研究者詳細

その他研究業績
分割表示 >>   全件表示

21 件中 1 - 21 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Annotations to Ada (24)  註釈  共著 
2017/04   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第42章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
http://vnjapan.org/main/ada/Ada42.pdf  

備考(Remarks)  

2014  Annotations to Ada (21)  註釈  共著 
2014/08   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第39章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
http://vnjapan.org/main/ada/Ada39.pdf 

備考(Remarks)  

2014  Annotations to Ada (23)  註釈  共著 
2014/08   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第41章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
http://vnjapan.org/main/ada/Ada41.pdf 

備考(Remarks)  

2013  国際学会報告 Nabokov Upside Down: International Vladimir Nabokov Conference, University of Auckland 2012  寄稿  共著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , 第6巻  , 44-54  , 2013/11   

概要(Abstract) 2012年1月にNew ZealandのAuckland Universityにて開催された国際学会"Nabokov Upside Down:International Vladimir Nabokov Conference 2012"に参加した三名による学会報告。学会全体の紹介と総括については中田が、当学会での研究発表に見られる近年のナボコフ研究の傾向と今後の動向については若島正京都大学教授が、最も印象深かった研究発表としてRobert Alter氏による基調講演とRene Alladaye氏, Dana Dragunoiu氏の発表を三浦笙子東京海洋大学名誉教授が担当した。  

備考(Remarks)  

2011  Annotations to Ada (19)  注釈  共著 
2011/07   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第37章の註釈。日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada37withBB.pdf
 

備考(Remarks)  

2011  Annotations to Ada (20)  註釈  共著 
2011/07   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第38章の註釈とAuckland大学Brian Boyd教授によるコメント。
日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada38withBB.pdf 

備考(Remarks)  

2009  見えないユダヤ人  寄稿  単著 
Apied  , 15号  , 29-31  , 2009/09   

概要(Abstract) 『ロリータ』特集号の中の一篇として、ナボコフの代表作『ロリータ』の中に隠れている「ユダヤ人の主題」を第二次大戦後にアメリカに渡って来たユダヤ系フランス人の難民少女エヴァ・ローゼンを中心に論じた。 

備考(Remarks)  

2009  Annotations to Ada (18)  注釈  共著 
日本ナボコフ協会公式ホームページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.html   , The Kyoto Reading Circle  , 2009/06   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第36章の註釈。日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページ上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada36withBB.pdf
 

備考(Remarks)  

2009  Annotations to Ada (17)  注釈  共著 
日本ナボコフ協会ホームページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.html   , 2009/06   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第35章の註釈。日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.html 上に掲載。
ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/Ada35withBB.pdf
 

備考(Remarks)  

2009  Book Review. Leland de la Durantaye, Style is Matter: The Moral Art of Vladimir Nabokov  書評  単著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , no. 2  , 65-68  , 2009 11   

概要(Abstract) Leland de la Durantayeの研究書Style is Matter: The Moral Art of Vladimir Nabokovをナボコフにおけるモラル、残酷さ、芸術と倫理、特殊と普遍、幻惑等の扱いを中心に論じた。 

備考(Remarks)  

2004  シンポジウム「スクリーン上のナボコフ―映画と小説の間」要旨  寄稿  共著 
KRUG   , 日本ナボコフ協会  , 6巻1号  , 14-25  , 2004/12   

概要(Abstract) 中田担当=「主旨説明」14頁、「Adrian LyneのLolita(1997)」23-25頁〓「主旨説明」:同年6月日本ナボコフ協会大会第6回大会で行われたシンポジウムの司会として、シンポジウム全体の主旨を説明した。ナボコフの小説の映画化作品5編をとりあげ、原作と比較しながら映画と小説の可能性について論じた。「Adrian LyneのLolita(1997)」:同シンポジウムの講師として最も新しいエイドリアン・ラインの映画『ロリータ』の功罪と映画化によって小説のよみに新しい可能性が加わることについて論じた。 

備考(Remarks)  

2003  Annotations to Ada (4)  注釈  共著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , 5/1  , 27-33  , 2003/12   

概要(Abstract) Annotations to Ada (4)
The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第14章から第16章までの註釈。 

備考(Remarks) 日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.htmlに転載。ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/ada4.html

 

2003  文献解題 Priscilla Meyer, “Lolita and Onegin”  寄稿  単著 
『人文知の新たな総合に向けて―21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」第一回報告書』  , 京都大学大学院文学研究科  , 2003/10   

概要(Abstract) Find What the Sailor Had Hidden (Middletown, CT: Wesleyan UP, 1988)の序章であるこの論考は、ナボコフの『ロリータ』をプーシキンの『オネーギン』のナボコフによるもうひとつの翻訳として読み解く、というきわめて独創的な論を展開する。『オネーギン』の翻訳では完璧な「逐語訳」をめざしたナボコフが、『ロリータ』では、19世紀のロシア文学における記念碑的作品『オネーギン』を1950年代のアメリカ文学の記念碑的作品の中に時空を超えて「意訳」を行ったとする。プーシキンは『オネーギン』において西欧文学の伝統をロシアの文化に同化させることに成功した。この論考では、ナボコフがその『オネーギン』をさらにアメリカの文化に同化させたことを様々な観点から論証している。初出:『TRANS「『翻訳』の諸相」ニューズレター』No.2(平成15年5月):4-5頁。 

備考(Remarks)  

2003  ペテルブルグNabokov 101――ボイド、ドリーニン教授のセミナー報告  寄稿  共著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , 1/2  , 29-32  , 2003 05   

概要(Abstract) 寄稿
執筆者=三浦笙子、中田晶子〓前年夏に参加したペテルブルグでのナボコフサマースクールの報告である。中田報告=Alexandre Dolinin教授のセミナーとペテルブルグ市立図書館で開催されていたナボコフ展の報告を担当した。(中田担当 31-32頁) 

備考(Remarks)  

2002  Annotations to Ada (3)  注釈  共著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , 4/1  , 11-13  , 2002/12   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第11章から第13章までの註釈。 

備考(Remarks) 日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.htmlに転載。ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/ada3.html

 

2002  「ナボコフ『透明な対象』ノート」  注釈  共著 
ウラジ-ミル・ナボコフ著、若島正・中田晶子訳『透明な対象』  , 国書刊行会  , 167‐198  , 2002/11/25   

概要(Abstract) ウラジ-ミル・ナボコフの小説Transparent Things (1972)の翻訳に約30頁にわたる注釈を付した。
 

備考(Remarks)  

2002  Annotations to Ada (2)  注釈  共著 
KRUG3巻2号:.  , 日本ナボコフ協会  , 3/2  , 26-29  , 2002/06   

概要(Abstract) The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第6章から第10章までの註釈。 

備考(Remarks) 日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.htmlに転載。ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/ada2.html
 

2001  (書評)『ナボコフ短篇全集I』ウラジーミル・ナボコフ著 諫早勇一ほか訳  書評  単著 
『同志社時報』  , 同志社大学  , 第112号  , 66  , 2001 10   

概要(Abstract) 本書は、日本ナボコフ協会員のロシア文学研究者と英文学研究者による共同作業であるナボコフの全短篇翻訳プロジェクトの成果である。自己翻訳も多かったナボコフの「原典」は何語によるものか、の問題提起も含め、記念碑的な翻訳である。 

備考(Remarks)  

2000  Annotations to Ada (1)  注釈  共著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , 1/2  , 17-25  , 2000/04   

概要(Abstract) 1.共同
The Kyoto Reading Circle(『アーダ』読書会)によるVladimir Nabokovの小説Ada(1969)第1部第1章から第5章までの註釈。 

備考(Remarks) 日本ナボコフ協会ホームページ・京都ナボコフ読書会のページhttp://vnjapan.org/main/ada/index.htmlに転載。ページアドレス:http://vnjapan.org/main/ada/ada1.html
 

1999  半世紀後の「最終証言」―Conclusive Evidence第16章  寄稿  単著 
KRUG  , 日本ナボコフ協会  , Vol.1/no.1  , 10-14  , 1999/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1999  日本ナボコフ協会発足大会シンポジアム報告―「『フィアルタの春』を読む」  寄稿  共著 
KRUG   , 日本ナボコフ協会  , 1巻1号  , 4-7  , 1999/09   

概要(Abstract) 日本ナボコフ協会発足大会 ナボコフ生誕100年記念シンポジアム「『フィアルタの春』を読む」の報告。執筆者=諫早勇一、中田晶子、毛利公美。中田報告=同短編の語り手Victorをナボコフ小説世界の「失敗する読者」として位置づけ、彼の読みの失敗がもたらしたものを探る。(5-6頁) 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]