研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

21 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Annotations to Ada (24)  註釈  共著 
2017/04   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第42章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
http://vnjapan.org/main/ada/Ada42.pdf  

備考(Remarks)  

2014  Annotations to Ada (21)  註釈  共著 
2014/08   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第39章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
http://vnjapan.org/main/ada/Ada39.pdf 

備考(Remarks)  

2014  Annotations to Ada (23)  註釈  共著 
2014/08   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第41章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
http://vnjapan.org/main/ada/Ada41.pdf 

備考(Remarks)  

2013  国際学会報告 Nabokov Upside Down: International Vladimir Nabokov Conference, University of Auckland 2012  寄稿  共著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , 第6巻  , 44-54  , 2013/11   

概要(Abstract) 2012年1月にNew ZealandのAuckland Universityにて開催された国際学会"Nabokov Upside Down:International Vladimir Nabokov Conference 2012"に参加した三名による学会報告。学会全体の紹介と総括については中田が、当学会での研究発表に見られる近年のナボコフ研究の傾向と今後の動向については若島正京都大学教授が、最も印象深かった研究発表としてRobert Alter氏による基調講演とRene Alladaye氏, Dana Dragunoiu氏の発表を三浦笙子東京海洋大学名誉教授が担当した。  

備考(Remarks)  

2011  Annotations to Ada (19)  注釈  共著 
2011/07   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第37章の註釈。日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada37withBB.pdf
 

備考(Remarks)  

2011  Annotations to Ada (20)  註釈  共著 
2011/07   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第38章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada38withBB.pdf 

備考(Remarks)  

2009  見えないユダヤ人  寄稿  単著 
Apied  , 15号  , 29-31  , 2009/09   

概要(Abstract) 『ロリータ』特集号の中の一篇として、ナボコフの代表作『ロリータ』の中に隠れている「ユダヤ人の主題」を第二次大戦後にアメリカに渡って来たユダヤ系フランス人の難民少女エヴァ・ローゼンを中心に論じた。 

備考(Remarks)  

2009  Annotations to Ada (18)  注釈  共著 
日本ナボコフ協会公式ホームページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.html   , The Kyoto Reading Circle  , 2009/06   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第36章の註釈。日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada36withBB.pdf
 

備考(Remarks)  

2009  Annotations to Ada (17)  注釈  共著 
日本ナボコフ協会ホームページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.html   , 2009/06   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第35章の註釈。日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.html 上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada35withBB.pdf
 

備考(Remarks)  

2009  Book Review. Leland de la Durantaye, Style is Matter: The Moral Art of Vladimir Nabokov  書評  単著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , no. 2  , 65-68  , 2009 11   

概要(Abstract) Leland de la Durantayeの研究書Style is Matter: The Moral Art of Vladimir Nabokovをナボコフにおけるモラル、残酷さ、芸術と倫理、特殊と普遍、幻惑等の扱いを中心に論じた。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]