研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
浅野 享三 ( アサノ ケイゾウ , ASANO Keizo )
所属
Organization
短期大学部英語科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

英語科教育、英語教育(Teaching English to Speakers of Other Languages)

学会活動
Academic societies

2005(平成17)年4月 大学英語教育学会(現在に至る)
2007(平成19)年4月 中部地区英語教育学会(現在に至る)
2008(平成20)年4月 短期大学英語教育研究会(現在に至る)
2008(平成20)年4月 日本リメディアル教育学会(現在に至る)
2009(平成21)年4月 全国英語教育学会(現在に至る)
2010(平成22)年9月 大学行政管理学会(~2014年3月)
2013(平成25)年4月 日本読書学会(現在に至る)
2013(平成25)年4月 国際表現言語学会(現在に至る)

社会活動
Community services

2005(平成17)年10月 第13回愛知県高等学校英語弁論大会地区予選会(名古屋・瀬戸地区) 審査員(〜2007年)
2005(平成17)年10月 第19回愛知県中学生英語弁論大会 審査委員長(現在に至る)
2008(平成20)年 2月 名古屋市立名東高校 スピーチコンテスト 審査員(現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (21)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (20)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
南山大学外国語学部英米科 1977年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
米国コロンビア大学教育大学院(Teachers College Columbia University, New York)英語を母語としない人への英語教授法(Teaching English to Speakers of Other Languages) 修士課程  1981年10月  修了 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 Master of Arts    コロンビア大学教育学部大学院TESOL専攻  1981年10月 
学士 学士    南山大学外国語学部英米科  1977年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  これからの外国語(英語)教育および英語科教育法 

概要(Abstract) テクノロジーの進化に伴い変容する学校環境と社会環境の中で外国語(英語)教育が中等教育・高等教育で果たす役割について、正課授業実践と課外活動を通じて実証的に明らかにする。 

短期研究  Readers Theatreをはじめとするパフォーマンスを通した共感的外国語教授法 

概要(Abstract) 外国語(英語)教育が「勝者」を生み出すと同時に「敗者」を生み出してきた点に鑑みて,より多くの人々と協同して学ぶことを経て他者に共感できる人間を育成する教授法・学習法を研究する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2017  新いつでもどこでも群読  共著  ISBN978-4-87498-627-1 C0037 
株式会社高文研  , A5  , 6 p.  , 2017/07/20   

概要(Abstract) 日本語群読の範疇で「英語群読」としているが,Readers Theatreを実践し,その手順・留意点・今後の課題について執筆したもの。スピーキング力向上を望む大学生の期待に英語会話ではなく英文読解授業を通して応える実践を紹介した。併せて,James Thurber作,The Unicorn in the Garden from Fables for Our Timeの原文を,Readers Theatreスクリプトとして作成した。 

備考(Remarks)  

2012  学士力を支える学習支援の方法論  共著  ISBN978-4-7795-0700-7 
株式会社ナカニシヤ出版  , A5  , 355 p.  , 2012/12/25   

概要(Abstract) 8つの章と13つのコラム,学習支援関連用語集とからなる。第1章の「概説:学習支援と学士力」では,学習支援場面における教育・支援方法を考える上での基本的な枠組みを確認するために,「学習支援」の定義づけ,アメリカの学習支援の紹介,「学士力」概念に関する解釈,教育・支援プログラム(サービス)および教授法・教育方法の概観などをおこなった。
次に第2 章の「教育・学習支援方法」では,学習支援を用いた授業技法のあり方を提起することに加えて,学習支援実践の場面で有効な方法論の可能性にも言及した。第3 章から第8 章では,教育・支援方法の実践事例を紹介した。それらは,学修年次全体を意識した内容になっている。そして「コラム」をもって各章の内容を補った。また「学習支援関連用語集」では,現在学習支援場面で使用されているタームを実践者の立場から整理した。ちなみに,第1 章・第2 章は学習支援に関する理論的要素を含んだ概説的内容(第2 章は実践事例含む),いっぽう第3 章から第8 章は実践事例の紹介というように,それぞれの趣きは異なるが,前者から後者への有機的な連続性はもたせている。
(「まえがき」より、一部修正し抜粋) 

備考(Remarks) 第5章第4節の執筆「教職課程の履修にふさわしい学生を育てる学習支援」pp.179-185 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  音読劇をテーマとした外国語科教員免許状更新講習に関する考察  単著   
南山大学教職センター紀要  , 南山大学教職センター  , 第1号  , pp. 30-37  , 2017/03/31   

概要(Abstract) 平成26(2014)~28(2016)年度に担当した選択領域教員免許状更新講習(以後,講習)に論拠する外国語教育分野の更新講習に関する考察である。主な目的は2つある。1つは,過去3回の講習内容・方法等について具体的に記録し,今後の講習内容等の検討に資するためである。そして2つ目が,講習受講者が残した事後評価や記述コメントを分析し,音読劇をテーマとした講習が妥当かどうかについて論考することである。従い,本学の講習認定大学としての在り方や,他の外国語教育分野の講習について分析や評価を試みるものではない。

 

備考(Remarks)  

2016  Ernest HemingwayのCat in the Rain:学生による文学作品読解と表現音読  単著   
『アカデミア文学・語学編』  , 南山大学  , 100巻  , pp. 99-115  , 2016/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  教科書説明文の脚本化による高校生向け音読指導  単著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 99巻  , pp. 25-40  , 2016/01   

概要(Abstract) This paper has two purposes. One is to provide a detailed description on how to script a passage taken from a MEXT authorized high school English textbook in order to show that Readers Theatre scripts need not be made from narrative English, a common assumption. In fact, this notion often prevents teachers from applying Readers Theatre to their English lessons. The other purpose is to describe a sample lesson conducted for a group of Japanese senior high school students by the author, examining the Readers Theatre instruction based on the feedback taken from them. He concludes that the students became more aware of the existence of the teacher during the lesson than the contents taught by him and that the high school students realized oral reading was communication pracitce as well through Readers Theatre techniques. The author also includes in his conclusion that the students studies English in a fun way by Readers Theatre. 

備考(Remarks)  

2015  これからのリメディアル教育  単著  ISSN 1881-0470 
リメディアル教育研究  , 日本リメディアル教育学会  , 第10巻第1号  , pp. 22-23  , 2015/03/31   

概要(Abstract) 以前「分数が分からない」「be動詞を知らない」大学生の出現時に,英語のカナ書きである「ディベロップメンタル」より,馴染みはなくとも日本語音声として通りやすい「リメディアル(以後,リメ)」の方が,新たな現象をより適切に表現したのではないかと中西他(2009)1)は推測した。以後カタカナゆえに「リメ」は「感覚的に使用している」(中西他,2009, p.106)関係者が増え,使用範囲が広がった。折しも,「リメディアル教育(学会)がどのようにコミットしていけばよいのか」(特集趣旨より引用)について考察する機会が与えられた。本稿は,外国語教育・授業の知見を基に,これからのリメディアル教育全般に関して示唆を試みるものである。 

備考(Remarks)  

2014  英語音読劇の実践ー群読とリーダーズ・シアターの交差的視点からー  共著   
IAPL オンラインジャーナル(IAPL Online Journal)  , 国際表現言語学会(International Association  , 第2号  , pp. 19-35  , 2015/01/11   

概要(Abstract) 音読劇の一種である「群読」と「リーダーズ・シアター」の歴史的・教育的背景を概観し,その相似を明らかにする。そして交差的視点でこれら二つの音読劇の手法をとらえ,大学と短期大学における教養英語授業での音読劇の実践を紹介する。これらの実践に対する学習者の反応,教員の観察と省察をもとに,音読劇の教授方法とその有効性を論ずる。

This study of Gundoku and Readers Theatre (RT) in English gives their historical and educational
backgrounds and shows the similarities in their purposes and practices. It examines the methods of
performative read-alouds of Gundoku and RT in EFL classrooms by reporting on procedures, learners’
comments, and teachers’ observations. The paper further discusses the effectiveness of performative
oral reading for junior college and university English pedagogy. 

備考(Remarks) 査読付き論文 

2014  言語学習方略とTOEICスコアとの関連  共著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 第97号  , pp. 135-156  , 2015/01   

概要(Abstract) 英語学習に使用する学習方略を問う質問紙調査を短期大学生を対象に行った。被験者のTOEICスコアとの関連を検討しスコアの上位・中位・下位群で使用される方略の違いについて考察した。その結果,3群には認知方略の使用に差があり,上位ほど多様な方略を使用し,頻度も高いことが明らかとなった。 

備考(Remarks) 伊藤聡子・森泉哲・浅野享三(分担率:40・40・20%) 

2013  Readers Theatre 大学英語授業の実際  単著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 95  , 215-232  , 2014/01   

概要(Abstract) パフォーマンスと分類される内容の大学英語授業のうちでReaders Theatre(RT)について詳述した。実際の授業に導入できるように,授業の流れに従いステップ1から6までに分けた。また評価方法についても一案を示した。付録に授業で使用した原文とスクリプトに直した例を挙げている。 

備考(Remarks)  

2013  読解テキストを視覚化させる発問の試み  単著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 第321集第94号  , 63-102  , 2013/06   

概要(Abstract) EFL reading classes at Japanese colleges tend to focus on translating English into Japanese. Or rather, translating English into Japanese gives teachers their class objectives which students take for granted. The author does not negate the usefulness of putting texts into Japanese, which Japanese speakers of English find easy and necessary. However, a question needs to be asked: do the students really understand the texts and their message after translating them into Japanese? This article discusses the possibility of introducing visual questions, or questions to make words come alive, in EFL reading classes, based on the
author’s teaching experiences. The shift from asking fact-finding questions to asking elaborative questions in the lesson is a strong trend, but at the same time, visual questions will have their roles, too. The author describes the possibility of turning an EFL reading class into a fun reading class where integrated skills are taught by the use of visual questions.
 

備考(Remarks)  

2012  学び直し大学初年次英語とその授業  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山大学  , 第93号  , pp. 121-149  , 2013/01   

概要(Abstract) In freshman college EFL remedial classes in Japan, would it be appropriate to continue to provide students with high school English review lessons? Should we call these high school-level supplementary lessons remedial classes? The word “remedial” often connotes a negative meaning in the sense that the students are in need of repair. Yet, they should not be considered as broken or anything. Rather, these students did not get the opportunities to learn what they had hoped to study in their EFL classes at high school. This paper attempts to examine the contents of supplementary, complementary lessons at college, to find different ways of having students re-learn EFL. One such alternative is Readers Theatre in college EFL classes. Through Readers Theatre, students can acquire such skills as reading comprehension, oral reading, speaking, listening, and giving presentations, as well as problem-finding and solving, cooperating, planning, and becoming autonomous---all through the process of studying Readers Theatre.
(査読無) 

備考(Remarks) 査読無 

2012  計量テキスト分析から考察する内容理解を促進する音読指導  単著   
中部地区英語教育学会『紀要42』  , 中部地区英語教育学会  , 42  , 2013/01   

概要(Abstract)  英文を読むことに消極的であり、英文の内容理解のための方略は和文訳以外に持たず、そして音読ができない。そういう学生に大学のreading授業で遭遇するようになった。従前より実行していたparagraph reading、skimming、scanning、そしてinferenceとpredictionなど英文読解のための方略獲得を目指す授業に行き詰まり感を覚えるようになった。そこで、学生が大学で英語を学んでいくためにはこれらの方略獲得訓練を継続しながら、英文を読むことを楽しいと感じられるようなreading授業はできないものかと思案した。加えて、多くの学生の「英語が話せるようになりたい」という希望を実現するようなreading授業はどうすれば可能なのだろうかについても検討したいと考えた。可能性を模索する中で、音読劇(Readers Theatre)には実現への糸口があるのではないかとの仮説にいたった。
 一方で、音読劇(Readers Theatre)を導入した場合、英文を読むことが楽しいかどうか、また英語を話す自信がついたかどうかについてはどのような手法で検証すればよいのかが課題となった。学習効果の測定方法は、アンケートによる方式をはじめ各種あり、その分析には統計的手法により数値化・数量化した値をもって判断することが多い。しかし、この方法では授業を受けた学生自身がどう感じたのかについて、学生の感想などを記述することばがないために見えにくいことがある。だからといって、学生に感想を自由に記述させただけでは、分析時に結果の恣意性を完全に排した方法とはいえない。これらの視点を考慮して、今回は学生の自由記述による振り返り文から、計量テキスト分析の手法を利用して、内容理解を促進する音読授業の分析を試みた。
(査読有) 

備考(Remarks) 査読付き論文 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  何やってんだ,外国語(英語)教育! 人工知能時代が来る」  寄稿  単著 
月刊 新英語研究(The New English Classroom)  , 三友社出版  , 2017/05/10   

概要(Abstract) 実用超重視の感がある昨今の外国語(英語)教育は疑問である。義務として学ぶ教科が「使える」ことを主な目的にするのは,果たして教科としてふさわしいのだろうか。外国語教育はいま,「使える」結果を出さなければ,成功とはみなされない風潮すらある。取った点数や級こそが評価と言わんばかりである。日本語環境の社会で外国語教育は数々の物理的・教育的制約を受けながら実施されている。一方で世間は,必ずしも正しいとは思えない英語有用論を押し付ける。子どもたちの英語授業観を推測すると,外国語教育,イコール「入試科目」及び「使える」ようになることではないかと懸念する。
「使える」英語はしかし,本当に使える時代が来るのだろうか。近未来はさらに多くのものがインターネットとつながり,それを支える人工知能(AI)の時代である。今の半数近くの職業はコンピュータに取って代わられ,自動車は人の運転なしに走り,ロボットが人を介助する日々である。多言語自動通訳・翻訳さえ,実現するのは時間の問題と言われる。経済界の要請に応える形で推進する英語が使える人材は,皮肉なことに,コンピュータに頼らざるを得ないだろう。さらなる労働力不足と人件費高騰が予測される。日常的に相当高度な母語話者英語が使える人材は別として,「英語が使える」程度の人材の相対的価値は現在より下落するだろう。外国語教育を人材教育とだけみなす限り,避けられない結末である。
 

備考(Remarks)  

2016  江利川春雄著「英語と日本軍 知られざる外国語教育史」  書評  単著 
月刊 新英語研究(The New English Classroom)  , 三友社出版  , p.59  , 2016/12/10   

概要(Abstract) 英語を主とした外国語の教授・教育について,軍隊とりわけ日本軍という軸に沿って,豊富な資料を用いて丹念に描いた外国語教育史である。本書は同時に,学校教育という枠内で,外国語(英語)授業の目的,教授法,評価などを論じる際に見失いがちな課題について再考させる。学校英語に関わる全ての方にお勧めする好著である。
書名から連想したのはドナルド・キーン氏だった。あの流暢かつ日本語母語話者以上とも評せられる語彙をどのようにして身に着けたのかについて,かねてより関心があった。序章の「アメリカ海軍の日本語教育」には,キーン氏が学んだ海軍日本語学校の内容がある。氏はコロンビア大で学んだ後,さらに海軍でも日本語と格闘した結果,「精神を病んだり,自殺したりする者さえ出た(p.27)」中で獲得したと分かる。外国人が外国語を母語話者のように繰るとは,結局それほどのことなのだろう。
今の外国語教育の課題が『「受験英語」化する日本軍の語学』に記されている。1901(明治33)年度頃から,それまでの英語実学志向から教科として学ぶ時代に移行したという。それ以前まで課されていた会話や書取がなくなり,受験英語の時代となった。しかしそれは,実学志向の軍の外国語教育にとっては不都合なことだった。「使う必要性が乏しい一般教養的な側面」(p.108)が強まっては,戦時には役立たない。これが後々,日本軍の軍事行動の後れにつながったという。
翻って,今は「戦時」か。仮にそうだとすれば,相手は誰で,戦いの目的は何か。そして,昨今の外国語教育の評価は何によってなされるべきなのか。筆者はその答えを,第4章「戦後日本の再建と英語」に著したのではないか。敗戦後の世界情勢から米軍の対日政策があり,英語が推奨される。国民は戦争から解放され,英語とともに米国民主主義や米国文化に憧れる時代を経験した。やがて全国民が英語を学ぶこととなった。
しかし私たちは,みなが英語に堪能な「グローバル人材」に育成され,エリートになるのだろうか。キーン氏の例が示すように,生半可ことで外国語は身に着かない。外国語学習は実用ばかりではなく,多様な文化や言語を理解する手掛かりにすべきものでもある。結局のところ「人間が外国語を学ぶ究極の目的は,言語も文化も異なる他者と意思疎通を図り,平和的に共存するため(p.4)」だからではないのか。
 

備考(Remarks)  

2011  高等教育における英語授業の研究 学習者の自律性を高めるリメディアル教育  調査報告  共著 
JACET第2次授業学研究特別委員会  , pp.113-114  , 2012/03/31   

概要(Abstract) JACET第2次授業学研究特別委員会が2011年に全国から集めた高等教育における授業実践事例78のうちの一つ。「英語に苦手意識を持つ学習者へ向けた実践事例」の「英語学び直しのための英文法授業」として掲載。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
1990  財団法人石田財団研究助成受賞第II部門教育  国際理解教育の研究  1990年11月30日 
財団法人石田財団 

備考(Remarks) 学校教育の中で特に国際理解教育の側面に焦点を絞り、その理想像を探求し、かつ、実情を観察・分析したのち、具体的プログラムを提案することを目的とした。
共同研究:木村友保、浅野享三、日比野恭子、鈴木稔子 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Script-making that Facilitates Reading Comprehension and Reading-aloud -a Way of Promoting Creativity and Communication in Writing  共同  2017/08/30 
大学英語教育学会 第56回(2017年度)国際大会  , 一般社団法人大学英語教育学会   

概要(Abstract) The scripting way to be introduced in the workshop is not realized in writing a script based on the reading material, but is completed in dividing the material into the reading parts for RT performance. To give a quick example, the first two sentences of W. Saroyan’s “You Go Your Way, I’ll Go Mine” can be divided into two reading parts. The original goes: “The messenger got off his bicycle in front of the house of Mrs. Rosa Sandoval. He went to the door and knocked gently.” An example of RT reading parts will go like “The messenger got off his bicycle (Reader 1 as Narrator) in front of the house of Mrs. Rosa Sandoval (Reader 2 as the messenger). He went to the door (Reader 1) and knocked gently (Reader 2).” The example will serve to illustrate how the same sentences become real, alive, and meaningful. RT scripting can be successfully implemented in a basic EFL class because no addition or deletion of the text is made. The workshop will present three basic steps within 90 minutes: mini-lecture, making scripts, and read-aloud performance. The first step will give an overall explanation on RT, including its theoretical background. This is followed by the second step where participants in groups will be making RT scripts. In the third and final step some groups will read their scripts out loud in front of the others. The brief wrap-up session will follow then.  

備考(Remarks)  

2017  外国語(英語)が話せるようになりたいという女子学生の期待に応えんとする授業実践 (Impromptu Speech, Prepared Speech, Read-aloudを組合せて)  単独  2017/08/22 
日本リメディアル教育学会第13回全国大会  , 日本リメディアル教育学会   

概要(Abstract)  短期大学部英語科で学ぶ女子学生の伸ばしたい英語スキルの上位には,ほぼ毎年speakingが入り,学習動機は「英語が話せるようになりたいから」である[1]。他大の外国語(英語)受講学生の伸ばしたいスキルについても,speaking とlisteningが目立つ(スミス,2012)。学生の英語の授業に対する希望は「英会話ができるように」が第1位(八尋,2014,p.202)であり,短大のみならず広く学生の期待がコミュニケーション力向上であることは間違いない。
さて,正課Presentation in English授業で学生の期待に応えるために,どのような授業計画を立てて,指導を15回にわたり継続して行けば良いのかについては,毎年担当しても相当に難題である。学生の学力や学習意欲が一定ではないことに加えて,就職活動のために安定的な出席が見込めないことも要因となる。そこで,その目的や特徴が異なる3種類の言語活動を同時に経験させる方法で,期待に応えるための授業に取り組んだ。本発表は,2017年4月~7月までに実施した授業紹介である。
 

備考(Remarks)  

2017  Experience in Teaching and Learning Literacy in EFL through Readers Theatre  単独  2017/07/05 
20th European Conference on Literacy  , The Spanish Reading and Writing Association (AELE) and the University Complutense of Madrid (UCM) in cooperation with Federation of European Literacy Association and International Development in Europe Committee of the Internationa Literacy Association  , Book of Abstracts, 20th European Conference on Literacy  , The Spanish Reading and Writing Association (AELE)  , ISBN978-84-697-3696-8   

概要(Abstract) Readers Theatre (RT, hereafter) can be defined as 1) “a presentational performance based on principles and techniques of oral interpretation” (Adams, 2003, p. x); 2) a “rehearsed group presentation of a script that is read aloud rather than memorized” (Flynn, 2004, p. 360); and 3) an “integrated language arts event centering on the oral interpretation of literature” (Sloyer, 2003, p. 3). In other words, RT can be simply referred to as an open-book play, which lies somewhere between oral reading and drama.

RT has been shown to be an effective instructional strategy in the fields of EFL, English, English literature, and teacher-training courses, (Athiemoolam, 2013; Groh, 2012; Krueger, 2015; Ng & Boucher-Yip, 2010; Sloyer, 2003; Tsou, 2011; Young & Rasinski, 2009). In addition, however, it carries the potential benefits of acquiring social skills and improving actual language usage. Teachers, practitioners, and researchers would most probably agree that RT in the EFL classroom can serve to increase learners’ “self-confidence, enjoyment, creativity, motivation” (Beaven & Alvarez, 2014, p. 2) as well as awareness of responsibility, sense of fulfilment, and the ability to experience empathy and inspiration.

For several years, the presenter has applied RT with fruitful results to his college EFL classrooms in Japan. Typical Japanese EFL classrooms find learners reticent and very shy, and yet they need to be cooperative, fluent, and communicative. The workshop is based on the presenter’s such EFL teaching experiences as well as on his learning experiences from participating in the international RT workshops.
  

備考(Remarks)  

2016  いつまでやるの,話せる英語  単独  2017/03/18 
ことばの教育発表会  , 一般社団法人ことばの教育   

概要(Abstract) 使えなければならないとする外国語教育を再考する。理由は2つ。1つ,人工知能(AI)の発達が再考の契機となること。1つ,外国語教育にはもっと可能性があること。社会で子どもの活躍が期待される時代は少し先の近未来である。それは好むと好まざるとに関わらず,一層の情報化が進みAI利用が進む時代である。現行の外国語教育が目指す程度の技能はコンピュータの役目になろう。語彙不足でも発音に不安があろうと,話すべき内容を,または伝えるメッセージを持つことが優先されよう。そして日本語話者にとって外国語である英語を学ぶことは,母語について学ぶ機会となり,それが異文化理解につながり,課題解決に向けて他者と協同する契機となりうる。外国語教育は使えるだけの指導ではない。 

備考(Remarks)  

2016  「使える」英語を目指すリメディアル授業を控えませんか   単独  2016/12/11 
日本リメディアル教育学会 第 9回関西支部大会  , 日本リメディアル教育学会   

概要(Abstract) 3つのことが提案の理由である。1つは,学校外国語教育(English as a Foreign Language Education; 以降,EFLE)が言語道具主義に偏り過ぎだと思われる点である。コミュニケーション超重視の「使える」英語優先授業である。2つ目が,英語が使えることは好ましいことかもしれないが,善いことかどうかという疑問である。そして3つ目の提案理由は,到来する可能性が高い人工知能(以降,AI)時代である。本稿は,授業で担当する学生が社会人として活躍する時代を念頭に,リメディアルEFLEの1つの在り方について提案する。 

備考(Remarks) 場所:京都三大学教養育研究・推進機構「稲盛記念会館」  

2016  Teaching EFL through Readers Theatre in the Era of Artificial Intelligence  単独  2016/12/03 
The Seventh CLS Intenational Conference  , Center for Language Studies, Faculty of Arts & Social Science, National University of Singapore   

概要(Abstract) Too much emphasis has been placed to the practical use of English by labor market due to globalization. Thus, students, their parents, working individuals, and teachers seem to believe that the main purpose of the EFL education is to have high competency in speaking it. The EFL education, however, has been challenged by rapid progress in technology. Communication in foreign language can be replaced by devices operated by artificial intelligence (AI) in the foreseeable future. What would become of their purpose if multi-lingual automatic translator/interpreters would be developed and put to use widely? Smartphones, an example of development of technology, did not even exist 10 years ago, but now how can we live without them? Over the years the author has taught EFL by Readers Theatre with good results; to deepen the students’ understanding of language and culture, and to foster a positive attitude toward communication, both of which are stated in the Japanese Course of Study for High School. Although both of these have received less attention from teachers and researchers than developing four skills, these purposes in the EFL education should be given more consideration, because that is unlikely to be replaced by upcoming AI development. 

備考(Remarks)  

2016  海外での英語の学び方と帰国後の保持について  単独  2016/10/01 & 08 
講演会   , 米国デトロイトりんご会補習授業校,およびオハイオ西部日本語学校   

概要(Abstract) 現地領事館の仲介により,2つの補習授業校にて教育講演を行った。主な内容は,米国現地校に通いながら土曜日に補習授業校に通う海外子女とその親,および先生として教壇に立つ現地採用の方々を対象に,英語の学び方,帰国後の英語力保持の仕方,新学習指導要領の目指している内容,帰国子女の進路などについてスライドを用いて解説した。同時に希望者に対して個別相談に応じた。 

備考(Remarks)  

2016  Making Words Come Alive by Readers Theatre.  単独  2016/08/16 
3rd Baltic Sea Conference on Reading, 17th Nordic Reading Conference  , The Finnish Reading Association   

概要(Abstract) This paper is motivated by the rapid development of information technology in the last decade in Japan. This author has been dismayed by his writing students' skillful use of the Yahoo translator for their composition assignments. Traditionally, EFL education in Japan has focused on developing students' literacy in English through translating English into Japanese and vice versa. But this learning model will be challenged as technology rapidly progresses. The current students being taught will be living in such an innovative era that no present teacher has ever faced.
How can EFL education contribute to the nurturing of students wedded to smart phones and the Internet? The author pays attention to functions of Readers Theatre (RT), which can "make words come alive" by being read aloud. There are always students who are less willing to speak up than the others in class. In a culture where keeping a reserved attitude takes precedence over being communicative and outgoing, the situation is exacerbated. RT, "a rehearsed group presentation of a script that is read aloud rather than memorized" (Flynn, 2004, p. 360), can be a resolution to such EFL situations where students are reticent and very shy, yet hard-working and cooperative. This performative teaching and learning method of EFL should get more attention in the era of information technology for three reasons: first, RT helps reserved students develop person to person communicative ability; second, RT students learn how to become socially involved with peers; and finally, RT gives students a sense of achievement and a great joy of working together. All of these are unattainable by learning with a computer.

 

備考(Remarks)  

2016  「英語の詩や物語を群読で楽しむ」  共同  2016/07/30 
日本群読教育の会全国研究集会神奈川大会  , 日本群読教育の会   

概要(Abstract) エリック・カールの「はらぺこあおむし」を題材にした群読用の台本をもとに,群読前の解釈上の留意点とおよび音読練習について解説した。その後で実際に参加者と共に発表した。 

備考(Remarks) 神奈川学園中学校・高等学校にて,鶴見大学の草薙優加氏と共同発表。 

2016  効果的な英語スピーチの指導方法  単独  2016/07/27 
中学校英語科教育研修会  , 三重県四日市市教育委員会   

概要(Abstract) 中学校の教室で実践することを目的にしたスピーチ指導について,その理論と方法を解説を交えて参加者に体験させた。また同市が開催するスピーチコンテストに向けて,指導方法や留意点についても提案・開設した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  革新技術時代に外国語(英語)教育が果たす役割 
浅野享三    124,000円 

研究内容(Research Content) 技術革新が目覚ましいこれからの時代に,外国語(英語)教育は何ができるのかについて研究する目的で本研究奨励金を使用した。

本年度は研究休暇中であることから,研究計画通りに着手できた。具体的な経過は次の通りである。4月,Applied Linguistics & Language Teaching大会(於,国立臺灣技術科学大学)にて,Making Connections between Reading Literature and Instructing Communicative Skillsと題して外国語(英語)教育は,技術としてのスキル指導と文学作品を通した読解指導の双方が可能なことを,Readers Theatreの手法を通して研究発表した。以下,5月に香港大学にて,8月に第17回北欧リテラシー学会(於,フィンランド・トゥルク),そして12月にシンガポール国立大学にて,同様の趣旨から発表した。

同時に国内学会(リメディアル教育学会)で発表し,各種学会および研究会に参加した。また今年度は神戸市外国語大学の客員研究員の立場でも研究を深めることができた。

 研究成果として,本学教職センター紀要に「音読劇をテーマとした外国語科教員免許状更新講習に関する考察」を投稿した。本拙稿は研究奨励金を使用した研究成果の一部である。

その他の成果を項目のみで記す。

・昨今の外国語教育の名の下で実施されていることは,指導者の側からは外国語の教授であり,学習者の側からは外国語の学習であること,
・外国語教育として可能なことは,未達成分野にあること,
・革新技術の出現により外国語の教授と学習は,早晩コンピュータが担うこと,
・少子化等に伴う労働力不足が深刻な近未来には,外国語教育のプロセスを経て「文化資本」としての人材と人間を育てることが可能なこと,などの現状認識を持つことができた。そして新たな研究課題も同時に見つけることができた。
 

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  中等教育後英語教育のあり方に関する研究 
代表    20万円 

研究内容(Research Content) <研究目的>
中等教育後英語教育のあり方に関する研究の大きな目的は、大学英語教育のこれまでのあり方を検討し、英語専攻・非専攻を問わず大学・短大1・2 年生向け授業を見直す方策を探ることである。この最終的な目的を達成するために、1)高大接続・連携を図る英語授業の観点、2)TOEIC テストなどの資格対策英語授業という観点、そして3)質的転換を体現する英語授業という観点が考えられるが,今回は3)の「質的転換を体現する英語授業の試み」という視点から研究し,1)と2)の観点への示唆をする。
<研究内容>
1.高大接続・連携を図る英語授業の観点
中等教育後英語は、高卒までに指導がなされないままの、そしてその後必要とされる「新しい」英語学習内容である。例えば、上田、他(2010)は、本来中学でなすべき発音指導がなされていないことを突き止めている。学生はこのような学習内容を履修しないまま入学するため、大学英語を中等教育英語の「上」、あるいは「リメディアル」英語と呼ぶのはなじまない。本研究では1・2 年次に学び直す英語教育という観点を維持する。
2.資格対策英語授業という観点
各種資格対策が大学英語の授業に求められるのは、その是非はともかく昨今の就職事情等を反映した時代の流れであろう。しかし、一方で、各種調査結果を見ると、就職時または業務を遂行するために企業人や公務員に求められる能力・資質の中で「語学力・国際感覚」は、調べた範囲(茨城県経営者協会2006;文部科学省2007;日本経済団体連合会、2012)全てで最下位層にある。本研究では、資格対策という目的で実施する授業をこの機会に見直すという観点を維持する。
3.質的転換を体現できる英語授業という観点
中教審答申(2012)は「求められる学士課程と質的転換」で、「想定外の事態」に備え、そこに存在する「問題を発見」し、「解決する」能力を求めている。それに対して英語教育は、いくらかでも「生涯にわたって学び続ける力」や「主体的に考える力」を持った人材育成に貢献できるはずだという観点から、能動的学習であるパフォーマンス教育,即ち大学受験などを通じて養われる力とは違い,創造力と構想力、知識と教養、批判的思考力、チームワークを養う,を研究することで質的転換の方向性を見出したい。
 

備考(Remarks)  

2011  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  大学・短大生の英語学び直しに資する英語Readers Theatre(朗読劇)応用研究 
代表    40万円 

研究内容(Research Content) <研究目的>
大学受験機会の複数化・多様化と、いわゆる大学全入時代の到来に伴い、大学・短大で必要とされる英語基礎力と運用力が担保されないままに入学する学生が急増した。学び直し英語授業は、リメディアル教育の一分野としても看過できない状況である。その一方で、昨今の日本社会で英語はますます必要とされ、企業内使用言語を原則英語とする流れも出始めている。
本研究は、英語Readers Theatre(朗読劇、以下、RTと呼称)が、高大接続に配慮した授業でどのような役割が担えるのか、学生の学習意欲向上と初年次教育に貢献できることは何かを構想し、さらに卒業後に必要な英語基礎力と運用力形成を目指すことが目的である。

<研究内容>
1.英語RTの導入実施により、大学・短大生の英語力を、①読解・文法力、②聴解力、③表現力、④協同する力の4分野で、実施前後の変化を研究する。
2.英語学び直しレベルの学生にふさわしいRT教材を開発する。
3.学び直し学生に配慮した学習動機を高めるような評価方法を検討する。
4.RT 授業を実施する教員養成・研修プログラムを研究する。
 

備考(Remarks)  

2009  南山短期大学フラッテン研究奨励金  高大接続から見る英語学習支援 
代表  南山短期大学  40万円 

研究内容(Research Content) The paper written for the Nanzan Junior College Journal explores the possibilities of Readers Theatre (RT) to help the students develop the ability to work within a group and their skills of communication in Japanese. Also, there are indications that the capability of finding/solving problems is developed during the process of experiencing RT. All of these skills are necessary for students to be successful in college and after graduation. The roles of RT in EFL classrooms at junior college should be investigated more, not just as an effective way of teaching/learning EFL, but as an alternative way of helping Japanese junior college students develop human relations.
(P.65~71)
 

備考(Remarks)  

2008  南山短期大学フラッテン研究奨励金  リーダーズ・シアター指導の研究 
代表  南山短期大学  40万円 

研究内容(Research Content) 南山短期大学紀要第36号に成果を発表した。日本の短大レベルでReaders Theatreが日本語母語話者への英語指導に有益であることを指摘した上で、実際の指導では文化的な制約を受けることを明らかにした。また、英語指導に加え、協同や責任の必要性と大切さが学べることにも注目した。(P.177~193)
 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2017  教育方法の実践(学内発表) 

英語パフォーマンス・フェスティバル 2年生 3クラスの指導
1. The Retiring Figure Skater (Simple Readers Theatre)
2. The Tower of Babel (Staged Readers Theatre)
3. Why Do You Wish to Work with Us? (Chamber Theatre) 

2017/06/28 
2015  教育方法の実践(学外発表)  

第20回オーラル・コミュニケーション・フェスティバル(大学英語教育学会オーラル・コミュニケーション研究会主催)学生と参加。演目:Cat in the Rain by Ernest HemingwayのReaders Theatre発表 南山大学会場。 

2015/12/12 
2015  教育方法の実践(学内発表) 

英語パフォーマンス・フェスティバル 1年生および2年生 

2014/12/04 
2014  教育方法の実践(学外発表) 

第19回オーラル・コミュニケーション・フェスティバル(大学英語教育学会オーラル・コミュニケーション研究会主催)学生と参加。 

2014/12/13 
2014  教育方法の実践(学内発表) 

英語パフォーマンス・フェスティバル 

2014/12/12 
2014  教育方法の実践(学内発表)  

英語パフォーマンス・フェスティバル 

2014/06/27 
2013  教育方法の実践(学外発表) 

第18回オーラル・コミュニケーション・フェスティバル,大学英語教育学会オーラル・コミュニケーション研究会, 2013年12月14日,常葉大学. 

2013/12/14 
2013  教育方法の実践(学内発表) 

授業成果発表,「英語パフォーマンス・フェスティバル」,2013年12月,南山大学短期大学部.
1年 Going Home, 2年 Santa Claus is Comin' to Town 

2013/12 
2013  教育方法の実践(学内発表) 

「英語パフォーマンス・フェスティバル」,2013年6月,南山大学短期大学部. 

2013/06 
2012  教育方法の実践(学外発表) 

第17回オーラル・コミュニケーション・フェスティバル,大学英語教育学会オーラル・コミュニケーション研究会, 2012年12月8日,日本大学商学部. 

2012/12/08 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2017  愛知県立時習館高等学校 出張授業  2017/09/02 

活動内容等(Content of Activities) 短大部主催のオーラル・インタープリテーション(OI)大会を念頭に,OIとは何かについて,具体的に解説し,実際に体験させた。  

 

2017  教員免許状更新講習 講師  2017/08/25 

活動内容等(Content of Activities) 「総合英語の統合的な指導ー音読劇の利用ー」6時間担当  
 

2017  本学高大連携事業/小・中・高教育支援事業 愛知県立津島高等学校  2017/08/24 

活動内容等(Content of Activities) 「外国語学習の未来について。人工知能(AI)の発達が続く現在そして未来,皆さんが社会人になる頃の日本ではどんな外国語力が必要となるのでしょうか。普段の授業から離れて,一緒に考えてみませんか。」というテーマで,特にこれからの外国語学習の意味と意義について模擬授業を実施した。
 

2017  本学高大連携事業/小・中・高教育支援事業 豊山町立豊山中学校  2017/07/19 

活動内容等(Content of Activities) 本学の「英語科教育法」授業に参加をしてもらいながら,外国語の学び方を実際に体験しつつ,先生役の教職履修学生に対しては「生徒役」として振舞ってもらった。 

2017  名古屋市教育委員会 学校評議員   2017/04/01~2018/03/31 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市立名東高校学校評議員  

2016  名古屋市立名東高等学校 出張授業   2016/11/04  

活動内容等(Content of Activities) 国際英語科生徒対象レシテーション講座 

2016  愛知県岡崎市立葵中学校 出張授業   2016/08/03  

活動内容等(Content of Activities) 愛知県岡崎市立葵中学校 出張授業
内容等(Content) 短大部主催のオーラル・インタープリテーション大会を念頭に,OIとは何かについて,具体的に解説し実際に体験させた。  

2016  教員免許状更新講習 講師  2016/08/01 

活動内容等(Content of Activities) 「総合英語の統合的な指導ー音読劇の利用ー」6時間担当  

2016  愛知県立天白高等学校 出張授業  2016/07/25  

活動内容等(Content of Activities) 短大部主催のオーラル・インタープリテーション大会を念頭に,OIとは何かについて,具体的に解説し実際に体験させた。  

2016  名古屋市立桜台高等学校 出張授業   2016/07/25 

活動内容等(Content of Activities) 短大部主催のオーラル・インタープリテーション大会を念頭に,OIとは何かについて,具体的に解説し実際に体験させた。  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/08/01 更新