研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

21 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  Memories Trick; Memories Mix: Transparent Things  単独  2016/09/23 
International Conference: Vladimir Nabokov and the Fictions of Memory  , International Vladimir Nabokov Society, SWPS University   

概要(Abstract) ナボコフ晩年の中篇小説Transparent Thingsにおける記憶の作用を欺瞞、場所への所属、進化、混合に分類して論じた。 

備考(Remarks)  

2015  ワークショップ 『アーダ』第1部第38章を読む  共同  2015/11/21 
日本ナボコフ協会2015年度秋の研究会  , 日本ナボコフ協会   

概要(Abstract) Vladimir Nabokov後期の大作_Ada_において最長の章である第1部第38章を取り上げ、7名の報告者がそれぞれに選択した、作品全体に及ぶテーマについて論じた。テーマは、ドロフォン(水電話)、アンチテラ、血統、スパイ小説、冷戦小説、ロシア文学関連、フランス文学関連である。報告者の一人として、血統をテーマに、作品の前景となっている主人公二人の関係以外に同章で暗示されている複数の近親相姦の可能性について論じた。
報告者:若島正(座長)、三浦笙子、寒河江光徳、メドロック麻弥、後藤篤、Richard Smith、中田晶子。 

備考(Remarks)  

2012  ナボコフ国際学会“Nabokov Upside Down 2012”報告   共同  2012/11/17 
日本ナボコフ協会2012年秋の研究会  , 日本ナボコフ協会   

概要(Abstract)  2012年1月10日―13日にNew ZealandのAuckland Universityにて開催された国際学会"Nabokov Upside Down:International Vladimir Nabokov Conference"についての報告を三名の参加者がおこなった。
 内容と分担は次のとおり。学会全体の紹介と総括(中田)、当学会に見るナボコフ批評の傾向と最新の動向(若島正・京都大学)、注目すべき研究発表の報告(三浦笙子・東京海洋大学名誉教授)。 

備考(Remarks)  

2011  What Norman Rockwell Is Doing in Lyne’s Lolita  単独  2012/01/12 
Nabokov Upside Down Conference 2012  , The University of Auckland   

概要(Abstract) What Norman Rockwell Is Doing in Lyne’s Lolita
Adrian Lyne監督の映画『ロリータ』がノーマン・ロックウェルのイメージを多用することによって、ハンバートの語りに隠されたロリータの望むもの、ハンバートが見過ごした真のアメリカの姿、夢見られながら実現しないいくつもの夢を示すことを可能にしたことを論じた。
 

備考(Remarks)  

2010  Some Spiritual Subtexts Hidden in Transparent Things  単独  2010/03/25 
The International Nabokov Conference in Kyoto, 2010   , 日本ナボコフ協会  , Revising Nabokov Revising: The Proceedings of the International Nabokov Conference  , The Nabokov Society of Japan  , 169-74   

概要(Abstract) コープイン京都にて開催されたThe International Nabokov Conference in Kyoto, 2010での発表。
Transparent Thingsに隠された心霊的サブテクストをSherlock Holmes (Sir Arthur Conan Doyle), The Boston Strangler (Peter Hurkos), “The Vane Sisters”の三篇を中心に論じた。

 

備考(Remarks)  

2009  ワークショップ「The Original of Lauraを読む」  共同  2009/11 
日本ナボコフ協会2009年度秋の研究会  , 神戸松蔭女子大学   

概要(Abstract) 司会兼報告者: 中田晶子、報告者: 加藤光也、Jushua Wittig=11月中旬に出版されたばかりのナボコフ未完の遺作 The Original of Lauraに果敢に挑戦する試みである。加藤氏が#IThe Original of Laura#I読みの可能性について、Wittig氏がテクストの身体性について論じた。中田報告=前半が最晩年の作家の執筆活動から破棄を命じた遺言、そして死後40数年を経て遺作出版に至るまでの紆余曲折の報告、後半ではTransparent Things、”Spring in Fialta”と比較しながらの作品分析を試みた。

 

備考(Remarks)  

2008  Film: Alfred Hitchcock, The Birds  共同  2008/12 
日本アメリカ文学会中部支部12月特別例会ワークショップ  , 名城大学   

概要(Abstract) ヒッチコックの映画『鳥』(1963)について専門を異にするアメリカ文学の研究者がそれぞれの視点から分析した。コメンテータ: 武田 悠一・梶原 克教・中田 晶子・山口 均。=担当部分: 作品内の「水」のイメージを中心に分析し、人間を襲う鳥として想像されていた人魚の原型的イメージと、それによって「攻撃する」「誘惑する」という二重の性質がヒロインに結びつけられていることを明らかにした。

 

備考(Remarks)  

2007  ナボコフの<父たち>  単独  2007/04/21 
名古屋大学英文学会第46回大会  , 名古屋大学   

概要(Abstract) ナボコフの実父と文学における「父たち」をテーマに論じる。暗殺された自由主義の政治家であった父は、終生ナボコフにとって尊敬と敬愛の対象であった。自伝の中に登場する「描かれない父」、小説に登場する「駄目な父親像」と「優れた父親像(死者)」、伝記に描かれる「反・父」としてのニコライ・チェルヌイシェフスキイ、文学上の「父」であるアレクサンドル・プーシキンをとりあげた。

 

備考(Remarks)  

2005  『エヴゲニー・オネーギン』第八歌における諸問題について  単独  2005/11/19 
21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第35研究班「翻訳の諸相」第1研究班第18回例会  , 京都大学大学院文学研究科   

概要(Abstract) Alexandr Pushkin. Eugene Onegin. Translated from Russian with a Commentary, by Vladimir Nabokov. (Princeton University Press, 1975) の第8歌、1連から14連について発表した。この部分の重要な点は、プーシキンが詩を志したリツェイ(貴族学校)の若き日の追憶から、当時生徒だったプーシキンの才能を認めた老詩人デルジャーヴィン、若きプーシキンが師事し、生涯の友となったジュコフスキイ、プーシキンが影響を受けたカラムジンら当時のロシアを代表する詩人たちとの関わり、ジュコフスキイ率いるアルザマス会とシシコフ率いる古文体擁護派の論争が論じられ、それぞれの詩人、文人に対するナボコフの評価が興味深い。

 

備考(Remarks)  

2004  シンポジウム「スクリーン上のナボコフ――映画と小説の間」  共同  2004/06/05 
日本ナボコフ協会第6回大会  , 東京大学   

概要(Abstract) シンポジウム「スクリーン上のナボコフ――映画と小説の間」
報告者: 中田晶子(兼司会)、諫早勇一、若島正、柿沼伸明、鈴木聡〓映画化されたナボコフ作品4編について、映画と原作の比較による分析をおこなう。中田報告〓「Adrian LyneのLolita」「原作に忠実な映画化」をめざしたラインの『ロリータ』が、意図に反して、どのように原作を裏切っているかを示すと共に、Norman Rockwellのイラストレーションのイメージを多用することにより、原作の隠れた意味を引き出していることを明らかにする。

 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]