研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

39 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  Veenの血脈  単著   
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , Vol. 9  , 52-57  , 2017/03/01   

概要(Abstract) 2015年の学会報告に基き、 Vladimir Nabokov後期の大作Adaにおいて最も長い章である第1部第38章を取り上げ、作品全体に及ぶテーマである血統の問題とその語りの問題を扱った。作品の前景となっている主人公二人の関係以外に同章で暗示されている複数のインセストの可能性、隠された親子・兄妹関係の可能性について論じた。 

備考(Remarks)  

2015  潜在と顕在―ナボコフにおける父の形象―  単著   
英米文学における父の諸変奏―安田章一郎先生百寿記念論集―  , 英宝社(名古屋大学英文学会)  , pp. 153-177  , 2016/3/20   

概要(Abstract) 安田章一郎名古屋大学名誉教授の百寿を記念して英米文学における「父」を主題に編まれた論集である。安田名誉教授の巻頭エッセイ「父」に続く本編は「父との相克と和解」「問題を抱える父」「変貌する父の表象」「父へと遡る」の4部から成る。
 第2部所収の拙論「潜在と顕在―ナボコフにおける父の形象―」は、自身の父とは対照的にナボコフの長編小説に登場する父がすべて問題のある父ばかりであること、後期の長編2編では奇妙な形で作品に潜在する父がナボコフの創作活動の新たな可能性を示すことを論じている。
 

備考(Remarks) 査読あり 

2014  Ada or Ardor Aquatically -- 水の主題で読む『アーダ』 (1969)  単著   
『アカデミア』文学・語学編   , 南山大学  , 第97号  , pp. 21-48  , 2015/01   

概要(Abstract) ナボコフ後期の大作Ada or Ardor: A Family Chronicle (1969)は、ロシア貴族一族の年代記であるが、様々なジャンルを踏襲し、多方向に複雑に発展する小説である。一見すると老年に達した作家が自由奔放に書いた作品と見えるが、実際は、完成度が高いとされるLolitaPale Fireに勝るとも劣らない緻密さで構成されており、張り巡らされたいくつもの主題の線に沿って作品の細部を詳細にたどることによって初めて作品の構成を理解することができる。本論では、全篇にわたってプロットを動かすと共に収束させる役割を果たしている水の主題を中心に論じる。 

備考(Remarks)  

2013  映画『鳥』(1963)の多義性  単著   
『アカデミア』文学・語学編  , 南山大学  , 第95号  , pp. 41-64  , 2014/01   

概要(Abstract) Alfred Hitchcockによる映画の中で際立って特異な作品であり、毀誉褒貶も極端なThe Birdsを多義性から読み解く。鳥の襲撃の理由、主要登場人物の運命、「不在の父」と3人のMitch、Melanieをめぐるサイレンのイメージ、消えたエンドマーク等の要素それぞれに多義性がからみ、単純なプロットの中に複雑な難解さを生みだすことを示す。 

備考(Remarks)  

2011  The Last Muse Escapes the Text  単著   
Nabokov Online Journal  , International Vladimir Nabokov Society, Dalhousie University  , Vol. V  , pp.1-10  , 2012/3/9   

概要(Abstract) ナボコフ未完の遺作The Original of Laura特集号に掲載されたもの。
死と死に際しての認識の主題に関するTransparent Thingsとの比較、ヒロインとテクストの関連についてTransparent ThingsのArmande、"Spring in Fialta"のNinaと比較し、最晩年の作家の意外な姿勢を明らかにする。
 

備考(Remarks) 査読あり
http://etc.dal.ca/noj/articles/volume5_6/8_Akiko%20Nakata_PDFf.pdf 

2010  『ローラ』をめぐる欲望―遺作が姿を現すまで   単著   
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , no. 3  , pp. 31-39  , 2010/11   

概要(Abstract) ナボコフ未完の遺作となったThe Original of Lauraが2009年に出版されるまでの紆余曲折と様々な「事件」を中心に論じた。
 

備考(Remarks) 新情報にもとづく加筆修正版が邦訳『ローラのオリジナル』(若島正訳、作品社刊、2011年)の「解題」として出版された。(pp. 191-205)  

2010  Some Spiritual Subtexts Hidden in Transparent Things  単著   
Revising Nabokov Revising: The Proceedings of the International Nabokov Conference 2010   , Kyoto University  , pp. 169-174  , 2010/04   

概要(Abstract) 2010年3月に京都で開催されたナボコフ国際学会の発表論文。Transparent Things(1972)に隠された異界につながるサブテクストをConan Doyle, Peter Hurkos, 短編"The Vane Sisters"を中心に論じた。 

備考(Remarks)  

2009  見えないユダヤ人--半世紀後に読む『ロリータ』  単著   
南山短期大学紀要  , 南山短期大学  , vol. 37  , pp. 45−67  , 2009/12   

概要(Abstract) 『ロリータ』出版から半世紀が経過したために見えるようになったこと、また現在の読者には見えなくなったことを論じる。小説の底に流れている当時のユダヤ人差別と、ユダヤ人難民に自らのアイデンティティを近づけようとするかに見えるハンバートの奇妙な行動を追う。 

備考(Remarks)  

2009  A Failed Reader Redeemed: “Spring in Fialta” and The Real Life of Sebastian Knight  単著   
Nabokov Studies  , International Vladimir Nabokov Society (Davidson, NC)  , Vol. 11  , pp. 101-125  , 2009/09   

概要(Abstract) Nabokov初期の短篇”Spring in Fialta”の語り手VictorをNinaの真実の姿を読み得なかったことから彼女を失ってしまう「失敗する読者」と位置づけ、彼がやがてThe Real Life of Sebastian Knight のVとしてもう一人のNinaの真実の姿を読み取ることに成功すること、また作品の枠を超えて連続するそのエピソードにこめられたNabokovの伝記的意味を明らかにする。 

備考(Remarks) 査読あり 

2008  薔薇とトパーズ--Lolita: A Screenplay  単著   
南山短期大学紀要  , 南山短期大学  , Vol. 36  , pp. 3-30  , 2008/12   

概要(Abstract) ナボコフがStanley Kubrick監督の映画Lolita(1962)のために書いたシナリオを元に編集、出版したLolita: A Screenplay (1974)を原作の小説Lolita(1955/58)と比較し、シナリオにおいて明らかにされた、小説の語り手が語らなかったこと、シナリオにおける映画的手法、シナリオにおいて重要な意味を持つ落雷、トパーズ、サングラス、薔薇の4つの主題について論じた。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]