源化』  , 南山大学人類学博物館  , 第1冊、全6冊  , 37-64  , 2011/3/31   

概要(Abstract) 文部科学省私学研究高度化推進事業オープンリサーチ研究報告 

備考(Remarks) 黒沢浩編『学術資料の文化資源化』 

2008  博物館部会による展示環境に関する実験  その他   
2008年度年次報告書  , 南山大学人類学博物館オープンリサーチセンター  , 40-46, 47-52  , 2009/03/31   

概要(Abstract) 文部科学省私学研究高度化推進事業オープンリサーチ研究報告
共同研究機関:丹青研究所、パナソニック、南山大学人類博物館
 

備考(Remarks) (1)実験の概要とデータ分析:里見親幸、中沢文三、藤原 工、アッセマ庸代
(2)アンケート企画作成と実験成果:アッセマ庸代、中沢文三、鈴木元二、
  吉田泰幸、成田真夕、南良治、吉田洵 

2007  和学事始め二 くにごころで ライフサイエンスと医科学医療の範疇を拓く Holistic medicine, Alternative Cultureとしての 茶家伝 大圓の草  単著   
アカデミア 自然科学・保健体育編  , 南山大学  , Vol.14  , 49-66  , 2008/01   

概要(Abstract) 和語言語体系による和学を提唱する根拠、および、方法。広義の生命科学(生命を研究対象とする学問)の方法は、西欧科学的方法では限界限定があり、「日本という方法」の視点転換が要である。 

備考(Remarks) Japonologie Wa-gaku II Paradigm-shift for Life Science and Medicine Daien-no so^:Family Cosmology as Holistic medicine, Alternative medical Culture 

2003  見える生命宇宙見えない生命宇宙〜分子生物学的生命観と死生学のコラボレーション  単著   
Sophia Life Science  , 上智大学生命科学研究所  , vol.22  , 15-23  , 2004/03   

概要(Abstract) DNA二重らせん構造発表50年目の今日、生命科学研究の範疇を、生命系・システム論・ホロン・場など、生命科学が呈した概念で見直す。
身体性や物理科学に限定したDNA言語による生命認識を、如何に人の生命(生死)の今日的医療課題とつなげるか、生命科学の発想そのものへの問いかけと提案。 

備考(Remarks)  

2003  色彩言語aura=somaと聖性 〜死生ノ消色 死生論描法試論〜  単著   
人間関係研究  , 人間関係研究センター  , 3号  , 213-226  , 2004/03   

概要(Abstract) 生と死の研究方法、学術の言語の探求のひとつとして、「色」「色彩」という言語体系があることに着目した報告。
生命(科)学、死生論を語る描き方(ディスクール)を探る。ホリスティックな視点と発想をトレーニングする道具と霊性教育。
身体性(物理性)と精神性に留まらない、現代のスピリチュアリティや聖性を探る。
日本人の精神史試論研究のシリーズ。いのちとことば(生命の論理)。 

備考(Remarks)  

2002  「空間の性格」で大学を生かす:建築空間提案〜空間・時間・人間とのホリスティックアプローチ〜  共著   
高等教育研究  , 京都大学高等教育教授システム開発センター  , vol.8  , 114-129  , 2003/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) アッセマ庸代編・著、共著:グラバア俊子、笠嶋淑恵 

2002  和のスピリチュウアリティへの模索「つながるいのち2002健康と環境」・ドーム〜  単著   
人間学  , 上智人間学会  , Vol.32  , 53-75  , 2002/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  和学 事始め:和語「いのち論」によるLife Scienceの自己風土化と関係的生命観  単著   
『アカデミア』自然科学・保健体育編  , 南山大学  , Vol.10  , 35-53  , 2002/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  言霊(ことだま)セラピーの範疇  単著   
ホリスティック医学研究  , 日本ホリスティック医学協会  , Vol.6  , 2002/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  Holistic Life Science as a Japonological Epistemology,Wa-gaku:  単著   
Proceeding of The Fourth International Confernce of Health Behavioral Science*  , Japan Academy for Health BehavioralScience  , 176-179  , 2002/03   

概要(Abstract) <Subtitle>:Self-integration through Behavioral Science in Wa-go
<Spetial edition>*Integrated Approaches to Health in Kobe 

備考(Remarks) 2003.2追記 

2001  いろはワーク「ん」の位置と「羯諦」空海秘鍵−生命論の描法試論−  単著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 創刊号  , 70-96  , 2001/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1999  パラダイムコミュニケーションの提言−価値観レベルでのコミュニケーション−二十世紀の人間関係科終焉と共にあって  単著   
「人間関係」  , 南山短大人間関係研究センター  , 17号(最終号)  , 41-52  , 2000/03   

概要(Abstract) 特集「共にある」に修める。 

備考(Remarks) 人間関係科への遺言編(南山大学心理人間学科への移籍) 

1999  「いろはワーク」と和学「いのち」論形成  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 17号  , 193-224  , 2000/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1998  創造性探究の方法論をめぐって  単著   
Creative Science  , 創造科学研究会  , No.7  , 98-101  , 1998/07   

概要(Abstract) 工学系の技術者・デザイナーの領域として感性科学・創造科学の方法論を探るべく、生命をテーマとする学問(生命科学、生命論等)の要素還元性・科学的論理性と生命の直観・文化性の相補的研究法を、筆者の開発作成したLIFE FANTASYプログラムの紹介と検討。 

備考(Remarks)  

1997  自文化における生命論的パラダイムシフト ― 体験学習法による生命と論理「いのちとことば」 ―  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 15号  , 108-118  , 1998/03   

概要(Abstract) 特集「大学における人間性教育の試み」のテーマのもとで、人間関係科各論「いのちとことば」及び「体験学習による生命論」における人間性探究と教育パラダイムシフトの視点を考察した 

備考(Remarks)  

1996  人間関係原論:新しい学問形成過程への試論 ― 日本の大学カリキュラムにおける生命論パラダイム・シフト ―  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 14号  , 31-35  , 1997/03   

概要(Abstract) 人間関係科の哲学的・心理学的・社会学的・教育学的基礎論の学際的統合による新カリキュラム「人間関係原論」のもつ学術的・教育的試みとして、生命論・ホリスティックな人間観の視点を掲げる。また、人間関係科全体での教育研究共同体という機能をもった「人間関係原論」というクラス構成・スタッフミーティング構造を近代要素還元的大学教育に対して「生命論的」パラダイムの科目例とする。 

備考(Remarks)  

1996  LIFE SCIENCE & LIFE FANTASY 言相と幻相−日本人の「身をもっての生命」論と「出合うという認識」論−  単著   
南山短期大学紀要  , 南山短大  , 24号  , 161-180  , 1997/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1995  父素芳居士にみる和学(国際・社会・変革)−親のいのちを与って−  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 13号  , 69-94  , 1996/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1993  スペインにおける進化論受容に関する研究−スペインの科学化・ヨーロッパ化の視点から−「進化論受容の比  単著   
文部省科研費研究成果報告書  , 文部省  , 117-126  , 1994/03   

概要(Abstract) 進化論受容の比較科学史的研究。T.GLICK [RECEPTION OF DARWINISM]の研究からダーウィニスムの各国受容比較及び日本の近代科学の受容過程を探求した。執筆者の研究分担はスペイン及びスペイン語圏のため、Valencia大学医学部科学史医学史学科、Madridの王立精密物理自然科学アカデミア、国会図書館等にて資料収集した報告。 

備考(Remarks) 研究代表者:鈴木善次、研究分担者江上生子、小川真理子、鬼頭秀一、小林傳司、成定薫、蛭田庸代、松永俊男、横山輝雄他 研究協力者:原田智代、森脇靖子他。 

1992  医療技術社会でのLife STS―日本人の生死論と自己表現トレーニング―  単著   
日本科学教育学会研究報告  , 神戸大学  , Vol.6No.5  , 47-50  , 1992/04   

概要(Abstract) STS教育研究の実施例を小中高学校・大学教育及び社会教育の領域別に研究発表されたシンポジウムにおいて、社会教育例の報告書。 

備考(Remarks) Life STS in the Society of Medical Care Technology−Japanese View of Life or Death and Self-expressio 

1991  生命科学基礎論へのもうひとつのアプローチ―内在性重視の生命論プログラムの開発―  単著   
Sophia LifeScience Bulletin  , 上智大学生命科学研究所  , Vol.9  , 81-89  , 1991/12   

概要(Abstract) 生命を対象とした科学・学問の方法論探求の実践的試みとして、いのち生命の論理体系化を自己内在に問う「自己知」と「自己表現トレーニング」及び、人間関係科の体験学習法による生命論を生命科学基礎論の視点で論じた。 

備考(Remarks)  

1989  Tグループと霊性教育  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 7号  , 49-59  , 1990/03   

概要(Abstract) TグループのグループダイナミックスとグループのLife Lineのデータ化を通してTグループのいのちが人間性・霊性を育てる特性があることを示唆した。キリスト教教育と限定されることなくTグループによるスピリチュアルトレーニングの可能性を提示した。 

備考(Remarks)  

1988  科学(人)と宗教(人)の対話(進化論論争教授会論争にみる発想法の異文化)  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 6号  , 115-125  , 1989/03   

概要(Abstract) 科学と宗教の対話、ものとこころの対話とは何か。如何に有り得るのかという課題を、近代科学と人間のコミュニケーションの視点から考察する。 

備考(Remarks)  

1987  現代科学における個と集団の問題をめぐって ― 原子論からバイオホロニックの発想まで ―  単著   
「人間関係」  , 人間関係研究センター  , 5号  , 55-68  , 1988/03   

概要(Abstract) 脱近代化のキーコンセプトの提示。 

備考(Remarks)  

1986  自己表現ワークショップ報告「感情と表現:情熱とスペイン舞踏」  単著   
「人間関係」  , 南山短大人間関係研究センター  , 4号  , 71-85  , 1987/03   

概要(Abstract) 当人間関係科ワークショップ「自己表現」のプログラム記録。スペイン人と日本人の感情体験と表現法をフラメンコと能において体験的に比較し、更に、異文化間コミュニケーションについて考察する。 

備考(Remarks)  

1984  Chemical Synthesis of the 5’-terminal part bearing Cap Structure of Messenger RNA of cytoplasmic po  共著   
Nucleic Acids Research  , (London)  , Vol.12,No.6   , 2939-2954  , 1984/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 山口和夫,Iwao 中川,Mitsuo関根,畑辻 明(東工大),下遠野邦忠,蛭田庸代,三浦謹一郎(国立遺伝学研究所) 

1981  CLOSE RELATIONSHIP BETWEEN Bacillus PHAGES M2 AND NF:Physical mapping of the DNA by six restriction  共著   
J.Gen.Appl.Microbiology  , (Tokyo)  , Vol.27  , 353-356  , 1981/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) (共同研究者)松本幸次,蛭田庸代,水上由紀子,広川秀夫(上智大生命科学研究所) 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]