研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

23 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  音読劇をテーマとした外国語科教員免許状更新講習に関する考察  単著   
南山大学教職センター紀要  , 南山大学教職センター  , 第1号  , pp. 30-37  , 2017/03/31   

概要(Abstract) 平成26(2014)~28(2016)年度に担当した選択領域教員免許状更新講習(以後,講習)に論拠する外国語教育分野の更新講習に関する考察である。主な目的は2つある。1つは,過去3回の講習内容・方法等について具体的に記録し,今後の講習内容等の検討に資するためである。そして2つ目が,講習受講者が残した事後評価や記述コメントを分析し,音読劇をテーマとした講習が妥当かどうかについて論考することである。従い,本学の講習認定大学としての在り方や,他の外国語教育分野の講習について分析や評価を試みるものではない。

 

備考(Remarks)  

2016  Ernest HemingwayのCat in the Rain:学生による文学作品読解と表現音読  単著   
『アカデミア文学・語学編』  , 南山大学  , 100巻  , pp. 99-115  , 2016/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  教科書説明文の脚本化による高校生向け音読指導  単著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 99巻  , pp. 25-40  , 2016/01   

概要(Abstract) This paper has two purposes. One is to provide a detailed description on how to script a passage taken from a MEXT authorized high school English textbook in order to show that Readers Theatre scripts need not be made from narrative English, a common assumption. In fact, this notion often prevents teachers from applying Readers Theatre to their English lessons. The other purpose is to describe a sample lesson conducted for a group of Japanese senior high school students by the author, examining the Readers Theatre instruction based on the feedback taken from them. He concludes that the students became more aware of the existence of the teacher during the lesson than the contents taught by him and that the high school students realized oral reading was communication pracitce as well through Readers Theatre techniques. The author also includes in his conclusion that the students studies English in a fun way by Readers Theatre. 

備考(Remarks)  

2015  これからのリメディアル教育  単著  ISSN 1881-0470 
リメディアル教育研究  , 日本リメディアル教育学会  , 第10巻第1号  , pp. 22-23  , 2015/03/31   

概要(Abstract) 以前「分数が分からない」「be動詞を知らない」大学生の出現時に,英語のカナ書きである「ディベロップメンタル」より,馴染みはなくとも日本語音声として通りやすい「リメディアル(以後,リメ)」の方が,新たな現象をより適切に表現したのではないかと中西他(2009)1)は推測した。以後カタカナゆえに「リメ」は「感覚的に使用している」(中西他,2009, p.106)関係者が増え,使用範囲が広がった。折しも,「リメディアル教育(学会)がどのようにコミットしていけばよいのか」(特集趣旨より引用)について考察する機会が与えられた。本稿は,外国語教育・授業の知見を基に,これからのリメディアル教育全般に関して示唆を試みるものである。 

備考(Remarks)  

2014  英語音読劇の実践ー群読とリーダーズ・シアターの交差的視点からー  共著   
IAPL オンラインジャーナル(IAPL Online Journal)  , 国際表現言語学会(International Association  , 第2号  , pp. 19-35  , 2015/01/11   

概要(Abstract) 音読劇の一種である「群読」と「リーダーズ・シアター」の歴史的・教育的背景を概観し,その相似を明らかにする。そして交差的視点でこれら二つの音読劇の手法をとらえ,大学と短期大学における教養英語授業での音読劇の実践を紹介する。これらの実践に対する学習者の反応,教員の観察と省察をもとに,音読劇の教授方法とその有効性を論ずる。

This study of Gundoku and Readers Theatre (RT) in English gives their historical and educational
backgrounds and shows the similarities in their purposes and practices. It examines the methods of
performative read-alouds of Gundoku and RT in EFL classrooms by reporting on procedures, learners’
comments, and teachers’ observations. The paper further discusses the effectiveness of performative
oral reading for junior college and university English pedagogy. 

備考(Remarks) 査読付き論文 

2014  言語学習方略とTOEICスコアとの関連  共著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 第97号  , pp. 135-156  , 2015/01   

概要(Abstract) 英語学習に使用する学習方略を問う質問紙調査を短期大学生を対象に行った。被験者のTOEICスコアとの関連を検討しスコアの上位・中位・下位群で使用される方略の違いについて考察した。その結果,3群には認知方略の使用に差があり,上位ほど多様な方略を使用し,頻度も高いことが明らかとなった。 

備考(Remarks) 伊藤聡子・森泉哲・浅野享三(分担率:40・40・20%) 

2013  Readers Theatre 大学英語授業の実際  単著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 95  , 215-232  , 2014/01   

概要(Abstract) パフォーマンスと分類される内容の大学英語授業のうちでReaders Theatre(RT)について詳述した。実際の授業に導入できるように,授業の流れに従いステップ1から6までに分けた。また評価方法についても一案を示した。付録に授業で使用した原文とスクリプトに直した例を挙げている。 

備考(Remarks)  

2013  読解テキストを視覚化させる発問の試み  単著   
アカデミア文学・語学編  , 南山大学  , 第321集第94号  , 63-102  , 2013/06   

概要(Abstract) EFL reading classes at Japanese colleges tend to focus on translating English into Japanese. Or rather, translating English into Japanese gives teachers their class objectives which students take for granted. The author does not negate the usefulness of putting texts into Japanese, which Japanese speakers of English find easy and necessary. However, a question needs to be asked: do the students really understand the texts and their message after translating them into Japanese? This article discusses the possibility of introducing visual questions, or questions to make words come alive, in EFL reading classes, based on the
author’s teaching experiences. The shift from asking fact-finding questions to asking elaborative questions in the lesson is a strong trend, but at the same time, visual questions will have their roles, too. The author describes the possibility of turning an EFL reading class into a fun reading class where integrated skills are taught by the use of visual questions.
 

備考(Remarks)  

2012  学び直し大学初年次英語とその授業  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山大学  , 第93号  , pp. 121-149  , 2013/01   

概要(Abstract) In freshman college EFL remedial classes in Japan, would it be appropriate to continue to provide students with high school English review lessons? Should we call these high school-level supplementary lessons remedial classes? The word “remedial” often connotes a negative meaning in the sense that the students are in need of repair. Yet, they should not be considered as broken or anything. Rather, these students did not get the opportunities to learn what they had hoped to study in their EFL classes at high school. This paper attempts to examine the contents of supplementary, complementary lessons at college, to find different ways of having students re-learn EFL. One such alternative is Readers Theatre in college EFL classes. Through Readers Theatre, students can acquire such skills as reading comprehension, oral reading, speaking, listening, and giving presentations, as well as problem-finding and solving, cooperating, planning, and becoming autonomous---all through the process of studying Readers Theatre.
(査読無) 

備考(Remarks) 査読無 

2012  計量テキスト分析から考察する内容理解を促進する音読指導  単著   
中部地区英語教育学会『紀要42』  , 中部地区英語教育学会  , 42  , 2013/01   

概要(Abstract)  英文を読むことに消極的であり、英文の内容理解のための方略は和文訳以外に持たず、そして音読ができない。そういう学生に大学のreading授業で遭遇するようになった。従前より実行していたparagraph reading、skimming、scanning、そしてinferenceとpredictionなど英文読解のための方略獲得を目指す授業に行き詰まり感を覚えるようになった。そこで、学生が大学で英語を学んでいくためにはこれらの方略獲得訓練を継続しながら、英文を読むことを楽しいと感じられるようなreading授業はできないものかと思案した。加えて、多くの学生の「英語が話せるようになりたい」という希望を実現するようなreading授業はどうすれば可能なのだろうかについても検討したいと考えた。可能性を模索する中で、音読劇(Readers Theatre)には実現への糸口があるのではないかとの仮説にいたった。
 一方で、音読劇(Readers Theatre)を導入した場合、英文を読むことが楽しいかどうか、また英語を話す自信がついたかどうかについてはどのような手法で検証すればよいのかが課題となった。学習効果の測定方法は、アンケートによる方式をはじめ各種あり、その分析には統計的手法により数値化・数量化した値をもって判断することが多い。しかし、この方法では授業を受けた学生自身がどう感じたのかについて、学生の感想などを記述することばがないために見えにくいことがある。だからといって、学生に感想を自由に記述させただけでは、分析時に結果の恣意性を完全に排した方法とはいえない。これらの視点を考慮して、今回は学生の自由記述による振り返り文から、計量テキスト分析の手法を利用して、内容理解を促進する音読授業の分析を試みた。
(査読有) 

備考(Remarks) 査読付き論文 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]