研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

11 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2019  医療現場における芸術についての一考察:アメリカ医療現場で実践されている芸術活動を一例にして  単独  2019/11/10 
臨床美術学会第11回大会  , 臨床美術学会   

概要(Abstract) 本発表は、2019年度に東京家政大学狭山キャンパスで行われたポスターセッションでの発表である。アメリカにおける医療現場で芸術活動がどのように取り入られているかを紹介し、日本の臨床現場における芸術活動の展開の可能性を考察している。 

備考(Remarks)  

2018  Enku's truth: the art of a Japanese Buddhist monk  単独  2018/9/29 
The 19th Biennial Conference for the International Society for Religion, Literature and Cutlure  , Society for Religion, Literature and Culture   

概要(Abstract) In this presentation, one of the Japanese monks, Enku, and his artistic Buddhist sculpture was introduced and discussed from the Japanese cultural perspective under the influence of Japanese Buddhist religion.  

備考(Remarks)  

2018  アートベース・リサーチの展開としてのアートベースによる自己探求について  単独  2018/8/11 
第67回日本美術教育学会学術研究大会三重大会  , 日本美術教育学会   

概要(Abstract) 本発表では、美術の授業において学生のふりかえりの一貫としてコラージュを実施した実践活動を基に、その結果について、質的研究を実施し、そしてその意義について考察しまとめた。 

備考(Remarks)  

2017  Communicating with your inner tree  単独  2018/3/9 
The Creative Therapies in the Helping Relationship: Psychotherapy and Spiritual Care  , St. Paul University (Ottawa, Canada)   

概要(Abstract) 日本文化における身体論には丹田の概念は重要である。身体のバランスと心のバランスを養う上で瞑想活動は有益であることが西欧の社会科学の領域でも論証されている。今回のワークショップでは、丹田に意識した呼吸法が日本における様々な身体活動、瞑想だけではなく芸術や武道などにも取り入れられていることも鑑み、参加者とともに樹木呼吸法と言うヨガの瞑想法を用いて、丹田に注意を向けた呼吸を体験し、その後自由に木のイメージを表現するという体験をしていく。そして、心と体の調和に丹田がどのような影響があるのか、またイメージ活動にどのように効果があるのかなどを検討していく。 

備考(Remarks)  

2017  美術教育に瞑想を取り入れたプログラム化の試み  共同  2017/9/9 
日本人間性心理学会第36回大会  , 日本人間性心理学会   

概要(Abstract) 本発表は、美術教育にヨガの瞑想法である樹木呼吸法を取り入れることでの効果について、美術の授業実践と受講生の気づきから見えてきたプログラムとしての有効性を考察している。 

備考(Remarks)  

2015  美術教育の視点から見たアメリカ合衆国におけるアートセラピーの展開についての一考察  単独  2015/9/20 
第54回大学美術教育学会横浜大会  , 日本教育大学協会全国美術部門協議会、大学美術教育学会  , 平成27年度日本教育大学協会全国美術部門協議会、第54回大学美術教育学会[横浜大会 研究発表概要集]  , 中西印刷株式会社  , 0   

概要(Abstract) アメリカにおけるアートセラピーの展開に美術教育的側面がどのように影響を及ぼしたのかをイーデス・クレーマーの「治療としての芸術」を手がかりとして、考察している。 

備考(Remarks)  

2014  大学コミュニティと学生相談についての一考察―小規模短期大学コミュニティのメリットを学生相談のメリットにつなげる―  単独  2014/5/18 
日本学生相談学会第32回大会  , 日本学生相談学会   

概要(Abstract) 本発表は、大学コミュニティの規模の違いによって生じる学生相談活動上のメリットとデメリットについて、特に小規模大学コミュニティの事例を取り上げ、デメリットをカバーし、メリットを活かす上で担当者がどのようにコミュニティとつながりを持てるのかを考察したものである。 

備考(Remarks)  

2014  樹木呼吸法と木の写生とのコラボレーションの可能性  共同  2014/10/12 
日本人間性心理学会第33回大会  , 日本人間性心理学会   

概要(Abstract) 本発表は、芸術活動を通して健康的人格統合にむけて働きかけることができる心理治療の一つであるアートセラピーの考え方を美術教育の中で取り組む試みからの考察を紹介したポスター発表である。美術の授業の中で実施される写生活動と龍村ヨガ研究所が考案した「樹木呼吸法」の両者を取り入れた時のホリスティックヘルスに向けての相乗効果の可能性を探っている。「こころ」と「からだ」と「知」の統合に向けて働きかけることができることを考察していく。 

備考(Remarks)  

2013  Art and Therapy: Creative Wellbeingに向けて  単独  2013/6/5 
人間関係研究センター 定期研究会   

概要(Abstract) アートセラピーにおける芸術は、人間の創造性を生かす活動である。そこで、アートセラピーとは何かという定義を紹介し、実際に発表者が「美術3,4」で実践している木を描く活動を紹介し、芸術活動が人格形成上、統合に向けて働きかけることができることを論じている。Positive Psychology(ポジティブ心理学の視点から、創造的芸術活動が、個々のWellbeingに有効に働きかけていることを紹介している。 

備考(Remarks)  

1998  小2女子との面接  単独  1998/10/10 
箱庭療法学会第12回大会  , 日本箱庭療法学会   

概要(Abstract) 本発表では、不登校で来談した小学2年女子との面接課程で本児童がつくった箱庭のイメージを中心に本児童の内的プロセスを振り返り、その治療過程の意味を考察していった。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]